黄泉戸喫 (よもつへぐい)とはどういう意味?由来や神話について おもしろ

黄泉戸喫 (よもつへぐい)とはどういう意味?由来や神話について

黄泉戸喫(よもつへぐい)という言葉をご存知でしょうか?黄泉戸喫とは古事記に登場する言葉で、黄泉の国の食べ物を飲食する事を指します。ここではその意味やなぜこの伝承が生まれたのか?また、千と千尋の神隠しなどの黄泉戸喫をモチーフにした作品も合わせて紹介します。

目次

[表示]

黄泉戸喫(よもつへぐい)とは?

黄泉戸喫(よもつへぐい)とは、黄泉(死者の国)で、戸喫(戸は竃を指し、喫は食べる事を指す)する事。つまり黄泉戸喫の意味とは「黄泉の国の竃で煮炊きした食べ物を飲食する」という意味になります。

よもつへぐいは「古事記」に出てくる古い言葉

黄泉戸喫(よもつへぐい)という言葉は、日本最古の歴史書「古事記」に書かれています。古事記で語られる日本神話によると、神々を生んだイザナミは火の神を産んだことが原因で死んでしまいます。

その夫であるイザナギは黄泉の国へイザナミを連れ戻しに行きますが、そこでイザナギは「なぜ遅くなったのか。私はもう黄泉戸喫してしまった」という趣旨の言葉をイザナミに言われてしまいます。

これが黄泉戸喫(よもつへぐい)という言葉の由来になります。死者の国のものを口にするという概念が文字で語られたのは古事記が最古であるとされています。

黄泉とは

黄泉とは「よみ」と読み、死者が行ってその後、住まう国を指す言葉です。死者が生き返る事をよみがえりと言いますが、これは黄泉から帰るという意味から生まれた単語です。

黄泉の国は地下にあるとされており、死者を墓に埋める事から由来したとされます。昔は死者を墓に葬る時に一緒に食べ物を埋めていました。これを掘り返し食べてしまう事も黄泉戸喫であるとされました。

黄泉戸喫(よもつへぐい)を行ったらどうなるのか?

古事記の中ではイザナミはイザナギに対して「なぜこんなに遅く来たのか、私はもう黄泉戸喫をしてしまった」となぜか悔しがっています。一体、黄泉戸喫(よもつへぐい)をしてしまうと何が起こるのでしょうか?

古事記のエピソードに答えがある

古事記のエピソードをさらに詳しく読み解くと、イザナミは「もう黄泉戸喫してしまったが、せっかく私の愛する夫が来てくれたので帰りたい、黄泉の国の神と話してくる」という趣旨の事を言っています。

これだけ聞いてもよく意味がわかりませんが、これには当時あった「共食信仰」という考え方が関係しています。これは同じ釜で煮炊きしたものを食べれば共に食べたものの仲間であるという考え方です。

この考え方を前提に読むと「黄泉の国のものを食べた私はもう黄泉の国の仲間なのです。だから現世に帰る事は叶わないのです」という意味が読み取れます。つまり、黄泉戸喫をすると現世に戻れなくなるのです。

ギリシャ神話のよもつへぐい

よもつへぐいの考え方は古事記だけでなく、日本国外の神話でも見られます。ギリシャ神話の中の「ペルセポネの冥界下り」というエピソードで、花の女神ペルセポネは冥界の王ハデスに見初められ攫われてしまいます。

花の王を失った大地は荒れ果ててしまい、それを見たゼウスは冥界に使者を送りペルセポネに帰るよう説得しますが、この時ペルセポネは冥界の食べ物(ザクロと言われる)を食べていました。

冥界の食べ物を食べてしまうと冥界に住まなくてはならないという神々の掟があったため、ペルセポネは1年のうちの4ヶ月は冥界に住まなくてはならない事になります。これもまたよもつへぐいの考えと似ています。

黄泉戸喫(よもつへぐい)をモチーフにしている作品

古事記に登場する黄泉戸喫という専門的な言葉が一般にも知られるようになったきっかけはスタジオジブリの人気作品「千と千尋の神隠し」の中に黄泉戸喫をモチーフにしたと見られる描写があった事も大きいでしょう。

また、千と千尋の神隠しの他にも様々なジャンルで黄泉戸喫をモチーフにしたと思われる作品が存在します。千と千尋の神隠しをはじめ、順番に紹介していきたいと思います。

千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠しには、主人公千尋の家族が不思議なトンネルをくぐり、奇妙な雰囲気の世界へと迷い込んでしまう場面があります。その世界の街の中のお店には、美味しそうなご馳走が並んでいます。

千尋の両親は、そこにあるご馳走を無断で食べてしまいます。すると両親は醜い豚の姿へと変わってしまいます。千と千尋の神隠しでは、千尋の両親が無断で食事を食べる描写がかなり汚く描かれます。

これは、無断で飲食をし、「カードも財布もあるから」といって、あとで金を払うんだから文句はないだろうという考え方をする両親をかなり否定的に描いた表現だと言えます。

また、千と千尋の神隠しでは、逆に何も食べない事で、段々と姿が消えていく千尋を見て、白という登場人物がこれを食べなさいとオニギリを渡し、オニギリを食べた千尋の姿は元に戻るという描写があります。

これは明らかに黄泉戸喫を示す描写であると思います。この他にも千と千尋の神隠しにはこの他にも日本神話をモチーフにしたと見られる場面が多々あります。

SIREN

ホラーゲーム「SIREN」では異界に取り込まれた村を舞台としています。そこでは赤い水の雨が降り続いています。これは異界の神の血であり、それを体内に取り込む事で異界の住人となるという設定があります。

また、登場人物の1人、民俗学者竹内多聞は異界に取り込まれた村に一緒についてきてしまった教え子の安野依子が赤い水を飲もうとしたところを「黄泉戸喫くらい知っているだろう?」と言って止めています。

4期鬼太郎

ゲゲゲの鬼太郎のアニメ第4期、第19話「恐怖!妖怪くびれ鬼」では、中年の男性が幼い頃に遊んだ思い出の世界で遊び、そこの食べ物を口にする度にやせ衰えていく様子が描かれています。

この男性が遊んでいた世界はまさしく黄泉の世界であり、そこの食べ物を食べた事で生気を失っていったのでした。これもまた黄泉戸喫の一例だと言えるのではないでしょうか?

仮面ライダー鎧武「ヨモツヘグリアームズ」

特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武」に登場するライダー達は、ヘルヘイムという死の国の果物を変身ベルトにセットする事で変身します。一般の人がこの果物を食べると異形と化してしまうという設定もあります。

そして敵役のライダーの名前は「ヨモツヘグリアームズ」と言います。この事からもこの作品は古事記などから黄泉戸喫をモチーフにした作品であると言われています。

ハンターハンター389話

人気漫画「HUNTER×HUNTER」の389話「呪詛」では、念能力「つじつま合わせに生まれた僕等(ヨモツヘグイ)」という特殊スキルが登場します。

この念能力は標的を呪い殺す能力。標的となる人物に縁のあるものを小刃と共に持ち歩き標的を毎日想う。その縁となる物を燃やし灰にして飲み、小刃で自死をする事が発動のトリガーとなります。

標的はオーラを奪われ、さらに強力な念を当てられた場合は、数時間で命を落とすという効果を生み出します。少し解釈が難しいですが、呪いの念をかけた物を燃やして食べるという点がヨモツヘグイという事でしょうか?

君の名は。

アニメ映画「君の名は。」にも黄泉戸喫をモチーフにしたと思われるシーンが登場します。物語の鍵となるのは主人公2人の入れ替わりですが、実は1人はもう1人からするとすでに入れ替わり時点で死亡しています。

というのは、2人の入れ替わりは時空を超えており、一方がまだ生存していた3年前の相手と、3年後に生存しているもう一方とがが入れ替わっています。物語のクライマックスで2人は実際に会うこととなります。

この会う場面はおそらく異界あり、これを可能にしたのは、以前に神様へと奉納した口噛み酒を飲んでいたからだと考察されています。黄泉戸喫をしていたから異界に出現できたというわけです。

なぜ死者の国の食べ物を食べると現世に戻れないのか?

さて、黄泉戸喫をすると死者の国の一員となり、現世に戻れなくなるという考え方についてはすでに述べましたが、なぜこの様な考え方が生まれたのかについてももう少し掘り下げてみましょう。

共食は貢献をするという契りの意味がある?

「共食信仰」とは同じものを食べるのは仲間であるという考え方という事はすでに紹介しましたが、これは当時の日本ではごく一般的で当たり前の感覚としての常識でした。

なぜ、その感覚が生まれたのか、当時は食物の確保は非常に大変であり、協力しあって食べ物を手に入れる必要がありました。そのため何かを食べるという権利を得るには集団の中でそれに見合う貢献が必要だったのです。

これは見方を変えれば、共に食べるという事は仲間として協力契約を結ぶという事だと言い換えられます。この事から黄泉の国のものを食べる、黄泉の国で暮らして協力し合うという契りを結ぶ意味が生まれるのです。

仏壇に供えた食べ物はよもつへぐいなのか?

仏壇に供える食べ物をいただいて食べるという経験がある方も多いかと思います。これはなぜ良いのだろう?よもつへぐいにあたらないのか?という疑問が湧いてきます。それについても解説します。

仏壇に供えた食べ物はよもつへぐいなのか

まず、よもつへぐいの説明として、神話の中で不浄な火で調理したものを食べたために穢れてしまったという表現が多くみられます。なぜかというと死は穢れであり、死の国の火もまた穢れているとの考えのためです。

つまり黄泉戸喫の対象となるのは黄泉の国で火を使って煮炊きしたものであると解釈できます。仏壇に供えるものは生のフルーツや現世で加工されたお菓子などですから、これは黄泉戸喫にはあたらないでしょう。

仏壇に供えた食べ物は食べて良い?悪い?

黄泉戸喫の考え方の元になっているのは「共食信仰」ですが。これは現代でも神様にお供えしたもの(神饌)を食べる事で、神様と親しくなれるという考え方で残っています。

これと似た意味合いで仏壇で故人にお供えしたものを頂いて食べるという事には、故人とまた食事を共にして今でも家族ですよという気持ちを表す事で供養につながるという良い意味で捉えられます。

また、仏壇に調理したもの例えばご飯や麺類などを供える地域もあるようです。こういった所でもその後食べる風習はあるようですが、現実問題として、時間が経ってしまった場合などは捨ててしまう事もあるようです。

現代にもある?黄泉戸喫(よもつへぐい)の怖い話

実は、現在にもネット上には、黄泉戸喫をイメージさせる実話系の怪談が多く見られます。ある男性は田舎で車を走らせていたところ、とんでもない田舎道に駄菓子屋を発見します。

喉が渇いていたので入ってみると、そこには数人の子供がいたそうです。そして口々に「お兄ちゃんにいいなー」と言うのだそうです。不思議に思いながらも飲み物を会計しようと店番をしていたおばさんの元へ。

するとそのおばさんは、「あんた、どうやってここまで来た?ここはまだ来ちゃいけない。それにここの食べ物を口にしたら戻れなくなるから日が暮れる前にすぐに引き返しなさい」と言ったのだとか。

飲み物を売ってくれなかった事に少しムッとしていると、1人の子供が「お兄ちゃん、良いなーまだ生きてていいなー」と言ったのだとか、それを聞いた男性は恐ろしくなり慌てて車に乗って逃げ出したそうです。

まさに黄泉戸喫そのままの話です。本当に体験した話という事だそうなので、黄泉戸喫というのはもしかしたら何かを隠喩したものではなく、本当にそのままの意味を持つのかもと思わせる興味深い話です。

黄泉戸喫神話が生まれた背景は当時の埋葬法?

黄泉戸喫の考え方は現在でもなんとなく共感できる考え方です。死を連想させる食べ物を食べる事は本能的な抵抗感を感じてしまいます。黄泉戸喫には煮炊きしたという条件がつけられています。

なぜか、この条件だけに違和感を感じてしまいます。むしろ生物よりもまだ煮炊きした方が安心できるような感じがします。これはどうやら古代の日本における死者を埋葬する方法が関係していそうです。

当時は死者を墓所に埋葬する際に、一緒に竃などの調理道具を埋めた形跡が確認されています。こういった風習が黄泉戸喫の話の内容に発展したのではないかと考察できます。

深海生物「ヨモツヘグイニナ」とは?

深海に生息する生物に「ヨモツヘグイニナ」という巻貝の一種がいます。この貝の名前は紛れもなく黄泉戸喫が元となっています。この貝は1600m~2500mというまさに黄泉の国ともいうべき深度に住みます。

そして、体内には化学合成バクテリアを住まわせており、深海の硫化水素などを取り入れて、分解させる事でエネルギーを得ているというかなり特殊な生態を持ちます。

この「ヨモツヘグイニナ」という名前、黄泉の国の様な深海に適応(黄泉戸喫)し、もはや太陽の降り注ぐ世界(=現世)では生きられないという意味が込められているのだそうです。

黄泉戸喫の感覚は現在の日本人にも根付いている

千と千尋の神隠しなどにモチーフとして登場したことで、一般にも広く知られる事になった黄泉戸喫についてまとめました。現在の感覚では馴染みのない黄泉戸喫ですが、実は感覚としてしっかり根付いていると思います。

千と千尋の神隠しの両親が豚に変わる描写では、現在の私たちが見ても罰があたったのだとごく自然に理解する事ができます。この罰が当たったという感覚こそが黄泉戸喫の根本的意味であると思います。

食べ物は非常に大切な物であり、それを頂くのは古い時代、重大な契約の意味を持ちました。この感覚が現在にも残り、食べ物は大切に扱わねばならないというごく自然な価値観につながっているのです。

黄泉戸喫とは、ただ何かを隠喩するためのエピソードではなく、現在でも人々に根付いている重要なアイデンティティの一つであると言えるのではないでしょうか?最後までお読み頂きありがとうございました。

ここも黄泉の国?異界に存在するとされる杉沢村に関する記事はこちら