長谷川亮太ことチンフェの現在は?住所特定や炎上騒動まとめ 雑学・ライフスタイル

長谷川亮太ことチンフェの現在は?住所特定や炎上騒動まとめ

ネット住民であった長谷川亮太さんことチンフェとによる炎上騒動が起きました。この炎上騒動により、長谷川亮太さんの実家の住所や彼女、就職先、大学までもが特定されることとなったのです。長谷川亮太さんによる炎上騒動や名言までをまとめてみました。

目次

[表示]

長谷川亮太(チンフェ)とは?

長谷川亮太さんというのは、別名チンフェとよばれており、2ちゃんのなんJというところで、自分勝手な言動や発言を繰り返し、大炎上しました。

それに対して他のユーザー達から不快感を与えられたとして、長谷川亮太さんの住所や個人情報の追及などが特定されたようです。今回はその長谷川亮太さんが起こした炎上についてまとめてみました。

長谷川亮太(チンフェ)のプロフィール

  • 本名:長谷川亮太
  • 別名:チンフェ
  • 生年月日:1993年4月20日
  • 出身地:千葉県松戸市
  • 本籍地:栃木県那須塩原市
  • 出身高校:千葉経済大学付属高等学校
  • 最終学歴:国土舘法学部ビジネス法学科

遊戯王にはまっており、遊戯王の掲示板を見ていたところ、2ちゃん語を使う人が多くいたため、調べていたら「なんでも実況(ジュピター)板」という掲示板に辿り着いたそうです。

その通称・なんJにはまることとなりました。3年間に渡る自分語り・騙りと多数の人に対する煽りにより、なんJの住民である「なんJ民」に多大なる不快感を与え続けることとなります。

チンフェの由来は?

長谷川亮太さんの別名としてチンフェと言われていることがあります。そのチンフェの由来は、なんJ内でのスレッドで『成瀬「シルビア死ね」』で、あるユーザーが連呼したことから付けられました。

そのあるユーザーが長谷川亮太さんが投稿した自撮り画像を見て、画像の頭が男性性器の亀頭に似ていることから、チンフェ(チンコフェイス)と呼ばれるようになったそうです。

これに対して長谷川亮太さんはチンフェと呼ばれることが気に食わず、さらにその直後に自身の自撮り画像を投稿したのです。それにより、さらに事態は炎上することとなりました。

それにより、完全に長谷川亮太さんに対してチンフェが定着してしまいました。なお、当時はチンフェイとも呼ばれていたそうです。

なんJ民の王「八神太一」とは

2009年10月13日には長谷川亮太さんは、なんJ内でのハンドルネームというコテを八神太一として用いることとなりました。そして、なんJの王を自称するようになります。

この八神太一というのは。「デジタルモンスター」シリーズのアニメ作品の主人公の名前です。1999年3月6日に劇場版「デジモンアドベンチャー」が上映され、翌3月7日からTV版が放映されています。

デジタルワールドという仮想世界と現実世界の東京をリンクさせており、主人公の子供達がデジタルモンスターという謎の生物達とパートナーを組み冒険していくアニメとなっています。

長谷川亮太(チンフェ)の現在は?

長谷川亮太さんはなんJでの騒動のあと、個人情報が特定されてからは、なんJからも遠ざかっていたようです。そんな長谷川亮太さんの現在は就職しているのでしょうか?就職先はどこなのでしょうか?

高校時代に交際をしていた彼女についてや、長谷川亮太さんの就職先や目撃情報についても詳しくまとめてみました。

彼女(マンフェ)とは別れた?

長谷川亮太さんには高校時代に彼女がいたそうです。その彼女のことを、なんJ民からはマンフェ(マンコフェイス)と呼ばれていたようです。長谷川亮太さんがチンフェと呼ばれていることから付けられたようです。

なんJ民の攻撃は彼女にまで及んでいたそうです。しかし、ここで出た彼女は高校時代の彼女といった記載しか載っておらず、現在は彼女ではないようです。

そのため、その彼女とは破局しているみたいです。チンフェの彼女であったために、この彼女もマンフェと呼ばれ、特定されたことで彼女も長谷川亮太さんの被害者の一人ということでしょう。

この彼女が彼氏がチンフェと呼ばれていたのを知っていたかはわかりません。しかし、彼女もマンフェと呼ばれるようになり、このまま交際を続けていたら相当なダメージが降りかかっていたかもしれません。

死亡説

長谷川亮太さんは現在では行方が分からなくなっているそうです。ネット上では長谷川亮太さんは死亡しているという説も多くありました。しかし、ニュースや新聞でもそのような情報はでていません。

実名まで特定されている長谷川亮太さんなので、何かしらあれば新聞やニュースになるはずです。それがでていないということは、現在は平和に暮らしているということなのでしょうか?真相は不明です。

逮捕された?

長谷川亮太さんが逮捕されたというニュースがはいってきました。しかし、この長谷川亮太さんというのは全くの別人であったことがわかりました。ただの同姓同名だったようです。

しかし、逮捕時の年齢も長谷川亮太さんことチンフェと同じ年齢だったことからも、本人なのではと一時話題となりました。同姓同名の長谷川亮太さんは多くいると思うので、間違えられたかたは嫌でしょう。

有力な就職先候補は?

長谷川亮太さんの就職先はどこなのでしょうか?それは、長谷川亮太という名前の人の就職先名が入った財布を拾い、届け出を出したというネットでの書き込みがあったのです。

そのため、この財布の落とし主がチンフェなのではないかと言われています。そして、そこの会社が長谷川亮太さんの就職先ではないかと言われました。しかしながら、本人かどうかはわかっていません。

柏駅のコンビニで目撃?

そして、長谷川亮太さんが今度は柏駅近くのコンビニで目撃したという情報がありました。駅近くにあるローソンが就職先だったようなんです。これもネットで書き込みがあり、話題となりました。

そのため、柏駅近くのローソンには多くの人が集まっていたようで、店内に人が多すぎて入れなかったという人もいたようです。これだけ賑わっていたら働き続けるのは難しいかもしれません。

長谷川亮太(チンフェ)の現在の目撃画像まとめ

長谷川亮太さんはたびたび現在でも目撃されているようなんです。そのたびに画像が投稿されています。そして、その画像の内容から様々な呼び名を付けられているのです。

長谷川亮太さんことチンフェの他に呼ばれている呼び名や、目撃情報や彼女についても画像とともにまとめてみました。

ウンフェ

2014年8月31日に長谷川亮太さんが投稿した画像から、ウンフェという名前が付けられました。その画像は長谷川亮太さんの成人式の時の画像でした。

長谷川亮太さんが自撮りをしている画像で、顔が日焼けして黒くなっており、その顔の色からウンフェ(ウンコフェイス)と呼ばれるようになったそうです。

マンフェ

長谷川亮太さんの高校時代の彼女で、長谷川亮太さんがなんJに彼女がいるということを書き込みをしたことで、なんJ民からマンフェと呼ばれることとなりました。

長谷川亮太さんが個人情報を特定された後に、なんJ民に目をつけられてしまい騒動に巻き込まれてしまいます。2011年6月に破局をしています。

デンフェ

2015年7月23日にあるユーザーが投稿した画像で、小田急電鉄の中で撮影されたと思われる画像でした。それは長谷川亮太さんと思われる男性が電車に乗っている画像でした。

顔立ちやほくろの位置からも長谷川亮太さんで間違いないのでは、と言われました。しかし、実際に本人かどうかはわかっていません。このことから、この男性のことをデンフェと呼ばれるようになりました。

メガフェ

さらに2016年1月29日に投稿された画像で、同じく電車内で撮影された画像ではメガネを着用していたことから、この画像の男性はメガフェと呼ばれることとなりました。

ピンフェ

2016年1月1日には錦糸町のピンサロ「錦糸町ゴットタウン」で撮影されたと思われる画像が投稿されました。この人物も長谷川亮太さんだと言われています。この画像の人物はピンフェと呼ばれることとなります。

この画像は長谷川亮太さんと共通している部分もあれば、疑問視する声もありました。しかし、他のユーザーからも錦糸町のピンサロで長谷川亮太さんを見かけたという声もあり、本人である可能性は高いでしょう。

ヤマフェ

2016年3月4日には山手線で撮影されたと思われる画像が投稿されました。そこには電車内で立っている姿の長谷川亮太さんらしき人物が映っていました。

ただ、その画像は横顔のためはっきりとした顔が映っていないことからも、長谷川亮太さん本人であるかは判断できません。この男性のことは、山手線からヤマフェと呼ばれています。

ランフェ

2016年3月23日には小学生時代の長谷川亮太さんの画像が投稿されました。投稿した方は長谷川亮太さんの小学校時代の知り合いからもらったとされており、断定はされていません。

この時の画像が運動会で走っている姿の長谷川亮太さんだったことから、ランフェと呼ばれているようです。

長谷川亮太(チンフェ)の炎上騒動

長谷川亮太さんはどのようにして炎上騒動になることとなったのでしょうか?長谷川亮太さんの炎上騒動により、実家の住所となるちばけんまというのも特定されていたのです。

それにより、長谷川亮太さんの家族や同級生、知人にまで被害が及ぶこととなりました。その長谷川亮太さんの炎上騒動を時系列にそってまとめてみました。

コテデビューまで

長谷川亮太さんは中学時代に初めて2chを訪れることとなったそうです。それまでは、好きだった野球や遊戯王などの掲示板を見て楽しんでしたそうです。

基本的には名前の欄には何も記入しないで書き込むの主流となっています。しかし、コテハンといい固定のハンドルネームを使用して書き込む人もいます。

長谷川亮太さんは自身の好きなアニメの主人公の名前を使って、八神太一という固定ハンドルネーム、通称コテでデビューを果たしました。

大学の合格通知を晒し特定される

長谷川亮太さんはなんJに自身により、大学の合格通知書を公開しました。その時の画像は大学名は隠されておりわからないようになっていました。しかし、なんJ民により、大学名が特定されてしまいます。

そして、その大学が国士舘大学であると特定されました。その結果、長谷川亮太さんは「国士舘はすべり止め」という書き込みをしたことで、国士舘大学で間違いないことが判明されました。

その後、本命大学はAO入試と言い張っていたものの、AO入試中にツイッターに書き込みがあったことも特定されてしまい、嘘がばれてしまいました。

なんJ民にちばけんまや個人情報特定され開き直る

その後、なんJ民たちによりすぐに本名の長谷川亮太という名前まで特定されてしまいます。さらには、なんJ民たちにより長谷川亮太さん本人のブログやmixiまで特定されてしまうのです。

それにより、出身高校や住所まで特定され晒されたそうです。その実家の住所が特定されたことにより、住所の千葉県松戸市をもじって「ちばけんま」と呼ばれることとなりました。

実家の住所であるちばけんまが公開されたことにより、長谷川亮太さんはmixiのトップ画に「開き直る・・ワイが八神や!」と載せたそうです。それにより、長谷川亮太さんだと完全に特定されました。

謝罪のようなものをして鎮火に見せかけ唐澤貴洋を召喚

その後も、なんJ民たちにより個人情報の特定が相次ぐこととなりました。ちばけんまの特定されたことにより、長谷川亮太さんの同級生や繋がりのある人にまで巻き込むこととなりました。

そのため、長谷川亮太さんはついに謝罪のようなものをしたのです。ちばけんまや彼女まで特定されて、自分自身だけではなく周りの人をも巻き込むことを認識したため、謝罪に至ったようです。

そして、2012年3月には長谷川亮太さんは弁護士の「唐澤貴洋」さんを雇ったとされています。その弁護士によって削除要請がされ、批判や中傷の書き込みをしたIP開示請求がされたそうです。

鎮火失敗で家族たちも晒される

しかし、その謝罪や弁護士の投下で騒ぎが鎮火されるかと思いきや、失敗に終わりました。さらに長谷川亮太さんの家族まで被害が及ぶこととなったのです。

ちばけんまといって長谷川亮太さんの実家の住所が特定されました。そのため、長谷川亮太さんの両親や弟の名前まで特定され公開されることとなったのです。

長谷川亮太さんのちばけんまの実家の画像まで撮られて公開されることにもなりました。しかし、弁護士を雇いIP開示請求しただけで、裁判等がされた様子はありませんでした。

唐澤貴洋がなんJ民のおもちゃ化

なんJ民たちは弁護士の過去の行動を調べており、弁護士にまで被害が及ぶこととなりました。この弁護士の事務所のツイッターアカウントでアイドルのフォローを多数に渡りしていることがわかったのです。

なんJ民たちは弁護士事務所の公式アカウントに、女性アイドルを多数フォローしていることを指摘しました。これくらいなら、ただのアイドル好きの弁護士で済んでいたのかもしれません。

しかし、弁護士はすぐに事務所のアカウントに鍵をかけたのです。そのため、なんJ民たちは弁護士に構ってもらえると思い、弁護士をおもちゃにして遊び始めました。

炎上の原因は何だったのか?

そもそも長谷川亮太さんはなぜここまで炎上することとなったのでしょうか?まずは、長谷川亮太さんがなんJに悪質な書き込みを繰り返したことが事の発端のようです。

最初はなんJ民たちも相手にしていなかったですが、しつこく書き込みを繰り返していたため、炎上する原因になったと思われます。長谷川亮太さんはなんJ民達を不快にさせる言動を多数とっていたようです。

長谷川亮太(チンフェ)の名言チンフェ語録

長谷川亮太さんが書き込みをした中でも、チンフェ語録といって名言とされている言葉がいくつかあります。

現在でもその長谷川亮太さんの名言あ語り継がれているのです。そのチンフェ語録の名言をまとめてみました。

俺は嫌な思いしてないから

長谷川亮太さんが2012年3月7日に書き込みをした語録があります。これは、他のなんJ民が「これを機会にコテ辞めるのもいいだろ。皆嫌な思いするだけだし」と言った書き込みをします。

それに対して長谷川亮太さんは「おれは嫌な思いしてないから」との名言を書き込みをしたのです。これは「俺嫌」と略されて名言として使われることもあるそうです。

NEXT:同じクラスだっただけに…
1/2