わかめ酒とは?現在もあるの?由来・起源、飲み方や危険性、体験談も 芸能人

わかめ酒とは?現在もあるの?由来・起源、飲み方や危険性、体験談も

「わかめ酒」ってどんなお酒?初代内閣総理大臣あの伊藤博文も愛した遊郭の遊びと語り継がれる性豪伝説!薄れゆく日本の性文化「花電車」に「女体盛り」って?江戸時代から男たちの支えだったお酒の席での歴史をまとめていきたいと思います。

目次

[表示]

わかめ酒とは?

「わかめ酒」若い年代の人にはあまり聞き馴染みがないかも知れません。「わかめ酒」とは日本の伝統的な性文化とされています。

日本の性文化は他にも「女体盛り」や「花電車」などが知られています。お酒の席で楽しまれていた大人の遊びです。その起源や由来とはどんなモノだったのでしょうか?

わかめ酒(わかめざけ)は芸者によるお座敷芸の一つ

わかめ酒とは「わかめ」が入ったお酒の種類のことではありません。例えた表現です。

お酒の席などで一般的に活躍していた「芸者」さんによる「お座敷芸」の一つです。やり方はシンプルです。お酒はどんな種類のモノでも構いません。

まず、女性が裸になります。次に正座や、仰向け等の両ふとももがピッタリとくっつくような姿勢になり、陰部を中心として出来た、ふとももと下腹部の三角のくぼみにお酒を注いで完成です。

わかめ酒の起源は見た目から?

「わかめ酒」の名前の由来はその見た目からだと言われています。海の中でゆらゆら揺れている「わかめ・海藻」

女性のデルタゾーンの中、お酒に揺られている「わかめ・陰毛」に例え「わかめ酒」となったと考えられています。

現在では居酒屋が主流になり、お座敷での遊びもほとんど見られなくなっています。「わかめ酒」はアダルトビデオの企画として知られています。

男性は「竿酒」と言わている

男性が「わかめ酒」と全く同じ行為をした場合はその呼び方が変わります。「竿酒」となります。

由来はこちらも同様に見た目からです。男性器が釣りをしている「竿」のように見える事からこのように名前が付けられました。男性の性器を女性が握ってお酒を飲みます。

「わかめ酒」を知っていても「竿酒」を知らないという人が殆だと思います。お座敷芸が流行っていた時代にもあまり人気の高い遊びではなかったようです。

わかめ酒の歴史

「わかめ酒」とはいつの頃に流行っていた遊びなのでしょうか?またその起源とは?

そしてあの歴史上の偉大な有名人が「わかめ酒」を愛してやまなかったという話も残っています。その辺りを詳しく見ていってみましょう。

花街の遊びとして江戸時代から知られている

「わかめ酒」は江戸時代から既に存在していました。それは江戸の文献に何度も登場してくるので間違いありません。

江戸の花街と言えば「吉原の遊郭」が有名です。吉原は現在でもソープ街として栄えています。ですが江戸時代の吉原はどちらかと言えば大人の社交場でした。

知識や品性、全てに優れた一流の女性が集まる場所。パチンコや、ゲームの無い時代の男たちの至福でした。「わかめ酒」もそんな働く男達の支えになっていたのです。

伊藤博文が好んでいたとも言われている

その歴史上の人物とは「伊藤博文」だったとされています。伊藤博文は明治維新の激動の時代に生き「初代内閣総理大臣」になった事はあまりにも有名です。

また「千円券」として当時のお金の肖像画になっていたことも記憶に新しいのではないでしょうか?そんな伊藤博文が「性」の先駆者だったというのです。関係をもった女性も数知れず。

掃いて捨てるほどの女性がいるという事から「箒(ほうき)と呼ばれていたほどです。中でも「わかめ酒」はお気に入りで、伊藤博文が世に広めていったとさえ言われています。

伊藤博文は大の女好きでお酒も大好きでした。そんな伊藤博文にとってわかめ酒はたまらなく魅力的なモノだったようです。

学校の授業では習わない伊藤博文のもう一つの顔ですね。「性豪伝説」が沢山残っている伊藤博文。

現在の有名人がスクープ写真を撮られるような感覚で伊藤博文は大勢の記者達に狙われていたためその記録が鮮明に残っています。

伊藤博文は女癖が悪く日本初のカーセックスをした?

「カーセックス」の定義は車内で性行為を行うことです。伊藤博文の時代の「車」といえば「馬車」です。「カー」ではなく「馬車」ですが「カーセックス」の日本人初は伊藤博文だと言うのです。

伊藤博文は「吉原の遊郭」にあしげく通っていました。綺麗な遊女と遊ぶのが大好きでした。そんな伊藤博文がある日。

吉原で遊んだ帰り道に出会った「おきん」という遊女に目を奪われ、自分の馬車に招き入れ一晩中馬車を走らせた中でセックスをしたという伝説が残っています。「馬車セックス」ですね。

伊藤博文の恥ずかしい歴史

実はこの「馬車セックス」には後日談があります。この「おきん」という女性とセックスをした時の事を、この女性によって暴露されてしまったのです。

しかもその内容は良いものではなく「馬車の中は狭くて、痛かった」と公表されてしまいました。

その事を知った明治天皇に「女遊びは、少し慎んだらどうか」と直々に窘められてしまった伊藤博文。今では考えられない即、辞任級のエピソードですね。

わかめ酒をやると女性も酔ってしまう?

「わかめ酒」は女性の三角の窪みにお酒を注いでそれを男性が飲むという遊びです。日本酒等が一般的で、お猪口などの小さな酒器で飲むべきお酒を大量に飲んでしまう為、酔いやすい傾向があります。

実は、この「わかめ酒」、注がれた「酒器」役の女性にとっても非常に酔いやすい遊びなのです。

女性はお酒をこぼさないように足を閉じています。たまったお酒は膣内に入り、粘膜に触れるとお酒を飲んでいる時と変わらない状態になります。注ぎ過ぎは飲み過ぎと同じなのです。

わかめ酒と似たような意味を持つ言葉

「わかめ酒」と同じように、日本伝統の性文化として残っている言葉がいくつかあります。

多くは「吉原遊郭」のような遊女との宴の場で出来上がったモノです。

そのまま残っているモノもあれば、時代に合わせて名前が変化してきたモノもあります。それではいくつか見ていってみましょう。

女体盛り

「女体盛り」は「わかめ酒」と同じく有名なお座敷芸の一つです。

名前の由来は「刺盛り」お刺身の盛り合わせから来ています。裸の女性を「酒器」とする考え方の「わかめ酒」。裸の女性を「刺し身皿」とする考え方の「女体盛り」。

新鮮なお刺身を裸の女性の体の上に並べて行く所から遊びは始まります。並べられている恥ずかしさなどを肴にしてお酒を飲みます。

綺麗に盛り付ける職人芸として現在では芸術作品としても知られています。

また「醤油」を「むらさき」と寿司用語で呼ぶことから、へそに醤油を入れて「へそむらさき」と呼び、「女体盛り」のお刺身を食べる時に使いました。

「むらさき」を入れるための小さな器という意味で寿司用語では「むらちょこ」と呼ぶのが正しい呼び方です。その為「へそちょこ」とも言ったそうです。

谷間酒

「谷間酒」も「わかめ酒」と行為はほとんど同じです。

こちらは、裸の女性の「胸の谷間」を「酒器」としてお酒を注いで楽しみます。実際には胸の大きい女性でなければ成立しないため、「わかめ酒」よりも出来る人は少ないようです。

ポイントは「わかめ酒」とは違って女性と顔が近くなることや、下半身が自由になること、女性を酔わせないようにする等の利点があるようです。

最近ではおっぱいビール・おっぱいコーラなどがある

江戸時代から続く伝統も形を変え、現在では「おっぱいビール」や「おっぱいコーラ」として楽しまれているようです。こちらは若者が中心です。

「酒器」というより「コップ」という表現の方が現代的かもしれません。行為は「谷間酒」に近いものがありますがそこには大きな違いがあります。

「谷間酒」はお酒をこぼさないようにして胸の谷間に口を付けます。「おっぱいビール」は胸の下、おへその上の辺りに口をつけ、谷間の上から流したビールが胸の間を通ったモノを飲みます。

「おっぱいビール」の誕生は欧米です。日本に上陸すると若者を中心に一気に広まっていきました。そんな若者も「谷間酒」のことは殆知りません。

花電車

「花電車」の起源は大正時代の遊郭だとされていますが、花電車は主に「ストリップ劇場」での「花芸」の事を意味します。

「花電車」は元々、装飾をして街を走る電車のことを言います。きらびやかに飾ったりして宣伝等に使われています。

この「花電車」が「お客さんを乗せずに走っている」という所から「お客さんを乗せない」⇒「売春をしない」という意思表示になっているとてもお洒落なネーミングです。

花電車はストリップで魅せる花芸の総称

「ストリップ劇場」はもう、どこに行っても見られるモノではありません。「花芸」も同じです。

ストッリプ劇場で働く女性たちは当時スターでした。芸に磨きをかけ一日に何百人ものお客さんを呼んだ女性も居たほど熱気に溢れていました。

そんな彼女たちの「花芸」を少しだけご紹介します。

生花

「生花」は「花芸」の中でもスタンダードです。自らの女性器に花を刺して行く姿をステージの上で披露します。

生花というストレートな名前です。花芸はこのように見た目どおりの名前ややっていること自体が名前になる事が多いです。

「生花」と同じく膣の中に筆を入れて神に字を書く「習字」という芸や、吹き戻しを膣で咥えて吹き鳴らす「吹き戻し」という芸などもあります。

産卵

「産卵」はその名の通り、ゆで卵を女性器の中にしまいこんで、外に出す様をステージの上で披露します。

このように「花芸」は一見卑猥で品の無い行為に思われるかも知れません。

そのため、それをやりたいと思う女性が減り、また「見せるだけの風俗」から現在の風俗へと主流が変わっていったため、花電車も貴重なモノになって行きました。

AV女優の坂口杏里さんもストリッパーだった?

この「花電車」発祥の地「飛田新地(とびたしんち)」から、タレントからAV女優、さらにはデリヘル嬢と変化していった坂口杏里さんがストリッパーとしてデビューしています。

芸人の「バイキング・小峠」さんの元カノとして知られる彼女も「花芸」を真剣に勉強していたようです。

「飛田遊郭」は大正時代、日本最大の遊郭として大阪市の西成で栄えました。「飛田新地」はその通称です。つまり日本のストリップの本場です。

ストリップ劇場に関する記事はこちら

栗拾い

日本では昔から公の場で口にするのをはばかるような言葉を日常的な言葉で言い表す事が多くあります。

「栗拾い」も「クリトリス」の隠語として使われていました。特定の行為の名前というよりは隠語です。

名前のイメージから来ている「栗拾い」に対して見た目のイメージから来ている「おまめさん」という呼び方もあったそうです。

アワビの踊り食い

「栗拾い」と同じくこちらも隠語です。「アワビ」の見た目が女性器に似ていることから女性器を「アワビ」と表現することは多く、官能小説の世界でも用いられます。

踊り食いで食べるアワビはイキが良いという事から、「アワビの踊り食い」は良いイメージで使っていたことが多いそうです。「女性を頂く」「ご馳走」という意味でも使われていたそうです。

「わかめ酒」は「陰毛」がわかめに見えることからそう名付けられましたが、陰毛がない女性の場合は「あわび酒」と呼ばれる事があります。

わかめ酒は実際に販売されている

「わかめ酒」というお酒自体は実際に販売されています。日本には多種多様のお酒があります。麹菌を日本の国菌と定めているこの国で「わかめ」のお酒が有るのは珍しくも無いでしょう。

徳島県の酒造で作られています。徳島県ではかなりポピュラーな知識のようです。

読み方はわかめ酒(わかめしゅ)

商品の読み方は「わかめしゅ」と言うそうです。「わかめざけ」だとあまりにストレートで誤解され兼ねません。卑猥なお店だと思ってしまう人もいるかも知れません。

「わかめ酒でも飲んでみない?」というオヤジギャグのような誘い方をするのにも多く使われているようですが、お店の本望ではありません。

この「わかめしゅ」は誰でも購入することが可能です。あなたも一杯どうですか?「わかめ酒」

わかめ酒を実際に飲んでみた人の感想

市販されている「わかめしゅ」は鳴門海峡でとれたわかめのエキスをふんだんに使った健康的なお酒です。

口当たりはまろやかで、飲み口はハーブのような香りのすっきり系みたいです。味は甘みがあって飲みやすく女性が好むお酒だと評判です。

アルコール度数も8%とお酒が強くない人でも飲めるこだわりの一品です。

実例からみるわかめ酒の危険性

「わかめ酒」がたまる魅惑のデルタゾーンにおぼれていった男女は少なくないようです。

栄町のデリヘル嬢と遊んでいた男性は、その場の流れでお座敷遊びへと発展し、「わかめ酒」を試してみました。ところが直ぐに女性の方が泥酔してしまいました。

やはりアルコールの摂取が激しいようです。さらに頭を下げる体制や普段とは違う高揚感もプラスされて普段酔わない人でも酔ってしまいやすい飲み方だと言えるでしょう。

わかめ酒は酔いやすくなる飲み方だった

「わかめ酒」は「女体盛り」と一緒にする事が多い傾向にあります。実は知らないうちに酔いやすい条件が完成しているのかもしれません。

胃ではなく粘膜で直接アルコールを吸収してしまう女性も十分に気をつける必要がありそうです。

NEXT:飲む時は空腹時が多いわかめ酒
1/2