【附属池田小事件】逃げた教師と生き残りの現在と宅間守

2001年6月8日、大阪府池田市の小学校で附属池田小事件は起こりました。小学生たちを無差別に殺傷した犯人の宅間守はなぜ事件を起こしたのか、生き残った教師ら岩崎真季さんたちのその後の様子など、事件の概要とともにまとめていきます。

宅間守が起こした附属池田小事件の概要

宅間守元死刑囚が起こした附属池田小事件を辿っていきます。被害者となった児童や教師、生き残りの1人である岩崎真季さんなど、この事件はどのようなものだったのでしょうか。

2001年に起きた小学校無差別殺傷事件

事件が起きたのは大阪府池田市にある、大阪教育大学附属池田小学校でした。犯人の宅間守元死刑囚は、小学校に押し入り無差別に生徒と教師を襲いました。それはたった10分間の出来事だったと言います。

この事件で児童と教師が被害に

この無差別殺傷事件では、児童と生徒を含め合計で23人が被害にあいました。そのうち亡くなったのは8人の子供たちでした。

宅間守の単独犯だった

宅間守は教師に取り押さえられ、駆けつけた警察により現行犯逮捕されました。その時犯人は宅間守のみで、単独犯による犯行だったのです。

生き残った人たち・逃げた教師(岩崎真季)のその後・現在について

附属池田小事件で生き残った教師岩崎真季さん達のその後についてお届けしていきます。心身ともに受けた傷とどのように向き合っているのでしょうか。

NEXT 逃げた教師と批判された岩崎真季