犬鳴村は実在した!?恐怖事件や村人の真相・嘘説検証や行き方まとめ 社会

犬鳴村は実在した!?恐怖事件や村人の真相・嘘説検証や行き方まとめ

旧犬鳴トンネルの先に存在するとされる犬鳴村。地図に載らず、憲法は適用されない、セダンで行ってはいけないなど様々な噂が囁かれる現在最恐クラスと言われる都市伝説です。今回は凶暴な村人や住民の噂、行った人の体験、過去に起きた事件などから、その真実に迫ります。

目次

[表示]

犬鳴村とは?犬鳴村伝説

jplenio / Pixabay

福岡県最恐ともされる心霊スポット犬鳴き峠にある犬鳴トンネル。旧トンネルは現在異様とも言えるほど巨大なブロックで封鎖されており、その先には行った人は生きて帰れないともいう犬鳴村が存在するそうです。

犬鳴村には様々な噂が存在します。「日本国憲法が通用しない」「どんな地図にも載っていない」「白いセダンで行くと住民に殺される」「村人は奇妙な言葉を話し非常に凶暴である」といったものです。

現在も犬鳴村に行った人の話が多くネットに書き込まれ、実際に恐怖体験をしたと言うもの内容もあります。真実は不明ですが、異様な雰囲気を放つ場所である事は確かなようです。

日本国憲法が通用しない村

福岡県最恐の心霊スポットとも言われる犬鳴トンネルを抜けた先にあるとされる犬鳴村。トンネルの先、村の入り口には「この先日本国憲法が通じません」と書かれた警告看板が設置されているとされます。

入れば命の保証はない

犬鳴村の入り口には、柵が設置されておりそれを乗り越えようよすると空き缶の音が鳴る仕掛けがあり、侵入がわかるようになっているそうです。

仕掛けにかかり気付かれると、どこからともなく武器を持った住民の村人達がわき出してきて、周囲を取り囲まれ日本語ではない聞いたことのない言葉で威嚇されるそうです。

捕まれば持ち命の保証はなく行った人のなかに実際に帰ってきていない人もいるとの噂も囁かれていますが、真実は不明です。

トンネルの入り口に「白のセダンは迂回してください」

Pexels / Pixabay

行った人の話として、トンネルの入り口には「白のセダンは迂回してください」と言う看板が立てられているとの噂です。犬鳴村の広場にぼろぼろのセダンが放置されているのだとか。

これは犬鳴村に面白半分に入り込んで住民の村人に惨殺されたという、かつて行った人、島根県から来たカップルが乗っていた白いセダンなのだそうです。それ以来白いセダンで行ってはいけないとの噂となったそうです。

地図や行政記録に記載されていない

Free-Photos / Pixabay

犬鳴村は日本国のあらゆる記録から抹消されており、地図や行政上の記録には一切記載されていないそうです。住民の村人達は孤立した自給自足生活を送っているのだそうです。

携帯電話が圏外になる

TeroVesalainen / Pixabay

行った人の話では、犬鳴村に入ると、どの通信会社のものであろうと全ての携帯電話は圏外表示され使えなくなるそうです。これは日本国の管理が及ばない土地である事を表しているのだそうです。

近親相姦をしている

LUM3N / Pixabay

犬鳴村の住人の村人達は外部からの孤立を選び、一切の関わりを絶っていて、結果的に住民同士の近親相姦が横行し、血が濃くなっているそうです。

その結果精神的に不安定な子供が大量に産まれ、現在は凶暴な人間が大量にいる村となってしまったとされます。これは噂で真実は不明です。

江戸時代以前よりひどい差別を受けていた

Free-Photos / Pixabay

江戸時代以前、犬鳴村の住民達は酷い差別を受けており、それによって外部との接触を絶ったと言う伝説があります。戦前にも感染症を持った多くの人がこの場所に集められ隔離されたとの噂もあります。

差別的扱いを受け続けた犬鳴村の住民は、現在日本国から特別な権利を与えられて、決して介入できないのだそうです。その為地図にも載らず法律も適用されずここで行方不明となっても事件とは扱われないのだそうです。

異常に足の速い村人が斧を持って襲い掛かってくる

犬鳴村の住民、村人達は人間とは思えない速度で走り、外部から行った人に斧を振りかざして襲ってくるのだそうです。行った人の話として、襲われ車で逃げたから助かったというものが噂としてあるようです。

近くのコンビニの公衆電話からは警察に通じない

Pexels / Pixabay

犬鳴村の最も近くにあるコンビニには公衆電話があるそうですが、その公衆電話からは警察に通じないようになっているのだそうです。これもかつて行った人の噂として流れていました。

若いカップルが面白半分で入り行方不明に

DarkWorkX / Pixabay

先述した村の広間に放置されているボロボロの白いセダンの持ち主、島根県のカップルが面白半分に犬鳴村に侵入し、住民である村人達に惨殺されたとの噂もあります。

現在も行方不明との事ですが、放置されたセダンの写真や、事件情報などもなく真実は不明です。犬鳴村で起きた事件は事件として扱われないと言う噂もあります。

村人は日本語を話さず車を所有している

sasint / Pixabay

犬鳴村の住民、村人達は日本語ではない奇妙な言葉で話し、車を所有しているとの噂があります。行った人の話として遠くから車に乗った男にわけのわからない言葉で怒鳴りつけれたと言うものがあります。

心霊番組が中止になった

Tama66 / Pixabay

有名な霊能力者だった宜保愛子さんが犬鳴峠を霊視すると言うテレビ番組の企画で訪れた際、「ここは本当にヤバいから帰ろう」と言って番組が中止になった事があります。

このように犬鳴峠自体が本当に不気味な雰囲気を放つ場所であり、その場所に異様な塞がれ方をしている犬鳴トンネルが存在し、その先にあると言う地図にも載らない犬鳴村はあまりに不気味な伝説です。

犬鳴村の場所

不気味な伝説や噂が数多く存在する犬鳴村ですが、その場所については犬鳴峠にある封鎖された旧犬鳴トンネルを抜けた先にあると言う事しか語られていません。

実際に犬鳴村に行った人の話もネットなどに投稿されていますが、写真などはなく真実ではない可能性が高く都市伝説として楽しむのが正しい取り扱い方です。ここから犬鳴村の場所に焦点を当てます。

犬鳴村は地図に載っていない村?

犬鳴村は地図に載っていない村と言われます。また、グーグルマップの衛星写真では犬鳴村の部分だけが真っ黒に塗りつぶされているのだそうです。

村人達は昔酷い差別を受け、外部との接触を遮断、それによって現在でも住民達には日本政府から特別な権利を与えられ一切の記録は存在しないのだそうです。したがって地図に表記される事もないのだそうです。

これは山の中に何か得体の知れないものがいるかも知れないと言う、人間が古くから抱く恐れが現代になって表出した形と考えるのが真実でしょう。ただし、得体の知れない事件や噂が多いのもまた事実なのです。

犬鳴峠にほど近い場所にある

犬鳴村は、犬鳴山の犬鳴峠のほど近い場所にあるとされています。犬鳴峠は県道21号のほど近くに存在します。県道21号には新犬鳴トンネルが開通しています。

地図でこの付近を見てみても村らしきものは表記されていません。またグーグルの地図を衛星写真を確認してもそれらしき建造物は確認できないようです。

現在は封鎖されている旧犬鳴トンネルとは

現在の新犬鳴トンネルの近くに、旧犬鳴トンネルが存在し、この先に犬鳴村があるとされています。その入り口は大げさなほど巨大なブロックを使って完全に封鎖されています。

ここでは過去に事件などもあり、塞がれたトンネルの様子もあまりにも不気味であり、都市伝説が生まれたのが真実かも知れません、セダンは迂回してくださいの看板も確認できないようです。

ただし行った人の体験談として白いセダンの天井を叩かれるという怪現象に遭遇したと言う話もあるようです。こちらも都市伝説の域を出ませんが、具体的にセダンと言われると光景が浮かんできて不気味ですね。

犬鳴村の現在

実は犬鳴村の名称はかつて本当に存在していました。正式には「犬鳴谷村」といい現在は犬鳴ダムの下に沈んでしまっています。この村は過去の古い地図にもしっかり載っています。

正式名称「犬鳴谷村」は現在はダム

本当にあった犬鳴村の正式名称は「犬鳴谷村」であり、現在は犬鳴ダムの下に沈んでしまっています。犬鳴ダムは地図でも確認できかつての地名の一部は現在でも地図に記載され存在している事が確認できます。

現在村へ通じる道は村人によって塞がれている?

犬鳴谷村は犬鳴村伝説で語られる犬鳴村とは関係なく、記録にも地図にもしっかりと残っています。伝説の犬鳴村は現在でも旧トンネルの先に存在している噂されているのです。

そして、旧トンネルの入り口は現在、大げさなほど巨大なブロックで完全に封鎖されています。これは村人にとって封鎖されたのだとされているのです。

犬鳴村の村人が生きていた?

実はテレビ番組の企画で「犬鳴村伝説」が特集され、旧犬鳴谷村の元村人達が出演していました。白いセダンの噂や地図に載っていない噂、住民に襲われるなどの噂の話題を振られると苦笑していました。

番組ではこれが真実と言う感じで放送されましたが、そもそも犬鳴村伝説で語られる犬鳴村はこの犬鳴谷村とは無関係だとされているので、これを真実であると言うのはズレた結論となってしまいます。

犬鳴村で起きた事件

犬鳴村の伝説が語られるようになったのは2000年頃だと言う話があります。そのきっかけの一つになったとされるのが、旧犬鳴トンネルで発生した複数の犯人達による男性のリンチ焼殺事件でした。

また、犬鳴峠へ肝試しの帰りに崖から転落して4人が死亡すると言う事件が起きています。ちなみにこの時の車はセダンではなく軽乗用車でした。

昭和63年にリンチ殺人事件があった

昭和63年に旧犬鳴トンネルで男性がリンチされた上で焼殺されると言う凄惨な事件が起きています。被害者は車で信号待ちをしていたところ犯人の少年達に取り囲まれ「車を貸せ」と脅迫されます。

当然拒否した被害者でしたが、この後暴行を受け拉致されてしまいます。連れ回された挙句更に酷い暴行を受け、事件発覚を恐れた犯人達に旧犬鳴トンネル内でガソリンをかけられ火をつけられ殺害されています。

この凄惨な事件から、旧犬鳴トンネルで焼けただれた幽霊を見たと言う噂が広がり、心霊スポットとして有名な場所となってしまいます。これがその先に恐ろしい村がいるとの噂に発展したのが真実では?とされています。

肝試しの帰りに凄惨な事故

続いては2001年に発生した事件です。少年ら5人が犬鳴峠へ肝試しへ行き、その帰りにトラックと正面衝突し少年4人が死亡、残り1人とトラックの運転手が怪我を負うと言う事故が発生しています。

こういった事件や事故が、犬鳴村に行った人は事故や事件に合うという都市伝説的な噂へと発展してしまっています。犬鳴村伝説の真実は様々な要因が重なった結果だと言えそうです。

犬鳴村に行った人の体験談

ここからは、実際に犬鳴村に行った人とする人が語った体験談を紹介していきます。具体的には犬鳴村に行こうとしたというのが性格ですが、地図に乗らない村なので犬鳴村に辿り着いたという話はあまりありません。

それでも、偶然に村に辿り着いて、仕掛けが作動して住民の村人に囲まれたという話や、セダンで訪れたら周囲を住民の村人に取り囲まれあわててUターンして逃げたという話は存在します。

これらはそういった作り話感がある話ではなく、実際に旧犬鳴トンネルを訪れた人が体験した話を紹介します。

霊感がない人でも近寄りたくない場所

犬鳴村があるとされる、犬鳴峠、犬鳴トンネルと行った場所は霊感がある人は非常に嫌がり、無い人でも何かを感じ取って恐怖を感じる場所だとされています。

実際に現在の旧犬鳴トンネルが巨大なブロックで封鎖されている様子はあまりにも不気味で、行った人が様々な噂を真実だと思うのも無理からぬ雰囲気を放っています。

不気味な音

実際に行った人が旧犬鳴トンネルを隙間からカメラを入れて覗き込んだところ、トンネルの奥深くから水が滴る音や風の音に混じって、バイオハザードに出てくるゾンビの呻き声のような音を聞いたと言います。

この不気味な音が村人や住民達の声だと想像するとかなり不気味です。トンネルの中に侵入することはできず、この不気味な音の真実は不明なままとなっています。

ブレーキ

こちらは、犬鳴トンネルではなく犬鳴峠にまつわる体験談です。ある男性が車を走らせていたところ旧にブレーキが効かなくなり前の車に衝突してしまったそうです。

そして、今下ってきたのが犬鳴き峠だと気付き怖くなったという話です。こちらは偶然だとも言えますが、それでも関連づけて考えてしまう雰囲気が犬鳴峠にはあります。車がセダンであったかは不明です。

腹痛

続いては旧犬鳴トンネルと新犬鳴トンネルの双方で体調不良に見舞われたという話です。ある男性が興味本位で旧犬鳴トンネルへ訪れた際、突然の腹痛に襲われたのだそうです。

その後、しばらく経ってからの事、今度は偶然に新犬鳴トンネルを通る事があったそうで、その時には同乗者と共に頭痛に見舞われたそうです。流石に2度偶然が続きゾッとしたと語られています。

NEXT:犬鳴村の真相
1/2