吐きダコとは?原因は?吐きダコのある芸能人や消し方までまとめ 恋愛・心理

吐きダコとは?原因は?吐きダコのある芸能人や消し方までまとめ

吐きダコとは拒食症などの摂食障害による嘔吐できる手指の傷のことです。今回は吐きダコの噂がある芸能人や大食いタレント、YouTuberマホト、韓国芸能人について画像付きでご紹介します。吐きダコはなぜ、どうやってできるのか、消し方はあるのかまとめました。

目次

[表示]

吐きダコとは?摂食障害の人に見られる?

吐きダコとは摂食障害の人に多く見られるという、手の甲にあるタコのことをいいます。摂食障害とは精神障害の一種で、過度な食事制限による体重の減少や、暴飲暴食による体重増加を起こします。

心理的ストレスや極端なダイエット願望から引き起こされることが多いらしく、食欲に関する病気ではなく、自己不信や自尊心の欠如など心理的なことが原因で起こる病気だと言われています。

特にスポーツ選手に多いらしく、アイドルやモデルなどの芸能人にも多いとされています。これはなぜかというと、体重制限があることや、完璧主義者で自分に厳しい人がなりやすいとされているからです。

吐きダコはなぜどうやってできる?

吐きダコが、なぜどうやってできるのか、その経緯と原因を見ていきます。摂食障害に陥った精神状態の人にとって、嘔吐するということが中々避けきれない衝動であることは間違いありません。

舌の奥の方の部位に触れると嘔吐反射が起きる

SilviaP_Design / Pixabay

摂食障害に関して詳しく説明する前に、一般論として、意図的に「食べたものを吐く」場合のことを考えましょう。例えば毒や腐敗の恐れのあるものを食べたり飲んだりした場合、人は舌の奥に指を差入れます。

このことで「嘔吐反射」が起きる生理的な反応を利用しているのです。この反射は本来、人体に異物が入ることを防ぐ本能的な反応であり、歯磨きの時などに「えづく」ことは普通の人も経験するでしょう。

摂食障害で自己誘発嘔吐により手にできるタコ

吐きダコがなぜどうやってできてしまうのか?それは摂食障害を起こしてしまうと、上記の方法による「自己誘発嘔吐」という行動をとってしまうことに関係しています。

自己誘発嘔吐とは前述の通り、自身の口の奥に指などを入れ自ら嘔吐を引き起こすことです。この時に指が歯に当たって吐きダコとなったり、爪が喉の奥を刺激して潰瘍ができたりすることがあるようです。

嘔吐したあとはスッキリするらしいのですが、それは一時的なものにすぎません。摂食障害の患者は「吐くこと」を、辞めたいのになかなか辞められないという辛い葛藤の中で生きているそうです。

吐きダコはどうやってできるの?なぜなかなか治らない?

 

Conmongt / Pixabay

吐きダコはなぜできるのかというと、嘔吐するために指を口に入れた時に丁度前歯に当たるからであり、硬い前歯による刺激から守ろうとして皮膚自体が硬く、厚くなってしまうからだといいます。

手を握ったときに手の甲を見ると、指の付け根あたりの骨がボコッと出ますよね?人差し指と中指の延長線上のあたりです。吐きダコとはこの付近にできることが多いと言われています。

そして一度できてしまった吐きダコはなかなか治らないらしく、何年も跡が残ってしまうことが多いのです。この吐きダコの消し方については後半でまた詳しくご説明します。

なぜ一定の箇所が歯などに当たるのか?

loilamtan / Pixabay

「タコ」というくらいですから、相当な回数同じ箇所に傷ができるほど強く当たらなければ吐きダコはできないでしょう。なぜどうやってできるほど、その指の一定の箇所にばかり歯が当たるのでしょう。

これは自己誘発嘔吐を行う場合、その人は大抵同じ側の手の同じ指で、口の奥深く指を入れるからです。余程器用な人でなければ、左右を変えたり違う指を使ったりできないもののようです。

それは嘔吐反射が起きやすい部位までの、ピンスポットな距離が決まっているせいでしょう。届かせる位置が同じなら、毎回歯に当たる指の場所も角度も必然的に「同じ」となるためと考えられます。

稀に過度飲酒で二日酔いばかりの人にも吐きダコがある?

ThorstenF / Pixabay

吐きダコは主に摂食障害の人にできると述べましたが、ごく稀に毎日のように二日酔いな「大酒飲み」がなることもあるそうです。それは強烈な二日酔いで吐き気が収まらないのを、吐くことで和らげるからです。

根本的な解決にはならないはずですが、二日酔いの強い吐き気が実際の嘔吐で収まる経験を持つ人に見られます。このケースもアルコール依存という精神的な問題が背景にあることが考えられます。

吐きダコのある人は注意!摂食障害の原因とは?

なぜ摂食障害が起こってしまうのかというと、大きく3つの原因が考えられます。まずは「社会文化的要因」です。確かに世の中には、痩せている方が美しいという考え方が定着してしまっていることは否定できません。

次に「心理的要因」です。家庭環境、特に母親との関係が大きな理由となることが多いようです。または過去のトラウマや人間関係のストレスなどが摂食障害を引き起こすとも言われています。

最後は「生物学的要因」です。脳の中の機能(ドーパミンなど)に障害を持っていたり、投薬することによる副作用で自分の食欲をコントロールすることができない場合もあるようです。

摂食障害には拒食症と過食症がある

rawpixel / Pixabay

そもそも摂食障害とは、拒食症と過食症の二つに分かれます。見分け方としては標準体重に比べて80%を下回っている人は拒食症、それ以上は過食症という区別がされています。

患者の中でも、はじめは拒食症だったものの次は過食症に移行してしまうというパターンが60%~70%を占めるそうです。それでは拒食症と過食症についてもう少し詳しくご説明していきます。

①拒食症について

Engin_Akyurt / Pixabay

拒食症というのは名前の通り食べることを拒んでしまう人のことで、過度な食事制限をしてしまうことにより栄養失調や低血糖症を引き起こします。女性の場合は生理が止まってしまうことも少なくありません。

拒食症患者の多くは他人に食事している姿を見られたくないという気持ちがあり、少しでも体重を減らすために運動も積極的に行います。

患者の多くは自分で痩せていると自覚することが出来ず、さらに痩せようとします。拒食症が続いてしまうと、骨粗鬆症や腎臓の機能障害も合併し、最悪の場合死に至ることもあるとされます。

②過食症について

RitaE / Pixabay

過食症というのは、短時間に大量の食べ物を食べてしまう人の事を言います。一度に大量のものを飲食してしまうことにより、糖尿病や高血圧を引き起こす可能性もあります。

大量に食べたあとはスッキリするものの、食べてしまった後は大きな後悔があり「吐き出さなくては」と自己誘発嘔吐を繰り返してしまう人が多いとされます。

嘔吐を繰り返すことによって歯が胃酸によってう蝕したり、胃が裂けて傷ができてしまったり、拒食症と同じように最悪の場合死に至ることもある危険な症状です。

拒食症患者には人前で食べている姿を見せる人も

Free-Photos / Pixabay

上記では拒食症患者は他人に食事している姿を見られたくないと考えているとご説明しましたが、中には人前で普通に食事ができる人もいます。

ですがこれは、摂食障害だという事実を他人に知られたくなくて無理しているということです。ですので食べ終わったあとにトイレでこっそりと吐き戻している人も多いのです。

上記のこともあり、摂食障害の患者の多くは職場や友達同士での食事に抵抗があり、どうしたら摂食障害を隠し通せるのかと悩んでいる人も多くいるといいます。

摂食障害は精神的な障害を合併する場合も

geralt / Pixabay

摂食障害は一種の精神障害だと言われていますが、他の精神障害も合わせて発症する場合も多いです。例として自分の思考や感情を制御することができない境界性パーソナリティー障害があります。

また、人と接する場において過度な緊張や不安から生活に重大な支障が出る社交不安障害や、PTSD(心的外傷後ストレス障害)なども例として挙げられます。

また摂食障害の患者の中にはアルコール依存症や、リストカットなどの自傷行為をしている人が多いという事実もあります。自傷行為については後半で詳しくご説明しています。

摂食障害は女性に多い

geralt / Pixabay

摂食障害は早い人だと十代前半から発症する人もいますし、遅い人だと30代、40代になってから発症する人もいるようですが、その多くは女性であるといいます。

なぜ女性に多いかというと、摂食障害はダイエットがきっかけとなって発症することが多いからのようです。実際に女子高生のうち90%もの人が「今より痩せなければ」と考えているという調査結果も出ています。

吐きダコがある芸能人や摂食障害の芸能人を検索してみると、9割が女性です。後半では、男性であるYouTuber・マホトについてもご説明しますが、まずは女性芸能人についてご説明していきます。

吐きダコがあるという女性芸能人は?【画像あり】

reenablack / Pixabay

では吐きダコがあると噂されている女性芸能人はいるのでしょうか?実はかなり多くの人に噂が持ち上がっていて、自身でカミングアウトしている芸能人までいます。

吐きダコとは摂食障害からなる傷跡ですが、今回はその吐きダコある、または摂食障害の噂があとを絶たない女性芸能人を画像付きで12人ほどご紹介していきます。

自ら摂食障害の過去を告白した人もいれば、確たる証拠もなくただの噂としてご説明する人もいますので、噂の真偽についてはご自身で判断してください。

噂の芸能人①:河北麻友子

河北麻友子は1991年生まれでアメリカ出身のモデル、タレントです。2003年に日本に来て、全日本国民的美少女コンテストにてグランプリを受賞、そのまま芸能界に入りました。

最近ではバラエティー番組にもよく出ていますが、痩せすぎている芸能人として真っ先に名前が上がります。彼女の身長は163センチに対し、なんと体重は38キロしかないそうです。

確かに彼女の写真や番組を見ると極端に細く、「世界の果てまでイッテQ!」ではデヴィ夫人に「栄養失調の足みたい」と言われるほどでした。

「アメトーーク!」にて吐きダコがあると話題に

そんな彼女がテレビ朝日の「アメトーーク!」というバラエティー番組に出演した際に、右手の甲に吐きダコらしきものが見えて、河北麻友子は摂食障害だと言う説が浮上しました。

画像では確かにアザのようなものは見えますが、これだけでは吐きダコとは断定できませんし、河北麻友子本人も吐きダコや摂食障害については否定してますので、ただのアザだったという説が濃厚ですね。

もともと胃があまり大きくなく、胃腸が弱いことを自覚しているため、一度に多くを食べようとせず、なるべく間食をとるなどして小分けにしてエネルギー摂取しているそうだ。

(引用:WEZZY)

噂の芸能人②:桐谷美玲

桐谷美玲は1989年生まれで千葉県出身のモデル兼女優です。それだけでなくニュース番組のキャスターとしても活躍していて、2018年には俳優の三浦翔平との結婚を公表しています。

彼女も河北麻友子と同じような体重で、痩せている芸能人として名前が上がることが多いです。摂食障害や吐きダコの噂が絶えず、骨が浮き出た姿が痛々しいとまで言われています。

ですが彼女に関しては吐きダコの目撃談などもなく、ただ痩せすぎということでこの噂が持ち上がってしまっただけのようです。本人は大食いだけど太らないだけだとアピールしているようです。

噂の芸能人③:釈由美子

釈由美子は1978年生まれで東京都出身の女優です。2015年に結婚を公表し、現在では一児の母親で実業家でもあります。彼女の体型は至って普通ですが、過去に摂食障害だったことを告白しています。

常に痩せることを考えて、大量に買い込んだ食べ物やお菓子を泣きながら食べていたといいます。この告白から吐きダコがあると噂になりましたが、特に証拠の画像はないので吐きダコに関してはあくまでも噂です。

彼女は妊娠を経験してから考え方が変わったようで、赤ちゃんのためにも食べなければ!と思うようになったといいます。現在ではきちんと食事も摂りつつトレーニングをしているようです。

噂の芸能人④:高橋真麻

高橋真麻は1981年生まれで東京都出身のフリーアナウンサーで、父親は有名な高橋英樹です。2018年に一般男性と結婚していますが、彼女も摂食障害であり吐きダコがあると噂されています。

彼女は食べることが大好きで幼い頃から大きめの体型だったようですが、体重の増減がかなり激しいらしく多い時では73キロ、少ない時で40キロを切るくらいだったといいます。

なぜ吐きダコの噂があるかというと、度重なるメディア出演で、ぽっちゃりしていたり痩せ気味だったりすることから、摂食障害、つまり吐きダコの噂が持ち上がっているようです。

上下の歯の色が違う!?

高橋真麻の吐きダコとされる証拠はないですが、上下の歯の色が違うことに注目してみましょう。下の歯はごく普通の黄色ばんだ色ですが、上の歯だけセラミックのように真っ白です。

自己誘発嘔吐をする人というのは、吐いた際に出る胃液などで歯がボロボロになってしまうといいます。彼女も嘔吐を繰り返していて、ボロボロの歯を隠したのではないかと言われています。

噂の芸能人⑤:西川史子

西川史子は1971年生まれで神奈川県出身の医師兼、タレントです。

辛口コメンテーターとして報道番組などで人気の彼女ですが、2016年に急性胃腸炎で入院し、翌年にも胃腸炎で入院するなど体調面はあまり良くないことが続いているようです。

テレビでの激痩せぶりが話題に

病気をきっかけにテレビではどんどん痩せ細る姿が見られ、今ではガリガリと言っていいほど痩せてしまっています。あまりの激やせぶりに視聴者からはガンや拒食症ではないかと心配の声が多くありました。

吐きダコとされる画像などはありませんが、病気をきっかけに心理的に何らかの負担がかかってしまっていることは事実のようです。辛口なのは表だけで、実際にはかなり繊細なようです。

噂の芸能人⑥:吉澤ひとみ

1985年生まれで埼玉県出身の元アイドルです。「モーニング娘。」の4期生として人気でしたが、2018年に飲酒運転をしたうえひき逃げをしたとして逮捕されたことは記憶に新しいですよね。

彼女は「モーニング娘。」としてデビューした直後は70キロにまで激太りして、ファンを騒がせたことがあります。ですが数年後には逆に激やせしてしまい摂食障害の噂が持ち上がりました。

弟の死がストレスに?

2007年に、彼女の最愛の弟が車にはねられ死亡するという事故がありました。弟は当時まだ16歳だったようで、当時の吉澤ひとみは仕事が全く手につかない様子だったといいます。

弟思いで有名だった彼女は、この出来事に大きなストレスを感じて摂食障害になってしまったという説が濃厚です。

噂の芸能人⑦:ともさかりえ

ともさかりえは1979年生まれで長野県出身の女優です。ある学園ドラマで人気を博した彼女ですが、ドラマに出演していた頃に拒食症を発症していたと告白しています。

17歳の時に「拒食症」になり胃酸で歯が溶け出し虫歯だらけになり、そのうちの3本までは、神経までやられていた。

(引用:芸能画像図書館)

歯の神経を抜いた時に細菌が入って顔が腫れてしまい、病院に駆け込むと栄養失調などもあり骨がスカスカの状態だった診断され、2週間の入院を余儀なくされるほどだったそうです。

噂の芸能人⑧:ほしのあき

ほしのあきは1977年生まれで東京都出身のグラビアアイドルであり、現在は芸能活動を休止しています。水着での撮影が多いグラビアアイドルの彼女の、細すぎるウエストが話題となりました。

2012年にはペニーオークション事件(ステルスマーケティング)で受けたバッシングが相当のストレスとなったようで、ブログに謝罪コメントを掲載したまま更新は止んでしまいました。

現在の彼女についてですが、2018年にモデルであるSHEILAのブログで「ママ友会」に参加していたほしのあきが写真付きでアップされ、今でも綺麗だと話題となりました。

NEXT:噂の芸能人⑨:宮沢りえ
1/2