ミハエル・シューマッハの現在は事故で脳死?死亡説?現在の容態は?

天才的F1ドライバーであったミハエルシューマッハ。さまざまなタイトルを獲得し大資産家でもある彼は引退後の2013年、息子とスキー中に重体な事故に遭います。ライバルであったアイルトン・セナとの関係は?そして、現在の容態や画像、脳死などの噂について迫っていきます。

ミハエル・シューマッハとは?ドイツの伝説F1ドライバー

数々のF1記録を塗り替えてきた天才ドライバーのミハエル・シューマッハ。相当な資産を持つと言われている天才は2006年に引退。復帰するも2012年に再び現役を引退。そんな彼に悲劇が襲いました。

現役引退後の2013年スキー事故に

2013年12月29日、ミハエル・シューマッハは息子のミックと共にフランス南東部のスキー場メリベルでスキーを楽しんでいました。未整備のコース外のエリアを滑走中に転倒。岩に頭を打ち付け大事故に遭います。

世界中でニュースになり、意識が戻らずに脳死状態になった、または死亡したのではないかなどの噂が出回っていました。

ミハエル・シューマッハの現在

一時は脳死の噂もあった事故から約5年がたち、現在はスイスの豪邸で静かな生活を送っている様です。寝たきりの状態から回復はしたものの、現在も専属の看護師・介護士からの手厚い介護を受けた生活をされています。

2013年12月、スキー事故で頭部を負傷し昏睡状態に

2013年12月29日、息子とスキーを楽しんでいる最中に転倒し岩に頭を強打。頭部に深刻な外傷を負いました。もし、ヘルメットを装着していなかったら死亡していた可能性が高かったとのことです。

すぐにヘリコプターでグルノーブル大学付属病院に搬送されることに。意識が戻らず脳死状態ではとの噂もありましたが、外科的処置を行い人工的に昏睡状態になりました。

事故のその後

2014年4月4日ミハエル・シューマッハの代理人から、彼に意識がある瞬間があるとの発表がありました。ゆっくりではあるが、容態は着実に回復しているとの報告。

2014年9月9日病院を退院し、さらなるリハビリを行うために自宅へと帰ることになります。そのときの彼の容態は麻痺のため車椅子を使用しており、記憶障害があり喋ることが困難な状態であると報道されました。

NEXT 2016年、ドイツのBunte紙が歩くことができると報道し家族が訴訟