津山事件の犯人都井睦雄の悲しい真相と寺井ゆり子ら生き残りの現在 社会

津山事件の犯人都井睦雄の悲しい真相と寺井ゆり子ら生き残りの現在

1938年、岡山県の山間にある小さな集落で起こった大量殺人事件「津山事件」はその前代未聞な猟奇性から現在でも語り継がれています。この記事では津山事件の犯人である都井睦雄について詳しく解説し、事件のその後の様子についても詳細にまとめています。

目次

[表示]

津山事件(津山30人殺し)とは

津山事件とは、津山三十人殺しとして知られる、1938年5月21日に岡山県の山間の集落で起きた大量殺人事件です。犯人の都井睦雄は猟銃や日本刀、小刀などで武装し、わずか2時間足らずで28名を殺害しました。

都井睦雄の犯行動機は深い怨恨によるもので、かつて関係があり他村へと嫁いだ女性が里帰りしたタイミングを狙って、かなり以前から入念な準備を行った上で、計画的に犯行に及んでいます。

犯行時間は集落が寝静まった深夜1時頃とされており、不意をつかれた住民たちは為す術もなく殺害されていき、一家全滅、一家の大半を失う家族複数出ました。都井睦雄はその後、遺書を残し夜明け前に自殺しています。

津山事件は、犯人都井睦雄を含み多くの当事者が死亡しており、生存者の少なさからその真相は現在まで謎に包まれており、それが津山事件が戦前最大のミステリーの一つとされる大きな要因となっています。

津山事件はその悲惨さと衝撃的な内容から80年以上が経った現在まで、人々の興味の対象となっており津山事件に着想を得た小説や映画が存在する他、サブカル系の雑誌やテレビなどでも度々特集されています。

岡山県貝尾集落で1938年に村落で起こった大量殺人事件

1938年、岡山県苫田郡の山間にあった、貝尾集落で昭和最大とも言われる大量殺人事件が発生しました。この事件は津山事件と呼ばれ、現在でも戦前最大のミステリーとして人々の興味を集めています。

津山事件では、わずか2時間足らずの間に28人が死亡、5人が重軽傷を負い、事件の12時間後までにさらに2人が死亡しており、その被害者の人数から「津山三十人殺し」とも呼ばれています。

実行犯は21歳の青年都井睦雄

津山事件の犯人は集落に住む、当時21歳だった青年都井睦雄という男でした。都井睦雄は別の集落で生まれましたが、2歳で父を亡くし、3歳で母を共に肺結核で亡くしており、その後祖母に育てられています。

都井睦雄は6歳の頃に祖母の故郷であった貝尾集落に祖母と姉と共に移住してきています。都井睦雄の一家はある程度の財産を持っていたようで、暮らしは比較的楽なものであったようです。

都井睦雄は高等小学校(現在の中学校にあたる)を卒業後、肋膜炎(現在の胸膜炎)と診断され、医師の指示で農作業を禁止されます。すぐに介抱に向かったようですが、この頃から劣等感を感じるようになっています。

その後、都井睦雄は実業補習学校へと進みますが、しばらくすると学業を嫌うようになり、家に引きこもって無為な日々を過ごしています。この頃に同世代の人間との関わりもほとんど無くなっていったようです。

このほかにも様々な要因があって、次第に都井睦雄は集落内で侮辱的な扱いを受けるようになります。多くの村民たちから風評被害を受ける事となり、都井睦雄は次第に恨みを募らせていったようです。

村人から侮蔑されたことへの恨みが動機

現在では、都井睦雄が長年にわたって募らせた恨みが、津山事件の動機であると結論づけられています。都井睦雄が残した遺書に特定の人物への恨みが書かれている事に加えて、生存者の証言からも間違い無いようです。

この恨みの要因となったのは、都井睦雄本人の集落での行動であると考えられています。ただし、現在であれば大問題である行動も当時の社会では特段珍しい事ではないというのは頭に入れておく必要があります。

NEXT:鍵となる要因①:村の風習「夜這い」
1/11