レディグラ・ラブグラとは?【女性用バイアグラの効果・副作用】 芸能人

レディグラ・ラブグラとは?【女性用バイアグラの効果・副作用】

男性用バイアグラは一般的にもよく知られていますが、巷では「女性用バイアグラ」とよばれる薬が出まわっており、実際に使用されています。レディグラ・ラブグラには果たして、どのような作用があるのでしょうか。副作用も含めまとめました。

目次

[表示]

女性用バイアグラのレディグラ・ラブグラとは?

俗に「女性用バイアグラ」とよばれる薬品に、レディグラ・ラブグラがあります。どちらも女性をその気にさせる薬として宣伝されていますが、医学的にはどのような効果が認められているのでしょうか。

レディグラ・ラブグラの科学的説明と効果・有効成分

結論から言うと、レディグラ・ラブグラは女性向けの催淫剤でも、媚薬でもありません。ただ、バイアグラが世間的に知れわたっていることから、宣伝のために女性用バイアグラとよばれているのでしょう。

成分的には、レディグラやラブグラといわゆるバイアグラではほとんど差がありません。レディグラにもバイアグラと同じく「クエン酸シルデナフィル」が配合されています。

この成分により、女性は服用後陰部の血流が良くなり、その結果として女性器周辺の感度が高まりオーガニズムに達しやすくなると言われています。

レディグラやラブグラの使用感・効果は?どんな感覚になる?

レディグラとはもともと精力剤などではなく、女性の性機能障害(FSD)を改善するための薬として開発された、という経緯があります。

FSDの女性は陰部が濡れやすい、挿入時に痛みを感じる、などの症状が表れ、性交時に快感を感じにくくなります。FSDの原因はEDよりも複雑です。

レディグラ・ラブグラは、服用して45分後あたりから効果が表れはじめ、徐々に陰部周辺が濡れやすくなり、6時間ほどはFSDを気にせずにセックスを楽しむことができます。

レディグラやラブグラの副作用・危険性は?

レディグラ・ラブグラはFSDの改善薬であり、正しく服用することで性機能障害のある女性でもオーガズムを感じやすくなる効果があります。

ただ、薬である以上一定の副作用があり、レディグラ・ラブグラの場合は動悸、軽い息切れ、視野狭窄などの副作用があると言われています。

これらの副作用のほとんどは薬の効果が切れれば自然におさまりますが、体質的に薬が合わなかったり、一度に大量に服用したりすると副作用が強く表れる場合がありますので、用法用量は必ず守りましょう。

女性用バイアグラ(レディグラ・ラブグラ)の実際の口コミや体験談

レディグラ・ラブグラを服用する前にクチコミをチェックすることは非常に大切です。予期せぬ健康被害をふせぐためにも、服用前に必ずクチコミと注意点を確認しておきましょう。

レディグラの口コミと体験談

女性用バイアグラの成分はリバンセンで、商品名「アディ」後発品は「フリバン」。これは男性用バイアグラのシルデナフィルクエン酸塩が主成分。血管を拡張・血流を促進させる。顔の火照りや頭痛やめまいが副作用。EDに効果はあるだろうが、女性に効果があるのか疑問。熱めのお風呂に入ればいいと思う。

(引用:together)

ラブグラの口コミと体験談

ラブグラ(女性用バイアグラ)使用した感想。まず身体がものすごく熱くなる。頭がボーっとして身体中が敏感になるから何されても気持ち良いの。奥突かれるといつも以上に快感が襲ってきてあまりの気持ち良さに涙が出てくるし怖くなって抜こうとしちゃうくらい。賛否両論あるけど私は効果絶大だった。

(引用:together)

ダイフルカンの口コミと体験談

SEXライフが遠のいておりましたが、この薬を飲んだところ以前のような潤い、素晴らしいひと時を過ごせました。ジェネリックで平気かな、と不安でしたが、きちんとしたお薬でした(ごめんなさい!)。体に入れるものなので、ネットで買うのは抵抗があったのですが、病院に行く時間もなかったので、時々使う薬を買ってみようと思いました。

(引用:媚薬天国)

結果は満足です。ありがとうございました。もともとカンジタにかかりやすく、風邪をひいて抗生剤を続けていても症状が出てしまうこともあり、くすりが無いと不安でした。ベストさんでダイフルカンジェネリック買えて、良かったです。でもレビュー見たら、全然違うことで利用している人が多いことに少しびっくりでした。またよろしくお願いします。

(引用:媚薬天国)

効果がなかった口コミと体験談

買ってから気づきましたけど、ラブグラの方が効果も同じなのに値段が安いですね。損してしまった、でも今更仕方ないか。飲ませたら腹下してた。合意のはずだったのに、何飲ませたかキレられてもう連絡取れんくなった。丸1錠では多かったのかな。

(引用:精力剤総合トップ)

男性用バイアグラとの違い

前述のように、女性用バイアグラとよばれるレディグラ・ラブグラは成分的には男性用バイアグラとさほど変わりません。どちらも主成分は「クエン酸シルデナフィル」であり、陰部周辺の血流を促進する効果があります。

ただ、クエン酸シルデナフィルの配合量には大きな違いがあり、男性用バイアグラの配合量が25mgか50mgであるのに対し、レディグラ・ラブグラでは100mgが標準となっています。

女性用バイアグラは男性に効果あるのか?

主成分がほぼ同じであるのなら、レディグラ・ラブグラを男性が服用しても一定の効果が得られるのでは?と考える方もいらっしゃるかもしれません。

結論的には、レディグラ・ラブグラを男性が服用しても一切効果はありません。レディグラ・ラブグラはあくまでも女性の膣に作用する薬であり、男性のペニスには何の効果ももたらしません。

レディグラやラブグラとフリバンセリンとの違いについて

レディグラ・ラブグラ以外に海外で普及しているFSD改善薬として、フリバンセリンがありません。効果がよく似ているようですが、医学的にはどのような違いがあるのでしょうか。

2015年に米国食品医薬局(FDA)の認可を受けたフリバンセリン

フリバンセリンはもともと抗うつ剤として開発された薬で、2015年に米国食品医薬局(FDA)から正式に認可を受けています。脳内への作用が共通することから、FSD治療にも使われるようになりました。

レディグラやラブグラとフリバンセリンの効果の違いは?

レディグラは男性用バイアグラと同じく、女性器周辺の血流を促進する作用がありますが、一方のフリバンセリンは脳内にはたらきかけることで女性の性欲向上をはかります。

フリバンセリンはうつ病の治療薬であり、脳内のドーパミン、セロトニンの分泌量を増やす作用があります。ドーパミンには興奮作用があることから、副産物として性欲が高まると言われています。

レディグラやラブグラとフリバンセリンの副作用の違いについて

フリバンセリンの主な副作用として、眠気、嘔吐、倦怠感があります。これらはセロトニンが過剰分泌されることで起きると考えられており、たいていは一過性でおさまります。

一方、レディグラ・ラブグラには動悸、息切れ、めまい、視野狭窄などの副作用があり、フリバンセリンとは反対の副作用をもっていると言えます。

これらの副作用は薬を正しく服用することで軽減することができるので、いずれの薬も必ず用法用量をきちんと守って飲みましょう。

女性用バイアグラの購入方法と値段

レディグラ・ラブグラは自由診療の領域であり、原則として公的な健康保険が適用されません。レディグラ・ラブグラのおおよその目安について把握しておきましょう。

レディグラやラブグラの値段は?

レディグラ・ラブグラの価格は、入手ルートにもよりますが10万円~15万円が基本相場といわれています。医薬品として考えると、ちょっと高価に思えるかもしれませんね。

個人輸入代行業者を利用して購入する

日本国内では現在、レディグラ・ラブグラは正式な医薬品として認可されていません。そのため、日本でこの種の薬を入手するためには個人輸入代行業者を探し、自己責任において輸入する必要があります。

ネットによる商品購入は危険が伴うので要注意

個人輸入代行業者のほとんどはウェブ上に窓口をもっています。個人輸入そのものは違法ではありませんが、この種の業者には悪質なものが多く、粗悪品を効果でつかまされるリスクに注意しましょう。

粗悪品には不純物が少なからず含まれており、服用後人体にどのような影響が表れるかわかっていないため、ネットによる個人輸入は充分慎重に行いましょう。

レディグラやラブグラの飲み方や使い方

レディグラ・ラブグラも薬である以上、用法用量が厳格に定められており、誤った服用の仕方をつづけると予期せぬトラブルが起きるリスクが急激に高まります。

使用上の注意点

レディグラ・ラブグラは、全身の血流を活発にすることで陰部周辺の感度を高め、オーガズムに達しやすくする作用があります。この点は男性用バイアグラも変わりません。

服用中は全身の血管が拡張するため、心臓に持病のある方は循環器系にさらなる負担がかかり、場合によっては心臓発作などのリスクを高めてしまう可能性があります。

女性用バイアグラの副作用について

レディグラ・ラブグラは血流を一時的に活発にするため、体質によっては動悸や息切れ、焦燥感などの症状が表れる可能性があります。

服用にあたっては必ず専門医の指導を受け、安全性がはっきりと確認された場合にのみ所定の量を服用することがリスクを軽減するための防衛策といえるでしょう。

元々感度の高い女性が使用するとどうなるのか

セックスにおける感度には個人差があります。もともと感じやすい女性がレディグラ・ラブグラを服用しても性的快感がよりいっそう強まるわけではありません。

レディグラ・ラブグラは血流を促進することで陰部周辺を敏感にする薬であり、もともと感度が良い状態とは根本的にメカニズムが異なります。

ピルとの併用は可能なのか

基本的に、レディグラ・ラブグラとピルの併用は問題ないとされています。ただし、どちらの薬にも強い副作用があるため、初めての併用の際には必ず医師に相談しましょう。

女性用バイアグラと媚薬・惚れ薬の違い

繰り返しになりますが、レディグラ・ラブグラは媚薬や惚れ薬ではありません。媚薬が女性の脳内にはたらきかけるのに対し、レディグラは血流に作用するという違いがあります。

ネット上にはレディグラを媚薬のように宣伝しているサイトがありますが、日本国内では純粋な意味での媚薬は存在せず、そのようなサイトは無条件に疑ってかかったほうが良いかもしれません。

媚薬の代用品にメンソレータム?

一部のサイトでは、メンソレータムが媚薬がわりになると謳っているところもあるようですが、はっきり言ってそれはまったくのデマであり、何の根拠もありません。

そもそも、メンソレータムは虫さされやかぶれなどを改善する薬であり、レディグラ・ラブグラとは用途がまったく異なっています。

自己流で安易に薬を使用すると危険がさらに高まりますので、ネット上の噂を鵜呑みにせず、医学的根拠にもとづいた情報のみを信頼するようにしましょう、

NEXT:女性用バイアグラが日本で手に入る日はくるのか?
1/2