共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善

kazukihiro512007 TP V4 - 共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善

「共感性羞恥」という現象をご存知でしょうか?聞きなれない方も多いとは思いますがバラエティ番組「怒り新党」により紹介され、一気に認知度もあがりました。今回はその意味と原因を論文等を通して調査し、改善させるには何ができるのかも調べていきたいと思います。

聞きなれない言葉?共感性羞恥とは

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善

「共感性羞恥」は聞きなれない言葉です。文字通りの意味でとると、「共感して恥ずかしくなる」という意味になると思いますが実際の症状はどうなのでしょうか?

テレビ番組「マツコ&有吉の怒り新党」でも取り上げられて最近注目が集まっているこの現象について深く調査をしていきてたいと思います。

共感性羞恥とはどういうものなのか

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善

共感性羞恥とは、他人が恥をかく、失笑を受ける、非難される等などの光景を実際に、あるいはドラマ等で見た時、あたかも自分のことのように恥ずかしくなる現象です。

日本人の場合ですと、約10%の人がこの共感性羞恥の経験があると答えています。該当する方はドッキリ番組等を見るのが辛いと答えています。

つまり、小学校のクラスを40人と仮定すると、4人は誰か他の1人が恥ずかしい思いをしたら同時に同じ気持ちになっているということです。

「マツコ&有吉の怒り新党」で取り上げられ話題となった

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善

共感性羞恥は、テレビ朝日でかつて放送されていたトークバラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」で取り上げられたために、より注目されるようになりました。

番組内では、500人にアンケートをして、約10%の日本人が共感性羞恥に該当するという結果を出しました。マツコさんもこの共感性羞恥の経験があると述べています。

あくまで番組内の独自の調査なので、正確な数値はわかっていません、反響が大きかったことを考えると、もう少し大きな割合の方が共感性羞恥を感じているのかもしれません。

共感性羞恥の診断方法!これは病気なの?

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善

共感性羞恥は現段階では「病気」とは言えません。あくまで症状や現象というのが適切です。病気ではないと言っても、診断する方法があるのも確かです。

今回は、簡単にできて最適と言われている診断方法を紹介していきたいと思います。

また、共感性羞恥は海外の方が日本よりも研究が進んでいるという現実もありますので、海外の論文を読んでみてわかったこと等もまとめていきたいと思います。

共感性羞恥診断に最適と言われるバンドリ第3話

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 共感性羞恥とは?10人に1人の病気?発達障害の可能性も!原因や改善

バンドリ(正式名称:BanG Dream!)は2017年の冬に放送が開始されたアニメで、ガールズバンドに焦点を当てたアニメです。

このバンドリの第3話で「バンド初心者の子がライブハウスのステージで1人、きらきら星を熱唱し始める」というシーンがあり、これが共感性羞恥の診断に最適と言われています。

これについては、「見ていられなかった」や「この部分だけ早送りした」など、共感性羞恥の方のコメントも残されており、好きなアニメであっても発生することがわかりました。

NEXT 日本のクリニックでは相談に来た件数はほぼない