柳田哲志アナウンサーの現在は?頚椎骨折・脊髄損傷事故のその後!

柳田哲志の性格はポジティブで社交的?

柳田哲志アナウンサーは、ご自身のことを、まっすぐで繊細な性格と表しているそうです。のんびり屋で何事も諦めず、ポジティブに捉える性格とのことです。

実際に、99%寝たきりと言われた時に、1%は可能性があると考えたとも述べていますし、復帰後のインタビューでも、アナウンサーとしてはベテランでも、障害者としては駆け出しとジョークを飛ばしています。

復帰した後、柳田哲志が残した言葉とは?

頸椎を骨折し、一時は全身麻痺状態になった、柳田哲志さん、それでも5年という長いリハビリ生活を乗り越えて、車椅子生活をしていらっしゃいます。復帰後にはこんな言葉を残しています。

”限界なんて自分が作るもの、小さなことに悩んでいた昔の自分にも言ってやりたい。五体満足な人間が何を悩んどるんかってね”

壮絶なリバビリを乗り越えて、つらい障害を負っても前向きに生活している、柳田哲志さんの姿が思い浮かびます。

柳田哲志、パチンコ三昧?

柳田哲志さんについて、調べていくと、関連ワードとして、「パチンコ」がよく出てきます。なぜ関連ワードとして出てくるのか、どういうことなのか調査してみました。

簡潔に述べると、ネット上の噂で、柳田哲志さんが宮崎県内のパチンコ店でよく目撃されているということのようです。あくまで噂でしかなく、決定的な情報を見つけることはできませんでした。

レギュラー番組は現在はないため、時間的には余裕があるのかもしれませんが、どこまで本当の情報なのかわかりませんし、柳田哲志さんがパチンコ三昧であると断定するまでには至りませんでした。

柳田哲志の車椅子生活の原因は小西麻衣子アナウンサー?

柳田哲志さんの事故について調べを進めると、尻相撲で頭を強打したことに加えて、原因は小西麻衣子アナウンサーだとする噂も見受けられました。

実は、事故現場で、柳田哲志さんに尻相撲をすることを薦めたのが、小西麻衣子アナウンサーで、さらに突っ込んだ後に体を揺すって症状を悪化させてしまったと言われているのです。

これは、あくまで噂ですし、たとえ、揺すっていしまったのが事実だったとしても、悪気があってやっとも思えませんので、明らかに言いがかりというのが現状の見解です。

柳田哲志アナウンサー、頸椎骨折したその後についてのまとめ

頸椎骨折という重傷を負った、柳田哲志さん。現在は家族の支え等もあり、車椅子生活ができるまで復活して、ボッチャやテレビ宮崎のアナウンサーの仕事を通して活躍しているようです。

事故後に一年ほど更新がなかったご自身のブログも再開し、怪我の経過やその後の生活、障害者スポーツに関する活動の様子などがわかります。

強い精神力を持って99%寝たきりと言われた状況を跳ね除けた、柳田哲志アナウンサーの多岐にわたるご活躍にこれからも期待です。