「猿夢」とは?見た時の対処法や猿夢の回避方法【怖い都市伝説】 占い・スピリチュアル

「猿夢」とは?見た時の対処法や猿夢の回避方法【怖い都市伝説】

猿夢とは、夢の中、猿の電車に乗り、不気味なアナウンスの通りに乗客が後ろから順番に殺されていき、自分の番になって殺されてしまうと現実でも本当に死んでしまうとされる恐ろしい都市伝説です。今回はその回避や見た場合の対処方法、猿夢の夢占いでの意味についてもまとめます。

目次

[表示]

都市伝説と言われる猿夢とは?

猿夢とは、ネット上で広まっている、ある人物が見たとされる恐ろしい夢にまつわる話です。その人物が本当に体験した話だとも、単なる創作であるともされますが、現在でも有名な都市伝説として語られます。

猿夢は2chのオカルト板怖い話スレッドでの有名な話

猿夢は2000年8月2日、朝の7時頃に2chオカルト板怖い話スレッドに書き込まれたのが最初だとされています。以降ネットを介して爆発的に広まり、現在では最も有名な都市伝説の一つとなっています。

おぞましい内容から検索してはいけない言葉と言われている

「猿夢」とは決して検索してはいけないワードとも言われます。その理由は、そのあまりにおぞましく恐ろしい内容を知ってしまうと、強く影響を受けてしまい同じ夢を見てしまう恐れがあるからだと言われています。

ここから猿夢の内容について書いていきますが、もしも影響を受けるのが怖い、何か嫌な予感がするという方は引き返す事をお勧めします。もしこれを読んで何らかの影響が出ても全て自己責任でお願いいたします。

猿夢のおおまかなあらすじ

猿夢の体験者は、夢の中でふと気がつくと薄暗い無人駅に1人佇んでいたそうです。この体験者は夢の中でこれは夢であるという事を自覚できる事があったそうで、この時もこれが夢であると気が付きました。

すると、生気のない男の声でアナウンスが流れます「 まもなく、電車が来ます。その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ~」体験者は、自分の夢が自分にどれだけ怖い思いをさせられるのかに興味を持ちます。

間も無く駅に入ってきたのは、遊園地などを走っているお猿さん電車のようなものだったそうです。中には顔色の悪い数人の男女が並んで座って乗っていたのだそうです。体験者は奇妙に思いつつも電車に乗り込みます。

夢は、それを夢と自覚している場合にはある程度自分の意思で目を覚ます事ができます。体験者は、本当に恐ろしければ無理にでも目を覚ましてしまえば良いと思い、どこか安心していたのだと言います。

体験者は後ろから三番目の席に座りました。この時に体験者はその夢の中にリアルな臨場感、空気感を感じたのだそうです。程なく電車が出発のアナウンスと共に動き出します。

電車は、すぐに紫の光に照らされた怪しいトンネルへと入ります。体験者はこれを昔子供の頃に経験した遊園地のスリラーカーの記憶が元になっていると気づき、やはり自分の夢だから怖くないなと感じたそうです。

活けづくり

しかし、程なくして「次は活けづくり~活けづくりです」というアナウンスが流れます。直後、背後から男の悲鳴が響き渡りました。驚いて振り向くと、後ろに座っていた男を不気味な4人の小人達が取り囲んでいます。

そして、その小人たちは刃物で男性を切り刻んでいます。臓器が取り出され、本当に魚の活け造りの様な姿に変えられていきます。強烈な匂いが電車内に立ち込め、体験者は想像を絶する光景に恐怖にかられます。

えぐり出し

体験者の後ろには切り刻まれる男性との間に女性が座っていますが、何故かこの事態に無反応でただ正面を見つめていたのだそうです。すると次は「次はえぐり出し~えぐり出しです」とのアナウンスが流れます。

するとどこからともなく小さな小人が2人現れ、後ろに座る女性の眼球をギザギザのついたスプーン状のもので抉り出し始めたのだそうです。無表情だった女性の表情は一変し目を抉られる痛みに絶叫しています。

次は自分の番だと気づいた体験者は恐怖に震え、目を覚まそうと思いますが、次に自分に向けられるであろうアナウンスの内容を聞いてから目覚めようと考えます。

挽肉

そして、次に流されたアナウンスは「次は挽肉~挽肉です~」というものでした。これを聞いた体験者は恐怖にかられ、早く夢から目覚めようと意識を集中させました。しかし何故かすぐに目が覚めません。

焦って目よ覚めろと念じていると、どこからか機械音が聞こえてきます。音の方を見ると小人が妙な機械を持って近づいて来る所でした。これは自分を挽肉にする機械だと思い、必死に目覚める様に念じたそうです。

目をつぶり必死に念じますが、段々と機械音が近づき、自分の顔に風圧の様なものを感じ、もうダメだと思った瞬間に目が覚めたのだそうです。寝汗と涙でぐっしょりと濡れしばらくの間冷静になれなかったそうです。

その四年後、再び猿夢が現れる

それから4年が経過し、体験者は大学生になっていました。猿夢のことはすっかり忘れていましたが、ある夜、唐突に同じ夢を見ます。「 次はえぐり出し~えぐり出しです」アナウンスが聞こえます。

女性が小人に目を抉られています。体験者はすぐにこの夢を思い出し、今度はすぐに目を覚まそうと念じ始めましたが、上手くいきません、挽肉のアナウンス、機械が近づく音、もうダメだと思った時、静かになります。

助かったと安堵したところで「また逃げるんですか~次に来た時は最後ですよ~」とのアナウンスが流れます。目を開けると現実に戻っていました。「次見たら死ぬと思う」体験者は不安を口にし書き込みは終わります。

猿夢を回避するための方法

猿夢とは都市伝説ですが、これに恐怖を感じる理由は、夢である以上誰でも見る可能性があるという所にあるのではないでしょうか?ここからは、猿夢を回避する方法について紹介していきます。

寝る前に怖いものを観たり考えない

まず大切なのは、この夢を必要以上に意識しない事です。人間は何かを怖がりすぎて考え過ぎるとその影響を受けてしまいます。猿夢はただの都市伝説であると意識し、不必要に不安にならない事です。

また、同様の理由として、寝る前に怖い話を読んだり、ホラー映画を観たりなどは控えた方が良いでしょう。一度猿夢の話を知ってしまった以上、それらをきっかけに猿夢が現れないとも限りません。

ストレスを溜めずリラックスした状態で寝る

猿夢に限らず、怖い夢はストレスがたまり精神的にも肉体的にも不安定な時に見るケースが多いです。そのため、ストレスはできる限り溜めず、寝る前に十分にリラックスした状態を作っておく事は大切でしょう。

具体的な対処方法としては、風呂にゆっくりと入る、寝る前にストレッチをする、安心できる音楽を聴くなど、寝る前には心を落ち着かせる行動をとる様にすると回避に効果的だと思います。

現実世界でトラブルを抱え込まない様にする

同様にストレスが危険であるという意味で、現実世界でのトラブルをなるべく抱え込まない様にする事です。悪い夢は現実でのトラブルへの警告的な意味を持っている場合が多いと言われます。

そのため、現実世界における人間関係や仕事の面などでトラブルが発生してしまったら、なるべく早くに解決させる様に対処しましょう。簡単にいかない場合も、寝る前には一旦忘れる様にすると猿夢回避につながります。

ドリームキャッチャーを部屋に飾る

ドリームキャッチャーとはアメリカの先住民「オブジワ族」に伝わる悪夢除けの効果があるとされるアクセサリーです。これはベッドの上にかけておけば悪夢を見なくなると伝わるお守りとして知られています。

中心の丸い輪の中に網目があり、そこに悪夢を引っ掛けてくれるのだと伝わります。これを飾る事で猿夢の様な恐ろしい夢を回避出来るかもしれません。また、飾る事で安心感が生まれリラックスにもつながります。

魔除け効果のある盛り塩をする

同様に、日本で古来魔除けに効果があるとされる盛り塩も対処法として効果的です。盛り塩の正しいやり方は、小皿に成分無調整の天然の粗塩を円錐形に盛り、鬼門(北東)裏鬼門(南西)においておきます。

盛り塩には一つ注意点があり、絶対に寝ている時には置かないという事です。寝ている時の盛り塩には霊を呼び寄せてしまうと言われるため、必ず寝る前には片付けておいてください。

猿夢は誰でも見る可能性がある

猿夢は、夢である以上誰でも見てしまう可能性があります。そう考えると非常に恐ろしく感じますが、今回紹介した対処方法を使う事で回避出来ると考えて、あまり深く考え過ぎない事が大切です。

猿夢見てしまった時の対処方法

しかし、紹介した対処法をしても回避できずに万が一猿夢を見てしまった場合はどの様に対処したら良いのでしょうか?ここからは実際に猿夢を見てしまった場合の回避、対処方法について紹介します。

夢の中の場合は電車に絶対乗らない

まず、根本的な対処法として猿夢の電車が駅に入ってきても絶対に乗ってはいけません。電車にさえ乗らなければ小人に襲われる事もなく自然と目が醒めると言われています。

もっとも、この電車に乗らなければ本当に大丈夫なのかは誰かが確かめたわけではないので不明です。本当に乗らない事で恐ろしい事の回避につながるのか、それは正直なところわかりません。

明晰夢と自覚し目を覚ます

明晰夢とは猿夢の体験者の様に、これは夢であると自覚しながら見ている夢のことです。明晰夢では夢の中の状況を自分の思いのままに変化させられるとされています。

そのため、猿夢を体験してしまったら、これは明晰夢であり自分の思いのままになると強く意識する事で対処が可能かもしれません。普段から夢の中で夢を自覚しコントロールする訓練をすると効果的だと言われます。

見てしまった後は神社にお参りに行く

恵方巻きなどで有名な恵方の方角。この恵方の方角にある神社に参る事で、悪夢を追い払ってくれると言われています。もしも猿夢を見てしまったら、二度目を見る前に恵方の方角の神社に参って払ってしまいましょう。

「昨日見た夢はパクにあげます」と呟く

獏(ばく)とは中国に伝わる伝説上の生き物で、人の夢を食べて生きると伝わっています。ちょっとしたおまじないとして猿夢を見た翌朝に「昨日見た夢はバクにあげます」と呟いてみましょう。

これで想像上の生き物バクがあなたの見た猿夢を食べてくれます。これをつぶやく事でバクが夢を食べてしまう様子を想像して、安心する事も出来るでしょう。ちょっとしたまじないですが、効果的です。

猿夢を見た人の感想や後日談

実は、最初に2chで猿夢を見てしまった人にはネット上では猿夢を実際に見てしまった人の書き込みなども散見されます。中でも特に恐ろしいのはこの話を読んでから自分も猿夢をみたというある男性の体験です。

2chの猿夢を読み実際に見てしまった人の後日談

2chには、猿夢を読んだ4日後、猿夢を見たという男性の書き込みがあります。自分が幼い頃子供向けのコースターに乗っている夢を見て、郷愁に浸っていた男性でしたが、いつの間にか猿夢の中へと入ってしまいます。

場面は新幹線に変わり、そこで猿夢のままの光景が展開されます。駅名の代わりに「吊るし上げ」「串刺し」などのアナウンスがされ、まさしく猿夢のまま、その通りの内容で乗客達が殺されていくのだそうです。

この男性、夢に出た幼い時期の後、父親からの虐待を受け不幸になった事も示唆します。男性は幼い頃の郷愁を感じる夢の後、猿夢へと入ってしまうのです。もしかしたらこれが猿夢の意味を解く鍵なのかも知れません。

猿夢という悪夢を見た人が多く現れている

この男性の他にも、ネット上には猿夢を読んだ後に猿夢を見てしまったという話が多く存在しています。中でも多いのはYahoo!知恵袋などに書き込まれる相談のような内容です。

猿夢を見てしまったのですが、一体どうしたらよいでしょうか?という相談が数多く見られます。中にはもう既に2回目を見てしまい本当に怖いです。対処法を教えてくださいといったものも見られます。

確かにこの内容の夢を見てしまうのは恐ろしいと思います。ネットで相談するというのは余程怖かったのでしょう。この夢はあくまで都市伝説なので恐れる必要はありませんが、もしかしたらという所に怖さがあります。

猿夢の夢占いでの意味は?

恐ろしい猿夢ですが、夢占いなどではどのような意味を持つのでしょうか?夢は精神分析などにも使われるため、猿夢にも何らかの科学的な意味が隠れているのかも知れません。いくつかのワードで分析してみましょう。

夢占いによる「猿」の意味

まずは猿夢のキーワードでもある「猿」の意味についてです。猿は人に近く悪知恵が働くというイメージがあります。また、昔話では猿は人を騙す存在の様に語られる事が多いです。

こういったイメージからか、夢占いでは、猿は人に騙されたり、信じていた人に裏切られたりといった意味を持つとされます。また、猿は騒がしい声で鳴くため、騒乱、人とのトラブルを示すともされます。

夢占いによる「電車」の意味

続いては、猿夢の重要なイメージである「電車」の夢占いでの意味についてです。夢占いでは電車はあなた自身、レールはあなたの歩む人生を示しているとされます。

猿夢では薄暗い駅に電車が入ってくる事から、その人の人生が不安の中にあるという事、その後不気味なトンネルを通る事から、その先の人生に何らかの不安感を抱いている事を示している可能性が高いでしょう。

また、ここで出てくる電車は、お猿の電車という様に少し子供っぽいイメージがあります。電車自体はその人を表すため、この場合その人の中に、少し幼い子供の様な心理が隠されている場合が考えられます。

夢占いによる「人が殺される」意味

そして、人が殺されていく、あるいは自分が殺されそうになるというシチュエーションが夢に出てきた場合の夢占いです。これは自分が何か現状を打開するために何かを変化させたいという心理の現れです。

殺されるというのは非常に恐ろしいですが、自分が何かを変えたいと強く願っている時に見るポジティブで前向きな吉夢であるともされます。

以上をトータルして考えると、人間関係などのトラブルでストレスを感じ、この先の人生に不安を感じている人が、その現状を変えようと強く意識しているという心理を感じ取る事ができます。

猿夢の関連作品

人気の高い有名な都市伝説である猿夢はゲームや漫画、ドラマ、楽曲など多くの作品のモチーフとして使われています。ここでは代表的なものを紹介していきます。

NEXT:ゲーム「怪異症候群」
1/2