「きさらぎ駅」【都市伝説】存在しない駅に行った人脱出方法まとめ

はすみは新浜松駅から乗車していた

はすみの2chでの書き込みによると、乗車したのは新浜松駅だった様です。駅は静岡県浜松市にあり、遠州鉄道の鉄道線という路線にあるそうです。駅番号は01で、路線の端にあり下り線しか運行されていません。

夕方から夜の時間で乗車にまどろみ状態になることがポイント?

この新浜松駅から普通に乗車したはすみでしたが、気がついた時には異変が発生しており、そのままきさらぎ駅へと迷い込んでいます。それについても様々な考察がなされています。

一説には、電車の発する強力な電磁波によって、人間の周波数が乱れ異界の周波数と一致する事でその異界へと飛ばされてしまうのだそうです。そして、それは陰の波動が強い夜間に起こりやすいとの事でした。

つまり、異界に行くには、夕方か夜の遅い時間である事が必要なのだそうです。2chによると、はすみは新浜松駅の23時40分初の列車に乗っています。まず夜の時間という条件をはすみは満たした事になります。

さらに、脳波の関係からまどろみ状態である必要があるそうです。はすみは仕事帰りであり疲れていたのではないかと仮定します。かなりまどろんだ状態でぼんやりと座っていたのではないでしょうか?

ただ、この説を仮定すると3人目闢藍は、夜間に乗車していますが、4人目ののんたは午前中に乗車しているので、必ずしも夜でなければならないというわけではない様です。

きさらぎ駅は池の中にある?

また、きさらぎ駅をグーグル検索すると筑波大学内にある池の中が示されるという説もあります。これは実際に検索してみても表示されませんでした。誰かがネタで設定した可能性もありますが真相は不明です。

謎のトンネル「伊佐貫」とは

はすみがきさらぎ駅にたどり着く前に電車で通り、きさらぎ駅から出てからも歩いて通ったトンネル「伊佐貫」このトンネルは実在しません。普通に読めば伊佐を貫くと書く事から伊佐を通るトンネルと読めます。

「伊佐」という地名は全国各地にありますが、2chではトンネルを抜けた先にいた人物がここは静岡県富士市に実在する地名「比奈」であると言っています。

関東には現代には比奈という地名はありませんが、律令制時代の常陸の国に「伊佐郡」という土地がありました。常陸は現在の茨城県なので、富士市とはズレますが、同じ東海道筋にあり妙な符合を感じてしまいます。

迷い込む人の共通点は「腐女子」?

きさらぎ駅に迷い込んだ人は、釣りであった2人目と6人目、実体不明な5人目をのぞいて、名前がはっきりしている人たちは皆女性です。しかも3人目闢藍と4人目のんたはツイート内容から腐女子感が出ています。

この事から、きさらぎ駅に迷い込む人は女性、そして腐女子であることが条件ではないか?との仮説がまとめなどで上がっています。ただ、最初に迷い込んだはすみが腐女子かは不明なので、少し無理がある気もします。

きさらぎ駅の真相は?

現在まででわかっている情報をまとめてきましたが、きさらぎ駅の真相とは一体なんなのでしょうか?色々な説が存在するので順番に紹介していきたいと思います。

NEXT 嘘だった?釣り説