山口百恵の気になる生い立ち!父親は韓国人?三浦友和とのなれそめは?

芸能界引退後もなお伝説のスターとして人気を保っている山口百恵さん。その生い立ちは未だにベールに包まれており、「父親が韓国人では?」という噂もあります。引退後もベールに包まれた山口百恵さんの生い立ちから現在まで掘り下げていきます。

時代を超えて語り継がれる山口百恵の生い立ちと父親情報

昭和を代表するスター歌手として今なおもその伝説が語り継がれている山口百恵さん。彼女の生い立ちが語られることは多くありませんが、家族構成についてはいろいろと憶測が飛び交い、真偽が検証されないまま流布されています。気になる噂について詳しく検討していきます。

山口百恵の父親は医者で韓国人?壮絶すぎる生い立ち

山口百恵さんの父親は久保茂といって、当時としては収入の高い医者だったそうです。幼少期に横須賀に住んでいたため韓国人では、という噂もありますが、こちらはいわゆるガセネタで、山口百恵さんの家系には朝鮮系の血筋はなく、両親も純粋な日本人であることがわかっています。

国籍だけじゃない!複雑すぎる山口百恵の生い立ち

山口百恵さんの父親が韓国人であるという噂はガセネタであり、山口百恵さん自身も純粋な日本人であることがわかりましたが、複雑なのは国籍だけではありません。山口百恵さんの父親には愛人がおり、百恵さんはその愛人との間に生まれた、いわゆる不倫の子だというのです。

貧しさをバネに!山口百恵の歌手デビュー秘話

山口百恵さんの父親は愛人をつくって子どもまで産ませ、そのうえ本妻のほうには一切金銭的な援助を行わなかったというのですから、はっきり言ってひどい父親と言わざるを得ません。ただ、貧しさが「歌手・山口百恵」を生んだと考えれば、決して無駄ではなかったのかもしれません。

韓国人ではなかった!医者の父親を憎んでいた山口百恵の経歴

複雑すぎる家庭に生まれ育った山口百恵さん。「不倫の子」として育った彼女は、いかにして「歌手・山口百恵」になったのでしょうか。プロフィールを引用しつつまとめました。三浦友和さんとの結婚秘話についても掘り下げます。

名前:山口 百恵(やまぐち ももえ)、生年月日:1959年1月17日、出身地:東京生まれ神奈川県育ち。血液型:A型、学歴:日出女子学園高等学校、職業:元歌手/元女優

http://trend-japon.com/5482.html

生い立ちから歌手になるまで!父親に恵まれなかった山口百恵

80年代のうちに芸能界を引退し、その後は表舞台に立つことはなくなった山口百恵さん。生い立ちから歌手デビューまでは自叙伝「蒼い時」以外についてはほとんど伝えられることはありません。デビュー当時はあまり人気がなかったというのは本当なのでしょうか。当時の空気感もふくめてお伝えします。

超意外!デビュー当時は歌が下手だった山口百恵

今となっては誰もが認める伝説の歌手として語り継がれている山口百恵さんですが、意外なことにデビュー当時は歌があまり上手ではなく、業界では「大根足で、スターになる見込みは低い」とまで言われていたようです。まわりの見る目がなかったのでしょうか。

生い立ちを乗り越えて!理想の夫婦となった山口百恵

1980年、歌手としても女優としても人気絶頂だった時期に、山口百恵さんは突如として三浦友和さんとの交際を公表し、間もなく結婚をして芸能界から完全にフェードアウトしました。山口百恵さんと三浦友和さんのなれそめと現在の様子について掘り下げていきます。

偶然の出会い!三浦友和との恋のはじまり

今や、芸能界きってのおしどり夫婦として定着している三浦友和さんと山口百恵さん。ふたりのなれそめについては芸能界内部でもさまざまなかたちで語り継がれていますが、本当のところはどうなのでしょうか。メディアでも語られない本当の結婚秘話について徹底的に検証していきます。

きっかけはCM!山口百恵の蒼い時

一般にはドラマや映画での共演がきっかけで夫婦になったと言われている山口百恵さんと三浦友和さんですが、実際のなれそめはCM撮影でした。実はこのCM、当初の相手役は別の俳優だったのですが、スポンサーの意向で撮り直しとなり、その時に起用されたのが三浦友和だったんです。

まさに赤い糸!三浦友和と山口百恵の共演

CM撮影以降、ふたりは「ゴールデンカップル」として売り出され、ドラマや映画などで共演を重ねることになります。とくに「赤い」シリーズは大人気でしたね。「赤い疑惑」、「赤い死線」、そして赤い糸……昭和を代表するおしどり夫婦は、こうして生まれたのです。

生い立ちもふくめて考える!山口百恵の幸福度

「人気絶頂期に三浦友和(66)との結婚を選び引退した百恵さん。すでに2人の息子も芸能界で活躍。復帰待望論も久しいが、最近は長男の祐太朗(34)が母親の名曲『いい日旅立ち』をテレビで歌い、『母親を彷彿とさせる美しい声』と話題になりました。次の注目は息子たちの結婚と孫の誕生でしょう」(芸能デスク)不完全な“復帰状態”にあるのが淳子だ。「92年に統一教会の合同結婚式に参加。3人の子供に恵まれたが、未だ教会の広告塔という指摘も多く、本人が熱望しても芸能界への復帰は叶わないでいる。3月に銀座の博品館劇場でコンサートを開催したが、これ以上の活動は教会からの完全脱会なくしてはありえず、限定的な活動にとどまる」(同前)

http://news.livedoor.com/article/detail/14808797/

父親に似てる?山口百恵を射止めた三浦友和のプロフィール

当時、人気絶頂だった山口百恵さんのハートを見事に射止めた三浦友和さん。若手スター同士の交際は業界内でも空前のビッグカップルとして大いに話題となりました。三浦友和さんのプロフィールを引用記事をまじえてまとめました。

芸名:三浦 友和(みうら ともかず)、性別:男性、生年月日:1952/1/28、星座:みずがめ座、干支:辰年、血液型;AB型、出身地:山梨県

https://www.weblio.jp/content/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E5%8F%8B%E5%92%8C

父親が反面教師?山口百恵が三浦友和に惹かれた理由

複雑な生い立ちを考えると、山口百恵さんはおそらく、三浦友和さんに理想な父親をもとめたのでしょう。当時からさわやか路線で人気絶頂だった三浦友和さん。結婚後も理想のパートナーとして家庭をささえつづけているという意味では、百恵さんの選択は間違ってはいませんでした。

俳優と医者!やっぱり高収入に憧れた山口百恵

家庭を顧みなかったとはいえ、医者の父親の影を見て育った山口百恵さん。父親についてはいろいろと複雑な心情もあるのでしょうが、結果的に人気俳優の三浦友和さんを人生の伴侶として選んだところを見ると、やっぱりどこかで安定した生活に憧れていたのかもしれません。

父親や生い立ちも関係?山口百恵の引退理由

生涯のパートナーにめぐり逢ったとはいえ、芸能界での人気が絶頂だったタイミングであっさりと一切の芸能活動からフェードアウトしてしまうのは、やっぱり並大抵の勇気ではありません。山口百恵さんの本当の引退理由についてあらためて検証していきます。

生い立ちも報じられた山口百恵の結婚にまつわる戦略と誤算

山口百恵さんと三浦友和さんはもともと、映画界の計算と戦略によって生み出されたカップルでした。共演を重ねていくうちに次第に恋愛感情がめばえ、本物の夫婦になったわけですが、業界としてはふたりの結婚はある意味で誤算だったようです。三浦友和さんはともかく、山口百恵というドル箱を失ったのですから、相当な痛手だったんでしょうね。

山口百恵の生い立ちと父親情報がわかる本

1980年に刊行された自叙伝「蒼い時」では百恵さんの出生時の秘密や家族構成、歌手になった理由について詳しく綴られており、百恵ファンには必見の内容となっています。三浦友和さんとのなれそめや結婚を決意した理由についても触れられていますので、今あらためて読み返しても資料として充分な価値があります。

父親に激似!山口百恵の気になる息子情報

70年代から80年代にかけて芸能界のトップを走りつづけた山口百恵さんも、現在は子どもに恵まれ穏やかに暮らす主婦。長男の三浦祐太朗さんはプロとして音楽活動をしており、「Peaky SALT」というバンドでヒット曲をリリースしています。次男の三浦貴大さんは俳優としてデビューしており、人気ドラマに多数出演しています。

やっぱり父親にそっくり!山口百恵の次男、三浦貴大の将来性

世紀のビッグカップルの次男として生まれた三浦貴大さん。生まれたばかりの頃はワイドショーでずいぶんと取り上げられたものですが、現在はお父さんの跡を継いで役者の道を突き進んでいます。三浦貴大さんは果たして、お父さんを超える明俳優になれるのでしょうか。報道記事から考察していきます。

映画初主演を飾った三浦は、「緊張しかなかったです。僕が主演とllして何かできたか考えると、それらしいことは何も……。当時の熱気を大切に演じたつもり。(渡米後の)模擬裁判のシーンは専門的な英語が多くて大変でした」と述懐した。一方、共演者からは「長いセリフもしっかり覚えてきていて、えらいなと思った」(柄本)、「きまじめで、僕らが引っ張られる部分がある。目力があって温かい人」(橋本)、「初主演と感じさせない存在感がある。さすがサラブレット」(池上)と絶賛の嵐。当の三浦は、「皆さんに助けられて、無事に終わった。かかわったすべての人に感謝です」と恐縮しきりだった。http://news.livedoor.com/article/detail/5204303/

山口百恵も溺愛!父親とは違う道を歩む祐太朗

次男の貴大さんはお父さんと同じ俳優の道に進みましたが、長男の雄太郎さんはあえて違う方向を選び、アーティストとして着実にキャリアを積み重ねています。祐太朗さんの現在の活躍ぶりと将来性について報道記事をまじえてお伝えします。

今回のタイアップについて三浦祐太朗は「普段からアニメを嗜む自分としては、このような有り難いお話を頂き小躍りする程幸せな気持ちでした。ヒャダインさんの楽曲に私が作詞を担当しております。いち「邪教徒」として「邪神ちゃんドロップキック」への愛をふんだんに盛り込んだ歌詞になっておりますので、楽しんで頂けると幸いです」とコメントしている。また今回タイアップするアニメ「邪神ちゃんドロップキック」は5月23日に後楽園ホールで、女子プロレス団体「スターダム」とコラボすることも決定している。http://news.livedoor.com/article/detail/14679584/

生い立ちと父親を乗り越えた山口百恵の現在

人気絶頂のさなか、惜しまれつつ芸能界を潔く引退して家庭に入った山口百恵さん。完全に家庭におさまったわけではなく、現在は手芸の特技を活かしてキルト作家として活躍し、コンスタントに個展を開催しているようです。当時の面影はそのままで、やさしいお母さんになっているようですね。

家でもただ者じゃない!三浦祐太朗が語る山口百恵

坂本「佑太朗さんが子どものときには、家庭内で『昔、お母さんはね』みたいな会話はあったんですか」三浦「強いて言うなら、(母は)鼻歌がめっちゃ上手かったですね(笑)。『みんなのうた』みたいな歌を、たとえば料理を作ってるときとかに歌うじゃないですか。それがめっちゃ上手いなと思ってた覚えがありますね(笑)」坂本「(笑)。子どもながらに好きだった曲ってあります」三浦「『北風小僧の寒太郎』とか(笑)」坂本「聴きたい! あの声で聴きたい!」三浦「“くじらのうた”とかもあったんですけれども、そういうのを歌ってくれてたような気がしますね」坂本「只者じゃないないなと(笑)」三浦「この人、只者じゃないないなと思いながら、小っちゃい頃は聴いてましたね(笑)」

http://news.livedoor.com/article/detail/13669516/