鈴木沙彩さんが犠牲となった三鷹ストーカー事件の概要!自業自得?

三鷹ストーカー殺人事件をご存知ですか?これは18歳の鈴木沙彩さんが元交際相手の池永チャールズトーマス容疑者に刺殺された事件です。被害者の軽率とも言える行動に自業自得だというコメントも多かった事件ですが、今回は事件の概要を世間の評価も合わせてご紹介していきます。

三鷹市女子高生ストーカー殺害事件の被害者となった鈴木沙彩さん

三鷹ストーカー殺人事件の被害者である鈴木沙彩さんは資産家の実家に生まれて、お金持ちのお嬢様として育ちました。両親にとっては念願の一人娘だったようです。

そんな彼女の大伯父は脚本家の倉本聰であり、曾祖父は美術家の高松次郎、他にも親族は音楽家や芸術家、グラフィックデザイナーなどの芸術家揃いだったそうです。

芸能活動もしていた彼女が、なぜ事件に巻き込まれてしまったのでしょうか?自業自得とのコメントも多くあるこの事件について詳しい事件内容を、世間からの評価も合わせてご説明していきます。

鈴木沙彩さんのプロフィール

鈴木沙彩さんは1995年6月22日、東京都出身の元・女優です。両親と3人暮らしで、小学生の頃から女優を目指して劇団に入っていたらしく、高校生になってからも学校に通いながら芸能事務所に所属していました。

自分の性格についてはブログでかなりの几帳面だと言っていて、家の家事などの手伝っていると書いていました。上記の通り芸術一家でしたが、彼女自身も絵を描くことが好きだったようです。

学校での成績も良く、女優として真面目に演技に取り組む姿に周りからの評価も良かったようです。特に英語の成績が良く海外留学の経験もあり、将来は海外で活躍したいとも語っていました。

生い立ちと経歴、大伯父は倉本聰

彼女は2013年に映画「冷たい海」にてスクリーンデビューを果たし、フジテレビのドラマ「浅見光彦シリーズ」では俳優のダンカンと親子を演じたことでも話題となりました。

毎日放送の「ごぶごぶ」という番組にも出演していたという噂もあります。ですがこれには別人だったという説もありますので、「ごぶごぶ」について詳しい話は後半にてご説明しています。

そして冒頭でもご説明したように、彼女の大伯父は「北の国から」などで有名な脚本家・倉本聰だと自身のブログで明かしています。つまり倉本聰のめいの娘が鈴木沙彩ということになります。

共演者のコメントからわかる人柄

女優として芸能活動をしていた彼女は周りからの評価も高く、いつも真面目に演技に取り組んでいて、共演者やスタッフに対する気遣いも素晴らしかったと共演者は語っています。

彼女の通学路にあった近所の飲食店で働いている女性は、鈴木沙彩さんは毎日学校に行くときに前を通ると、いつも元気に挨拶してくれていたと語ります。

さらに近所に住む男性は鈴木沙彩さんが幼い親戚の子と遊んでいる姿を何度も見ていて、子供思いな良い子だったのにどうして、と悲痛な胸の内を明かしました。

NEXT 三鷹市女子高生ストーカー殺害事件の概要