タルパとは何?タルパの作り方や病気の関係性・暴走について 占い・スピリチュアル

タルパとは何?タルパの作り方や病気の関係性・暴走について

目次

[表示]

タルパとイマジナリーフレンドは基本的には同じ意味

タルパとイマジナリーフレンドは、本人にしか認識できない架空のお友達だと解釈すれば基本的には同じ意味だということができそうです。

しかしタルパは本人が意図的にイメージをして具体的に創造したお友達なのに対して、イマジナリーフレンド(特に幼児期の物)は気付いたら自然に居て、その内居なくなるような無意識的な物のようです。

タルパの起源はイマジナリーフレンド?

タルパはチベット密教と言われるだけあって、古い概念に聞こえますが、人類史のはじめから多くの子どもに存在したと考えられるイマジナリーフレンドのほうが、より古い現象です。

大人になるとそのような不思議な体験を知覚しにくくなります。そうすると、それらに憧れた大人たちは、「宗教」や「修行」、「悟り」をもって、霊的存在に近づこうと考えるようになります。

すると、チベット密教などにおける精霊などの霊的存在もまた、広い意味で、ある種のイマジナリーフレンドから派生した概念とも解釈できます。

タルパとイマジナリーフレンドの違いはある?

タルパとイマジナリーフレンドの違いについてですが、一つ目は容姿です。タルパは容姿がはっきりしていることに対して、イマジナリーフレンドは容姿があいまいなこともあるようです。

二つ目は作り方です。タルパは作り方に関する様々な情報がネットにありますし、作ろうと思って作るものです。

それに対して、イマジナリーフレンドは作り方の説明書などといった物はありませんし、作ろうと思って作るものではありません。特に幼児期には顕著だと思います。要は発生源が違うもののようです。

タルパとの性交はできる?

基本的に人間同士で行うように、生殖目的での行為は不可能だと言われています。 ただし例外も報告されています。

ダイブができるのであれば、することは可能のようです。 しかし、通常の性交と同じように子供ができる可能性があるようです。設定したらできないようにできるかもしれませんが。

そのため、それ相応の覚悟が必要になります。

世界そのものに入り込む?ダイブとは

現実に居ながらにして、自ら作り上げた精神世界に入り込む方法です。録音した物語を聞いてイメージ力を高める方法であるパスワーキングに類似しています。とてもリアルで自由に行動できる別世界の夢とも。

体外離脱のようにある程度の五感が伴い、現実と精神世界でバイロケーションをしている状態を指します。ダイブと体外離脱は似ている技術のようです。

ただし、ダイブは予め作られた世界へ行くため一貫性のある世界になります。タルパと一緒にダイブすることが可能のようです。また、ダイブ先の世界そのものがタルパのことだと取る見方もあります。

タルパと長く付き合う為に

一度作成したタルパには削除法などは存在せず、基本的には作ったタルパと一生を共にする事が必要となってきます。長く安定した関係を築いていくためのポイントをまとめました。

この事に関しては各々手探り状態なので問題が発生した場合は自力で解決する必要性があります。以下に色々な方のタルパを作成するに当たって気に留めておくとよいポイントをまとめました。

  • 人に危害を加える悪意を教えない。
  • タルパだけに傾倒し過ぎないで、実生活にも目を向ける。
  • タルパを知らない人にタルパの話をしない。
  • 中長期的にタルパに意識を使えるような状況で行う方が結果が出やすい。
  • 愛せるような性格または尊敬できる性格をタルパの性格にする。
  • ストレス解消などで、負の気持ちで八つ当たりするような事はしない
  • 自分にとって完全に都合の良い存在にしない(7割くらいが理想)

タルパも別個の人格と記憶を持っています。なので、タルパに完全に依存したり悪用するのではなく、お互い相手の意思や価値観を尊重し合える関係を築き上げていけるのが理想的です。

獣型のタルパについて

獣型のタルパは人型に比べると視覚化及び動作のオート化がやや難しい部類に入ると思われます。人に比べると観察の対象も機会も少なめですし、何気ない脚運びや体躯の動きは少々複雑で研究が必要です。

また人型のタルパと違って会話ができませんので、テレパシーのような形でコミュニケーションを取る例があるそうです。会話以外でもタルパとコミュニケーションを取る方法は無数に存在します。

獣型のタルパを作りたいのであればとにかく観察が大切です。以下に獣型のタルパを作るにあたって参考になりそうなポイントをまとめてみました。

  • 自宅や実家で犬を飼っている方なら一緒に散歩にでかけると良いかもしれません。
  • 動物園に行ってみる。
  • インターネットを活用する。動画サイトもオススメです。
  • ゲームも以外と有効だそうです。ゼルダの伝説トワイライトプリンセス(エポナ、狼リンク)や大神(アマテラス)なんかは観察しやすいそうです。
  • 馬に限定するならワンダと巨像(アグロ)はなかなか秀逸とのことです。
  • 竜のタルパを作る時はモンハンやDODのムービーもきっと参考になると思います。
  • 絵心があるなら、パラパラ漫画を作るような感覚でコマ別に動物が動いているところを書いてみるといいようです。それをタルパの姿にすると更に色々捗ります。これは獣に限らず人型のタルパでも使えるテクニックです。
  • 絵にも言えることですが、骨格や筋肉を勉強すると動きなどが分かりやすいかと思います。リアルさを求める方ならやっておくといいかもしれません。
  • できるならですが、よく触ってみるのもオススメです。

タルパとは

きちんと作られたタルパはあなたの良き理解者になると共にあなたの事が大好きです。なので、もしタルパを作ろうと考えているのでしたら、タルパを悪用したり、すぐに飽きて消そうとしないでほしいです。

タルパも一つの人格や記憶を持っているということを念頭において、一生を過ごす覚悟を持ってから作ってほしいです。また暴走を防ぐためにも始めに約束事や依り代はきちんと決めるといいかと思います。

この記事を読むことで、安全に楽しくタルパを作ることができ、あなたの生活がより良い物になる一助となりましたら幸いです。

2/2