大家族青木家の現在は?あざみの父親との関係や旦那の逮捕もまとめ エンタメ

大家族青木家の現在は?あざみの父親との関係や旦那の逮捕もまとめ

TBSの大家族シリーズで有名となった青木家という家族をご存知でしょうか?感動を呼んだ放送とは裏腹に、二女あざみが父親に乱暴され中学生で出産したり、あざみのブログが炎上したりと放送後も大きな話題となりました。今回は、そんな青木家についてまとめました。

目次

[表示]

大家族青木家の現在は?あざみが父親の乱暴を暴露したその後

全国に大きな感動を呼んだ大家族・青木家でしたが、番組が終了してから、母親の連れ子だったあざみが父親に性的虐待を受けていたことを暴露し話題を呼びました。

当時はその衝撃の告白に同情の声が多かったようですが、現在は嘘ではないか?とも言われています。ブログなどもパスワードが掛かっていて閲覧することができず、今でも真偽不明とされています。

のちにあざみはこの性的虐待をしてきた父親に対して、信頼もあるし愛情を受けてきのは確かだけど、この先関わっていけない、会いたくないと語っています。

TBSの「ザ!激闘!大家族!!」で人気だった大家族青木家

今から10年以上も前、当初はTBSの他の番組の穴埋めということで放送されただけでしたが、この特別番組からある大家族が一躍人気となりました。それが今回ご紹介する青木家です。

土曜の夜7時から放送ということもあり視聴率は高かったようで、家を出て行方不明になってしまった母親を探しながら生活する大家族の姿に大きな反響を呼びました。

かなりの人気を博した番組となりましたが、子共たちがそれぞれどのように成長したのかなどは語られず、その後の進展や近況の情報がないまま、中途半端な形で放送終了となりました。

番組の内容

母親が蒸発し、シングルファーザーで決して豊かな生活ではないながらも、当時16歳だった次女・あざみが母親代わりとなり家族全員で協力し合って生活する青木家に密着するといった内容でした。

番組の中で、2004年には次女・あざみの未婚での妊娠が発覚し、戸惑いに包まれるなかで、家族全員であざみを支えていこうと決断し家族の絆が深まる様子は視聴者に感動を与えました。

両親はそれぞれ離婚を経験していた

青木家の両親が結婚したとき、母親と父親には前の結婚相手との子供が2人ずついたとされています。つまり四女まではどちらかの連れ子で、その下の兄弟が母親と父親の実の子供になります。

あざみが父親に性的虐待をされていたとお話ししましたが、奥さんの連れ子が性犯罪に巻き込まれるといった事例は他にも多々あり、犯人は再婚相手の男性であることが多いそうです。

家族構成

そんな波乱万丈な青木家の家族構成は以下の通りになります。

  • 【父親】青木信義、番組上では建築関係の仕事
  • 母親】信義より19歳年下のフィリピン人、失踪したとされている
  • 長女】父親の連れ子(番組には登場しない)
  • 次女】あざみ(母親の連れ子、1989年生まれ)
  • 三女】あけみ(父親の連れ子、1990年生まれ)
  • 四女】あいら(母親の連れ子、1992年生まれ)
  • 長男】義彦(実の子共、1994年生まれ)
  • 次男】翔(実の子供、1996年生まれ)
  • 三男】優(実の子供、1998年生まれ)
  • 五女】あすか(実の子供、2000年生まれ)

青木家の中心的人物だったあざみ

そんな青木家の中でも特に注目を浴びたのが、次女・あざみでした。可愛らしい顔つきと、母親代わりに家事や育児を一生懸命こなしている姿に多くの声援が送られていました。

さらに16歳と17歳の時に、未婚のまま妊娠と出産を経験したことも大きな話題となりました。あざみはこの時、どうしても産みたいと語り、実際に二人の赤ちゃんを元気に産んでいます。

小さな子供たちも皆が協力し合って一生懸命生活していこうとする様子や、出産という壁を乗り越えようとするあざみの存在に番組は高視聴率をマークし、あざみは一躍時の人となりました。

中学校は行かなくなった?

そんなあざみは産まれてすぐ施設に預けられたらしく、小学5年生の時に家庭へ戻ったそうです。そして中学1年生の時に母親が家を出て行き、そのあとにTBSによる密着取材が始まりました。

番組では紹介されなかったですが、中学2年生の時に妊娠して中学校に行かなくなり、出産まで経験しています。同級生は、お腹が大きくなっているあざみを見て衝撃を受けたと話しています。

幼少期のあざみ

小学5年生で家庭へ戻ったあざみはその後、なんと小学6年生でタバコを吸い始め、当時付き合っていた男の子と性行為も経験済みだったようです。

さらにこの頃、母親の内職を手伝っていたらしいのですが、その内職の内容というのが「偽造テレホンカードの販売」だったという話も大きな話題となりました。

2006年で密着取材は終了、書籍もベストセラーに

2006年にテレビ局の密着取材は終了したものの、二女のあざみは「まっすぐに。」という自伝を出版しました。大家族として波乱万丈の人生を赤裸々に告白した内容に、書籍はベストセラーとなりました。

大家族(3男4女1父1娘)・青木家の長女、波乱万丈の全半生!「出産の秘密」「児童養護施設での生活」「相手の男性」…今まで明かさなかったホントの私、17歳のリアル。 (引用:Amazon)

更に一年後の2007年には「いつも。」という書籍も出版していて、「まっすぐに。」の続編としてこちらも大きな反響を呼びました。

書籍の評価

この書籍を実際に読んだ人の感想は賛否両論であり、「同じ年だから共感した」「家族を思いやる気持ちを見習いたい」などという良い評価も数多く投稿されていました。

ですが悪い評価をした人も多く、「自分の恥をわざわざ晒しているだけ」「子供が書いたような文章で、時間の無駄」といった声も挙げられていたようです。

2009年、あざみが父親からのレイプを暴露

放送終了後は特に話題のなかった青木家ですが、2009年9月に「女性セブン」にてあざみが父親から性的虐待を受けていたことが告白され、大きな話題となりました。

父親との子共を3人産んでいるらしく、これはつまり番組放送時に16歳と17歳で妊娠した相手が、あざみ自身の父親だったということです。確かに番組では妊娠させた相手について全く説明がありませんでした。

視聴者の中には、大切な娘を妊娠させられたのに父親があっさりし過ぎていると感じた人が多数いたようですが、その相手が父親本人だったというなら、あっさりした態度にも納得ですよね。

父親との子を妊娠

母親が家を出て行ったあとから父親はたびたびあざみを襲うようになったらしく、あざみは最初こそ抵抗したものの男の人の力には敵わない、と半ば諦めていたようです。

のちのインタビューで初めて襲われた時のことを問われると、「次の日の朝に、普段と変わらない様子で接してくる父親が怖くてたまらなかった」と語っています。

怖くて抵抗できなかったあざみは父親との子供を妊娠してしまいました。その最初の妊娠というのが、先ほどもお話しした中学2年生の時であり、その時の子供はすぐ施設に預けたようです。

父親のあざみに対する異常な執着

酒癖が悪かった父親は、普段から暴力を振るっていたようで、そんな父親が嫌になったあざみは家出を繰り返していましたが結局は連れ戻されていました。19歳でようやく完全に家出をしています。

特に父親はあざみに対して異常なまでの執着心があって、あざみに彼氏ができると嫉妬に狂って虐待がエスカレートし、食器が飛んできたりタバコの火を押し付けられたこともあったようです。

2009年9月、あざみの旦那がひき逃げで逮捕されブログが炎上

父親からのレイプを告白したのと同じ時期、あざみの旦那であるとび職・飯島広樹がひき逃げで相手を死なせたとして、逮捕される事件がありました。

彼女はブログで「旦那は遠出してるだけ」と強がっていましたが、批判のコメントが相次ぐと「逮捕されたからなに!?」と逆切れする投稿がされ、さらにブログが炎上するハメになってしまいました。

ブログはコメントが100件以上も相次いで炎上状態になり、現在はパスワードがないとアクセスできないようになっている。(引用:JCASTニュース)

あざみの旦那とは?

あざみがこの旦那と電撃結婚したのは同年の7月であり、結婚からわずかニケ月での逮捕だったといいます。 

一度はブログで逆切れ騒動を起こし炎上するものの、のちに「何故救急車をきちんと呼ばなかったのか」と旦那の行動に対する怒りのコメントもブログに投稿していたようです。

あざみの暴露は事実ではなかった?嘘を売り込んだあざみ?

父親による性的虐待を暴露をしたあざみでしたが、この暴露に対して「それらは全部嘘で、お金欲しさに嘘を売りつけた狂言だ」と主張する人も多くいるようです。

ですが、あざみはこの父親とは血の繋がりがないにも関わらず、産まれた子供があざみの父親に顔が似ていることから、真実なのでは?との見方もされています。

2015年、青木家の父親が語った青木家の現在

青木家の現在について、週刊文春のインタビューに父親は「孫は14人いる」と笑顔も見せながら答えたそうです。インタビューでは現在の自身の生活について下記のように語っています。

「60超えたし仕事はあるときだけして、あとはこうやって遊びに来るから子守りだよ。男の子たち3人も皆、18くらいで所帯もって子ども作ってる。そのほうがあともラクだしいいじゃない」(引用:超特大ワイド32本 消えた主役たち)

次女・あざみについては連絡を取り合ったりすることもなく、逮捕された旦那と今でも結婚が続いているのかどうかすらも分からないといいます。

あざみの子供2人は父親と暮らしている

16歳と17歳で産んだ二人の子供は、あざみが19歳で家出したときに実家に残していったとされていて、現在は父親と一緒に暮らしているようです。

子供たちは自分に母親がいないことを自覚はしているようですが、特に母親に会いたがったりはしていないようです。子供たちに関して、特に困っていることはないと語りました。

あざみの現在は不明、ブログも閲覧にはパスワードが必要

そんな青木家の次女・あざみが現在何をしているのかは不明で、ブログも削除されていたりパスワードが掛かっていたりと、現在を探ることは困難になってしまいました。

ブログも閲覧できないうえに、さらに父親も特に連絡を取っていないようで、あざみの現在は完全に謎に包まれてしまっています。

青木家の噂は本当?多くの疑惑が浮上している青木家

放送当時は美談として語られていた青木家ですが、のちの告白から数々の暗い過去も露わになってしまいました。美談として偽りの姿を放送していた番組にも批判の声が相次ぐほどでした。

現在では番組の内容についてや、家族の内情について多くの疑惑が浮上しているので、順番にご説明していきます。

疑惑①:青木家はヤラセだった?

そもそも放送自体がヤラセだったのではないか、という声は今でも多く上がっています。父親の仕事がテレビ局にとって都合のいい職業に改編されてましたし、実は近所から悪評が絶えなかったようです。

番組上では健気に頑張って生きる子供たちでしたが、近所からは良く思われていなかったという証言が多々あります。実は家族はほとんど金髪だったようで、密着取材の時は印象操作として黒髪にしていたそうです。

行方不明のはずの母親

さらに近所の住人からは、行方不明のはずの母親が実は近所に住んでいるという告白がありました。また、ファストフード店で母親とあざみが会っていたところを目撃したという人もいます。

番組上では「かわいそうな家族」「頑張っている家族」を印象付けるために、わざと行方不明という設定にしたのでは?と口にする人は今でも多くいます。

NEXT:疑惑②:あざみは長女ではなく次女だった?
1/2