金村剛弘の死の真相は?関東連合や木村兄弟との関係、遺体写真とは?

正体不明の集団の襲撃を受け絶命した関東連最強の男金村剛弘。悲惨な遺体を見て、関東連は復讐を誓ったとされます。事件は未だ謎が多く、木村兄弟が裏で暗躍していたなど様々な説が存在。この事件についてや金村の芸能人関係者や恋人、実は身長が低かったなど詳しくまとめます。

金村剛弘(本名:金剛弘)とは?

金村剛弘はその強靭な肉体でタイマン最強とも言われた有名な不良で、関東地方の暴走族の集合体、関東連合の後見役のような立場を務めるなど、東京周辺の不良達に対して大きな影響力を持った存在でした。

金村剛弘の生い立ち

金村剛弘は在日韓国人で、本名を金剛弘(キム ガンホン)と言います。西新宿出身で1975年12月20日生まれで、地元の小学校、中学校へと通った後、東京朝鮮高級学校へと進学しますが中退しています。

父親は韓国からキムチやチャンジャなどの韓国食品の輸入会社「一力物産」を営みかなり儲かっていたようです。金村剛弘も朝鮮高級学校中退後は、父親の仕事を手伝って生活していたようです。

少年時代から喧嘩では負け知らず、地元界隈で有名な不良、伝説的なチーマーとなります。暴走族を経て山口組弘道会とも関係、暴走族の集合体関東連合との関わりも深く、後見的立場にいました。

新宿ジャックスとは

そんな、金村剛弘は同級生で親友、現在はファッションモデルやデザイナーとして活躍する岡沢高宏とチーム「新宿ジャックス」を結成しています。当初は単なる不良グループでしたが、次第に巨大化していきます。

後述しますが、有名な不良木村兄弟の弟、木村孔次郎が顔役となってからは、暴走族、イベサーなどのネットワークを駆使して振り込め詐欺や闇金などを手がける犯罪集団へと変化していきます。

この頃にはすでに新宿ジャックスOBとなっていた金村剛弘は木村兄弟とは対立関係となっています。この事が金村剛弘の運命にも関わってくるのですが、それも後で詳しくまとめます。

身長は?鍛え抜かれた身体

金村剛弘はその鍛え抜かれた強靭な肉体でも有名でした。親友岡沢高宏が、トレーニングジムでの金村の鍛え上げられたボーディビルダーのような姿の画像をブログにアップしています。

この鍛え上げられた肉体から身長も180cm以上あるかの様な印象ですが、意外にも身長は極めて低かったと言われています。一説には140cm台との説もある様です。

上画像中央、白い服の男性が金村剛弘だと言われていますが、これを見ると確かに身長は低そうに見えます。ただ、これだけ鍛え上げられた肉体であれば身長が低かろうとずば抜けた強さであったのは間違い無いでしょう。

低身長でありながら、常人にはとても不可能なほどに肉体を鍛え上げ、喧嘩でも最強であった事が金村剛弘を伝説化させた一つの要因かも知れません。

性格や人柄について

意外なほどに低身長であったとされる金村剛弘でしたが、情に厚く後輩に慕われるタイプであったとされます。また、交友関係は極めて広く暴力団関係者や芸能人など含め多くの知り合いがいたと言われています。

「グラップラー刃牙」など少年漫画が大好きだったらしく、まさに漫画のキャラさながらの肉体まで鍛え上げ、漫画キャラの様なセリフを口に出す様な熱い性格でもあった様です。

一方で、関東連合関係者、反関東連合グループ関係者とも友好関係を築こうとし、どっちつかずの態度をとっており、その日和見な性格が後の事件に繋がったとの指摘もあります。

NEXT 金村剛弘の最期!集団リンチ殺害事件とその後