キモオタブルーの意味や特徴は?他のカラーの呼ばれ方について! おもしろ

キモオタブルーの意味や特徴は?他のカラーの呼ばれ方について!

「キモオタブルー」という言葉をご存知ですか?スバルの人気車種、インプレッサWRXや、ランエボなどを指すこともあれば、時計を指すこともあります。一体、キモオタブルーとはどういう意味の言葉なのか、また、なぜキモオタなどと言われるのかを詳しく調べてみました。

目次

[表示]

キモオタブルーとは?

キモオタブルーとは、元々は「気持ちの悪いオタクは、ブルーのインプレッサに乗っている率が高い」という噂から生まれた言葉です。気持ち悪いオタク+ブルーで、キモオタブルーとなります。

ここでいうところのキモオタは一般的に不衛生だの、コミュ力がないなどオタクのマイナスイメージを体現した人物を示していることが多いです。

キモオタブルーとして指すことが多い車

キモオタブルーというレッテルを張られてしまった車は何種類かあります。キモオタブルーと言われる車の数々は、色味自体は鮮やかな美しい青で、また走りの性能の高さや、スタイリッシュなデザインが殆どです。

名称と関係なく人気の高い車が多いです。キモオタブルーで示される車種や、車の特徴をご紹介していきます。

インプレッサWRX

キモオタブルーに真っ先に名前が挙がる車が、インプレッサWRXです。日本では「インプ」の名称で親しまれています。なぜかデブやオタクが乗ってることが多いという話からキモオタブルーに指定されているようです。

デザインがスポーティーでカッコいいことと、「スバルの青」と言われる鮮やかなブルーのカラーが、ロボットアニメ感のある、オタク好みの雰囲気があり、キモオタブルーと言われる所以になっています。

金色ホイールも特徴の一つ?

一時期DQN界隈で人気の出た金色ホイールの車も、キモオタ判定されているようです。スバル車の純正ホイールが金色なので、ホイールを変えずに乗っていて且つ青色なら、間違いなくキモオタブルーと呼ばれます。

ランエボ

ランエボもキモオタブルーの仲間として見られています。競技車両として人気だった過去もあり、オタクが多いというよりも50代前後の方で好んで乗っている人が多い車です。

スポーツカー

スポーツカーモデルとして生産されている車で、色味がビビットなよく目立つ車も、キモオタブルー認定されています。レース使用の車もステッカーが目立つので、キモオタブルーに含まれてます。

キモオタブルー以外の痛々しいと言われるカラー

キモオタブルーは、車の色味が変わればまた違う言われ方をされたりもしています。どれも非常に明るいビビットなボディカラーをしています。

キモオタブルー以外の種類についても、いくつか紹介していきます。

キチガイレッド

鮮やかな赤のボディーカラーの車は、キチガイレッドと呼ばれています。スポーツカーらしい加速性能の高い車が多いです。

その反面、運転の荒さや、運転技術を誇示した様なスピード超過や、間際での車線変更など危険運転の車が呼ばれやすい傾向にあります。

変態イエロー

主にスイフトスポーツのチャンピオンイエローを示します。ひときわ目立つ黄色のボディカラーで、車に拘りがある人だけが好んで乗るイメージがあるようです。

ちなみに、スイフトスポーツのチャンピオンイエローは海外での人気が高く、海外では「黄色い弾丸」の愛称で親しまれています。

他にも様々な言われ方がある

その他の呼ばれ方で、老害シルバー、DQNパープル、社畜ホワイト、等の名称もあります。いずれにしろ、車の運転の仕方や、乗っている人のイメージがカラーネームの判定基準になっていると考えられます。

芸能人が乗る超目立つ高級車

鮮やかな色でもキモオタブルーなどの名称がつけられない車もあります。その殆どが、外国のスーパーカーなどの高級車です。

そもそもオタクなどの一市民が買える値段ではない為、揶揄されるようなこともないからだと考えられます。

車好きの有名芸能人 GACKT

目立つ高級車やスポーツカーを愛する、芸能界きっての車好きが、歌手のGACKTさんです。

彼の愛車について纏めている記事があるので、こちらもぜひご覧下さい。

キモオタブルーが好きな時計もやっぱりブルー

車が殆どですが、色鮮やかなブルーカラーの時計もキモオタブルーと呼ばれています。アニメやフィクション作品に登場しそうな鮮やかな色味や、英数字などのデザインも判定基準にされています。

オシアナスが人気の模様

キモオタブルーの時計と言えば、オシアナスの時計です。メカニックで精巧な細工に色味の強い青色、厳つい鉄製のベルト部分など、アニメやロボット好きのオタクには堪らないデザインになっています。

この時計のカラーが車のキモオタブルーに酷似していることから、この時計もキモオタブルーと呼ばれています。

実際のキモオタは白の車に乗っているという説も

車自体が目立つせいか、乗っている人の特徴が記憶されやすいせいもあり、キモオタが多いと思われがちです。

ですが、実際のオタクは、悪目立ちや注目されることを避ける傾向があります。その為、白や黒の無難なカラーを選択していることも多いです。

目立つのは嫌いでも好きなものをワンポイントとして飾りたいオタクが、小さなステッカーを車体に貼ったり、小さなマスコットやクッションを車内に飾っていることもあります。

ファンならわかる?ワンポイントのオタクアピール

目立つのは嫌いでも、好きなものをワンポイントとして飾っているオタクもいます。ステッカーを車体に貼る、ナンバープレートを好きなキャラの誕生日にするなどです。

実際には自虐的に使われることも多い

キモオタブルーなどと揶揄される車に乗っている人は、どのように感じているのでしょうか?マイナスイメージの強い言葉ですが、実際に乗っている人は自虐的に使っていることが多いです。

その背景には、愛車に対するこだわりの強さや、愛着、自慢が多いに含まれているようです。自分の意志でこの車を選んだという意識がにじみ出ています。

キモオタブルーの判定基準とは?

インプレッサを始め、キモオタブルーなどの名称で呼ばれている車は、一体何を根拠にキモオタなどのマイナスイメージの言葉がつけられたのでしょうか?

キモオタ判定の基準について、考えられる根拠をいくつか紹介していきます。

根拠①オタクが乗っているイメージ

アニメに出てきそうな鮮やかなカラーにロボットのような顔つきの車などは、好みの作風に近い車を選ぶため、必然的にオタクが多い車となっているようです。

また、車のドリフトレースで未だにファンの絶えない名作、頭文字Dの登場キャラクターたちが愛用している車が多いのも、オタクカーとされる要因のようです。

根拠②憧れつつも乗れない人の嫉妬

ネット上のキモオタブルーなどに関するレビューを見ていると、該当の車に乗っていない人が必死に欠点をあげつらってこき下ろしているように見受けられます。

実際には、該当の車に乗りたいと思いつつも、金銭面や、設備面で所持できない人が嫉妬から騒ぎ立てたことも関係していると考えられます。

根拠③運転マナー違反者の悪目立ち

色味が目立つ以上、どうしても注目されやすくなります。目立つ車が危険運転や煽り運転などをしてしまうと、とても目立つ為、運転が危険な車と悪いイメージを持たれやすいです。

一際目立つこだわりカー 痛車とは?

キモオタブルー以上になってい人がオタク判定される車も存在します。アニメキャラ等のデザインが施された痛々しい趣味の車、それが痛車です。

自分の好きなものを目一杯主張してあるオーナー自慢の痛車をいくつかご紹介します。

アニメキャラの痛車

痛車と言って一番にイメージされるのは、アニメのキャラクターのデザインが多いです。

この車はアニメ「ガールズアンドパンツァー」のデザインが施されています。競技車両使用に加え、左右で少し異なるキャラクターがデザインされてるなど、オーナーのこだわりが伺えます。

アイドルや歌手等の人物の痛車

アニメキャラ意外にも、実在する人物の写真を用いたデザインの痛車もあります。

こちらは声優で歌手の水樹奈々さんデザインの痛車です。公式サイトのURLやイメージキャラも組み込まれた、スポーティーなデザインになっています。

競技用ナスカー仕様の痛車

競技車両のロゴやステッカーを貼っている車もあります。実際の競技車両同様の、スポーティーなデザインになっています。

こちらの車のオーナーさんが、BLACKPINKの大ファンなのもあり、デザインの中にBLACKPINKも盛り込まれています。

キモオタブルーはマイナスじゃない

車に興味がない人や、ならない人からはマイナスイメージで使われてしまうキモオタブルーという名称ですが、車が好きな人はむしろプラスイメージで読んでいる印象もあります。

目立つ色でもそうじゃなくても、車にマイナスイメージを持たれない、安全運転を心がけることが重要です。

キモオタブルーに関する記事はこちら

今回ご紹介したキモオタブルーに関連する記事です。ぜひこちらもご覧下さい。