シケモクとは?吸い方・作り方の方法と体に悪いと言われる根拠

吸い終わったタバコの吸い殻を吸うことを「シケモク」といいます。今回はそんな「シケモク」の作り方や吸い方について調べてみました。タバコは体に悪いと言われていますが、「シケモク」を吸うことも体に悪いのでしょうか?みていきましょう。

シケモクとは?

「シケモク」という言葉をご存知でしょうか?タバコを吸わない人からしたら知らない言葉かもしれません。この「シケモク」とはタバコを吸い終えた後の吸い殻のことを指すのです。

「シケモク」とは「湿気たモク」という言葉の略語となっているのです。「モク」とはタバコの隠語になっており、タバコの煙の雲(クモ)の倒語から「モク」がきているのです。

終戦直後に居たというモク拾いという商売があった

この「シケモク」とは吸い終わった後の吸い殻をまた吸う行為のことをさしています。終戦直後には物資不足という状況の中で、「シケモク」を拾い集める商売もあったそうです。

道に捨てられた吸い殻を拾い集める「モク拾い」という商売があったそうです。このころから、「シケモク」という行為は行われていたことがわかります。

物資不足によりシケモクを巻き直して販売したことが由来

この「モク拾い」を行い集めた吸い殻を巻きなおして、新しいタバコに再生させていたのです。この再生させたタバコこそが「シケモク」と呼ばれていたのです。

この「シケモク」のタバコは味は悪かったそうですが、終戦直後で物資も不足してタバコも不足している中で、闇市などではよく売れたそうです。

シケモクは体に悪いのか?

タバコは少なからず体に害を及ぼすものです。「シケモク」とはどうなのでしょうか?体に悪いのでしょうか?やはり新品のタバコを吸うよりも「シケモク」の方が体に悪いのでしょうか?

シケモクはなぜ体に悪いと言われている?

「シケモク」は体に悪いとよく言われています。同じタバコなのにどうして体に悪いと言われるようになったのでしょうか?

それはタバコというのは根本に行けばいくほどニコチンやタールが多くなっているのです。これは吸うことにより、タバコの葉にもニコチンやタールが沈着してしまい、濃度が濃くなっていくのです。

このため、すでに吸っていたタバコにまた火をつけて再び吸ってしまうと、新しいタバコを吸うよりもニコチンやタールの量が多くなってしまうのです。

NEXT タールが多くなることで味が苦くなる