イエッタイガー(家虎)の意味や使い方・元ネタ!禁止のライブもまとめ おもしろ

イエッタイガー(家虎)の意味や使い方・元ネタ!禁止のライブもまとめ

今回はイエッタイガー(家虎)という言葉について元ネタや由来などを調べてみました。どのような使い方をして、誰が使う言葉なのか。また良い意味を持つのか、それとも悪い意味を持つのか。あらゆる角度からイエッタイガー(家虎)をまとめます。

目次

[表示]

イエッタイガー(家虎)とは?意味や使い方について

イエッタイガー(家虎)というと、聞き慣れない言葉だという方も多いのではないでしょうか。元ネタは?由来は?どのような場面で、またどのような意味で使われている言葉なのか書いていきたいと思います。

イエッタイガーはアイドル、アニメ系ライブでのコールの一種

イエッタイガーとは、アイドルやアニメのライブ中に掛けられるコールの一種であり、イエ(家)、タイガー(虎)という意味から家虎とも略されます。イエッタイガー(家虎)と表記されるのはそういった由来です。

落ちサビと大サビの間に入れられることが多い目立つコール

歌のどこに入るコールかというと、落ちサビから大サビの空白の間に入れるという使い方をされます。つまり、とても目立つコールということなのです。

元々は地下アイドル系ライブで使われていた

イエッタイガーのコールが始まった元ネタは地下アイドルのライブだそうです。コール自体の元ネタも地下アイドル系のものだそうです。ではそのや由来や元ネタはどういったものなのでしょうか。

イエッタイガーの元ネタ・由来はMIXの前に「イエス」が入ったもの

イエッタイガーの元ネタ・由来はMIX(ファイヤー・タイガーと叫ぶコール)の前に「イエス」と掛け声を入れたことが元ネタ・由来のようです。(イエス・タイガー➡️イエッタイガー)

イエッタイガーとMIXの違い

MIXの元ネタ・由来はファイヤーやタイガーなど、ライブ中に叫ぶ特定の掛け声のことであります。イエッタイガーとはそれらの元ネタ・由来から派生された言葉です。

イエッタイガーの使い方、入れるのに否定的な意見も

ライブをより盛り上げるため、また楽しむためのコールとされているのですが、イエッタイガー(家虎)に対して否定的な意見も少なからずあるようです。

イエッタイガーが嫌われる理由は?

Twitterなどで常に議論が絶えないイエッタイガー(家虎)。この問題に対する否定的な意見をまとめてみました。

理由①静寂を壊す迷惑行為

イエッタイガーは主にサビ前の静寂に入れられます。ここは曲の中で盛り上がる直前であり、意味のある静寂なのです。それを壊されたように感じるため、客席だけでなく演奏者側も良く思わない場合があるようです。

理由②曲のイメージが崩れる

イエッタイガーが入る歌は、それを入れる為に作られたものではありません。盛り上げる為の掛け声だと言うのは承知の上ですが、静かな曲でもイエッタイガーを叫ぶのは曲のイメージを妨害していると思われています。

理由③大多数はやらず、やっているのは一部のオタク

ライブに参加するオタクが皆イエッタイガーを叫ぶのかというとそれは違います。オタクの中でイエッタイガー賛成派と反対派にはっきりと別れており、反対する人の方が多いのが現状です。

受け入れられるコールPPPHとは

PPPHの由来は「ぱんぱぱんひゅー」と入れる合いの手からきています。このコールは主にBメロで曲が流れてる最中に入れます。

PPPHの場合あまり否定的意見は見られない

イエッタイガーと同じく曲中に入るものですがこちらはイエッタイガーのような否定的意見はあまり見られません。とは言うものの、やはり曲と被っている為参加したくないと考えるファンもいるようです。

PPPHが受け入れられる理由、イエッタイガーとの違いは?

なぜPPPHは受け入れられるのでしょうか。そこにはイエッタイガーが疎まれる原因と繋がりがあり、曲の妨害になっているかいないかということです。PPPHの場合、曲調にあっているので妨害にはならないのです。

イエッタイガーが禁止されているライブもある?

アイドルのライブ会場などではイエッタイガー(家虎)を禁止にしているところもあります。理由としては上記のように、アーティストやファンに迷惑になる可能性があるためです。

イエッタイガー禁止令①私立恵比寿中学

私立恵比寿中学は、桃色クローバーZの妹分として知られているアイドルグループです。この私立恵比寿中学のライブではイエッタイガー(家虎)が禁止されており、2016年4月に公式ブログにて禁止が決まりました。

禁止されたのはイエッタイガーだけではない

このサビ前のイエッタイガーの禁止は校長から直々に勧告されました。このことから、私立恵比寿中学は他にもダミ声で意味不明なことを言う行為も禁止されました。

イエッタイガー禁止令②けものフレンズ

けものフレンズのライブは公式的にイエッタイガー(家虎)が禁止されています。理由は、アイドルのライブで迷惑だったイエッタイガーをアニメライブに持ってきて間違った使い方のコールが増加した事です。

「虎さんコール」=イエッタイガー

けものフレンズのライブで「虎さんコールは禁止です」というアナウンスがあったのは有名な話です。虎を英語にしたタイガーの意味を指しており、イエッタイガーを禁止するという意味だと言えるでしょう。

運営側の機転によって問題を最小限に

けものフレンズのライブ運営側が、作品の世界観を壊さないように機転を利かしたアナウンスをしたのです。使い方を間違え、ライブや作品自体を台無しにする恐れがあるため禁止にされている場合が多いです。

イエッタイガー禁止令③アイマス

アイマス(アイドルマスター)のライブでもイエッタイガーと叫んだファンが他のファンから叩かれたという事件がありました。アイマスのようなアニメライブとアイドルライブのコールとでは全く別の使い方となります。

アニメとアイドルは違う

混同してはいけないのはアイマスはアイドルではないということです。アイマスなどのアニメライブとアイドルのライブでは出演者たちのパフォーマンスも違えば盛り上がるコールも違います。

アニメライブはコールを把握しておくべし

アイマスなどのアニメライブでのコールで多いのが、しっかりコールを覚えて参加すべきだという意識です。アイマスライブに限らず独自の合いの手があるので把握してライブを盛り上げようとする意識が高いのです。

何もしない「プロデューサースタイル」

真逆の「プロデューサースタイル」というスタイルもあります。アイマスの場合ファンをプロデューサーと呼びますが、それとは別に、アイマスのライブ中コールをせずひたすらパフォーマンスを見るファンを意味します。

イエッタイガー禁止令④アニサマ

アニソン最大のイベントであるアニメロサマーライブ(通称アニサマ)でもイエッタイガー(家虎)をはじめとするMIXコールを禁止する事が公式から発表されました。

アニサマのイエッタイガー禁止では議論が白熱

運営から「コール禁止」と発表されたことにファンたちが過剰反応し、騒ぎが拡大してしまったことが議論の大元にあります。迷惑行為禁止という意味であり、イエッタイガーは迷惑だと判断された為禁止になりました。

咲きクラップ、MIX、コールなど、いわゆるヲタ芸と称される応援行為も禁止します。

(引用:公式サイト)

イエッタイガー騒動で話題になったライブ等

オタクがイエッタイガー(家虎)で行き過ぎた盛り上がりを見せたライブもあります。イエッタイガー(家虎)の使い方を間違えた為に迷惑を掛けたのです。いくつかライブの例を紹介します。

イエッタイガーの騒動①:ラブライブ・Aqours(アクア)の恋アク

Aqours(アクア)とは、ラブライブの作品中に登場するアイドルグループの事です。過去のアクアのライブにおいて、イエッタイガーを連呼していたファンと他のファンの間で殴り合いのトラブルが発生しました。

NEXT:ラブライブではイエッタイガー禁止の風潮が現れる
1/2