林葉直子の気になる現在!病気で闘病中?余命宣告レベル?過去のスキャンダル情報も! エンタメ

林葉直子の気になる現在!病気で闘病中?余命宣告レベル?過去のスキャンダル情報も!

かつては女流棋士として一世を風靡し、将棋界の重鎮との不倫やヌードスキャンダルなどが大いに取り沙汰された林葉直子さん。現在は第一線を退いていますが、一部では重病説もささやかれています。林葉直子さんは本当に病気なのでしょうか。過去のスクープについてもまとめました。

現在の病気説を検証する前に林葉直子の全盛期を紹介!

若い世代の方のなかには、「林葉直子って誰?」という人も多いかもしれません。病気説が流れてからの林葉直子さんしか知らない人も多いかもしれませんので、まずは林葉直子さんの全盛期の活躍ぶりについて御紹介したいと思います。不倫スキャンダルについてもまとめてありますよ。

女優並みの美人棋士!病気になる前の林葉直子

林葉直子さんの棋士としての全盛期は70年代後半から80年代にかけてと言えるでしょう。11歳で女流アマ名人戦に出場し、棋士の養成所ともいえる奨励会入りを果たした林葉直子さん。プロデビュー後も才能を遺憾なく発揮し、美人棋士のパイオニアとしてメディアでも注目されました。

突然の女優転身!病気になる前はアクティブだった

女流棋士としてひとつの時代を築いた林葉直子さんは、80年代に入ると突如として女優に転身し、タレントとしての活動もはじめます。演技力はともかく、その美貌はそのへんの女優にも負けないほどのクオリティであり、将棋だけではないマルチな才能を見せつけてくれました。

衝撃の泥沼不倫のせいで現在は病気で余命宣告寸前?

林葉直子さんについて語るキーワードとして「不倫」をはずすわけにはいきません。1998年、「週刊文春」によって中原誠永世名人との不倫スキャンダルが報じられた林葉直子さん。中原氏側があっさりと不倫の事実を認め、林葉さんはその後ショックから奇行を繰り返すようになります。

現在ならモラハラ?林葉直子を骨抜きにした泥沼不倫の顛末

今でも将棋界の黒歴史といわれている林葉直子さんの泥沼不倫劇。お相手となった中原誠永世名人とは最初のうちはラブラブだったようですが、別れ際は円満ではなかったようで、当時は週刊誌を賑わす騒動になったようです。

中原と林葉の不倫関係がテレビで連日取り上げられた理由は、中原が林葉宅の留守番電話に残したメッセージがあまりにも衝撃的だったためだ。すでに関係が悪化していた林葉に対し、中原は脅迫ともとれる留守番電話メッセージを送っていた。連日テレビで流された中原の留守電音声は以下のようなもの。「今から突入しまーす」。「もしもし? もしもし? 私は林葉直子の愛人でしたっつうんで週刊誌に売ります。それではよろしくー。今から突撃!」。「お前みたいなのは早く死んじまえ! エイズにでも何でも早くかかっちゃえばいいんだよ!」。着物姿で真剣に将棋盤をにらむ中原のイメージとのギャップはセンセーショナルだった。http://news.livedoor.com/article/detail/12169173/

病気への布石?現在につながる林葉直子の壮絶な人生

現在は重度の肝硬変によって闘病中の林葉直子さんも、全盛期には棋士らしからぬ破天荒な人生を送り、ワイドショーを連日のようににぎわせていました。不倫、自己破産、作家デビュー。林葉直子さんの紆余曲折すぎる半生について掘り下げていきます。

対局後は毎日エッチ?性欲もギンギンだった林葉直子

美人棋士として鳴り物入りでデビューした林葉直子さん。若い頃は性欲に取りつかれていたようで、根を詰めた長時間の対局のあとには必ず激しいエッチをしなければ気分がおさまらなかったようです。それだけ性欲旺盛なら、中原先生との不倫に溺れてしまうのも無理はありませんね。

引退後は借金苦!自己破産も病気と余命宣告の原因?

棋士を引退する前から女優として活動し、羽振りも良かったはずの林葉直子さんですが、引退後は巨額の借金に苦しむようになり、最終的には自己破産をしています。借金の原因は豪邸のローンだと言われていますが、借金が病苦の原因になったと考えても大げさではありません。

違う病気?林葉直子のヘアヌードスキャンダル

林葉直子さんのヘアヌード写真集出版は、芸能界の重大スキャンダルとして今なおも語り継がれています。とくに01年に出版された「罪」は過激さがさらに増しているということで話題となり、女流棋士としてのイメージを完全に消し去りました。

余命は何年?肝硬変以外で考えられる林葉直子の病気

現在、重度の肝硬変で闘病中の林葉直子さん。もはや完治の見込みはなく、余命宣告の段階とまで言われていますが、どうやら、林葉直子さんの病気は肝硬変だけではないようです。林葉直子さんを苦しめている病気について検証していきます。

酒好きが余命を縮めた?アルコール依存症というこわい病気

林葉直子さんにかぎらず、アルコール依存症の人は肝硬変にかかりやすいと言われています。林葉直子さんも将棋界きっての酒豪であり、対局のない日は必ずといっていいほど大量のお酒を飲み、ストレスを発散していたようです。過度の飲酒はやっぱり体に良くないんですね。

男好きも病気のうち?セックスに溺れていた林葉直子

対局後のエッチ、泥沼不倫、ヘアヌード写真集出版……。林葉直子さんの全盛期からの挙動を見ると、「林葉直子、セックス依存症説」が浮き彫りになります。もともと勝負師ですからエネルギーが有り余っており、肉欲というかたちで発散するしかなかったのでしょう。

メンタルの病気?SNSでもわかる林葉直子の奇行

肝硬変によって肉体も限界寸前の林葉直子さんですが、SNSでの最近の発言を見ると、うつ病や躁病の可能性さえ考えられます。あの藤井聡太さんに対しても、「高校には行かないほうがいい」という趣旨の発言をしたりと、メンタル面で相当落ち込んでいる様子がうかがえます。

これもある意味病気?林葉直子の余命を縮めた異常な肉欲

全盛期は美人棋士のパイオニアとして世の男性をくぎづけにした林葉直子さん。夜の生活も相当にお盛んだったようで、当時は対局後に男性と激しく行為に励むこともめずらしくなかったようです。元祖肉食女子、ですね。

自身も棋士時代、対局の際には五郎丸選手のように“お守り”を携えていたという。それは扇子で、一般的にほかの棋士は「夢」や「忍」などと好きな言葉を書くそうだが、林葉は「業の深い私はそんな一言二言では満足できず、なんと般若心経を書かせていただきました。色即是空、空即是色 ぎゃーてーぎゃーてーはらぎゃーてー そうするとスッと気持ちが落ち着いてくるんですよ」と般若心経を書いた扇子をお守りにしていたとのこと。「ところが、当時の私は対局が終わると“色即エッチ”となって煩悩の限りを尽くしてしまったわけです。嗚呼、若気の至り!」。それも般若心経の霊験だったか--?https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1557781.html

中原誠だけじゃない!林葉直子を病気に追い込んだ男たち

林葉直子さんとの泥沼不倫劇を演じたのは中原誠永世名人だけではありません。実はあの将棋界の大御所もかつて林葉直子さんとの泥沼不倫をスクープされ、結果的に彼女を切り捨てるかたちになりました。林葉直子さんを取り巻く男たちについてまとめました。

不倫騒動も?林葉直子を捨てた米長邦雄

林葉さんと米長邦雄氏はもともと将棋の師弟関係にありました。当時子どもだった林葉さんは米長氏の自宅に一時期住み込みで修業をしていたのですが、米長氏との間に性的な関係があったのでは、と現在でも噂されています。米長氏も全盛期でしたから、あながち嘘とは思えませんよね。

病気になっても性欲旺盛?藤井聡太への思い

藤井聡太君について、SNSでは少々辛辣なコメントを発信している林葉直子さん。親子ほどの年の差ではありますが、林葉さんが藤井君をひそかにねらっていると考えても決して不自然ではありません。ぼろぼろになってもなお、若い男に惹かれるのでしょうか。

やっぱり強い男が大好き!五郎丸にゾッコンの林葉直子

ちょっとブームが落ち着いた感がありますが、ラグビーブーム真っ只中の頃はSNSでも五郎丸ファンを公言していた林葉直子さん。当時からすでに病気が進行していたはずですが、それでもやっぱり強い男が大好きなんですね。

かつての師匠の死を悼む病気の林葉直子

惜しまれつつも癌でこの世を去った米長邦雄氏。かつての師匠の死に際して、林葉直子さんはブログで追悼コメントを寄せています。病身の米長邦雄氏に、林葉直子さんは自分自身の進みゆく道を感じ取っていたのかもしれません。

日本将棋連盟会長で永世棋聖の米長邦雄さんの訃報を受け、元弟子で女流棋士だった林葉直子(44)は、12月18日(2012年)にブログ「人生、詰んでます。」に追悼メッセージを書いている。林葉はある棋士との不倫騒動で米長さんから破門され、3年近く会っていなかったと明かし、「破門されたので、門下生としては名乗れませんが 将棋の素晴らしさは忘れられません」という。内弟子時代には、米長さんから名前ではなくいつも「女の子」と呼ばれていたこと、「食べ物の嫌いなものをなくしなさい」としかられたことなど当時の思い出にふれ、「強くなって、師匠と将棋を指すのが夢だったんです。今更ながら不肖な弟子で申し訳ございませんでした」と語っている。

http://news.livedoor.com/article/detail/7248527/

ポスト林葉直子!将棋界の現在と未来を担う美人棋士

林葉直子さんは女流棋士のレジェンドですが、将棋界ではすでに次世代を担う美人棋士が着実に育ちつつあります。将棋ファンならずとも大注目の新世代の美人棋士についてまとめました。皆さんのお気に入りは見つかりましたか?

キュートな笑顔と毒舌がたまらない!竹俣紅

キュートな笑顔と凛とした対局姿で一気にブレイクした竹俣紅さん。「べに」という名前もとっても色っぽいですよね。ただかわいいだけじゃなくちょっぴり毒舌で、バラエティでのコメント力も抜群。期待の成長株ナンバーワンです!

おっとりした雰囲気が魅力!香川愛生

女子大生棋士としても注目された香川愛生さんも、今ではすっかり色気漂う大人の女。色白でほっそりしたスタイルとクールな美貌、そして頭の回転の速さが持ち味です。もちろん、将棋の実力のほうも折り紙つきで、竹俣紅さんとならんで新時代を担う有望株として期待されています。

将棋界のゆるキャラ?癒し効果抜群の安食総子

ベテランの美人棋士枠からひとりエントリーするなら、やっぱり安食総子先生ははずせません。ニックネームは「あじあじ」。おっとり、のんびりとした雰囲気が特徴で、見ているだけで癒されるゆるキャラ的存在です。早口言葉に一生懸命チャレンジする姿がもうたまらない!

病気で余命宣告されながらも林葉直子は終わってなかった!

重度の肝硬変で闘病中ながらも、林葉直子さんはまだまだ終わっていないようです。病状はかなり厳しくても、藤井聡太君の快進撃で将棋界も盛り上がっているところですので、林葉さんにも将棋界のレジェンドとしてこれからも話題を振りまいてもらいたいものです。

3つの食材によって命を救われたという林葉。肝臓専門医の『まえだクリニック』の前田正彦院長は、彼女の“奇跡”についてこう語る。「通常だと、肝硬変が治ることはありません。しかしお酒が原因であれば、断酒によってγ‐GTPなどの数値が良くなることはあります。林葉さんはお酒をやめた上に、食生活改善によって栄養状態も良くなった。その結果として、肝臓の数値が良くなってきたのだと思います。とはいえ、治ったというわけではありません。しかしこれからも今の状態を続けていれば、肝臓の状態も安定するでしょう。少しでも長生きできると思いますよ」

http://news.livedoor.com/article/detail/13240086/