イモムシ雄太(安井雄太)の現在は?死亡説も?両手足を失った少年のその後 雑学・ライフスタイル

イモムシ雄太(安井雄太)の現在は?死亡説も?両手足を失った少年のその後

ネット上でイモムシ雄太と言われている安井雄太さんは、ライターのガスが充満した車中で煙草に火を付けようとして引火爆発し、本人も手足を切断しなければならない大やけどを負ってしまいます。その後の雄太さんはどうなってしまったのか?ネット上で流れている噂は本当なのか?

目次

[表示]

イモムシ雄太とは?

安井雄太は、車内で吸っていたライター用のガスが引火して爆発し、大やけどを負います。命は取り留めたものの手足を切断しなければならず、イモムシのような姿になってしまいました。

ネット上ではその姿を形容して「イモムシ雄太」と呼ばれるようになりました。彼のそれまでの不良時代を非難する人が多かったようです。

定時制の高校へ通い、ネットの世界ではチャットで癒されていたそうですが、その後はどうなったのでしょうか?彼の人生がどんなものかを見て行きます。

イモムシ雄太こと安井雄太のプロフィール

イモムシ雄太は本名を安井雄太といいます。優太の生活は中学に入った頃から荒れるようになって、夜遊びを繰り返して、学校にはほとんど行かなくなっていました。

そんなある日、車の中でライター用のガスをビニール袋にためて吸っていたら、気がつかないうちに車内に充満していたガスが引火して爆発し、優太は救急車で病院に運ばれました。その時雄太さんは19歳でした。

安井雄太さんは、そのドラマチックな人生をテレビで紹介されましたが、ネットの世界では予想以上に非難の声の方が大きかったようで、「イモムシ雄太」などと揶揄されバカにされるような書き込みをされました。

幼少期と家族

安井雄太さんは、まだ小学校に上がる前の幼い頃に両親が離婚し、母親は女手ひとつで雄太さんを含めた3人を育てました。離婚の原因は父親の借金だったそうです。

雄太さんの非行には、両親の離婚と関係があるのかもしれません。もちろん、だからといって学校をさぼったり非行に走るのは良くないことですが、環境が非行に走らせたというのはあるのかもしれません。

中学時代から荒れ始める安井雄太

安井雄太さんがグレ出したのは、中学に入ってからでした。夜遊びを覚えるようになってどんどん不良少年として育っていました。この頃は、ほとんど学校に行かず遊び歩いて悪さのし放題だったそうです。

恐喝や万引きを繰り返し少年院へ

同級生をいじめ、遊ぶ金欲しさに恐喝もしていましたから、少年院にも入れられるようになっていましたから、不良少年が板についていたとも言えるでしょう。

イモムシ雄太の名前の由来

安井雄太さんの事がテレビで放映されてから、なぜか雄太さんのことをネットで中傷する人達がいました。そんな心ない人達がその姿を見て、「イモムシ雄太」と呼ぶようになったようです。

雄太さんは以前虐める側にいましたから、いじめられた経験がある人たちが彼の事を自業自得だと非難しているという噂もあります。ネットの世界では、彼を同情する人達よりも非難する人が多かったようです。

イモムシ雄太こと安井雄太は死亡した?

ネットの中では、安井雄太さんが川に飛び降りて自殺したとか、舌を噛んで死んだとかあまり根拠のない噂を流していますが、どれもほとんど信憑性のない噂のようです。

川に飛び降り自殺した噂

安井雄太さんは、ネットでは芋虫扱いをされてしまったとき、かなり辛かったそうです。そのため、川から取り降りて自殺したのではないかという噂まででました。

舌を噛んで死んだ?

例えば、雄太さんがどうしても死にたくなったら、その選択肢として舌を噛んで死んでしまうということはあるかもしれません。誰かがそんな想像をしたのかもしれませんが、何の信憑性もありません。

風呂で溺れて死んだ噂

ErikaWittlieb / Pixabay

雄太さんは手足がありませんから、風呂で溺れたというのはついあり得ると思ってしまいますが、これも誰かがそんな噂を立てたのではないでしょうか?

江戸川区に墓がある?

雄太さんのお墓が江戸川区にあるというのは、誰かがネットで流したようです。どういった意図があったのかは分かりません。

イモムシ雄太こと安井雄太の現在は?

テレビで安井雄太さんのことが紹介されてからは、その後の彼の事が分からないまま、ネットの噂ばかりが広まりました。その噂は彼が既に自殺しているというものもありましたし、実際そんな噂ばかりでした。

現在の雄太さんはどうしているのでしょうか?2003年にテレビで紹介されて、15年が経っていますから、当時19歳だった雄太さんも35歳位でしょうか?彼がいまどうなっているのか全く情報がありません。

イモムシ雄太が起こした爆発事故

安井雄太さんは、19歳当時車内でライターのガスを袋につめて吸っていました。車内では、ガスが既に充満していましたが、そこで雄太さんはタバコを吸うために火を付けたため、ガスが引火して爆発しました。

シンナーを吸引していた

中学時代から学校へは行かず、遊んでばかりいた雄太さんは、シンナーを吸って酩酊状態になることも多かったようです。最終的には、このシンナーによって大きな事故へとつながってしまいました。

雄太さんは、シンナーを吸うことで意図的に頭の中を酸欠状態にして気持ちよくさせていたのでしょう。しかしシンナーを吸うこと自体、身体をむしばむ怖い行為でした。

車内に充満しガスに引火し爆発

安井雄太さんは、車の中でライター用のガスをビニール袋にためて吸っていましたが、そのガスが車内に充満していたのを知らずに引火して、爆発を起こしてしまいました。

全身を火に包まれた優太さんは、救急車で病院に運ばれる途中で意識を失い、その後は生死をさまよくこととなります。そうして、次に目が覚めたのが1ヶ月半後のことでした。

全身70%の火傷を負い四肢切断

この爆発事故によって雄太さんは、全身の70%近くに重いやけどを負ってしまい、手足の組織が広範囲で死んでしまいました。感染症を防ぐためには、手足を切断するしかありませんでした。

足の切断した部分は激痛にさらされ、更に原因不明の吐き気で事故によって手足を失ったあとも入退院を繰り返しました。

すれ違いになっていた母親との関係

雄太さんが爆発事故によって、手足を失った時、母親の弓子さんは48歳でした。雄太さんは幼い頃に両親が離婚し、母親の弓子さんは女手ひとつで3人の子供を育ててきました。

そんな中、雄太さんがこんな体になってしまったのですから、大変な苦労を抱え込んだことになります。

両手両足が無くしてから母親と兄が介護に加わる

雄太さんが事故で手足を失ってから、雄太さんの介護は母親と兄がすることになりました。

母親に悪態をついていた

トイレや食事の世話から、車椅子からの乗り降りもひとりではできませんかが、それでも母親に悪態をついていました。

雄太さんと母親の実際の会話の記事を紹介します。

(雄太を車椅子からベッドに移動するとき)
雄太「何がどうしたいの」

母「降ろしたいの」
雄太「1人で無理に決まってんじゃん」
母「だってお母さん一人しかいないじゃん、どうするの」
雄太「ずっとこうしてるしかないじゃん」
母「またそんなこと言ってる、無理でしょう」
雄太「馬鹿じゃないの、だったらいいって言ってんじゃん」
母「なんで?降ろすって言ってんじゃん」
雄太「1人で抱えられんのかよ!テメーは!」
母「分かんないよ!やってみなきゃ!」

 

最初は母親にトイレの世話をしてもらうのが嫌でたまらなかった。
しかしそんな現実を受け入れるしかなかった。

四歳年上の兄も弟の手足となって身の回りの世話をしている。
「天国から地獄に落ちた感じ、でも生きてるだけでよかった。
生きてればこれから一緒にできることもあるし。
意味があるから生き残れたと思うから」(兄)

(引用:NANERまとめ)

母親と兄が贈ったキティグッズ

雄太さんの母親の弓子さんは、雄太さんが少しでも明るくなるようにと、部屋にキティちゃんグッズだらけにしました。お兄さんも積極的に雄太さんの介護を手伝うようになって、励まし続けました。

兄である和也さんとの関係

雄太さんの兄は4歳年上で、事故に遭うまではあまり会話がなかったそうですが、雄太さんの手足が不自由になってからは、まるで双子の兄弟のように雄太さんに手足となって面倒をみるようになったといいます。

雄太さんの兄である和也さんは、雄太さんの手足が亡くなってしまっても、生きているだけでよかったと語っています。その言葉は兄としての優しさであり、兄にしか分からない正直な言葉ではないでしょうか?

和也さんは弟の雄太さんと性格が似ている分、雄太さんの辛い気持が分かるそうです。お風呂にも兄の和也さんが入れていますが、雄太さんにとって、この4歳違いの兄は今ではなくてはならない存在になっています。

イモムシ雄太のその後

安井雄太さんは、その後どうなっているのでしょうか?ほとんどの人が分からないのですから、ネット上でいろんな事を書いていても、そのどれもが真実かどうかが分からない状況です。

雄太さんは動画などから、定時制高校に入学したことや、チャットでの人とのやりとりで癒されているといい、前を向いている様子がうかがえました。ですから今もきっと生きて頑張っているのではないでしょうか。

事故は天罰と語る

雄太さんがテレビに取り上げられた後は、ネット上では彼を批判する書き込みばかりが目立ちました。それはそれまで彼がしてきたことの自業自得だといった内容です。爆発事故は天罰だと自分でも語っています。

ブログやホームページが作られた

雄太さんは事故が起きる前から、ホームページを持っていたそうです。しかし、その内容は自分がやってきた悪行を自慢するものばかりだったそうです。事故のあとは、そうしたホームページは再開していないようです。

チャットを始める

ひとりきりだと気が滅入りますから、雄太さんはチャットをするようになりました。四肢切断に関してとかを、人に話すことで人とのつながりを持てるようになり、孤独な気持が癒されたようです。

勉強し高校へ通うようになった

雄太さんは、こんな体になっても何かできるのではないかと考え、腕にペンを挟んで勉強をするようになりました。そして定時制高校に入って勉強をするようになります。

雄太さんは、現在腕にペンを巻き付けて勉強をしています。できる事はなるべく自分でやるという姿勢はすごいと思います。それまでは勉強をしようと思わなかった雄太さんですから、すごい進歩ではないでしょうか。

2003年動画が公開される

2003年の動画で安井雄太さんが、母親の弓子さんの介護されている姿を見ることができます。この動画では、雄太さんの事故をまだ受け入れきれない気持と、母親の思いが充分につたわってきます。

検索してはいけない言葉と言われるように

安井雄太さんに関する記事で、これまで削除されているものも多くあります。「イモムシ雄太」は現在検索してはいけないキーワードになっています。

イモムシ雄太のネットの反応

安井雄太さんが、テレビで取り上げられると、ネットでは芋虫扱いをされてしまい、かなり辛かったそうです。そのため、川から取り降りて自殺したのではないかという噂まででました。

テレビ局の思惑とは裏腹に、ネットの世界では雄太さんは元ヤンキーということで、叩かれることが多くなってしまいました。現在の頑張っている雄太さんよりも、過去の悪事に焦点があってしまったのでした。

NEXT:
1/2