黒木香「ワキ毛の女王」の現在は?村西とおるの愛人騒動のその後 エンタメ

黒木香「ワキ毛の女王」の現在は?村西とおるの愛人騒動のその後

ワキ毛の女王としてその名を馳せた黒木香さん。しのざき美知さんのものまねや永野芽郁さんや壇蜜さんに似ていると話題になりました。結婚をしているという噂もありますがその真相とは?黒木香さんの現在や過去の騒動などについて詳しく調べました。

目次

[表示]

脇毛の女王、黒木香の2020年現在は?今はなにしているの?

個性溢れる元AV女優の黒木香さん。元AV女優でありながらもその魅力的なキャラクターでテレビ番組にも多く出演してきました。

村西とおるさんの愛人だという疑惑があったり、自殺未遂の噂があったり、裁判をしたという噂もあったりととなにかと世間を騒がせてきましたが現在あまり情報が出回っていません。

結婚している、海外に住んでいるなどの話もある中黒木香さんは現在どのような生活を送っているのでしょうか。

黒木香のプロフィール

  • 名前:黒木香(くろきかおり)
  • 生年月日:1965年1月21日(53歳)
  • 出身地:鹿児島県
  • 血液型:A型
  • 身長161㎝

スリーサイズは83、53、86㎝です。ワキ毛の女王という呼び名だけに16歳から剃毛していないワキ毛を売りにしていました。

活動期間は主に1980年代後半です。丁寧な言葉遣いと大胆なワキ毛、そして時々卑猥な発言をすることで人気となりました。

黒木香の経歴

黒木香さんは女子学院高等学校に通っていました。卒業後は横浜国立大学へ入学しています。横浜国立大学では教育学部美術学科でした。専攻はイタリア美術です。

元AV女優として有名ですが元々は留学費用のための出演がきっかけでした。1986年、イタリア留学の費用をつくるためにAV出演したのです。

デビュー作のタイトルは「SMぽいの好き」で監督は村西とおるさんでした。この作品が大ヒットし黒木香さんの名前が知られるようになったのです。

当時は女子大学生のAV出演は世間で知られておらず、特に大学名を公開した現役の国立大学の学生の出演は異例であった。ゴールデンタイムのテレビ番組にも多数出演した。

(引用:Wikipedia)

黒木香さんは独特なキャラクターで注目を集めました。お嬢様のような言葉遣いにも関わらず卑猥な発言を繰り出すというものです。

一人称は「わたくし」で、「私思いますに……でございます」と丁寧な言葉遣いや話し方であったが、内容は言葉の端々に性交に関することを織り交ぜた。

(引用:Wikipedia)

黒木香さんは瞬く間に有名となりましたが多忙な日々を送ることになり、大学を欠席する状態が続きました。その結果、横浜国立大学除籍となってしまったのです。

黒木香はNHKの教育番組にも出演していた?

黒木香さんがNHKの教育番組に出演していたという噂がありました。しかし残念ながら真実かどうかは定かではありません。

ただ、当時の記憶が僅かに残っている方によるとインタビューで出演していたそうです。そして教育テレビに黒木香さんが出演したことに驚いたそうでした。

黒木香さんは出演していた番組の幅が広く、テレビ朝日系の「朝まで生テレビ」にも出演したことがあるので噂が真実という可能性は高いでしょう。

当時黒木香さんが流行した当時は騒がれていましたし、雑誌やテレビ番組に出演するなど大変活躍されていました。多忙すぎるほどだったのです。

当時の流行からしても、NHKの教育番組に出演する機会はあったのではないかと思われます。

黒木香は村西とおるの愛人だった

黒木香さんは村西とおるさんの愛人だったことで有名です。村西とおるさんはAV監督で、別名「ハメ撮りの帝王」でした。

村西とおるさんは渋谷に高級焼肉店を出店しています。「香貴苑」という名の焼き肉店で黒木香さんはその店のママになりました。

こちらの焼き肉店、ランチメニューが良心的なお店だったと言われています。ボリュームがあって評判だったようです。

しかしギャラの不払いが問題となり二人は破局してしまいました。そののち黒木香さんは引退しています。当時の村西とおるさんは借金王として有名だったのでギャラ未払いも借金故なのでしょう。

ダイヤモンド映像を設立した当初は経営も順調でした。羽振りも良かったのですがその後日本ビデオ映画を設立し本田美奈子さんや飯島直子さんなどのタレントを起用、ビデオ映画の製作に挑戦したのです。

それが失敗し、不動産投資と通信衛星放送事業への投資などから50億円の負債を抱えてしまいました。村西とおるさんが設立したダイヤモンド映像は1992年に倒産することとなったのです。

借金のみならず逮捕歴もあります。1988年には17歳の少女をAV出演させて逮捕、その後16歳の少女を出演させて逮捕されています。

しかし16歳少女の出演は本人が年齢を偽っていたそうで、黒木香さんはこの話についてワイドショーで触れました。

この件について、黒木香はワイドショーの取材に「いつもはめている村西監督が今回ばかりははめられた」などと発言した。

(引用:Wikipedia)

1994年、ホテルの2階から飛び降り、自殺未遂

1994年、黒木香さんは自殺未遂を起こしています。東京都中野区のホテルで2階から飛び降りようとしたのです。

自殺を図ったものと見られていますが幸い一命を取りとめています。ですが体には後遺症が残り、リハビリのため入院しました。

この自殺未遂は世間では村西とおるさんに捨てられたから自暴自棄になって起こしたものだと認識されています。村西とおるさんにお金を騙しとられたという噂もありました。

ですが村西とおるさん自身は自分が自殺未遂の原因となった説を否定しています。酔っぱらって落ちてしまっただけだと語っているのです。

ギャラ未払いの裁判の噂

黒木香さんはギャラ未払いの裁判を起こしていたという噂になっています。真偽のほどは定かではありませんが、黒木香さんはプライバシー侵害で民事控訴を起こした話があります。

そのことを考慮するとギャラ未払いの裁判を起こした可能性は十分にあるでしょう。

村西とおるさんとの破局、飛び降り自殺未遂、ギャラ未払いなどの騒動から村西とおるさんが黒木香さんを追い詰めたのだと言われるようになりました。

ですが村西とおるさんの方は黒木香さんに対して嫌な感情を持っていたというわけではなさそうです。時を経て感情の変化があったのかもしれませんが現在では黒木香さんを絶賛しています。

インテリ派であった黒木香さんは自由奔放なセックスを見せたというのです。黒木香さんがAV界を変えたとも言っています。

また、黒木香さんのワキ毛ですが村西とおるさんは美学があったとのちに語っています。黒木香さんは美学を持ってワキ毛を剃らずにいたそうなのです。

2004年、引退後のプライバシー・肖像権侵害で民事訴訟

黒木香さんの引退後は雑誌などでその消息を追う記事が書かれてこれまで出演してきたアダルトビデオ作品の再版がされました。黒木香さんはこの件に民事控訴を起こしています。

プライバシーおよび肖像権の侵害に当たるとして、出版社の講談社・光文社・小学館・徳間書店・双葉社、およびDVD販売会社のオブテイン・フューチャー社に対して損害賠償などを求める民事訴訟を起こした

(引用:Wikipedia)

徳間書店には2006年5月、一審で勝訴しています。プライバシー、肖像権の侵害で控訴しているということはつまり復帰するつもりはないということなのでしょう。

小学館(『女性セブン』および『週刊ポスト』の発行元)に対しては2007年4月に一審で勝訴、2007年11月に二審でも勝訴し、損害賠償額の増額を求める黒木側の上告が2008年1月に棄却されて二審判決が確定したことが報じられている。

(引用:Wikipedia)

黒木香は一度結婚したが現在は独身との噂も?

黒木香さんは一度結婚したのではないかという噂があります。飛び降り自殺未遂ののち実家に戻ってその後結婚したのではないかという噂です。

なおこの説では現在は独身ではないかと言われています。つまり結婚したもののなんらかの理由で離婚したという噂なのでしょう。

黒木香さんの現在について知りたい方は多いようで、今どうしているのかという質問はネット上でよく見かけます。

しかしその後についての詳細情報と思われるものはほとんどないのが印象的です。

2020年現在は結婚して海外に住んでいる?

黒木香さんは結婚して現在海外で暮らしているという噂もありました。

年齢的には子供や孫がいてもおかしくないですし、今に至るまで情報がないとなると結婚し静かに暮らしているという噂が流れるのも理解できます。

海外で暮らしているとなるとより近況が知りにくい状態ということになります。現在明らかになっている黒木香さんの今の生活を考えると海外での生活は非常に納得ができる説です。

また、このほかにも黒木香さんは現在結婚して北関東で暮らしているという説もあります。

こちらの説も根拠となるものはありません。ネット上に投稿されたものなので嘘である可能性もあります。

ちなみに黒木香さんのワキ毛はかつて子供までつくった恋人が亡くなってしまい、その相手がワキ毛を好んでいたので剃らずにいたという噂もありました。

このように黒木香さんに関する噂はたくさんあるのですがどの噂も証拠となるものがありません。

2020年現在の消息は不明?

残念ながら黒木香さんが現在どこで何をしているのか、詳細はわかっていません。目撃情報もないため現在の様子がわからないのです。

引退したことですし、引退後にはプライバシー、肖像権の侵害で控訴していることからおそらくどこかで静かに暮らしているのでしょう。

ひょっとしたら噂通り結婚しているのかもしれませんが、控訴した過去があるためなかなか追求されないのでしょう。

元AV女優という過去を持つだけに尚更現在を知られたくないのかもしれません。

2019年、村西とおるさんの半生を山田孝之が熱演!

世間一般的には村西とおるさんのせいで黒木香さんは芸能界を引退することになったと言われています。

村西とおるさん本人は否定していますが、真相を知り語ることのできる黒木香さんはすでに引退していますから真実は不明のままです。

村西とおるさんはAV監督であり黒木香さんを愛人にしていた、一時期相当な稼ぎがあった方ですがその人生はなかなか波乱万丈でした。

最後は50億円の借金を背負いました。おまけに前科7犯、心臓病を患うという人生です。

そんな村西とおるさんの半生を俳優の山田孝之さんが演じるそうです。「全裸監督」シリーズはNetflixで制作、2019年に配信です。山田孝之さんはこのようにコメントしています。

山田さんは同作への挑戦について「これまで何度も『山田さん、監督はなさらないんですか?』と聞かれてきた。僕の答えは毎回決まって『撮りたいと思うものがあったら撮りますよ』と答えてきた。そして、ようやくナイスな答えを見つけました。山田孝之AV監督になります。AVの帝王になります。質問は受け付けません」

(引用:ねとらぼ)

山田孝之さんのファンはどのように村西とおるさんを演じるのか、グイグイ迫れるのかが気になっている様子です。

山田孝之さんはどんな役でも器用にこなすカメレオン俳優として有名です。

演技に期待できると言われており、ネット配信番組ということで地上波より制約がなく自由にできることから期待が高まっているようです。

また、現在村西とおるブームがひそかに起こっているようです。若い世代は村西とおるさんの全盛期を知りませんがどんな人物だったのか気になる人が増加中のようなのです。

その影響もあってか村西とおるさんのドキュメンタリー映画のプレミアが開催された際は、チケットは発売開始直後に完売してしまいました。

海外でも大評判の全裸監督!黒木香を演じたのは?

2019年8月8日よりNetflixにて全裸監督の配信が開始されました。村西監督の半生を描く本作には黒木香も登場。伝説のAV女優役に抜擢されたのは森田望智です。

黒木香を演じるにあたり入念な役作りを行った彼女。実際にストリップショーを見たり風俗街を歩いたりしたそうです。結果、視聴者から真の主役と呼ばれる程の存在感を見せました。

キャスト達の名演もあり国内に留まらず海外でも高い評価を得た全裸監督。シーズン2の制作も決定し依然として注目度の高い本作ですが、同時に問題も浮き彫りになりました。

黒木香当人の許可は無い「全裸監督」

引退後の自身の主演作の再販に関し、黒木香本人が訴訟を起こしたのは前述の通りです。そう言った経緯があるにも関わらず、全裸監督に黒木香を本名で登場させることについて本人にコンタクトは取られていません。

実際に一部の視聴者から黒木香に許可を得ているのか問う意見もありました。専門家によれば、無許可で登場させる行為はプライバシーの侵害にあたると言います。

同時に裁判は訴えなければ起こらず、それでいて大きな労力を要する点にも言及しています。

全裸監督に対する黒木香の反応は?

全裸監督の制作および公開にあたって巻き起こった問題について今も尚Twitterなどで話題にされることも少なくありません。中には製作者サイドを痛烈に批判する意見もあります。

前述の通り作品の評価はおおむね好評で有り、黒木香を演じた森田望智の体当たり演技を通じて黒木香に興味を持つ人も少なくなく、様々なサイトで本件が取り上げられました。

中には2004年の裁判で黒木香の代理人だった弁護士にコンタクトを取った記者もいます。しかし、弁護士も黒木香と連絡が取れず本人に辿り着くことはできませんでした。

この一連の問題に関する黒木香本人からのコメントやアクションはなく、現在でも黒木香の行方は分かっていません。

2020年元旦、村西とおる監督が「SMぽいの好き」のストリーミング開始を告知

村西とおる監督ご本人のツイートにおいて「SMぽいの好き」のストリーミング配信がFANZA(旧DMM)で開始されたことが告知されました。

動画自体は2019年12月9日から配信されていたようであり、前述の全裸監督の存在もあってか一定の話題になりました。しかし、その一方でツイートに対し批判的な意見もあります。

NEXT:芸能人の引退後は私生活を報じることができない?
1/2