見立真一の現在はフィリピン?残虐王子の生い立ちや事件後について!

関東連合のリーダーであり、六本木クラブ襲撃事件の首謀者見立真一ですが、事件から6年以上が経つ現在も逮捕されず逃走を続けています。一部ではフィリピンで名前と顔を変え潜伏中や既に死亡などの噂も流れています。今回は見立の伝説や生い立ち、妻などについてもまとめます。

見立真一とは?

2000年代から2010年代前半にかけて渋谷や六本木などで抗争や犯罪行為を繰り広げ悪名を轟かせた関東連合。そのリーダー達の中でも頂点に立っていたとされるのが、現在でも伝説的に語られる見立真一です。

このまとめ記事では、前半にて見立真一の人物像や経歴、これまでの伝説的な残虐性などについて詳しく紹介し、後半では見立が主犯とされる六本木クラブ襲撃事件に焦点を当てていきます。

とはいえ、まずは見立真一が世間一般にその名前を知られるきっかけとなった六本木クラブ襲撃事件について軽く触れておかなければなりません。順番に見ていきたいと思います。

六本木倶楽部襲撃事件の主犯格

2012年9月2日、突如として目出し帽で顔を隠し、金属バットなどで武装した10人ほどの集団が六本木のクラブを襲撃、30代の一般男性が暴行を受けて死亡するという凄惨な事件が発生し世間を騒がせました。

犯行に及んだとされる関東連合の名が一般にも広く知れ渡るきっかけとなったこの事件は、六本木倶楽部襲撃事件と呼ばれており、見立真一はこの事件の主犯格だとされており、現在も指名手配されています。

関東連合のリーダーとしても知られている

六本木倶楽部襲撃事件の実行犯達は関東連合のメンバーであるとされます。事件当時の関東連合は東京を中心とした関東の暴走族のOB達の緩やかな連合体であり、それぞれのグループにリーダーが存在しました。

見立真一はその中でも中核をなす暴走族グループ「ブラックエンペラー」の元総長であり、事実上関東連合を仕切っている存在でした。その残虐な性格から仲間内でも恐れられ、恐怖支配を行なっていたとされます。

見立真一の現在は?

六本木倶楽部襲撃事件の主犯格とみなされた見立真一を警察は指名手配して行方を追っていますが、現在も逮捕に至っていません、事件のその後、見立真一は一体どのような動きをしていたのでしょうか?

事件から6年未だ捕まっていない

六本木倶楽部襲撃事件には暴行を指示したとされる見立真一以下19名が関与したとして逮捕状が出ており、見立を除く18名は2013年までに逮捕されています。

しかし事件発生から6年以上が経過した現在でも、首謀者とされる見立真一は逃亡を続けており、いまだに逮捕されていません。

NEXT 事件後フィリピンに逃亡し現在も在国か