玄倉川水難事故(DQNの川流れ)のその後と生き残りの現在について 社会

玄倉川水難事故(DQNの川流れ)のその後と生き残りの現在について

玄倉川水難事故(DQNの川流れ)という水難事故が起こりました。キャンプをしていた18名が増水した川の中州に取り残され13名が亡くなるという大事故となりました。生存者であり、リーダー格であった加藤直樹さんのその後や現在についても調べてみました。

目次

[表示]

玄倉川水難事故(DQNの川流れ)とは?事件の概要

玄倉川水難事故(DQNの川流れ)は1999年8月14日に神奈川県足柄上郡山北町の玄倉川で起きた水難事故です。この玄倉川の中州でキャンプをしていた18人のうち13人が大雨による増水で亡くなったのです。

そして、その受難者である人たちの言動からDQN川流れとも言われているのです。DQNとは非常識な行動をする人を総称して指す時に使う言葉です。

そんな非常識な行動や言動をした人たちが起こした、玄倉川水難事故をDQNの川流れと呼ぶようになりました。そんな大事故となった玄倉川水難事故について詳しく調べていきます。

事件の日の天候状況

事故があった当日は北日本、東日本は猛暑で四国や九州は曇りや雨が続く「東高西低」の気象となっていました。8月上旬の札幌では平均最高気温が那覇を上回るという異常気象でした。

また、通常ではあまり見られない北緯20度での熱帯低気圧の発生が見られており、台風に発達するエネルギーではないものの、日本列島に不安定な天気をもたらしていました。

今回の事故の原因となった大雨は、勢力こそは弱かったものの濃い雨雲が伴い、各地で局地的な豪雨をもたらすこととなったのです。想像していなかったほどの豪雨となります。

事故現場付近にあるアメダスには、事故前日の13日20時頃から1時間あたり10㎜を超える大雨が断続的に降り続いていたことが記録されています。

発生場所は玄倉ダムの下流

この玄倉川は標高1673メートルの丹沢山地の最高峰蛭ヶ岳、檜洞丸、塔ノ岳など急峻な山を水源としています。丹沢山地では、冬季を除いて降水量の多い山地なのです。

今回の事故現場の玄倉川は、降雨量によっては急激に水位を増す可能性の高い渓谷であることがわかりました。玄倉ダムもゴルジュ状の地形を堰き止める形で建設されたものなのです。

この水難事故での現場は、砂防用に造られた立間堰堤上流の、水流が湾曲する地点に広がった地形で河床幅は約100メートルと堰堤より2メートル高くなっていました。

しかし、一見傾斜の少ないこの地形はキャンプに適しているようにも見えますが、植生があまりはえていない場所で、豪雨の際は水没する地点とされているのです。

中継テレビカメラの目の前で18人が堰堤に飲み込まれる

この時、全国放送で玄倉川水難事故の中継テレビが放映されていました。ニュース映像でまさにその中継がされているさなかに、18人全員が生放送で濁流に流されてしまったのです。

8月14日の11時38分の事でした。レスキュー隊や救助隊の目の前で、大人も子供も力尽きて流されてしまったのです。これはリアルタイムで全国へと報道されました。

受難者の態度がひどいものであった

そして、前日の夕方から事故発生の当日まで、警告や退避の勧告が再三行われていました。しかし、その言葉には全く耳を傾けずに、退避することはありませんでした。

さらにはレスキュー隊への暴言やあざ笑うような態度で返していたのです。その暴言や言動はテレビカメラにもうつされており、避難を浴びることとなりました。

そして、地元住民の善意ある差し入れのおにぎりを「まずい」と言い、地面に叩き付けたり、救助後には「テントを回収したら返して欲しい」といった自分勝手すぎる原動が相次ぎました。

玄倉川水難事故(DQNの川流れ)の事件の時系列まとめ

1999年8月14日に起きた玄倉川水難事故(DQNの川流れ)は後世に伝わる水難事故として大きな事故となりました。

そんな大きな事故となった要因は何だったのでしょうか?事故が起こる前日の13日より時系列でみていきましょう。

事件前日8月13日 ダム管理事務所の警告

1999年8月13日の10時に玄倉川を渡り中州にテントを張ります。その後、天候が悪化したため15時頃より巡回をしていたダム管理事務所員が、キャンプ客に警告をしました。

この日玄倉川ではキャンプ指定地外の6か所に50張り程度のテントが張られていました。増水と水位上昇の危険性の警告の1回目の呼びかけに、大部分のキャンプ客は水際から退避しました。

16時50分には神奈川県全域に大雨洪水注意報が発令され、19時35分頃には雨足がさらに激しくなり、玄倉ダムの上流が放流予告のサイレンを鳴らしたのです。

ダム管理事務所による2回目の警告

19時50分頃にダム管理事務所員が2回目の巡回を行い、中州にいた一行に中州から退避するように直接勧告しました。しかし、中州にいた一行は全員がテントの中にいて全く反応がなかったそうです。

20時06分にダム管理事務所員は「これ以上は危険だ」と判断をし、警察に連絡をいれます。

警察が現場にて避難を勧告

21時10分に松田署員の警察官が到着し、ダム管理事務所員とともに中州にいる一行に退避勧告を行いました。これにより、比較的年齢の高い社員と妻ら3名が支持に従い中州を離れました。

しかし、残りの18名は中州に残ったままで、警察官の退避勧告に従いませんでした。この時、すでに中州と岸辺の水位の勢いは増しており、直接中州に行くことができなくなっていました。

警察官が再び退避を勧告しますが、酒に酔った状態で「うるせえ、警察にそんなこと言われる筋合いはない」との暴言をはきました。

子どももたくさんおり夜中に川を渡るのは危険だと判断し、安否と人数確認をし明るくなってからの移動をすることにしました。この時は急激な豪雨は予想できなかったと言います。

14日5時大雨洪水警報が発令

翌日の14日朝の5時35分になるとさらに雨が激しくなっており、神奈川県全域に大雨洪水警報が発表されました。6時頃にまだ水流は膝下くらいの深さだったため、なんとか徒歩で中州まで渡れる深さでした。

前夜に退避していたメンバーが川を渡り、中州のテントにいる一行の元へ向かい、退避するように呼びかけました。しかし、反応はなく退避することはありませんでした。

そして、7時30分頃には警察官も巡回しテント付近より退避を呼び掛けますが、反応はまたしてもありませんでした。警察は対岸とは陸続きになっているため大丈夫だと判断をし、その場を離れます。

8時 避難者からの119番通報、中州が水没

さらに8時04分に熱帯低気圧の接近により、本格的な暴風雨となりました。前夜に岸に退避していた3人のうちの社員から消防に119番通報で救助要請が入りました。

この時、中州のテントに残っていたのは大人が12人に子供が6人いました。そして、8時30分頃には下流の水深が普段より85㎝も高い1m程度となっており、中州もついに水没してしまいます。

この時、対岸まで腰以上の水位があり距離は80mもありました。川を渡ることは大人でも危険な状態となっていました。、この時すでにテントは流されており、一行はパニック状態となっていました。

救助隊到着するも救助困難

そして、9時07分に足柄上消防組合の本部から救助隊が5人現場に到着しました。渡歩による救助を試みますが、激しい水流と水位に阻まれて救助を断念します。

10時10分に消防組合が救助ヘリコプターの要請をします。しかし、熱帯低気圧による強風と豪雨や、低く垂れた濃雲のため二次災害が懸念され、ヘリコプターは却下されてしまいます。

10時30分頃にはレスキュー隊が対岸に、救命索発射銃で救助用リードロープの発射を試みます。しかし、1度目は失敗。15分後に再びロープが発射されますが、2度目も失敗してしまいます。

11時頃には、警察からの要請を受け玄倉ダムの放流を中止するのも、玄倉ダムは発電用ダムで貯水能力に乏しいため、すぐに満水となり崩壊の危機に直面し、5分で放流再開となってしまいました。

11時38分頃 全国中継カメラの前で18人が流される

11時38分には水深が2m近くとなり水位は胸にまで達しました。そして、全国中継カメラが放映する中で、18人全員がまとめて濁流に流されてしまったのです。

そして、その時に1歳の甥を抱えていた伯父はとっさに甥を岸辺に向かって放り投げます。別グループのキャンプ客が危険を顧みずに、川に飛び込み1歳の男児を救い上げました。

この男児の父親と姉を含む大人3人と子供1人も対岸に流れ着き救助されました、しかし、残りの13名はすぐ下流の立間堰堤から流れおちてしまい、姿が確認できなくなりました。

その後の捜索

12時14分には現地本部が設置されました。そして、丹沢湖上をボート3艇で捜索をはじめます。大雨で視界も悪く、手漕ぎボートのため捜査は難航します。

14時40分にはエンジン付きボートが4艇出動します。そして、17時には神奈川県知事が陸上自衛隊に災害派遣を要請します。

翌日の15日も朝から救助を開始しています。警察・消防・自衛隊の340人体制で捜索をしますが、大雨で流木や浮遊物が多く捜索は困難をきわめていました。

8月29日に最後まで行方不明だった1歳女児の遺体が派遣され、13名全員の遺体が丹沢湖から収容され、捜索が終わりました。

DQNの川流れと言われる理由となった受難者たちの言動

今回の玄倉川水難事故(DQNの川流れ)は13名の犠牲者をだす大きな水難事故としても話題になりましたが、それだけではありませんでした。この玄倉川水難事故はDQNの川流れと呼ばれているのです。

その理由としてキャンプをしていたグループの一行が事故の前後で起こした言動や態度が理由となり、DQNの川流れと呼ばれるようになったのです。

この言動や態度は警察官や救助隊、さらには地元住民にまでも及び、暴言の数々はテレビカメラでも放映されていたのです。それによりネット上でも多く拡散されることとなりました。

再三の警告を無視

ダム事務所員が2度の警告をしたにも関わらず、その警告を無視し続けます。そして、ダム事務所員では手に負えなくなり、警察に出動を要請します。

その後、警察が到着し再三警告しますが、警察官にも暴言を吐き警告を受け入れようとはしませんでした。しかし、この時に21名いた中の3名は素直に従い退避しました。

18名は中州に残り、テントで眠ることとなります。その翌日の朝にも退避した3人からの警告や警察からの警告も無視し続けたのです。

警察や消防隊に対する暴言

この受難者達は警察や消防隊に対して暴言が数々ありました。それは、助けてもらう側としては救助してくれる人たちへの感謝の気もちが全く感じられないものとなっていました。

増水から退避勧告をする警察官やダム事務所員に対して、「早く失せろ、殴るぞ」「放っておいてくれ、こっちは楽しんでいるんだよ」などの暴言を浴びせました。

さらには救助活動がはじまった時には、リーダーとされていた男性がレスキュー隊にむかって「おい、こら、ヘリを呼べ」「もたもたすんな」「仕事なんだから早く助けろ」との暴言を吐きました。

地元の方からのおにぎりを叩きつける

そして、地元住民が退避を呼びかけた時にも「地元の人は臆病だ」「田舎者はプライバシーを侵すのが趣味」などといった暴言も吐いていたのです。

さらには、地元住民の善意ある差し入れのおにぎりに対しても、「まずい」等と発言をし、そのおにぎりを地面に叩き付けるという行動までもしていたのです。

地元住民からの差し入れなどに対してもお礼やお詫びの言葉なども一切なく、暴言で返していたのです。これにはDQNすぎるといった非難が相次ぎました。

「テントを返して欲しい」

救助後には、救助隊に「テントを回収したら返して欲しい」といった自分勝手で自分本位な発言までしていたのです。この時には、まだ行方不明者もおり救助も続いていました。

そんな中で自分のテントを返して欲しいなんて発言をしていたのです。自分たちの身勝手な行動のせいで、たくさんの人を巻き込み騒動にしてしまった反省が全く見られなかったのです。

救助隊や地元住民に対しての敬意はなく、自分のことしか考えていないことからもDQNの川流れだと言われているのです。

受難者のリーダー格 加藤直樹

そして、この玄倉川水難事故(DQNの川流れ)の生き残りであり、受難者のリーダーであったのが、加藤直樹さんという男性です。この加藤直樹さんを含む数名が同じ会社に勤務しており、キャンプを行いました。

加藤直樹さんが中心となり、一連の暴言や避難勧告を無視したりを行っていたそうなんです。そして、この加藤直樹さんや他の受難者たちが勤めていた会社が株式会社富士繁という会社です。

玄倉川水難事故(DQNの川流れ)のその後

玄倉川水難事故(DQNの川流れ)はどのようなその後を送ったのでしょうか。生存者や勤務先の富士繁は現在はどうなったのでしょうか。

そして、生き残った生存者と亡くなった方に対してその後に囁かれた噂もでてきていました。玄倉川水難事故(DQNの川流れ)のその後について調べてみました。

謝罪の場は設けられず

今回の玄倉川水難事故(DQNの川流れ)で生き残ったのは大人3名と子ども2名でした。その生存者の大人でありリーダーであった加藤直樹さんがいます。

リーダー各であったにも関わらず、加藤直樹さんは謝罪会見を行いませんでした。こんなにも世間を騒がせていろいろな方に迷惑をかけたのに謝罪の場は設けられませんでした。

この謝罪の意思を表明しなかったことで世間から、またもや非難を浴びることとなりました。

富士繁はその後も営業

そして、受難者のうち5名が勤務していたと言われている株式会社富士繁の現在はどうなっていたのでしょうか?現在でもこの会社は営業を続けているそうです。

その後いくつかの業務上に必要な登録や許可も取り、さらに現在では施設も開設するなど仕事の幅をも広げていたのです。

今回の玄倉川水難事故(DQNの川流れ)に関しては、会社の責任を取る必要はありませんが、世間的なイメージが悪くなったのは確かです。

DQNたちが裁判を起こした?

受難者であった加藤直樹さんが事故後に裁判を起こしていたという噂がでました。こういった自然災害に関する事故の場合、受難者や死亡者の遺族から損害賠償などの裁判が行われる場合があります。

しかし、玄倉川水難事故(DQNの川流れ)について裁判を起こしたという記録は現在残っていませんでした。起こしたところで勝ち目はない状況でしたので、避けたのかもしれません。

また、自然災害の事故でも、受難者に過失がある場合では、関係機関より救助活動に掛かった費用を求める裁判を起こされることもあります。しかし、この費用を求める裁判も起こされていませんでした。

後に加藤直樹の娘のブログが見つかる

生存者の一人で加藤直樹さんの娘である加藤朝香さんが書いたとみられるブログの日記が見つかりました。現在はこのブログは削除されているようですが、内容からも本人だろうと言われています。

たまにね私、ふとあの時の事を思い出すんだ。幼稚園の頃の事故あれは一体なんだったの?どうして私の家族なの? 小さい頃私がママを殺したんだ。私さえ居なければママは生きていたんだ。 パパがね私を抱いててママがパパに助けを求めていたんだ。 手を伸ばしてね一生懸命流されないようにしてたんだ。

(引用元:コズミック)

けどねパパまで水に連れていかれそうで怖かったんだ。だからねパパやめて!って言ったんだ。 そしたらパパがママの手を離したの。 そしたらママ水と一緒にいなくなっちゃたの。これって私のせいだよね。 ごめんね本当に…。ママに逢いたいです。小さい頃もずっとママが欲しかった。皆にはママがいて私には居なくて悲しかった。

(引用元:コズミック)

今でもママが戻ってきてほしいと思っている。あと優香にも戻ってきてほしいんだ。私には妹がいたんだよ。 ママがいなくなっても明るい朝香でいてねって色んな人に言われた。 そう簡単に言うなと思ったよ。けど私なりに頑張ってきた。毎日明るく生きてる。

(引用元:コズミック)

これが、その加藤朝香さんが書いたとみられる日記の一部です。当時、加藤朝香さんは幼稚園児でした。そのことからも、内容が玄倉川水難事故の生き残りの加藤朝香さんで間違いないようです。

加藤朝香さんだということが、バレてしまいネット上でこの日記が拡散されてしまいました。その後すぐに加藤朝香さんのブログはすべて削除されることとなりました。

NEXT:生命保険殺人陰謀説
1/2