シケモクとは?吸い方・作り方の方法と体に悪いと言われる根拠 芸能人

シケモクとは?吸い方・作り方の方法と体に悪いと言われる根拠

吸い終わったタバコの吸い殻を吸うことを「シケモク」といいます。今回はそんな「シケモク」の作り方や吸い方について調べてみました。タバコは体に悪いと言われていますが、「シケモク」を吸うことも体に悪いのでしょうか?みていきましょう。

目次

[表示]

シケモクとは?

「シケモク」という言葉をご存知でしょうか?タバコを吸わない人からしたら知らない言葉かもしれません。この「シケモク」とはタバコを吸い終えた後の吸い殻のことを指すのです。

「シケモク」とは「湿気たモク」という言葉の略語となっているのです。「モク」とはタバコの隠語になっており、タバコの煙の雲(クモ)の倒語から「モク」がきているのです。

終戦直後に居たというモク拾いという商売があった

この「シケモク」とは吸い終わった後の吸い殻をまた吸う行為のことをさしています。終戦直後には物資不足という状況の中で、「シケモク」を拾い集める商売もあったそうです。

道に捨てられた吸い殻を拾い集める「モク拾い」という商売があったそうです。このころから、「シケモク」という行為は行われていたことがわかります。

物資不足によりシケモクを巻き直して販売したことが由来

この「モク拾い」を行い集めた吸い殻を巻きなおして、新しいタバコに再生させていたのです。この再生させたタバコこそが「シケモク」と呼ばれていたのです。

この「シケモク」のタバコは味は悪かったそうですが、終戦直後で物資も不足してタバコも不足している中で、闇市などではよく売れたそうです。

シケモクは体に悪いのか?

タバコは少なからず体に害を及ぼすものです。「シケモク」とはどうなのでしょうか?体に悪いのでしょうか?やはり新品のタバコを吸うよりも「シケモク」の方が体に悪いのでしょうか?

シケモクはなぜ体に悪いと言われている?

「シケモク」は体に悪いとよく言われています。同じタバコなのにどうして体に悪いと言われるようになったのでしょうか?

それはタバコというのは根本に行けばいくほどニコチンやタールが多くなっているのです。これは吸うことにより、タバコの葉にもニコチンやタールが沈着してしまい、濃度が濃くなっていくのです。

このため、すでに吸っていたタバコにまた火をつけて再び吸ってしまうと、新しいタバコを吸うよりもニコチンやタールの量が多くなってしまうのです。

タールが多くなることで味が苦くなる

さらに、その再び吸ったタバコにはニコチンやタールが再び燃えることで、タールの量も増加してしまうのです。そのため、「シケモク」で吸った時のほうがニコチンもタールの量も増えているのです。

そして、タールの量が多くなることで、味も苦味を増してしまい、「シケモク」は美味しくないと言われています。そのため、「シケモク」は体に悪いと言われているのです。

シケモクによる感染症はあるのか?

人の「シケモク」を吸うことで感染症になったりはするのでしょうか?つい人の残した吸い殻でまだ吸えそうなものがあると吸いたくなる人もいるのではないでしょうか?

その時、感染症の危険はあるのでしょうか?しかし、「シケモク」で感染症にはなりません。自分の口の中に口内炎や傷がない限り、よほどのことがない限り感染する可能性は低いです。

タール量は増えるが血相変えて止めるほど体に悪いわけではなかった

「シケモク」は確かにタール量は増えますが、血相を変えるほどの体に害があるものではないのです。タール量が増えるせいで、味は新品のタバコよりは落ちるでしょう。

しかし、タバコは元々ニコチンやタールが入っている体に多少なりとも害があるものです。「シケモク」で少しタールが増えたくらいで今すぐに止めなければいけないというほどのものではないのです。

シケモクから煙草を生み出す?作り方と吸い方

「シケモク」からタバコを新たに作り出すというやり方があるのです。タバコが切れてしまいどうしても吸いたい時に役立つでしょう。その時の作り方と「シケモク」の吸い方について調べてみました。

準備するもの

タバコの吸い殻を集めます。この時、湿気ていないタバコを集めるのがいいでしょう。そして、次に何でもいいので紙も用意します。この紙は新聞紙程度の厚みと柔らかさがよいでしょう。

作り方

まず、新聞紙の上で「シケモク」をフィルターとタバコの葉の焦げた部分と残った部分に分けます。軽いタバコはフィルターに変な黒い粒が混じっていることがあるので、タバコの葉と混じらないようにしましょう。

ある程度、タバコの葉っぱがたまったら10㎝四方程度にちぎった新聞紙の端の1㎝程度のところに細かく敷き詰めていきます。また、両側1㎝程度には葉っぱを敷き詰めないようにします。

そして、葉っぱを敷き詰めた方から慎重に少しずつ葉っぱを落とさないように巻いていきます。ある程度きつめに巻いていくのがポイントです。

シケモク用の手巻器も存在する

この「シケモク」を作るには結構な労力がいります。葉っぱを巻くときに上手く巻けないのです。そこで、この「シケモク」を作るための手巻器というのが存在するそうなんです。

2本のローラーを包む形で布がかけられていて、そこにタバコの葉っぱを詰めていくのです。そして、ローラーを閉じて紙を巻き込ませていくだけで、簡単に「シケモク」が作れてしまうのです。

吸い方

「シケモク」の吸い方はどうやるのでしょうか?灰皿に残っている吸い殻の「シケモク」の吸い方をみていきましょう。まずは比較的長めの吸い殻を探します。

その「シケモク」の硬くなった先端部分を指で少しほぐします。そして、真っ黒になった部分を丁寧に取り除きます。そして、まだ火のついていない茶色い葉っぱを露出させるのです。

そこに火をつけて吸うのが「シケモク」の吸い方です。この時、火が一気に燃えないように気を付けなければいけません。慎重にゆっくり吸い込むのがポイントな吸い方となっています。

シケモクはどこで集める?

「シケモク」を集めるのには、自分の吸った吸い殻だけでは足りない場合があります。その時は喫煙所やパチンコ屋さんの灰皿から集めてくるのだといいます。

gloネオスティックやIQOSでもシケモクを吸うことは出来るのか

gloネオスティックやIQOSでも「シケモク」はできるのでしょうか?その場合の吸い方はどのようになるのでしょうか?

この加熱式タバコもやはり「シケモク」だと体に悪いのでしょうか?調べてみました。

gloネオスティックのシケモクを吸うことは可能か?

gloネオスティックでも「シケモク」を吸うことはできるのでしょうか?吸い方はあるのでしょうか?ただ、紙巻タバコと違って残っている部分に火をつけて吸うというほどわかりやすくはありません。

gloネオスティックに残りのタバコを差し込んで通り吸ます。意外とこれでも吸えるのです。ただ、味は薄く物足りなさを感じるかもしれません。ただ、gloネオスティック本体に損傷を与える可能性もあるそうです。

IQOSのシケモクを吸うことは可能か?

IQOSのヒートスティックはよく2回吸えると言われています。「シケモク」が可能ということになります。ただ、これはIQOSのヒートスティックを抜いた部分が焦げていないので吸えると思っているのでしょう。

しかし、IQOSのヒートスティックを吸い終わると実は中は黒焦げになっているのです。中身をばらすと中が焦げているのがよくわかります。そのため、IQOSの「シケモク」はおすすめしません。

なぜなら、一度熱が通って炭化して焦げてしまっているので、味は焦げ臭いものになっています。そして、中身が焦げていてその焦げたものを温めているのを吸っているだけということになるからです。

節約にはなるがどちらもあまりおすすめはできない

このgloネオスティックやIQOSは節約になるのかもしれません。しかし、gloネオスティックやIQOSの「シケモク」はあまりおすすめはできません。

gloネオスティックなどの加熱式タバコは普通のタバコと違って「シケモク」がしやすいかもしれません。しかし、gloネオスティック独特のタバコ臭さやえぐみがあり、味は保障できません。

今後タバコの単価が上がればシケモクが増える可能性がある

「シケモク」とはタバコの吸い殻を集めて再度吸う吸い方のことを指しています。現代ではタバコは体に悪いと言われており、年々吸う場所も限られてきています。

さらには、タバコの単価も年々上がってきているのです。このままタバコの単価が上がることとなれば、ますますタバコを吸う人たちにとって追い込まれる状況となります。

タバコを買うお金がもったいなくなり、「シケモク」をする人たちも増えてくるのではないでしょうか?終戦後に「シケモク」を集めて商売をする人たちがいたように、「シケモク」が人気となるのかもしれません。

エコや節約だと言われている世の中で、タバコも節約しなければいけない時代になってきたのかもしれません。そのため、「シケモク」が今後注目されてくるのかもしれません。

タバコの歴史

タバコは現代ではなくてはならないものとして残っています。このタバコの歴史はどれくらい昔からあったのでしょうか?タバコの歴史についてみていきましょう。

コロンブスが世界に広げた

タバコは南米の地域の紀元前より喫煙文化があったと言われています。マヤ文明の遺跡にはタバコを吸う神様の浮彫が残っているからです。そんな昔からタバコは存在していたのです。

当初はタバコは占いや儀式に用いられていたそうです。時代がたつにつれて、嗜好品としてたしなまれるようになり、1492年にコロンブスが新大陸に上陸した時に先住民のアラワク族からタバコの葉を贈られました。

コロンブスはタバコには興味はなかったそうですが、乗組員がヨーロッパに持ち帰り、嗜好品として使用していたことから、ヨーロッパに広がり世界へと広がっていったそうです。

日本へは鉄砲とともに伝来

日本にタバコが伝来したのは戦国時代と言われています。1543年の鉄砲伝来のときに一緒に混じっていたと言われているようです。そして、タバコは江戸時代初期には全国へと普及していきました。

当時タバコは高価な薬品として扱われていたようで、喫煙できるのは金持ちの武士や証人ぐらいだったようです。やがて、江戸中期には値下げされたこともあり、庶民にも広がっていったようです。

この頃からタバコは体に悪いと言われていた?

こうして、庶民にも嗜好品としてタバコが広がっていったのですが、この頃には既にタバコは体に悪いものだと指摘していた人もいたようです。タバコの毒性や病気の原因になることを気づいていた人もいたのです。

タバコは現在では肺がんをはじめとする癌のリスクが上がるほか、動脈硬化による心血管疾患やCOPDの原因になるなど多くの病気の関連性があげられています。

このため、タバコは体に悪いとテレビでも言われているのです。そんな中でも愛煙家の数は変わらずたくさんいます。タバコの中毒性にやめられない人はどの時代にもいるものです。

タバコが体に悪いと言われていてもなくならないのは、タバコの持っている魅力なのでしょう。どれだけ値上がりしてもタバコというのはこの歴史からなくなることはないのでしょう。

タバコのメリットとは?

タバコは体に悪いものとしてよく言われてきています。果たして、タバコは本当に悪いだけなのでしょうか?タバコのメリットとは何なのでしょうか?

脳を活性化させる?

タバコに含まれている成分としてニコチンやタールがあります。このニコチンというのは悪いものとして考えられているのですが、実はストレスを和らげたり、やる気を起こさせる効果があるのです。

ニコチンには脳の側坐核という部分を活性化させる性質があるのです。この側坐核というのは脳の意欲をつかさどる重要な部分です。つまり、ニコチンを摂取すれば、気分が元気になってやる気が起こるということです。

気分の波を整えて落ち着かせる?

さらに、タバコにはネガティブな気分を正常に整えたりしたり、逆に高ぶった神経を落ち着かせる効果もあると言われているのです。

これは、精神的な疾患を抱える患者さんには精神状態が悪くなるとタバコの本数が増えるという医師の分析の結果によるものです。

よく「イライラするとタバコを吸いたくなる」と言われたりします。これも同じことが言えるでしょう。

やはりタバコは体に悪い

こうしてみると、タバコも体に悪いだけではなくメリットもあることがわかりました。しかし、タバコを毎日40本吸い続けると3.5人に1人は肺がんになると言われ、タバコの副流煙が悪いとも言われています。

タバコを吸うメリットはそれぞれに持っているのかもしれません。タバコを吸わないことで、よけいに体調を崩してしまうなんて人もいるかもしれません。

一概にタバコをやめなければいけないとは言えませんが、自身の健康を考えてほどほどにタバコを楽しむといった程度であればいいのかもしれません。

タバコで人生が終わってしまわないように、自分にあったタバコの嗜みかたを見つけるのが一番いいのでしょう。タバコに飲まれないような吸い方を見つけてみましょう。

NEXT:シケモクというタバコ
1/2