長谷川亮太ことチンフェの現在は?住所特定や炎上騒動まとめエンタメ

長谷川亮太ことチンフェの現在は?住所特定や炎上騒動まとめ

目次

[表示]

長谷川良太に続き唐澤貴洋も炎上?!

https://twitter.com/FahrenheitLove4/status/1285207210771968000?s=20

IP開示請求を行っていた唐澤貴洋さんですが、誹謗中傷やネット上のスレッドに対し削除請求を行うなどの対応を取り、長谷川亮太さんに対する弁護を行っていました。

しかし、ネット掲示板で長谷川亮太さんに対する書き込みを行っていた人物から反感を買ってしまい、唐澤貴洋さんのツイッターやフェイスブックも特定され、当時大きな話題となりました。

唐澤貴洋は今やネットの人気者?!

ハセカラ騒動などで長谷川良太さんと一緒に炎上することとなった唐澤貴洋さんですが、今ではネットで画像を投稿されるなど人気者になっているそうです。

唐澤貴洋さんの詳細について詳しく調べてみました。

2ちゃんねるの管理人ひろゆきと対談?!

唐澤貴洋さんはネット上でも話題の弁護士となり、ハセカラ騒動の経験を活かし100万回の殺害予告を受けた弁護士としてテレビ出演や番組出演をしていたそうです。

2020年1月31日にABEMAで放送されたひろゆきさんと唐澤貴洋さんの対談は今も話題に上がるほど有名だそうで、ネット上でもかなり注目が集まっています。

殺害予告数は世界2位?!

唐澤貴洋さんが100万回殺害予告を受けた弁護士として話題になっていましたが、殺害予告を受けた世界ランキングでは2位となっているそうです。

1位がジャスティンビーバーさんで、3位がジョージブッシュ元大統領という顔ぶれに挟まれており、日本だけでなく海外からも注目を集めることとなりました。

長谷川亮太(チンフェ)の名言チンフェ語録

長谷川亮太さんが書き込みをした中でも、チンフェ語録といって名言とされている言葉がいくつかあります。

現在でもその長谷川亮太さんの名言あ語り継がれているのです。そのチンフェ語録の名言をまとめてみました。

俺は嫌な思いしてないから

長谷川亮太さんが2012年3月7日に書き込みをした語録があります。これは、他のなんJ民が「これを機会にコテ辞めるのもいいだろ。皆嫌な思いするだけだし」と言った書き込みをします。

それに対して長谷川亮太さんは「おれは嫌な思いしてないから」との名言を書き込みをしたのです。これは「俺嫌」と略されて名言として使われることもあるそうです。

同じクラスだっただけに…

長谷川亮太さんが2012年3月7日23時58分に「コテハンを引退します。」とコメントを残しました。

その後日付が変わり3月8日0時8分に名無しで「いつとは言わんが以前ガチで同じクラスだっただけになんとも言えないですわ・・・」と歴史に残る名言の書き込みがありました。

本来なら、日付が変わるとIDが変わるのですが、日付が変わり8分もたっているのに、IDが変わらなかったのです。そのため、長谷川亮太さん本人のコメントであることがわかりました。

これには、「奇跡の8分間」「7分でもなく9分でもなく8なのが八神だ」と称されて、長谷川亮太さんの名言となりました。

そうなのですか?

なんJ民たちに個人情報を特定され、コテハンを引退する際に裁判をちらつかせました。その長谷川亮太さんに対して、なんJ民の一人が「それは罪にならない」とコメントしました。

それに対して長谷川亮太さんは「そうなのですか?」とコメントしたのです。この長谷川亮太さんにしては珍しく丁寧な言葉使いが気に入りなんJ民の間では名言となっているのです。

ネットで炎上した一般人はチンフェ以外にも?

Alexas_Fotos / Pixabay

ハセカラ騒動やちばけんまなどで炎上していた長谷川良太さんですが、ネットで炎上した一般人はほかにもいるのでしょうか?詳しく調べてみました。

変態策士?!ラルキが炎上?

絵師と呼ばれるネット上で絵を描くラルキさんがネットで大炎上していたことが明らかとなりました。

誰かを傷つけたり、誹謗中傷をしていた炎上ではなく、有名な人物などをSNSなどで巻き込んだ大掛かりな嘘がバレてしまい炎上してしまったそうです。

イラストレーターとして有名な方に師事していたり、仕事の打ち合わせなどの情報をSNSで発信していたことが嘘だとバレたそうで、炎上が収まった現在でもラルキはネットスラングとして残っています。

オフ会0人を達成?!syamuとは?

https://twitter.com/waruwaruzu/status/1284003915969597440?s=20

ネット上で有名な人物の一人だと言われているsyamuさんも大炎上することとなった一般人だと言われています。

ゲーム実況と呼ばれる活動を行っていましたが、実際に会ってファンとの交流を行うオフ会を企画した結果、当日誰も集まらずオフ会0人を達成したとして炎上していました。

その後もsyamuさんが被害者となった「12.13難波駅土竜遺棄事件」をきっかけに引退することとなりましたが、一時はUUUM所属が打診されるほどの人気人物だったそうです。

なせ炎上騒動が起きるのか

現代社会においてネットはなくてはならないものとなっています。その便利なネットで度々、炎上騒動というものが起きているのです。

少しでも目立てばネットの住民によってすぐに炎上してしまいます。そして、あらゆる手を使いあっという間にプライバシーが特定されてしまいうのです。

この炎上騒動はなぜこんなにも起きているのでしょうか。炎上騒動についてまとめて調べてみました。

震災と炎上

2016年4月に熊本で大震災が起きました。その際に他人の発言の揚げ足を取り誹謗中傷がなされていたのです。「熊本県民被災したからって調子のりすぎ」というコメントが書き込まれました。

地震により熊本県が注目を浴びたことで、全国から支援の手や援助が差しのべられたことで、ネット住民は攻撃を始めたのです。理解しがたい行動です。

さらには、芸能人や有名人が被災支援を行うと「イメージアップの宣伝」「わざわざSNSで公表するな」「偽善者」などといった書き込みが相次ぎました。

愉快犯による炎上

ネットの炎上というのは、画像を自動で解析したり、それと一致する画像を探したりするアプリが現在では誰でも使えるものとして出回っています。

さらには、住所や特定の個人情報を調べるノウハウも備わっており、中には法関係者といった職務上の権限を悪用して個人情報にアクセスできる人物も交じっているそうです。

彼らは、ターゲットを貶めたいという考えではなく、単に個人情報を特定して公表することを面白がっている「愉快犯」なのです。

なくなることはない炎上

このネットでの声はテレビやワイドショーなどでも取り上げられています。それにより、あたかも「世間一般の声」をまとめたとして取り上げられることで、書き込みはなくなりません。

自分は世間の声を代弁して書き込んでいると思い込んでしまうのです。それは一握りの方の考えであって世間一般の声ではありません。こうした過剰なマスコミ報道があるのもなくならい要因なのではないでしょうか。

ネットの声が異常なほどに影響力をもつことはわかっています。だからこそ、もっと発言を慎重にならなければいけないのです。それをふまえたうえでの発言をするべきなのでしょう。

長谷川亮太(チンフェ)騒動は今も続いている?

長谷川亮太さんはネット掲示板で過剰な煽りや他人を挑発する書き込みをしたことにより、実家の住所や就職先や家族まで特定されてしまうこととなりました。

チンフェとは今もネット掲示板でネットスラングとしても活用されているほど有名となっており、炎上や騒動は収まりを見せていますがネット上から情報が無くなることはないだろうと言われています。

https://career-find.jp/archives/142169

2/2