柳田哲志アナウンサーの現在は?頚椎骨折・脊髄損傷事故のその後!

現在、柳田哲志さんはテレビ宮崎でアナウンサーとしてご活躍されていますが、過去に事故で頸椎骨折という大怪我をしてしまいました。今回はその事故と更新再開したご本人のブログ、結婚やお子さんがいたのかどうかまでをまとめてみました。

柳田哲志アナウンサーの現在!生放送中の頚椎骨折事故のその後は?

生放送中に頸椎を骨折する大事故に見舞われた柳田哲志さん。現在はアナウンサーとしての活動も再開しています。その復帰までの経緯をみていきましょう。

まずは、どのような状況で事故にあったのか、事故についてまとめていきます。

2008年6月14日、「JAGAJAGA天国」での頭から水田に飛び込み頚椎骨折

事故があったのは2008年6月14日、「JAGAJAGA天国」という番組内で起きました。当番組では、水田の上に土俵を作り行う、尻相撲のイベントを取材していました。

取材担当だった柳田哲志アナウンサーも土俵に上がることになり、盛大に泥にまみれたほうが勝ちというルールにしたがって、頭から水田に突っ込んだのです。

これにより、頭を強打し、頸椎骨折という重傷を負ってしまいました。

オコシテ、オコシテとは?怖すぎる一部始終

Youtubeで、「オコシテオコシテ」と検索すると実際の事故の一部始終が動画で見ることができました。頭から思いっきり水田に突っ込んでいます。

バラエティなので、突っ込んだ後にまったく動けない柳田哲志アナウンサーに異常があることも、周りの人は気づいていないようです。

この番組は、生放送だったこともあり、放送事故として話題にもなってしまっています。

その他放送事故に関する記事はこちら

一時は全身麻痺に、リハビリに励み車椅子に乗れるほどに回復

医師からも、「99%寝たきりでしょう、車椅子に乗ることができるようになれば万々歳」と宣告され、一時的には全身麻痺の状態になりました。

しかし、柳田哲志さんは諦めることなく、リハビリを続けて現在では車椅子での生活ができるようになるまで回復しています。

リハビリを始めた頃は、神経を損傷して血圧調整がうまくできないことから、上半身を起こされただけで気を失ってしまうレベルでした。30cm動かせるようになるまで、1年かかったそうです。

3年後の2011年8月、「24時間テレビ愛は地球を救う」で事故後テレビ初出演

事故から3年が経った、2011年8月に放送された、24時間テレビにて、事故後テレビ初出演を果たします。非常に短い時間の出演にはなりましたが、本格復帰への大きな一歩であったとのことです。

事故当時の年齢が、40歳であったことも考えると、若い人に比べてさらにリハビリは困難だったとされています。テレビ復帰できたことは本当に奇跡的とも言われています。

2012年、「マッポス」でレギュラー番組に復帰

24時間テレビ出演から、8ヶ月後の2012年4月、「JAGAJAGA天国」の後続番組である、「マッポス」にてレギュラー番組復帰を果たします。

ちなみに、「マッポス」は2014年の3月をもって放送を終了しています。

現在はテレビ宮崎でアナウンサーとして活躍

柳田哲志さんは、現在テレビ宮崎のアナウンサーとして活躍されています。2019年1月現在で、入社27年目を迎える大ベテランアナウンサーです。

放送前のメイク室で後輩たちに読み方などのアドバイスをし、大事故後も元気な姿を見ることができます。

障がい者のためのスポーツ「ボッチャ」の大会にも出場している

テレビ宮崎のアナウンサーとして活躍するのに加えて、宮崎ボッチャクラブチームの一員でもあり、大分で開催された、ボッチャ大会の団体戦で優勝するなど輝かしい成績を残されています。

ボッチャとは、障害を持つ方のために考案されたスポーツで、ヨーロッパが発祥の地です。今ではパラリンピックの公式種目に認定されるほどのスポーツです。

また、宮崎には「宮崎県ボッチャ協会」と呼ばれる団体があり、その副会長を務めていらっしゃるのが、柳田哲志さんです。障害者支援を積極的に行なっているようです。

事故後更新が止まっていたブログも再開

事故後、1年間に更新が止まっていたブログも、2012年10月19日から本格的に更新を再開しています。

内容は、事故後の経過であるとか、障害者スポーツ推進に関しての活動を報告したりとご自身の活動内容を月に一度程度のペースでブログを更新されています。

なかでも、ブログでは、国家資格である「ITパスポート」の取得も報告しており、リハビリに加えて国家資格の勉強までしていたことがわかりました。本当に強い精神力をお持ちの方だとわかります。

柳田哲志はどんな人?性格は?結婚しているの?

頸椎骨折という重傷を負いながらも、アナウンサーとして復帰し今でも、障害を持つ人の支援等にも精力的な活動をしている、柳田哲志さん、その性格や結婚しているのかもまとめてみました。

性格は真面目でポジティブと周囲からは言われているそうで、そう言われる理由は数々の発言から判明しました。

柳田哲志は結婚しており、妻と息子、娘がいる

柳田哲志さんは結婚されており、息子と娘の2人のお子さんがいらっしゃいます。事故から10年ほど経っているので、現在はお二人とも高校生くらいになっているということですね。

事故当時にはすでに結婚しており、小学6年生の息子さんと小学5年生の娘さんがいらっしゃいました。受傷後に、2人のお子さんに、”帰って来んかったら、お母さんをよろしくね”と伝えていたそうです。

柳田哲志の性格はポジティブで社交的?

柳田哲志アナウンサーは、ご自身のことを、まっすぐで繊細な性格と表しているそうです。のんびり屋で何事も諦めず、ポジティブに捉える性格とのことです。

実際に、99%寝たきりと言われた時に、1%は可能性があると考えたとも述べていますし、復帰後のインタビューでも、アナウンサーとしてはベテランでも、障害者としては駆け出しとジョークを飛ばしています。

復帰した後、柳田哲志が残した言葉とは?

頸椎を骨折し、一時は全身麻痺状態になった、柳田哲志さん、それでも5年という長いリハビリ生活を乗り越えて、車椅子生活をしていらっしゃいます。復帰後にはこんな言葉を残しています。

”限界なんて自分が作るもの、小さなことに悩んでいた昔の自分にも言ってやりたい。五体満足な人間が何を悩んどるんかってね”

壮絶なリバビリを乗り越えて、つらい障害を負っても前向きに生活している、柳田哲志さんの姿が思い浮かびます。

柳田哲志、パチンコ三昧?

柳田哲志さんについて、調べていくと、関連ワードとして、「パチンコ」がよく出てきます。なぜ関連ワードとして出てくるのか、どういうことなのか調査してみました。

簡潔に述べると、ネット上の噂で、柳田哲志さんが宮崎県内のパチンコ店でよく目撃されているということのようです。あくまで噂でしかなく、決定的な情報を見つけることはできませんでした。

レギュラー番組は現在はないため、時間的には余裕があるのかもしれませんが、どこまで本当の情報なのかわかりませんし、柳田哲志さんがパチンコ三昧であると断定するまでには至りませんでした。

柳田哲志の車椅子生活の原因は小西麻衣子アナウンサー?

柳田哲志さんの事故について調べを進めると、尻相撲で頭を強打したことに加えて、原因は小西麻衣子アナウンサーだとする噂も見受けられました。

実は、事故現場で、柳田哲志さんに尻相撲をすることを薦めたのが、小西麻衣子アナウンサーで、さらに突っ込んだ後に体を揺すって症状を悪化させてしまったと言われているのです。

これは、あくまで噂ですし、たとえ、揺すっていしまったのが事実だったとしても、悪気があってやっとも思えませんので、明らかに言いがかりというのが現状の見解です。

柳田哲志アナウンサー、頸椎骨折したその後についてのまとめ

頸椎骨折という重傷を負った、柳田哲志さん。現在は家族の支え等もあり、車椅子生活ができるまで復活して、ボッチャやテレビ宮崎のアナウンサーの仕事を通して活躍しているようです。

事故後に一年ほど更新がなかったご自身のブログも再開し、怪我の経過やその後の生活、障害者スポーツに関する活動の様子などがわかります。

強い精神力を持って99%寝たきりと言われた状況を跳ね除けた、柳田哲志アナウンサーの多岐にわたるご活躍にこれからも期待です。