エキスポランド事故の当時の写真やその後!現在はエキスポシティに?

2007年、大阪のエキスポランドのアトラクションで悲惨な事故が起こりました。一人の女性が死亡、その後エキスポランドは閉園することになったのですが現在はどうなっているのでしょうか。写真も残っている痛ましい事故の真実、エキスポランドのその後を調査しました。

エキスポランド事故とは

2007年、大阪吹田市のエキスポランドのアトラクションで女性が死亡するという事故が起きます。アトラクションはジェットコースターでした。

1名が死亡、21名が負傷するという大事故であり、悲惨な事故の様子を目撃した人の中は心的外傷後ストレス障害になってしまった人もいるそうです。

日本は比較的アトラクションにより事故は少なく、しかも悲惨な死亡事故ということもあってエキスポランド事故は現在でも広く知られています。

また、エキスポランド事故の真実も同様に多くの人が知っています。事故の原因は許されるものではありませんでした。

「風神雷神II」というジェットコースターの事故で女性が死亡

事故が起こったのは「風神雷神II」というジェットコースターでした。このアトラクションに異変が発生し21名が負傷しました。

そして乗車していた女性の首が飛び、顔面が落ちたという死亡事故が起こったのです。

この現場を同じアトラクションに乗車していた方やたまたま近くにいた方が目撃していることになります。多くの人がトラウマとなったであろう、稀に見る大事故だったのです。

エキスポランドは丸一日遊べる場所だと言われていました。楽しいアトラクションが多く、このテーマパークが好きだと言う方は多くいました。

けれども事故以来、エキスポランドと言えばこの事故が思い出されるようになります。

エキスポランドとは

エキスポランドとは1970年に開催された大阪万博のアミューズメントゾーンとしてつくられた遊園地です。その後閉幕、しかし1972年3月15日に営業を再開しました。

当時、世界最大の高さの観覧車や世界最長のジェットコースターなど目玉となるアトラクションは多く、現在でも閉園を惜しむ声があるほど大阪で特に人気のある巨大テーマパークでした。

エキスポランドの主要アトラクション①:OROCHI(オロチ)

「OROCHI(オロチ)」はエキスポランドを代表するアトラクションです。宙吊り式のジェットコースターでマスコットキャラクターは「おろちくん」でした。

この「おろちくん」はエキスポランド全体のマスコットキャラクターとしても愛されていました。

NEXT エキスポランドの主要アトラクション②:ダイダラザウルス