傾国の美女とは?中国・日本の歴史を動かす美人女性と言われた人物まとめ

その他世界の傾国の美女一覧

次に、その他の国の傾国の美女を一覧にまとめましたので、美人エピソードとともにご紹介していきます。

クレオパトラ

世界三大美女として有名なクレオパトラですが、容姿だけではなく話術や知性にも優れていたとされ、人類史に大きな爪痕を残した人物でもあります。

当時、クレオパトラの父が統治していた王朝は衰退化していて、身内同士で権力争いをするなど不穏な情勢が続いていました。

ローマ帝国のカエサルを魅了

父の死後、クレオパトラは弟のプトレマイオス13世と結婚して共同統治をしていましたが、ローマ帝国で絶大な権力を誇っていたカエサルと不倫してしまいます。

自身の体を絨毯に包んでカエサルと密会した、という話は有名です。ですが彼の死後、今度は三頭政治で権力を握っていたアントニウスがクレオパトラに魅了されて2人は愛し合います。

カエサルの後継者と権力争いをしたクレオパトラたちは、アクティウムの海戦で敗れて毒蛇に自分を噛ませて自害し、300年の歴史を刻んだプトレマイオス朝は滅亡を遂げました。

ルクレツィア・ボルジア

ルクレツィアはルネサンス期の冷酷な一族と言われたボルジア家に生まれました。ローマ教皇のアレクサンドル6世という父、政治家兼軍人だった兄から政治的に利用された人生を送っています。

彼女は13歳の時にミラノの権力者と結婚させられますが、さらなる有力者と結婚させるために父と兄は夫の暗殺を計画します。それを知ったルクレツィアは夫を逃がしました。

尊敬されるほど上品で優雅な婦人に

その後、18歳でできた恋人は父と兄に殺害され、2人目の結婚相手であるナポリ王も兄によって殺害されています。21歳でアルフォンソ1世と結婚させられます。

この3人目の夫とは性格が合わなかったとされていますが、ルクレツィアは「時代を代表する高雅な婦人」として人気を博しました。ですが39歳で出産時の合併症のため死亡しました。

ヒュッレム・ハセキ・スルタン

ヒュッレムは略奪者に捕まって奴隷として市場で売られていましたが、ひときわ美しかった彼女は、オスマン帝国の皇帝であるスレイマン1世に献上するために買われました。

皇帝に愛され政治にも力を入れた

彼女はすぐに皇帝のスレイマン1世に寵愛されるようになり他の女性たちに嫉妬されましたが、皇帝との子供を産んで皇后となりました。

自分の子供を次期皇帝にするべく政治にも関わっていた彼女は、「女人天下」という時代を幕開けたとして、その政治力が評価されました。

NEXT ベアトリーチェ・チェンチ