傾国の美女とは?中国・日本の歴史を動かす美人女性と言われた人物まとめ 美容

傾国の美女とは?中国・日本の歴史を動かす美人女性と言われた人物まとめ

目次

[表示]

待賢門院(たいけんもんいん)

待賢門院は本名を藤原璋子(ふじわらのしょうし)といい、白河天皇の養女として育ちましたが、のちに白河天皇の孫である鳥羽天皇(とばてんのう)の妻となります。

しかし白河天皇とも不倫関係にあったとされていて、夫の鳥羽天皇との間に後白河天皇(ごしらかわてんのう)、白河天皇との間に崇徳天皇(すとくてんのう)を産みます。

保元の乱の原因を作ってしまう

父親の違う2人は、兄弟でありながらお互いに複雑な気持ちを持ち続けました。

そして溝のあった2人の兄弟は分裂し、「保元の乱(ほうげんのらん)」を引き起こし、敗れた崇徳天皇は島流しにされ、後白河天皇を一生恨み続けたとされています。

藤原薬子(ふじわらのくすこ)

これまでの美女一覧は、本人にその気がなくても国を動かしてしまったというケースでしたが、この藤原薬子というのは自ら政治に介入して人々から恨みを買った女性になります。

当時まだ皇太子だった平城天皇(へいぜいてんのう)に、藤原薬子の長女が嫁ぐこととなっていましたが、平城天皇は娘ではなく母親の藤原薬子を愛してしまいました。

「薬子の変」

平城天皇が病気で衰退すると、彼は弟である嵯峨天皇(さがてんのう)に地位を譲り渡しましたが、これに対して平城天皇の復位を望む藤原薬子と兄・仲成(なかなり)は嵯峨天皇と対立しました。

危機を感じた嵯峨天皇は迅速に対応して兵を派遣し、仲成を殺害、そして勝ち目はないと判断した藤原薬子は毒を飲んで自殺しました。これを「薬子の変」と呼びます。

小野小町(おののこまち)

小野小町は平安時代の作家であり、日本では世界三大美女のうちの一人とされています。出生地や生まれた年などほとんどが不明で、彼女の墓とされる場所も10か所以上あるという謎の多い女性です。

平安時代だった当時の日本では、男女の恋愛というのはまず歌のやり取りをするのが普通でした。つまり彼女は外見が美しかったのではなく、優れた歌で男性を魅了していったとされています。

百夜通いの伝説

小野小町を語るうえで「百夜通い」という、彼女に魅了された深草少将(ふかくさのしょうしょう)という男性が愛を伝えるために100日通ったという伝説があります。

深草少将はひたすらに彼女の元に通いましたが、99日目のこと、雪が降っていたその日についに彼は力尽きて息絶えてしまったという悲しい伝説です。

陸奥亮子(むつりょうこ)

陸奥涼子は明治時代の外交官の陸奥宗光の妻であり、その美しさが話題となったのは日本だけでなく、「鹿鳴館の華」または「ワシントン社交界の華」と言われました。

鹿鳴館(ろくめいかん)は、国賓や外国の外交官を接待するため、外国との社交場として明治政府によって建てられた社交場である。

(引用:Wikipedia)

内面まで完璧な女性だった

外交官である夫・陸奥宗光が恥をかかないように必死に英語やマナーを勉強して習得したというエピソードからも分かるように、その美しさは外見だけに留まりませんでした。

そしてその外見と凛とした仕草などに心を打たれたイギリス外交官のアーネスト・サトウが、彼女のことを褒め称えたという記録まで残っています。

九尾の狐説がある玉藻前(たまものまえ)

玉藻前というのは、鳥羽天皇が寵愛していた侍女である藤原得子をモデルにしたと言われる架空の人物です。侍女とは上流階級の婦人に仕えていた人のことです。

若くありながらとても美しい美貌の持ち主であり、さらに博識だったため「天下一の美女」とも呼ばれ、その姿を見たら恋焦がれて死んでしまうという噂まで持ち上がるほどでした。

九尾の狐の姿に

鳥羽時天皇の病が玉藻前によるものだと陰陽師に指摘されると、たちまち九尾の狐の姿になって走り去ったとされています。

現在では彼女をデザインしたキャラクターも多数いて、「モンスターストライク」というアプリでは九つの尾を持つ美女として描かれています。

その他世界の傾国の美女一覧

次に、その他の国の傾国の美女を一覧にまとめましたので、美人エピソードとともにご紹介していきます。

クレオパトラ

世界三大美女として有名なクレオパトラですが、容姿だけではなく話術や知性にも優れていたとされ、人類史に大きな爪痕を残した人物でもあります。

当時、クレオパトラの父が統治していた王朝は衰退化していて、身内同士で権力争いをするなど不穏な情勢が続いていました。

ローマ帝国のカエサルを魅了

父の死後、クレオパトラは弟のプトレマイオス13世と結婚して共同統治をしていましたが、ローマ帝国で絶大な権力を誇っていたカエサルと不倫してしまいます。

自身の体を絨毯に包んでカエサルと密会した、という話は有名です。ですが彼の死後、今度は三頭政治で権力を握っていたアントニウスがクレオパトラに魅了されて2人は愛し合います。

カエサルの後継者と権力争いをしたクレオパトラたちは、アクティウムの海戦で敗れて毒蛇に自分を噛ませて自害し、300年の歴史を刻んだプトレマイオス朝は滅亡を遂げました。

ルクレツィア・ボルジア

ルクレツィアはルネサンス期の冷酷な一族と言われたボルジア家に生まれました。ローマ教皇のアレクサンドル6世という父、政治家兼軍人だった兄から政治的に利用された人生を送っています。

彼女は13歳の時にミラノの権力者と結婚させられますが、さらなる有力者と結婚させるために父と兄は夫の暗殺を計画します。それを知ったルクレツィアは夫を逃がしました。

尊敬されるほど上品で優雅な婦人に

その後、18歳でできた恋人は父と兄に殺害され、2人目の結婚相手であるナポリ王も兄によって殺害されています。21歳でアルフォンソ1世と結婚させられます。

この3人目の夫とは性格が合わなかったとされていますが、ルクレツィアは「時代を代表する高雅な婦人」として人気を博しました。ですが39歳で出産時の合併症のため死亡しました。

ヒュッレム・ハセキ・スルタン

ヒュッレムは略奪者に捕まって奴隷として市場で売られていましたが、ひときわ美しかった彼女は、オスマン帝国の皇帝であるスレイマン1世に献上するために買われました。

皇帝に愛され政治にも力を入れた

彼女はすぐに皇帝のスレイマン1世に寵愛されるようになり他の女性たちに嫉妬されましたが、皇帝との子供を産んで皇后となりました。

自分の子供を次期皇帝にするべく政治にも関わっていた彼女は、「女人天下」という時代を幕開けたとして、その政治力が評価されました。

ベアトリーチェ・チェンチ

ベアトリーチェは名門貴族であるフランチェスコという父の元に生まれますが、父はたびたび家庭内暴力をし、ひときわ美しかったベアトリーチェを強姦していました。

強姦から自分を守り死刑に

父は貴族であることから裁きを受けなかったので、家族は協力してフランチェスコを殺害します。家族は逮捕されますが、ローマ教皇は情状酌量の余地はないとして死刑としました。

これには、ローマ教皇がフランチェスコ一家の財産を狙っていたために全員処刑したという説もあります。上の肖像画でターバンを巻いているのは、斬首の時に斧が髪で滑らないようにするためであるとされています。

マリー・アントワネット

マリーアントワネットはフランスの国王であるルイ16世の王妃であり、ひときわ目立つ美貌の持ち主でしたが、浪費癖やワガママな性格から批判も多かったといいます。

美しいがゆえに悪い噂を流され死刑に

フランス革命戦争が起こると、彼女が敵国に情報を流しているという噂が立ち裁判が行われました。この噂は彼女の美貌や贅沢な暮らしに不満を持っていた者によるものだという説もあります。

その後の裁判で夫が斬首刑となり、マリーアントワネットは無実を訴え続けますが、夫の後を追い斬首刑となりました。

デュ・バリー夫人

彼女は若い頃から娼婦のような生活をして数々の男性とベッドを共にしてましたが、その相手は段々と身分の高い貴族などになっていきました。

娼婦から国王の愛人に

そんな中で彼女はその美しさから、フランスの国王であるルイ15世に紹介されました。ルイ15世を魅了したデュ・バリーは公妾(愛人のような存在)になりました。

フランス革命が起きた際はイギリスへ逃亡しますが、フランスに帰国した際に革命派に捕まり、斬首の刑となりました。帰国したのは、城に置き忘れた宝石を取り戻すためだとされています。

ローラ・モンテス

アイルランドに生まれたローラは絶世の美少女として、父親が所属しているスコットランド連隊の間でとても人気でした。幼い頃から人気者だった彼女は自尊心の高い女性に育ちました。

一度は離婚も経験しますが、人から注目されたかったローラはロンドンでスペインの貴族だと偽り「スペインの踊り子」としてデビューします。彼女の美しい容姿と完璧な踊りに、噂はすぐに広まりました。

数々の貴族たちを骨抜きに

天才ピアニストのフランツリストは、彼女のためのソナタまで作曲していて、さらにベルリンの国王ヴィルヘルム4世とロシア皇帝も彼女の美しさに虜になりました。

ローラはその後、バイエルン王国の国王や貴族、資産家と付き合ったり結婚したりしてますが、30歳を過ぎると容姿は劣化し、若くして病死という悲しい結末迎えています。

ヘレネー

海外での世界三大美女で日本の小野小町の代わりに数えられるのが、このギリシャ神話で最も美しいとされた女神・ヘレネーです。

スパルタ王の娘であるとされていますが、実の父はゼウスであることから女神と言われています。

美しいゆえにさらわれ戦争まで引き起こす

絶世の美女に育った彼女は、あまりにも美しいためにアーセウスという王にさらわれてしまったり、ギリシャ中から求婚者が集まったとも言われています。

その中から選ばれたメネラーオスの妻となりましたが、トロイアという都市のパリス王子に魅了されて2人で駆け落ちしてしまいます。このことがトロイア戦争を引き起こしました。

エイダ・ラブレス

イギリスの貴族として生まれた彼女はひときわ目立つ美貌の持ち主であり、数学を愛好していたなど、教養があったことでも知られています。

美貌と優しい夫に誰もが羨んだ

キング伯爵と結婚したエイダは貴族夫人となり3人の子供にも囲まれて、誰もが羨むような幸せな生活を送っていたとされています。

若くして癌で死亡していますが、コンピューターに関する文書を残していたこともあり、現在では「世界で初めてのプログラマー」とも呼ばれています。

NEXT:ポンパドール夫人
2/3