地図にない村が日本に存在する!理由や行ってきた体験談も!

「地図にない村」。皆様その存在を聞いたことはあるでしょうか?様々な理由はありますが、それは確かに存在します。しかも全国各地に。今回は地図にない11村を一覧でご紹介し、その真偽や理由・経緯、体験談などを探理、また「地図にない駅」についても触れていきます。。

【都市伝説】地図にない村は日本に実在している

日本地図には日本の全てが書かれています。北は北海道から南は沖縄まで、政府に認知されているものは市町村、山、川、海全て地図上に存在します。ところが、日本には「地図にない村」というのが存在するのです。

日本地図、つまりそれを作成している政府が認識していない、本来であれば存在しないもの。まるでこの世のものではないようなそんな響きに背筋が冷たく感じる人もいることでしょう。

地図にない村は全国で噂になっていますが、今回はその中でも有名な村一覧にスポットを当てて紹介していきたいと思います。実際に行ってきた方の報告も併せてご紹介します。

実在した地図に載らない村①千葉県の「大多喜町」

千葉県には通称「地図に載らない村」というのが存在します。通称で呼ばれているのは村の名前が存在しないからです。ただし、「地図に載らない村」はれっきとした集落であり、千葉県にも認識されています。

この集落は千葉の山奥に存在し、住人もほとんどいません。そのため、通常の地図では記載が省略されているだけです。ちなみに住所は「千葉県夷隅郡大多喜町大田代」です。

千葉県の地図に載らない村の都市伝説

この集落にはいわくつきの都市伝説はありません。山奥に存在する集落のため交通の便が大変に悪く、住民が徐々に千葉市などへ出ていったために人数が少なくなっていったようです。

この集落が存在するのは千葉の本当に山奥であり、車1台やっと通れる道、ガードレールがない崖路を抜けてやっと到着できるような場所です。しかし、この集落にも数人の方が居住されています。

外部との連絡も取れないような山奥でどうやって生活しているのか、それが一番の都市伝説かもしれません。

地図に載らない村に行ってきた人

実はこの集落はTVでも紹介されており、たくさんの方が訪れています。実際に行ってきた方の話によると、村の入り口にはタイヤのない軽自動車がぽつんと置かれているようです。

集落の中心には「虚空像様」と呼ばれる社があり、中には石像や大仏が祀られています。とはいえ、おどろおどろしい感じはなく、大自然の神秘をこれでもかと味わえるような場所だそうです。

皆様も都会の喧騒を忘れてリフレッシュしたい場合は訪れてみるとよいかもしれません。ただし、千葉市からの道中は(細い道や野生動物などが)危険なので安全は保証できませんが。

実在した地図に載らない村②山梨県の「八坂村集落」

こちらもTVで紹介された山梨県の「地図にない村」です。こちらにはちゃんとした名前があります。その名も「八坂村集落」。まるで八つ墓村を連想させるような名称ですね。

八坂村集落は地図にないだけで確かに存在する集落です。実は山梨の地図にも載っており、2~3名ではありますが住民もいらっしゃいます。なぜ地図にない村という噂が広まったのでしょうか?

八坂村は山の真ん中にぽつんと存在する小さな集落です。正しく進めば誰でもたどり着くことができるのですが、その道のりに罠が潜んでいるのです。

NEXT たどり着くことも難しい八坂村集落(三ッ沢集落)