ケモナーの意味は?由来やレベル・おすすめのアニメ作品について おもしろ

ケモナーの意味は?由来やレベル・おすすめのアニメ作品について

今回は、けものフレンズなどのアニメ界隈でよく耳にする言葉である、「ケモナー」や「ケモノ」といった言葉の意味や由来、そしてケモナー絡みで起こったと言われる炎上事件、「ファーリーズ・ウォー」の真相を深掘りしていこうと思います。

目次

[表示]

ケモナーとは?

ケモナーとは、「ケモノ」を好む人のことを指し、元々はネットスラングとして使用されていました。「ケモナー」の意味は曖昧且つ広く捉えられるため定義するのが難しいです。

ケモナーとはどういう意味なのか

「ケモノ」の対象は曖昧なのですが、基本的には人間の特徴を持つ動物のキャラクターであり、最低限頭部は動物であることが「ケモノ」として認識されるための要素とされています。

これらの要素を満たしたキャラクターに対して、いわゆる「萌え」といった感情や、さらには「性的感情」を持つ人のことを総称して「ケモナー」と用いられることが多いです。

ネットで生まれた言葉のため、「ケモナー」を自称する人達1人1人の解釈に違いが生じます。その違いによって、こういった定義の曖昧さが生まれているようです。

ケモナーの由来は?

「ケモナー」という言葉は、先ほども言ったようにネットスラングです。「ケモノ」と英語の接尾辞である「~er(~する人)」を組み合わせた造語で、90年代中頃から2000年頃より広まったと言われています。

ケモナーの由来には幾つかの説があるようです。

本当の由来は格闘ゲームにあった?

この「ケモナー」という言葉は、そもそもカプコンの格闘ゲーム「ヴァンパイア」シリーズに登場する「ガロン」や「フェリシア」を使用するプレイヤーを指す言葉でした。

現在では「フェシリア」のような「獣」要素が少ないキャラクターは「ケモノ」に含まれません。過去と現在では若干解釈が異なるようです。

海外でのケモナーの呼び方はファーリーズ

海外ではケモナーとは呼ばれておらず、ファーリーズと呼ばれています。海外において「furry」が日本でいう「ケモノ」にあたり、そこから「Furries」となりました。

過去には「Furvert(ファーバート)」という呼び方もありました。これは「Furry」と「Pervert」を組み合わせた造語なのですが、海外でこの呼び方が使用されることはほとんどありません。

ケモナーの先駆け作品テイルコンチェルト

ここでは、ケモナーの先駆けとも呼ばれる「テイルコンチェルト」がどのような作品なのかを深掘りしていきたいと思います。

テイルコンチェルトとは

この作品は、バンダイが1998年に発売したプレイステーション用のアクションゲームです。最大の特徴は、登場するキャラクターがすべて「ケモノ」という点です。

発売時期がシリーズ物の人気ゲームと複数被ってしまったため知名度はそこまで高くはありませんが、ファンの数は決して少ないわけではありません。

ケモナーという言葉との関係性は?

現在使われている「ケモナー」という用法はこのゲームを開発した「サイバーコネクトツー」がはじまりだと言われています。

サイバーコネクトツーのスタッフの間でも「ケモナー」という言葉が広がりはじめ、2006年5月に発売された「.hack//G.U」というゲームで現在の意味合いの「ケモナー」が一般的に広まりました。

ケモナーレベルとレベルごとのおすすめ作品

「ケモナー」の定義は曖昧だと話してきましたが、ここでは「ケモナー」を分かりやすく分類した「ケモナーレベル」、そしてそのレベルごとのおすすめ作品を紹介します。

ケモナーレベルとは?

「ケモナーレベル」とは「ケモノ」の度合いを測るレベルのことです。レベルは一般的に1~5まであります。

  • レベル1:人間に動物の耳、尻尾が生えただけ。
  • レベル2:人間の手足が動物の様に毛深くなる。また、顔に猫のひげが生え、鼻も動物の様になる。
  • レベル3:顔が動物になる。肉球が付き、爪が伸びるなど細かい部分も動物に近づく。
  • レベル4:体つきはほぼ動物で、二足歩行で歩く動物の様になる。人間と同じで表情は豊か。
  • レベル5:見た目は完全に動物になる。表情は豊かで言葉を話すものも含まれる。

レベル全てを楽しめる作品「猫の恩返し」

宮崎駿作品でおなじみの「猫の恩返し」、度々金曜ロードショーでも放送されていますが、この作品はレベル1~5を全て楽しむことのできる作品として知られています。

いまさらこの作品の内容を説明する必要はないと思いますが、ざっと説明すると、主人公の吉岡ハルがトラックにひかれそうな猫を助けたことがきっかけで猫の国に招待される…という内容です。

この作品では主人公の吉岡ハルがレベル1~3をいったりきたりします。また、基本的に登場するキャラクターは猫がほとんどなため、レベル4~5のキャラクターだらけです。

かわいいだけではない「猫の恩返し」

そしてこの作品では「かわいい」だけではなく、「かっこいい」要素も含まれています。その役割を担っているのが主人公ハルに助けを求められる猫の男爵「バロン」です。

度々見ることができるバロンのかっこいいシーン、ハルをお姫様だっこするなどイケメン要素も満載です。

主人公ハルのケモノ化を楽しみながら、バロンのかっこよさに惚れる。「ケモナー」にとってはボリューム満点の作品といったところでしょうか。

ケモナーレベル1~2のおすすめ作品

ケモナーレベル1~2なので耳や尻尾がついている程度なため、ケモノ度の低い作品を紹介したいと思います。

あにゃまる探偵キルミンずぅ

この作品は2009年にテレビ東京で放送されていたアニメです。あらすじは、動物に変身できる道具「キルミン」を手にした主人公たちが様々な難事件に挑んでいくお話となっています。

2種類の変身形態

この作品では「変身」という要素があり、変身アイテム「キルミン」を手に持って、「キルミン!」と言うことで動物へと変身します。

変身の形態には、身長や等身がやや低くなるが人間の要素は保っている「着ぐるみモード」と、そして変身後、完全に動物化する「アニマルモード」の2形態があります。

作品の中では、まず「着ぐるみモード」に変身します。そしてそこから状況に応じて「アニマルモード」変身していくという流れになっています。

モン娘は~れむ

こちらはフリューより配信されているソーシャルゲームです。ジャンルは「セクシーモンスター娘RPG」とされており、女の子が全員モンスターという魔界が舞台とされているRPGゲームです。

ゲームシステムはクエスト、デート、料理、などがあります。デートのなかには「お触りタイム」といったイベントも発生し、バトル要素以外も充実した内容となっています。

けものフレンズ

2017年の1月~3月までテレビ東京ほかで第1期が放送されていました。内容は、動物の姿をした「フレンズ」と呼ばれる少女達がくらす架空の動物園「ジャパリパーク」を舞台にしたお話となっています。

「けものフレンズ」は独特のゆる~い雰囲気が特徴で、物語のテンポもゆったりとしています。キャラクターの喋り方も「すごーい!」「たーのしー!」などと独自の世界観が視聴者の心をつかんだようです。

けものフレンズ人気に火が付いた

この世界観が話題を呼び、ついには2017年流行語大賞にノミネートするほどとなりました。残念ながらトップ10入りはなりませんでしたが、2017年を代表するアニメと言っても過言ではないでしょう。

「けものフレンズ」は人気を博し、内容は知らなくてもタイトルだけなら知っているという人も多いと思います。「ケモナー」がいまいち分からないという人にもおすすめできる作品となっています。

ケモナーレベル3のおすすめ作品

ケモナーレベル3から徐々にケモノ要素が増えていき、見た目的にもモフモフしてきます。

SHOW BY ROCK!!

こちらはサンリオによる音楽&バンドがテーマのキャラクタープロジェクトです。キャラクターの公式デビューは2012年で、2013年にスマートホン向けのゲームアプリとして配信されました。

ぱっと見はレベル1~2と大して変わりませんが、通常の人型の他に二頭身にデフォルメされたタイプもあり、そちらのケモノ度合いが高いため今回はレベル3に含みたいと思います。

レベル3には含まれていますが、レベル1~2も楽しむことが出来そうです。ゲームの他にアニメ、マンガ、小説、舞台など多岐にわたって展開されています。

フルボッコヒーローズ

この作品は、名前の通り敵をフルボッコにできるシューティングRPGです。ゲームの特徴として出てくるケモノキャラクターがみんなかわいく、ケモノ度が高いです。

キャラクターのバリエーションも、筋肉質なキャラから、グラマラスでセクシーなキャラ、モフモフとしたかわいいキャラなどと豊富なためお気に入りのキャラクターもすぐに見つかると思います。

ブレイジングオデッセイ

こちらもスマホゲーで、ターン制で攻撃していくシステムのバトルRPGです。ストーリー性があり、RPGとしての完成度も高いです。

このゲームに登場するケモノはいわゆる「かわいい系」というよりかは、「かっこいい系」に分類されると思います。女性キャラも細身で筋肉質なキャラが多い印象です。

王道RPGとケモノが一度に楽しめるゲームのため、両方好きだという方にはもってこいの作品です。

ケモナーレベル4のおすすめ作品

ケモナーレベル4ではほぼ体つきは動物なのでより動物らしさが楽しめます。

名探偵ホームズ

こちらはアニメ作品です。小説の「シャーロック・ホームズ」を原作にしたテレビアニメで、日本では1984年11月6日から1985年5月20日までテレビ朝日系列で放送されていました。

全26話構成となっており、最初の6話は宮崎駿が監督、演出を務めたことで有名です。内容は原作から舞台、登場人物を借りていますが、ほぼオリジナルストーリーで構成されています。

顔はほぼ動物で、毛深く、手や鼻など細部まで動物化がされています。大人から子供まで楽しめる内容なので、ケモナー好きでお子さんがいらっしゃる方は一緒に楽しめる作品だと思います。

キャットバスターズ

この作品はHappy Elements株式会社がスマホ向けに展開したキャッ飛ばしRPGです。かわいいネコをひっぱり敵に向けて吹っ飛ばすひっぱりアクションが特徴で、戦略性も高いです。

登場するネコのキャラクターがとにかく可愛らしいです。二頭身の猫たちが戦っている場面はただただ癒されます。ネコ好きの方にはおすすめのスマホゲーです。

ズートピア

こちらは知っている人も多いのではないでしょうか。2016年に公開されたディズニー映画です。舞台は人間が存在しない別世界で、動物だけが暮らす世界という設定になっています。

内容は新米警官のジュディ(ウサギ)と詐欺師のニック(キツネ)のデコボココンビが、ズートピアに隠された事件を追う…というお話です。

レベル4にふさわしいケモノ具合で、主人公のジュディもとてもかわいいです。登場するキャラクターは全員動物の要素がしっかり備わっており、それぞれの動物の特徴も作中で生かされています。

ケモナーレベル5のおすすめ作品

ケモナーレベル5になると見た目は動物そのものになるので、動物らしいしぐさと表情の豊かさを楽しむことが出来ます。

ジュエルペット

この作品は、サンリオとセガトイズが共同開発したキャラクターグッズ用のキャラクターとして生まれました。後にアニメ、マンガ作品としても展開されます。

プロデューサーは、第3代ハローキティデザイナーの山口裕子が務めています。現時点で42種類のジュエルペットが存在しており、姉妹キャラクターのスウィーツペットも13種類います。

開発にサンリオが関わっているだけあって、とてもキュートなキャラクターばかりです。キャラクター数が多いのでお気に入りのキャラクターがたくさん見つかると思います。

ポケットモンスター

言わずと知れた大人気アニメ「ポケットモンスター」。今では海外でもアニメからゲームまで人気を博しており、これ以外にもカードゲームやその他グッズなどと幅広い展開がなされています。

キャラクターの数が多いため、ピカチュウやイーブイといった可愛らしいキャラクターから、ルカリオやゾロアークなどといったかっこいい獣人系のキャラクターまで幅広く存在します。

幻獣物語2

この作品は、幻獣を育てる育成シミュレーションゲームで、妖怪が多数登場します。人型のキャラクターも存在しますが、基本的にはケモノ度合いの高いキャラクター多いです。

日本古来の妖怪をモチーフにしたキャラクターも存在するため、他とは一味違ったケモノ達を堪能できると思います。また、他のゲームではあまり見ない動物も扱っているので幅広く受け入れられると思います。

NEXT:ケモナーの具体的な愛好対象範囲は?
1/2