レジェンド校長「高島雄平」の現在は?家族は罵倒?事件の判決も!

ZUB DSC 0347 TP V4 - レジェンド校長「高島雄平」の現在は?家族は罵倒?事件の判決も!

レジェンド校長高島雄平と言えば、12000人以上もの女性と買春した事で知られ、ネタとしても持て囃されている存在です。とは言え、犯罪は犯罪でありその代償に多くの物を失いました。今回は校長の経歴や事件判決後の家族との関係等について迫ってみました。

高島雄平がレジェンドと呼ばれる理由

?size=m - レジェンド校長「高島雄平」の現在は?家族は罵倒?事件の判決も!
instagram logo - レジェンド校長「高島雄平」の現在は?家族は罵倒?事件の判決も!

言ってしまえば高島雄平は性犯罪者であり、犯罪を犯した者は蛇蝎のごとく嫌われる事も珍しくありません。しかも、基本的にレジェンドとは好意的な意味で用いられる言葉です。

では、なぜ高島雄平はレジェンド校長と呼ばれるようになったのでしょうか?

2015年に児童売春・児童ポルノ法違反の疑いで逮捕

?size=m - レジェンド校長「高島雄平」の現在は?家族は罵倒?事件の判決も!
instagram logo - レジェンド校長「高島雄平」の現在は?家族は罵倒?事件の判決も!

フィリピン政府からの現地での日本人による買春の情報提供を受け、2014年に神奈川県警が自宅へ家宅捜索に入りました。その際、書斎に平積みにされた410冊のアルバムを捜査員は発見します。

捜査員は証拠品として押収。1年以上の時間をかけてアルバムを精査します。小児科医にも判断を仰ぎ、2014年の1月頃に撮影された写真に写る女性が13歳程度と判断され逮捕に踏み切りました。

尚、罪状は児童買春・児童ポルノ法における製造にあたり児童買春ではありません。理由は引用の通りですが、高島雄平が未成年の少女相手にみだらな行為を行った事事態は間違いありません。

女性を特定できなかったため、児童買春容疑での立件は断念せざるをえなかった。児童ポルノ製造の時効は製造の日から3年のため、他の女性についての立件も難しいという。

(引用 産経ニュース)

全国区で繰り返し報道された後有罪判決が下された

?size=m - レジェンド校長「高島雄平」の現在は?家族は罵倒?事件の判決も!
instagram logo - レジェンド校長「高島雄平」の現在は?家族は罵倒?事件の判決も!

聖職者が起こした性犯罪。それも史上類を見ない規模故に当然ながら強い関心を集め、連日のように新聞やテレビで報道が繰り返し行われました。

そして、逮捕から約8ヶ月後の12月25日、横浜地裁において高島雄平への判決が下されます。判決は求刑懲役2年に対し懲役2年、執行猶予4年でした。

判決が軽すぎる、との批判の声が方方より上がっていますが、これは前述の時効や捜査の難航などの関係によって、事件として立件出来たのが3件だけだった事が原因とされます。

2014年1月まで65回の渡航と12,660人以上の売春行為

?size=m - レジェンド校長「高島雄平」の現在は?家族は罵倒?事件の判決も!
instagram logo - レジェンド校長「高島雄平」の現在は?家族は罵倒?事件の判決も!

レジェンド校長高島雄平が最初にフィリピンで買春を行ったのは、マニラに赴任していた1988年4月とされます。日本に帰国後は2014年までの26年間に渡り65回渡航し、その度に買春は行われました。

捜査関係者によると、1988年当時のマニラにおける代金は1人570~860円程度であり、校長は値段の安さを喜んだとされます。また自身が他人に比べて性的好奇心が強い事も自覚していました。

尚12660人と言うのは、あくまで件のアルバムに残されていた写真から判明した数であり、写真を撮らなかった事もある事から実際の数は更に増えるようです。

県警の調べに対し、高島容疑者は「仕事のプレッシャーが強く、倫理観のたがが外れたときの解放感を味わった」「タガログ語と英語で話すと人格が変わり自分を抑えきれなかった」などと供述している。

(引用 産経ニュース)

買春にハマった理由について、高島雄平は以上のように述べましたが当然受け入れられる筈は無く、教育評論家や世間からは痛烈に非難されました。

NEXT 年間で480人の女性を相手をしていた