花形敬とは?素手喧嘩(ステゴロ)最強男の伝説【伝説の喧嘩師】

伝説の喧嘩師として未だ語り継がれているヤクザの花形敬さんについてご紹介します。数々の伝説を残しており、花形敬をモデルとした漫画や映画も多く存在します。そんな彼の伝説や、最期、また、力道山や安部譲二といった数々の著名人との関係をまとめました。

伝説の男といわれる花形敬とは?

伝説の喧嘩師で有名の花形敬さんは安藤組(東興業)の幹部をしていた方です。「伝説の喧嘩師」という言葉を聞くとアニメや映画で出てきそうな言葉ですね。

しかし、花形敬さんは現実の世界に実在した方で日本のヤクザ界では伝説と言われている人物です。そんな花形敬さんについてご紹介致します。

1930年生まれで、1963年に亡くなりました。僅か33年という短い人生でしたが、数々の伝説を残しヤクザ界では神と崇められているほどの武勇伝も多くあります。

前科7犯22回の逮捕歴を持つ日本のヤクザ

伝説の喧嘩師の異名で恐れられた花形敬さんは前科7犯、22回の逮捕歴を持っています。喧嘩での逮捕が多く喧嘩負けなしと言われていたことから「素手喧嘩(スデゴロ)最強」と言われていました。

素手喧嘩(スデコロ)最強と言われていた理由は、当時、刀や銃を当たり前のように喧嘩に使っていたという時代に花形敬さんは一切武器を使わずに多くの人間を素手で倒してきたことからその異名がつきました。

花形敬さんの特徴は縁なしのメガネし白のスーツ、顔には20箇所以上の刀傷があり、体全身にも多くの傷があったそうです。これだけでもかなりの威圧感ですが、その上喧嘩も強く当時は最強と言われていました。

NEXT 花形敬の身長・体重や体格