「きさらぎ駅」【都市伝説】存在しない駅に行った人脱出方法まとめ

その後も5人目、6人目と度々迷い込む人たちが現れている

2人目は釣り発覚、はすみと3人目、4人目ははっきりとアカウント名なども明確で、話の内容も中々臨場感があるのですが、5人目に関してははっきりしません。しかし、まとめなどを見ていると5人目存在する様です。

5人目はきさらぎ駅とは明言していないものの、それっぽい不思議な世界へ行き何かで実況するもすでにアカウントを消しているとの事でした。さらに調べてみたところ、5人目はどうやら成沢と呼ばれる男性の様です。

しかしこの5人目成沢は2014年にツイッターできさらぎ駅に迷い込んだとつぶやいています。きさらぎ駅の看板画像をアップしていますが、これはネットで出回っているもので、釣りと発覚した様です。

また、2015年には有名ツイキャス主ななもりさんが6人目としてきさらぎ駅に迷い込んでいます。なんと複数の人間が同時にきさらぎ駅に迷い込んでしまった様でしたが、こちらは示し合わせてのネタだった様です。

7年ぶりにきさらぎ駅から帰還したはすみ

さて、最初のきさらぎ駅への来訪者はすみは現在も行方不明であるとされていますが、実は書き込みから7年後の2011年、オカルトをテーマにしたウェブサイトにはすみと思わしき投稿がありました。

7年後都市伝説をテーマにしている情報サイトに投稿

都市伝説をテーマにしたブログで2010年頃、きさらぎ駅が紹介されていました。その紹介ブログのコメント欄に2011年6月30日頃、はすみを名乗る人物から、現世に帰ってきたとの書き込みがされています。

それによると、車で山に入った後、運転手が突然車を停めたそうです。暗い森の中に光が見え、車の右側から1人の男が歩いてきたそうです。瞬間、車に強い光があり、その後、強い衝撃があったそうです。

気がつくと運転手は消えており、現れた男性は「なんでここにいる!ここにいてはダメだ! 今の運転手は、消した、今のうちに逃げるんだ!」と慌てた様子で叫んだそうです。

男性ははすみを車から降ろすと、光の方を指しそちらへ歩く様に言ったそうです。言われた通りにすると光に包まれ、目を開けると最寄駅におり、両親が車から手を振って呼んでいたのだそうです。

はすみのその後と信憑性

さて、このはすみのその後でしたが果たしてこれが真相なのでしょうか?ネットではこの後の投稿が一切無い事から。これは誰かが釣りとして嘘を書き込んだという説が有力な様です。

ちなみに書き込まれた話によると、失踪から7年が経過しているというのに両親はその事に全く気がついていない様子であったと言います。これが嘘でないとすれば、やはり時空が歪んだと考えるべきでしょうか?

きさらぎ駅の行き方と場所について

それでは、きさらぎ駅とは一体どこにあり、どの様にするとそこにたどり着いてしまうのでしょうか?この事も多くのまとめサイトや掲示板などで議題に上がっています。

NEXT はすみは新浜松駅から乗車していた