ポリネシアンセックスのやり方や効果、快感体験談!おすすめ体位や誘い方も! 恋愛・心理

ポリネシアンセックスのやり方や効果、快感体験談!おすすめ体位や誘い方も!

ポリネシアン・セックスまたはPolynesian Sexとは、ポリネシア地方で伝承されてきた性行為の方法であり、射精より精神的な交わりを重視するという特徴があります。様々な方法があるというポリネシアン・セックスのやり方や体験談・問題点についてまとめてみました。

目次

[表示]

ポリネシアンセックスとは?

ポリネシア地方で伝承されてきた特別なセックスでとてもゆったりとしています。精神的な満足感を重視するため女性に人気です。特徴としては長い愛撫の時間と5日間かけて行うという点が挙げられます。

ポリネシアンセックスは男性にとっては4日間も挿入することと射精することを我慢しなければいけないので、耐えられるものではないようです。

一方で、女性からすると愛の深さを確かめ合うことができたり、より深く繋がれると言う点でお気に入りの人が多いのだそうです。

ポリネシア地方で伝承されてきた特別なセックス

ポリネシアンセックスとは、ニュージーランド、ツバル、サモア、トンガなどといったポリネシア地方で伝承されてきた性行為のやり方です。

射精などといった肉体的な快楽よりも精神的な交わりを重視します。そのため通常は数秒しか持続しない男性のオーガズムが長時間持続する体験ができます。

ポリネシアンセックスのやり方

ポリネシアンセックスは通常のセックスと異なる点があります。それは男性でも女性と同じようなオーガズムを体験できるということです。

男性は射精時に一気に気持ち良くなり、持続性はなくすぐに終わってしまいます。しかしポリネシアンセックスを行うと女性の様に長時間体感できるようになるようです。

そんなポリネシアンセックスのやり方には色々なやり方やルールがあるようです。主なものを以下にまとめてみました。

5日間かけて独特のルールを守って行う

ポリネシアンセックスは4日間は愛撫のみ、5日目に挿入を行うという流れで独特のルールを守って行います。セックスに対する気持ちが頂点に達するようにするため、まずは2人がセックスする日を決めます。

5日間という長い時間をかけて抱き合い、愛撫を行うことでお互いの愛情を確かめ合うことができるため、精神的な充足感やお互いに対する愛を感じることができます。

1~4日目・キスや愛撫を楽しみ絶対に性器に触れない

始めの4日は挿入をせずに、裸で見つめあい、お互いの体を愛撫するだけにしておきます。お互いの体の、普段は触れないような様々な箇所を愛撫したりキスをしたりして、1時間ほどかけてじっくり愛し合います。

ただし性器への愛撫はNG。愛情をこめて肌をすり合わせていると、それだけでも心地よいことを実感することが目的です。

5日目の前戯 最低1時間をかけ絶対に性器に触れない

いよいよ本番の日です。しかし焦りは禁物です。すぐに挿入するのではなく、1~4日目までに行っていたような愛撫を、たっぷり1時間は行います。それまでは絶対性器に触れないようにします。

ここまでは、お互いに抱き合いながら愛撫をしたりキスなどをするだけなので、男性にとってはとても辛いと思います。ですが、女性にとっては男性の愛情や思いやりを感じることができて、とても幸せな時間になります。

女性の中には、セックスでは挿入されるよりも、前戯の時間を長くしてくれたほうが良いという意見が多いそうです。

5日目・セックス本番

全身の愛撫を行ったら性器への愛撫もここで解禁します。4日間焦らしに焦らした事は、かなり感度を上げる効果があるはずです。お互い挿入の準備が整ったら、深い長い静かな感じを意識します。

そして、男性のペニスを女性の膣に形状記憶させるつもりで、ゆっくりと挿入していきます。挿入後はじっとして抱き合い、お互いの体温を確かめ合いながら幸福感に浸りましょう。

どうしても30分間の間の中で、勃起力が弱まってくる場合は、少しだけ動かすだけでも充分回復する効果があるはずです。お互いの性器の暖かさを感じることで、興奮が高まってきます。

オーガニズム後

30分以上経過したら、ゆっくり動きます。身体をビリビリするような感じが走り抜けていくはずです。それは脳が快感を得ている状態です。このような精神的な結合を目的として行います。

お互い性感が高まっているため、後は激しい動きをしなくても、とてつもない快感と幸福感で満たされる効果があります。ゆっくりしたピストン運動と休憩とを交互に挟みながら、40分間ほどピストン運動を行います。

オーガニズム(射精)後も結合したまま愛撫したり抱き合いながら余韻に酔います。そうするとオーガニズムがまた押し寄せてくることもあるようです。ポリネシアンセックスの醍醐味は射精の後の余韻にこそあるのです。

ポリネシアンセックスの注意点

ポリネシアンセックスはやり方に注意が必要です。そのため以下のような点に注意して行います。

  • 5日目に1回だけ挿入をし、それ以外の日は性器以外の愛撫のみを行います。それは本番に向け気分を盛り上げていくための時間になります。
  • 5日目にも愛撫に1時間以上をかけます。
  • 挿入後30分は動かず抱きしめあいます。
  • 動いた後にびりびりする様な感じがしたら脳が快感を得ている証拠です。この体感を得ると成功と言えます。
  • 女性側に痛みがある場合愛撫をしっかり行います。
  • ピストン運動はスローな動きを心がけます。
  • 興奮の波が非常に高いところに位置しているのを感じることがポイントです。
  • 男性の場合、彼女の体内の暖かさを感じることです。女性の場合、男性のペニスの熱さを感じることです。

ポリネシアンセックスの効果と体験談

ポリネシアンセックスによる効果と男性・女性それぞれの体験談について以下にまとめてみました。

これまで経験したことのない最高の快感

最初の数日間は、お互いに抱き合いながら愛撫やキスなどをするだけなので、実際に挿入した時はいつも以上に気持ちよくなれるのです。特に女性にとってはとても幸せな時間となります。

カップルの愛や繋がりが改めて深まる

男性と女性とではセックスの時の快感の感じ方が違うと言われています。ポリネシアンセックスをすると男性も女性も同じようなオーガズムを経験できます。

男性はただ女性の膣にペニスを挿入したままにして、ゆっくりと話し合ったり、心ゆくまでキスをしたり愛撫をしたりするだけでいいので相手に対して過剰なプレッシャーを感じることも、必死になることもないのです。

そのためお互いの愛情を感じられてカップルの愛や繋がりが改めて深まるのです。

とくに男性はイク快感が長く続く

激しい動きを行うと男性は疲れと眠気に襲われてしまいます。これはプロラクチンというホルモンが、セックス中に分泌されているドーパミンの働きを抑制してしまうため起こります。

しかしポリネシアンセックスをするとゆったりとした動きなので男性もイク快感が長く続くそうです。また必死になることがないため、お互い心に余裕を持って楽しめます。

女性の体験談

女性がポリネシアンセックスを行った時の体験談を紹介したいと思います。

ポリネシアンセックスの魅力に憑りつかれているうちの1人です。私の場合は、夫婦でポリネシアンセックスを始めました。平凡な夫婦生活でしたが、次第にセックスが義務のように感じ、私が興奮できず濡れなくなってまいました。夫もそれを察し、ネットでポリネシアンセックスを調べて実行しようと持ち掛けてくれました。最初は本当に気持ち良いセックスが出来るの…?と不安も感じていました。

しかし愛撫を繰り返すうちに、自然と体が火照り夫を求めるようになっていきました。とくに日数を決めたわけではりませんが、週末になるころには心の高ぶりが頂点に達し、自分から夫を求めていました。夫も自然と私の服を脱がせ、挿入しました。驚いたことに、挿入しなくても5分おき程度でオーガズムがやってきました。体が熱くなり、オーガズムに身を任せました。

夫も私も果て、終わった後は今まで感じたことがないような幸福感に包まれました。私たちが試した愛撫の方法は、耳をなめる、首筋をなでる、首筋を舐める、耳元で「いつもありがとう」と感謝の気持ちをささやく、手にキスをする、腰に手を回す、頭や髪の毛をなでる…。という方法です。

(引用:Love Campus)

男性の体験談

男性がポリネシアンセックスを行った時の体験談を紹介したいと思います。

まず入れた瞬間に思ったのが膣が非常に熱くなっているということ。そして長時間我慢したせいか私の興奮度も半端ない!入れた瞬間にボルテージが一気に上がりますが動かすのを堪えて我慢します。動かしていないのにどんどん息が荒くなり顔も真っ赤に、目がとろーんとしてとても甘えてきます。 ラストスパートにちょっとだけ動かすと…すごい声を上げて喘ぎ始めます、そのままピストンを続けると体をぎゅっと絞め絶叫しながらビクビクし始めます、イってるみたいです。無事にイクことが出来たので終了、ここからピロートークです

(引用:人生初のポリネシアンセックス(3時間ver.)をやってみました!)

ポリネシアンセックスを成功させるコツ

究極の快楽を体験できるというポリネシアンセックスにはやり方にコツがあるようです。主なコツについてまとめてみました。

時間に余裕を持つ

一つ目のコツは時間に余裕を持つことです。

ポリネシアンセックスには5日間という期間的にもそうですが、1回の触れ合いに最低でも1時間はかけるそうです。そのため時間に余裕を持つことが大切になってきます。だいたい4時間程確保できると良いようです。

時間帯は午前中がベスト

二つ目のコツは午前中の時間帯に行うことです。

夜には無意識に時間がなくなるということを認識しやすいため、昼間の時間に行うことで、より成功しやすくなるようです。特に休日の午前中ならゆっくりと集中することができそうです。

食事は控えめに

三つ目のコツは直前の食事を控えることです。

ポリネシアンセックスの前はなるべく食事をとらない方が良いようです。絶食しなければいけないわけではないですが、満腹になるのは厳禁のようです。もし食べるのであれば食事は控えめにしましょう。

セックスに集中できる環境を

四つ目のコツは事前にセックスに集中できる環境を整えることです。

途中で電話が鳴ったりすると集中が切れてしまったり、雰囲気が壊れてしまいます。そのためお互い携帯電話の電源をOFFにする、固定電話の線を抜くなど邪魔になりそうな物は事前に極力排除しておく必要があります。

これらの準備により、お互いだけに集中することができます。

心と体の繋がりを感じる

五つ目のコツはお互いの心とお互いの体の繋がりをじっくり感じることです。

ポリネシアンセックスの目的は心と体の繋がりを感じることです。これにより究極の快楽が得られます。心と体が繋がっていることをしっかり感じることは非常に重要であると言われています。

ポリネシアンセックスをする上での問題点

反対にポリネシアンセックスをする上で何が問題点になるのかについてまとめてみました。

時間がかかる

一つ目の問題点は、時間がかかることです。

本番の日の計画を設定することと、膨大な時間が必要なやり方であるため、お互いに仕事などをしていると都合を付けることが難しいようです。お互いの生活にあったやり方を探すと良いかもしれません。

射精できないことへのストレス

二つ目の問題点は、射精できないストレスがあることです。

男性にとっては5日間に1日しか射精できる日がない事が大変なストレスとなってしまうようです。どちらかといえば若い年代より年長者の方が向いているのかもしれません。

ルールに縛られてしまう

三つ目の問題点は、ルールに縛られてしまうことです。

ポリネシアンセックスは決まり事やルールなどが多いため、これらを守ろうとし過ぎて逆に縛られてしまうことになり、上手くいかないこともあるようです。

特に忙しい現代人には、ゆっくりとした時間が無く、膨大な時間を取られることが大きなネックとなってくるようです。

成功させることが難しい

四つ目の問題点は、成功させることが難しいことです。

無理に行っても精神的・宇宙的な思想が大きく関わってくる部分もあり、理解が難しく失敗してしまうこともあるようです。成功させるのは難しいと割り切って成功や失敗にこだわらず気軽に行った方が良さそうです。

ラブホで行うとホテル代がかかる

五つ目の問題点は、ラブホで行うとホテル代がかかることです。

ポリネシアンセックスは1回に長時間かけて行うため、ラブホで行うと時間に比例して代金もかかります。

長時間いても値段が変わらないフリータイム制度を取り入れているラブホを探して、フリータイム時間内に行ってみるのも手かもしれません。

NEXT:ポリネシアンセックスはこんな人におすすめ
1/3