「トランキーロ」の意味や由来!内藤哲也のスペイン語語録もまとめ!

プロレス選手の内藤哲也選手がよく使って話題となっている「トランキーロ」。その意味や由来はスペイン語からきていたのです。今回はそんな内藤哲也選手がよく使うスペイン語語録や、着用しているTシャツ、流行語大賞についてまでも調べてみました。

トランキーロとは

プロレス界で話題の言葉となっている「トランキーロ」。トランキーロというのはどういった言葉なのかご存知でしょうか?流行語大賞にもノミネートする?と言われているくらい話題なのです。

プロレス界で活躍している内藤哲也選手が使い始めた言葉なのだそうです。今回は内藤哲也選手が使用しているトランキーロやその由来などについて調べてみました。

内藤哲也選手が使い始めたスペイン語「トランキーロ」

トランキーロという言葉を生み出したのは、新日本プロレス所属の内藤哲也選手だったのです。そもそもトランキーロの由来というのはスペイン語で、昔からある言葉ではあります。

そのトランキーロというのは、日本語でいうと「焦るなよ」という意味になるそうなんです。そして、このトランキーロという言葉を内藤哲也選手が使ったことで、一気に広まることとなりました。

プロレスラー・内藤哲也選手のプロフィール

新日本プロレスの内藤哲也選手は1982年6月22日生まれです。東京都足立区出身で、高校は東京都立足立東高等学校に通っていました。父親の影響もあり小さい頃からプロレスを見るようになりました。

幼稚園の年中から高校3年生まではサッカーを経験し、中学時代には野球と両立もしています。さらに両方共のキャプテンまで務めていました。プロレスは5歳で初観戦をしており、父親と一緒に観戦していたそうです。

2005年12月1日に念願だった新日本プロレスに入門します。その後、2006年5月27日にリキプロの宇和野貴史選手を相手にデビュー戦を飾りました。

トランキーロの意味とは?

内藤哲也選手が自身のキャッチフレーズごとく使っている「トランキーロ」。いつからか内藤哲也選手の言葉として定着しているようです。

このトランキーロとはスペイン語です。内藤哲也選手がトランキーロという言葉を使う由来はどのようなものがあるのでしょうか?

トランキーロ=静かに、落ち着いて

内藤哲也選手が使用しているトランキーロという言葉はスペイン語で、日本語の意味としては「静かに、落ち着いて、焦るなよ」といった意味があります。

そのトランキーロの使い方としては、興奮してガタガタ言っている人に対して、「まぁ、落ち着けよ」とか「ちょっと静かにしろよ」といった感じのときに使う言葉です。

NEXT 内藤哲也選手は「トランキーロ」を「あっせんなよ」と訳して多用