苗山事件の真相とその後は?NHKの謎の放送事故の概要は? 社会

苗山事件の真相とその後は?NHKの謎の放送事故の概要は?

2007年能登半島地震発生後、奇怪な出来事が起こりました。地震中継中NHKアナウンサーのインタビューに答えた苗山さんの様子があまりに不自然だったのです。その後苗山事件と呼ばれたこの事件の概要、考察や仮説を紹介しつつ不可解な中継の真相に迫りました。

目次

[表示]

苗山事件の概要

2007年に発生した能登半島地震。地震後NHKのインタビューに答えた中能登役場男性職員との電話が不可解で苗山事件と呼ばれるようになりました。

インタビューに答えていた苗山さんの声が途中からまるで別人の声のように聞こえるというものです。

あまりに奇妙だったこと、この事件の真相がはっきりとしていないことから現在ではホラーとして語られることもあります。

2007年に能登半島で地震が発生

2007年3月25日、石川県の能登半島で地震が発生しました。この地震発生を受けてNHKが放送を急遽変更、地震の中継を放送しています。

NHKの地震中継の最中、中能登役場男性職員の苗山さんという方をインタビューします。現地の状況などを確認するためでしょう。

NHKのインタビューに答えた苗山さんの様子がおかしかった

アナウンサーは苗山さんと2分程会話をしました。苗山さんの声は最初は落ち着いた、50~60歳ぐらいの年齢だろうと思われる声だったそうです。

しかし電話の途中で苗山さんが質問に答えず沈黙する場面がありました。そのあとから苗山さんの声がまるで別人のように変わってしまったのです。

急に高い声で早口で喋るようになった苗山さんにアナウンサーが疑問を抱いたのでしょう。「電話お代わりになられましたか?」と苗山さんに聞いています。しかし苗山さんは否定しました。

真相のはっきりとしない事件

この事件の概要は知られているものの真相は解明されていません。なにが原因の放送事故なのか、いったいなにがあったのか知らされることはなかったのです。

そういったところが余計に恐ろしく、不思議だと感じさせるのでしょう。現在でも様々な考察がされ仮説が立てられています。

なお放送事故と呼ばれるものはこのように不可解な出来事だけではありません。しばしば芸能人のテレビ番組出演時も放送事故と言われることがあります。詳細は以下からご覧ください。

苗山事件の時系列

苗山事件は能登半島の地震発生後に起こります。被害の激しい地震だったためNHKが急遽日曜討論の放送を変更し地震中継を始めました。

役場勤務の苗山さんにインタビューすることで現地の状況などを確認していましたが、途中で苗山さんの声が別人に変わります。

アナウンサーも戸惑ったのでしょう。無理矢理まとめて電話を終わらせました。その後この件についての説明はされていないままです。

2007年3月に能登半島で地震が発生する

2007年3月25日、能登半島でマグニチュード6.9、震度6強の地震が発生しました。地震の規模に対して死者数は少なく1人でしたがおよそ360人の方が負傷しています。

能登半島は比較的地震の少ない地域だったのでこれほどに被害が大きい地震は珍しく、自衛隊も出動して現地は穏やかでない状況でした。

被害の激しい地震だった

中でも特に被害が深刻だったのは家屋です。約30000棟の家屋が損壊してしまいました。また、多くの地域が停電していたそうです。

NHKが日曜討論を急遽地震中継に

NHKは当時日曜討論を放送していました。しかし地震が発生したため急遽放送を変更して能登半島地震の中継を放送したのです。

中能登町役場勤務の苗山さんにインタビュー

中継中、NHKアナウンサーは役場に勤務していた苗山さんにインタビューを行いました。最初のうちは問題なく会話が続いていたのです。

インタビューの詳細前編

NHKアナウンサー「あのー、怪我をされたり、ガラスが割れたり、壁が落ちてきたりというような状況はありましたか?」
苗山さん「今~のところは、まだはいっておりません。」
NHKアナウンサー「それはないですか。」
苗山さん「はい。」
NHKアナウンサー「ただ、そのー、停電になったとおっしゃいましたね?」
苗山さん「はい。」
NHKアナウンサー「今、あの、そちらの中能登町役場は、庁舎内は停電になっていますか?」
苗山さん「いや、あの~、ここはなっておりません。」
NHKアナウンサー「あ、そうですか。」
苗山さん「ええ。それとですね、すぐ、そういう事態になれば、あの~、非常発電もありますので。 それについては、もう~、機能的には、あ~、じ…(不自然に途切れる)」

(引用:NAVERまとめ)

この後しばらく沈黙します。ここまでは苗山さんに異変はなく、アナウンサーと普通に会話ができている状態でした。

インタビューの途中で突然苗山さんの様子が可笑しくなる

異変が起こったのはこの後です。苗山さんの声が明らかに変わってしまい、アナウンサーが動揺するといった奇妙な事態が発生します。

インタビューの詳細後編

NHKアナウンサー「…もしもし?」
???「はい?」(明らかにさっきの苗山さんと声が違う!?)
NHKアナウンサー「あっ、あの…、えー、引き続き、苗山さんでしょうか?」
自称・苗山さん「はい?」(聞こえてるのに疑問系で質問に答えない)
NHKアナウンサー「あ、もしもし?あの、電話の方、代わられましたですか?」
自称・苗山さん「いえ、代わっておりません。」(早口3倍速)
NHKアナウンサー「あっ、あの…、苗山さんですね…?」(確認3回目)
自称・苗山さん「・・・・・」(答えない)
NHKアナウンサー「あ、今も信号機の停電などは確認…、あの、停電によって信号機が、例えば、あの…止まってたりというようなことはあるでしょうか?」(動揺しまくり)
自称・苗山さん「ふきゅ…しております。復旧しております。」(早口3倍速)
NHKアナウンサー「あ、復旧していますか…。」
NHKアナウンサー「はい、わかりました。」
自称・苗山さん「はい…」
NHKアナウンサー「情報収集中、どうもありがとうございました(←無理やりまとめて電話切った)」

(引用:NAVERまとめ)

苗山さんについて

苗山事件の真相の鍵はこの苗山さん本人が握っていると言えるでしょう。苗山さんは当時、NHKのテロップで「中能登町役場総務部 苗山さん」となっていました。

これが真実かどうかはわかりませんが「石川県市町村職員共済組合」のサイトには2007年に発行された広報誌があり、その組合議員一覧に「苗山さん」という名前の方がいたそうです。

つまり、インタビューに答えた人間が本当に苗山さんであったかどうかはともかく、中能登町役場勤務の苗山さんは実在した可能性が高いのです。

苗山さんとは?

「石川県市町村職員共済組合」のサイトの中に掲載されていた2007年1月に発行されている広報誌。その組合議員一覧に「苗山さん」という名前の方がいました。

また、苗山という苗字は大変珍しく全国でも苗山姓を持つ人の数は少ないそうです。ですが石川県は苗山さん人口が3番目に多い地域です。

中継中インタビューに答えたのが本当に苗山さんという方だったとしたら、それは実在していただろうと思われる中能登町役場勤務の苗山さんだった可能性が高いでしょう。

変化前の苗山さん

苗山さんの声はおっとりしていて年配の声に聞こえるという意見が多くありました。50~60歳ぐらいの年齢だろうと言われています。

しかし60歳以上とは考えられないという考察も見受けられました。この中能登町役場、もとは鳥屋町役場だったのですが2000年に石川県鳥屋町役場賃金請求事件で起訴されているそうなのです。

内容としては退職勧奨年齢が男女で10歳の差があるというもので、男性は58歳で退職を勧奨していたそうです。その後同じように退職勧奨年齢に差をつける市町村と合併しました。

役場に特に変化がなければ58歳で退職する可能性が高いのです。つまり苗山さんは50歳以上、60歳未満なのではないかという仮説を立てることができます。

変化後の苗山さん

しばらく沈黙したのちに登場した自称・苗山さんは早口で声が若くなったと言われています。元のおっとりとした声が急変してしまったのです。

この変化に動揺を隠せなかったアナウンサーが無理矢理まとめて会話を終わらせたこと、それを見ていた視聴者が驚き噂になったものが苗山事件の正体なのです。

苗山事件の真相は?仮説について

いったいなにがあったのかはっきりとしていない事件のため、苗山事件の真相を追求する方は多くいます。

様々な憶測が飛び交い、ネット上で考察する者、仮説を立てる者が相次ぎました。その中でも興味深いものやより現在的なものをいくつか挙げてみます。

苗山さんが多重人格

苗山さんが多重人格だったので急に声も口調も変わってしまったのではないかという仮説がありました。

多重人格、解離性同一障害は強いストレスが引き金として起こる障害だと言われています。元々多重人格者だった苗山さんが地震のストレスにより別人格を出してしまった、という説です。

操作を間違えた説

苗山さんが電話の操作を誤った説があります。苗山さんが他の受話器に替えるボタンを押してしまい、別の部署の電話機が鳴ったのではないかという説です。

仮説通りなら苗山さんの手違いで全然事情を知らない人が電話をとったということになります。こちらは多重人格説より現実的ではないかと思われます。

震災直後の現場は混乱していたでしょうし、苗山さん自身も動揺していたと考えると自然でしょう。

圧力説

苗山さんとアナウンサーの会話が途切れたのはちょうど電気関連の話をしている最中でした。そこで立てられた仮説が圧力説です。

能登半島には志賀原子力発電所があります。地震の影響で原子力発電所で事故が起きて、苗山さんはそのことについて発言しようとしていたのではないかと考察されているのです。

原子力発電所の事故と聞くと人々はパニックに陥ります。そのため急遽苗山さんを別人とすり替えて隠蔽しようとしたのではないかと考えられているのです。

この説により苗山事件はより一層謎の事件とされました。しかしながら実際に原発事故は発生していません。

電話回線が混乱していた説

電話回線が混乱していたために起きた放送事故だという仮説も立てられています。地震発生直後ですから電話回線はもちろん混乱していたことでしょう。

アナウンサーと苗山さんが会話をしていたのに、電話回線の混乱によってまったくの別人に繋がってしまった。そのため奇妙は放送事故が起きてしまったのではないかと考察されています。

しかし別人であるなら何故そのことを伝えなかったのかという謎は残ります。

違う苗山さんに変わった説

苗山さんが電話中に操作を誤った、または電話回線の混乱によってたまたま前に話していた苗山さんと同じ苗字の違う苗山さんに繋がったのではないかという仮説も立てられています。

しかし苗山という苗字の方は珍しいことがわかっています。たまたま違う苗山さんに繋がる可能性は低いように思われます。

なのでもしかしたら苗山さんの親戚かもしれないという説もあるのです。親戚に繋がってしまったと考えるのならより自然でしょう。

苗山事件の謎について

苗山事件は、苗山さんの声が変わった他にも不可解な点がいくつかあります。それがこの事件をより不気味に見せてしまっているとも言えるでしょう。

そもそも何故地震直後に電話がつながったのかという謎、そして苗山さんという職員はいないという証言、苗山さんの発言の矛盾などが注目されています。

電話は通じていなかった?

地震発生後は電話がつながりにくくなります。事実、「能登半島地震の発生後4時間は固定及び携帯電話が通じなかった」日経コンピュータが2007年、地震発生直後に伝えました。

だとするのなら苗山さんとアナウンサーが電話できていたのは何故なのでしょうか。この情報のみですとホラー要素が強い事件になるでしょう。

しかしながら当時衛星電話だけは通じていたそうです。苗山さんとアナウンサーは衛星電話を使用していた可能性があります。

電話をすると「苗山という職員はいない」

苗山事件が発生したのち、話題となったためネット上では中能登役場に電話をした人がいるらしいという書き込みが目立ちました。

けれども「役場に苗山という職員はおりませんが…」と言われたという噂です。この噂はますます苗山事件を恐ろしく感じさせるものでした。

ですがこれはあくまでただの噂ではないかと言われています。実際に電話をして安否を確認したと思われる書き込みはなかったためです。

変化前と後の発言の矛盾

苗山さんは当初、アナウンサーに停電していることを伝えていました。けれど沈黙ののちに登場した様子の可笑しい苗山さんは復旧していると話しています。

同じ人物の発言だとしたらこの矛盾はおかしな点でしょう。声も変わり発言内容も変わってしまったため苗山さん本人なのかどうかより疑わしくなりました。

このように苗山さんの声だけではなく、いくつかの奇妙な点がこの事件を怪しく見せて苗山事件と語り継がれるまで話が大きくなっていったのです。

苗山事件のその後

苗山事件発生後、噂が噂を呼び様々な考察が行われました。いくつもの仮説が立てられ苗山事件の概要も広まっていったのです。

そうしてのちに都市伝説化したり、フェイクニュースが報じられる事態にもなりました。また、検索してはいけない言葉の一つにも数えられているようです。

ただの放送事故というよりは少々オカルト要素のある、怖い話として語られるようになっていったものと思われます。

NEXT:都市伝説化
1/2