神の杖の威力は核爆弾並?現実的じゃない?アメリカの最強兵器 おもしろ

神の杖の威力は核爆弾並?現実的じゃない?アメリカの最強兵器

皆さんは「神の杖」をご存知でしょうか。これはアメリカが開発中と噂される宇宙兵器で、その威力は核爆弾に匹敵すると言われてますが、この様な兵器の保有は宇宙条約にて禁止されている他、現実的な兵器でないとの声もあります。今回は、そんな神の杖の詳細について調べました。

目次

[表示]

アメリカ空軍が開発中?神の杖の威力は本当にすごいの?

さて、アメリカ空軍が開発中と噂される「神の杖」ですが、そもそも威力はそんなに凄まじいものなのでしょうか?単純計算では核爆弾級の威力とも言われますが、そうならないとの声もあります。

別名ロンギヌスの槍とも言われるこの宇宙兵器の威力は、核爆弾級とも、核爆弾とは比べ物にならない程威力が弱いと意見が分かれていますが、やはりそれ程の威力にはならないとの声が多いようです。

神の杖の威力は核爆弾級って本当?

さて、神の杖の威力についてお話しする前に、この宇宙兵器がどの様な兵器なのかご紹介する必要があります。神の杖とは、次の様なものとされています。

宇宙プラットホームに小型推進ロケットを装着した直径30センチ、長さ6.1メートル、重さ100キロのタングステン、チタン或いはウランの金属棒を搭載するという計画。(引用「中国網日本語版」)

重さ100キロもする金属棒を地上1000キロの高さにある宇宙から地上に向けて発射する事で、急降下の際のスピードや、そこに加わる力が核爆弾級の威力となると言われています。

確かにそんなに重い金属が宇宙から発射されるとなれば、落下エネルギーを考えるだけでも相当な威力になりそうな気もしますが、実際のところ、そんな単純に行くものなのでしょうか?

柳田理科雄が神の杖の威力を否定?

核爆弾級の威力と言われている神の杖ですが『空想科学読本』の著書で有名な柳田理科雄さんが否定しています。仮に100kgの物体が落下しても、かつて広島に落とされた原爆の12万分の1にしかならないのだとか。

そもそも柳田理科雄さんは神の杖という兵器の存在自体を否定しているようですね。神の杖の存在自体も噂の域を出ない限り、一種の都市伝説の位置づけとして認知されています。

その証拠に2013年に、都市伝説で有名な関暁夫さんが「やりすぎ都市伝説」にて神の杖について紹介していました。そのため、その存在に懐疑的な声は少なくありません。

ジョン・E・パイクは金属棒が融解することを指摘

また、アメリカの科学者連盟のジョン・E・パイクも同じくこの威力については否定的で、「金属棒が大気の断熱圧縮により融解してしまう」との見解を述べています。

やはり核兵器級の威力にならないという声が多い

2つの反対意見同様、世間では「核兵器級」という評価に対して懐疑的な意見が多い様です。どうやら地上に発射する金属棒には落下する力以外に様々な力が加わっている為、単純計算の様にいかないそうですね。

具体的には宇宙空間から落下させようとするには、相当のエネルギーが必要であること。また、途中で確実に横から強風に晒されるなど様々な外的要因が加わるのだそうです。

ロンギヌスの槍とも言われている神の杖

この神の杖には別名「ロンギヌスの槍」との言われているそうです。かつてイエスキリストの死を確認する為に、わき腹を刺したとされるロンギヌスの槍。イエスキリスト=神とかけて、この様な別名が付いたのでしょう。

また、大ヒットアニメのエヴァンゲリオンでは、ロンギヌスの槍と言われる二又の巨大な槍が月の軌道に乗って回収不能になったエピソードがあり、神の杖を連想する人も多いのだそうです。

神の杖は威力だけじゃない?その他のすごい特徴

その凄まじい威力について取り沙汰される神の杖ですが、凄いのは威力だけではありません。その威力の他にも、命中率や回避率において非凡な性能を発揮すると言われています。

威力だけでなく、その他の恐ろしい特徴によって、この神の杖は「本当に実在したら」とんでもない兵器になるという事で、人々に危機感を与えているんですね。

神の杖は衛星の誘導で地球上の全てのターゲットを攻撃できる?

神の杖は、他の衛星によって誘導され、発射されます。宇宙からの攻撃と言う事で、地球上のいかなる場所もターゲットにする事が出来、その命中率はとてつもなく高いと言います。

もし、この神の杖が地球の上空にいくつか配置される様な事があれば、完全に死角がなくなると言う、とんでもなく恐ろしい事態が発生してしまうんですね。

神の杖は地下百メートルにある目標も破壊できる?

ピンポイントで目標を狙えるだけでなく、その形状から貫通力は高く、これによって、地下数百メートルにある目標をも破壊する事が出来るのだそうです。

神の杖は連続発射することが可能との情報もあり、地下深くの目標をも破壊できるというのは、連続発射できるという性能だからこそ可能となったのかもしれません。

ある国では、地下深くに核・ミサイル施設を建設していると言われています。地下深くの目標も破壊できるという神の杖の性能は、こう言った施設を破壊する事も視野に入れているのかもしれませんね。

神の杖は電磁波を放出しないため迎撃不可能?

さて、いかなる場所にある目標をも命中させる事が出来るという特徴もさる事ながら、発射された神の杖を迎撃することが出来ないと言うとんでもない性能があるとも言われています。

神の杖は反応が速く、更に電磁波を放出しないためにその場所をレーダー探知する事が極めて困難だそうで、もし発射されれば発射されてから着弾するまでに探知・迎撃する事は不可能なのだそうです。

命中するかどうかは別として、これまで各国家は迎撃ミサイルの存在によって、他国からの脅威を軽減していた為に、この迎撃不可能で無防備にさせられるという恐ろしい性能は、かなり脅威的と言わざるを得ませんね。

神の杖は核爆弾より使いやすい?

「神の杖は核爆弾より使いやすい」といわれていますが、一体どういう事なのでしょう?実は、性能面において「使いやすい」という訳ではなく、倫理面において「使いやすい」という事なのです。

というのも、核爆弾というのは原子爆弾を見ても分かるように、放射能や放射線による甚大な影響を長期間に渡って及ぼしてしまう、あってはならない核兵器です。

一方、神の杖による攻撃方法は、宇宙空間から高度1000kmの空間から兵器を落下させるだけの運動エネルギーを利用した、いたってシンプルな兵器のため、放射能はおろか火薬類も使わないものです。

従って、核兵器ではないために放射線による汚染もなければ、被害を限定的に留める事が出来るという倫理的な面において「使いやすい」と言われている所以です。

神の杖は現実的ではない?

これまで、神の杖の威力や性能について紹介してきましたが、前述した柳田理科雄さんらの否定的な意見の様に、この兵器は現実的ではないという見解が多くあります。

神の杖の利用は現実的に無理?

核爆弾並みの威力にはならないと言う見解がありましたが、そもそも地上に落下させる事が困難と言われています。まず、神の杖が衛星軌道にある事が原因にあります。

神の杖が衛星軌道上にて発射された場合、地球の引力に引かれて落下するものの、地球自体が球体の為、いくら引力に引っ張られて落下しても、いつまで経っても地表に近づく事が出来ない現象が発生します。

これを突破するには、ロケットエンジンなどの促進力を使って力づくで地表へと向かう必要があります。しかし、その推進力を得るには、大量の促進剤を神の杖に搭載しなければなりません。

仮にここの問題を突破して地表に近づいたとしても、途中で最大マッハ25程の横風を受ける事によってバラバラに砕かれるか、全く別の地点へと到達してしまうため、的確に着弾する事はほぼ不可能との事です。

以上の事から、神の杖という兵器は現実的ではないとの声が多数上がっているのですね。一説によると、弾道ミサイルの方がはるかに速いし、効率が良いのだとか。

神の杖は宇宙条約に違反している?

宇宙空間に配置される神の杖ですが、そもそも宇宙条約に違反しているとの指摘があります。実は第4条に「大量破壊兵器を地球を回る軌道に乗せないこと、宇宙空間に配備しないこと」とあるのです。

しかしながら、これは大量破壊兵器においての話です。神の杖は大量破壊兵器ではなく、あくまで通常兵器なので条約に違反していないという解釈をアメリカは取っているのです。

日本の憲法第9条においても、同じ様に色々な解釈をする事で、日本の持つ軍事力の在り方をどうするか議論していますね。この様に解釈一つで、条約はどの様にでもなり得てしまうのです。

アメリカで具体的に研究が進められている「ファルコンHTV2」

神の杖については構想止まりで、実現化には至っていないのが現状です。しかし、一方でアメリカでは宇宙空間から飛翔体を猛スピードで激突させる別の兵器「ファルコンHTV2」の開発が進められています。

神の杖とは違い、現時点では一番現実味のある兵器だとされるファルコンHTV2は、地上から発射し、一度宇宙空間に出てから再び大気圏に再突入するというもので、その速さはマッハ20にも上るといいます。

2011年に既に発射実験済だったファルコンHTV2は、その速さ故に飛行途中で空中分解したのだそう。成功には未だ至っていないものの、もしかしたらそう遠くない将来、実現化してしまうかもしれませんね。

神の杖がTVで紹介されたという事は前述しましたが、実はファルコンHTV2についても同じく紹介されています。2013年にロシアのチェリャビンスクに落下した隕石が、ファルコンHTV2だというものです。

それを裏付ける様に、ロシアの自由民主党党首のジリノフスキーは、この隕石落下事件の直後に「今回の落下事件は隕石でも何でもない。アメリカによる新兵器実験だ」と発言していたそうです。

神の杖の目的は?現在はどうなっているの?

アメリカは神の杖について、目的や用途については一切触れていないので、現在どの程度まで開発が進んでいるのかなど、憶測でしか話せないのが現状です。それでは、どのような憶測が出ているのでしょうか。

北朝鮮や中国対策ではという声も

まず有力視されているのが、北朝鮮や中国対策という説です。これらの国の武力を無効化する為に作られたとすれば、神の杖が核兵器並みの威力を持ち、地下にある目標をも破壊する事が出来る設計なのも頷けますね。

また、発射の際に神の杖の特性により妨害や回避が出来ないのも、強制的に武力を無効化するにはとても効力のある手段だと言えます。

ブッシュ大統領の時代に進められていた?

この途轍もない計画ですが、実はブッシュ大統領の時代にはすでに構想が出来上がっており、GOサインが出ていたと言われています。彼の任期は2001-2009年なので、少なくとも10年は前の話ですね。

一部では、地上では圧倒的な力を誇っているアメリカによる軍事力を、宇宙空間においても強固なものにするというのが狙いなのではないかと言われています。

宇宙兵器と聞くと、SF映画のような印象であまり実感が湧かないかと思います。そのため10年も昔に既に構想があったというのは、宇宙空間を使った戦争は意外にも早く訪れるかもしれませんね。

神の杖は現在もう使われているかも?

謎のヴェールに包まれている神の杖ですが、もしかしたら既に使われている可能性もあります。勿論、アメリカが使用したと発表するはずもないので、その場合は自然災害などと発表するでしょう。

しかし、かつてロシアのチェリャビンスクを襲った隕石が、もし本当にアメリカの兵器ファルコンHTV2だとしたら、神の杖における被害が自然災害という名で起こっていても不思議ではありません。

いくら都市伝説めいた話だったとしても、眉唾物の話として片付けるのは危険極まりない行為だと言えます。「まさか」が起こる時代、日本は来るべき時に備える事も必要なのかもしれませんね。

神の杖の本当の効力は「ハッタリ」?

さて、これまで散々危機感を煽らせてきた神の杖ですが、新しい見方として「ただのハッタリなのでは」という選択肢も捨てきれません。そう、もともと神の杖を行使するつもりなどないという事です。

その様な解釈が出る理由はいくつかあります。一つ目は、この神の杖という宇宙兵器が現実的な代物ではないという点。もう一つは世界中を敵に回しかねないと言う点です。

実質、不可能に近い兵器を開発・運用するのに多大なお金をかけるより、既存の兵器をより精密かつ強大に改良した方が断然効率が良いですし、もしこれを使ったら国際的な批判や汚名を残すのは必至です。

では、なぜ神の杖という構想があるのか。答えは「ハッタリ」で、アメリカにはこのように圧倒的武力で破壊する事も出来るんですよ、という威嚇です。しかし、それだけでも相当な抑止力になる筈です。

勿論、この解釈は一つの仮定にすぎず、軍事技術の発展次第では本当に開発可能な段階にいるのかもしれません。どちらにしろファルコンHTV2を持つアメリカの軍事力は脅威と言う事に変わりはありませんね。

近い将来、神の杖が使用されるかもしれない?

2018年に、北朝鮮で大きな出来事がありましたね。そう、南北首脳会談で、朝鮮戦争のを宣言したこと、そして北朝鮮が保持する北西部のミサイル発射場の廃棄の明言という、歴史的な出来事です。

この件に大きくかかわっていたアメリカのトランプ大統領も、この成果には大いに満足していたハズです。それはこれによって北朝鮮による核の脅威が無くなった為です。

しかし、実際は北朝鮮の非核化はそう簡単なものではありませんでした。何と同年の11月に、北朝鮮が公表していない「隠しミサイル基地」が発見されたのです。

核開発を断念すると言う宣言とは矛盾した動きを見せる北朝鮮。北朝鮮の動き次第では、もしかしたらトランプ大統領は、この事態を受けて神の杖を発動、ミサイル基地を破壊するかもしれませんね。

今後のアメリカの動きに注目

いかがでしたか?神の杖という兵器は存在するかどうかも怪しい代物ですが、ファルコンHTV2を見て分かるように、アメリカは確実にその視点を宇宙に向けていると言っても過言ではありません。

今後、宇宙兵器の開発がどの様に進んでくのか、もし仮に神の杖が存在した場合、いつか発射される日が来てしまうのか。今の所、アメリカのトランプ大統領の匙加減で決まります。

アメリカの動向に注目しつつ、神の杖が発射される日が来ない様に、空に向かって祈るほか無いのかもしれませんね。

神の杖の関連記事はこちら