ペッパーランチ事件の謎の真相!被害者や犯人のその後と黒幕について 雑学・ライフスタイル

ペッパーランチ事件の謎の真相!被害者や犯人のその後と黒幕について

闇が深いとしてネットを震撼させた、ペッパーランチ事件の真相とその後とは?人肉提供や人身売買、臓器売買の噂や、事件の闇のつながり、犯人である北山大輔と三宅正信についても紹介。現在マスコミに猛プッシュされて大人気のいきなりステーキとの関係についても解説しています。

目次

[表示]

ペッパーランチ事件とは?

ペッパーランチ事件とは、2007年5月9日、ステーキチェーン店「ペッパーランチ」心斎橋店内で、深夜の営業時間中に起きた強姦強姦、監禁致傷事件です。被害者は店内で1人で食事をしていた20代の女性でした。

犯人は、同店店長北山大輔(当時25歳)と同従業員の三宅正信(当時25歳)の2人でした。2人は共謀し、閉店作業を装って店舗シャッターを閉め、被害者女性を脅迫し、用意したガレージに監禁暴行を加えています。

その後、女性は自力で脱出しますが、犯人の北山大輔、三宅正信はそのまま死亡させるつもりだったと供述しています。以上がペッパーランチ事件の概要ですが、報道規制があったとされており真相は謎に包まれています。

大阪市中央区のステーキチェーン店「ペッパーランチ」心斎橋店で、食事中の女性客に睡眠薬を飲ませて拉致し、乱暴するなどしたとして南署は16日までに、強盗強姦(ごうかん)と逮捕監禁致傷の疑いで同店店長北山大輔(25)=大阪府泉佐野市、店員三宅正信(25)=大阪市西成区=の両容疑者を逮捕した。

(引用:日刊スポーツ2007年5月17日)

不自然な報道規制があったとされる事から、その後、様々な噂が飛び交っています。中にはペッパーランチ事件の真相は闇組織が関わり、人肉の提供や臓器売買をしていたとする都市伝説的な噂も出ています。

また、ペッパーランチ事件のその後、大人気となっている「いきなりステーキ」はペッパーランチと同系列で、マスコミにプッシュされているのは闇の力が働いているのでは?との噂もあるようです。

ペッパーランチ事件の真相が謎に包まれているとは言え、流石に「人肉」提供や「臓器売買」は都市伝説的な噂であって欲しいと思います。しかし真相を調べると他に死亡している被害者がいる可能性を感じてしまいます。

ペッパーランチは強姦した女の子を解体し人肉ステーキとして販売
冷蔵庫には女の子が加工されて詰まっていた。
又は、薬漬けで肉便所にして裏社会へ出荷。

(引用:事件発覚直後の2ちゃんねるでのカキコミ)

ペッパーランチ事件の詳細

ペッパーランチ事件は2007年5月9日、ペッパーランチ心斎橋店にて、営業時間中の午前1時頃におこりました。犯人は同店店長の北山大輔、同従業員の三宅正信。来店していた20代女性に対し監禁暴行を加えます。

店内で女性をスタンガンで脅迫

犯人の北山大輔、三宅正信の2人は共謀し、閉店作業を装って店のシャッターを閉めて被害者女性を閉じ込めた上で、スタンガンを使って女性を脅迫し、無理やり意識が混濁するほどの睡眠薬を飲ませます。

その上で、被害者の携帯電話を確認し、来店前に誰と連絡を取っていたかの履歴を確認の上、GPS機能を恐れてその場で破壊しています。その後、あらかじめ用意していた泉佐野市の貸しガレージへ車で移動しています。

貸しガレージに女性を監禁し暴行

その後、犯人の北山大輔と三宅正信は、泉佐野市の貸しガレージに女性を拉致監禁した上で強姦し、女性の現金55000円を奪っています。翌日以降も強姦する予定で全裸で手足を縛りそのままガレージに監禁しました。

調べでは、北山容疑者らは9日午前1時ごろ、中央区心斎橋筋1丁目の商店街付近の同店で、閉店作業を装って店のシャッターを閉め、1人で食事中だった20代の女性を「逃げたら殺す」とスタンガンで脅迫。睡眠薬を飲ませて泉佐野市内のガレージまで車で拉致して乱暴し、約5万5000円入りの財布を奪った疑い。

(引用:日刊スポーツ)

女性が自力でガレージを脱出

しかし、女性はその後の午前9時半頃、自力にて監禁されたガレージから脱出しています。第一発見者が声を聞き、別の人が中からのシャッターの開け方を教えたとの発見者からの証言もあるようです。

この時は下着姿、あるいは全裸であったとされますが、真相はわかっていません。また、ガレージ内には女性のキャミソールやジーパン、ブラジャー、さらには保険証や通帳、カード類も残されていたとの情報もあります。

監禁現場となったガレージの中からは、黄色のビニール袋が押収された。
一つの袋には、女性のキャミソールやジーパン、ブラジャーなどが入っており、
別の袋には保険証や通帳、カード類が多数残されていたという。

(引用:週刊文春2017年5月31日号)

犯人たちは解放する気はなかった

その後、犯人の2人北山大輔と三宅正信は、何事もなかったように同店舗で勤務していたところを訪れた捜査員に逮捕されますが、その後「女性を解放せずかこっておくつもりだった」という趣旨の供述をしています。

2人は犯行を認めており、「女性をかこっておくつもりだった。インターネットでスタンガンや睡眠薬を購入し、店に来る女性客を物色していた」と供述している。

(引用:総合ニュースサイト「イザ!」)

つまりその真相は、女性に対して自分たちの身元を隠さず、捕まらないためにそのまま監禁し続け、その後、最終的には殺害して死亡させる意図があったのだと考えられています。

この2人の犯人の犯行方法はかなり手馴れていて計画性があり、他にも被害者がいることが容易に想像できますが、何故か警察の捜査やマスコミの報道は深入りする事なく終わってしまっています。

ペッパーランチ心斎橋店とガレージの場所

ペッパーランチ事件のあった「ペッパーランチ」心斎橋店は大阪市中央区心斎橋筋1-2-2の商業ビル1階にあった店舗です。大阪の繁華街の真ん中にあり、事件の発生した深夜1時でも人通りは多い地域でした。

犯人である北山大輔と三宅正信が被害女性を監禁したガレージは大阪府泉佐野市りんくう往来北6-1付近にある貸しガレージだとされています。事前にトラックを改造したものだったとの説もありますが、真相は謎です。

意識を失った女性を三宅容疑者が借りている泉佐野市内のガレージに乗用車で運び、乱暴したうえシートに縛り付けるなどし、女性が自力で脱出する午前9時半ごろまで監禁した。

(引用:YOMIURI ONLINE)

このガレージの場所についても、空港や港の近くであった事から、人身売買に都合の良い場所で、拉致した女性を監禁しておくための中継点だったのではないか?という疑惑がネットで持ち上がっています。

さらに週刊文春が、犯行の日の朝、三宅正信はガレージの賃料を4ヶ月分先払いしに来たというオーナーの証言を掲載しています。さらに三宅正信はこのガレージを2004年10月から借りていたとも掲載されています。

実は三宅は犯行に及んだその日の朝、ガレージの賃料を支払いに来たという。「二月から五月までの四ヶ月分を支払いに来ました。(中略)今から思うと事件を起こした朝やのに焦ってる様子もないし、慌ててる素振りもありませんでした」

(引用:週刊文春)

初犯だとするならば、この時のガレージオーナーの証言「焦っている様子も慌ててる素振りもなかった」という三宅正信の態度には違和感を感じます。さらに、4ヶ月分をまとめ払いする資金力にも疑問が生じます。

ペッパーランチ事件が起こるまで

ペッパーランチ事件が起こした犯人の2人北山大輔と三宅正信は以前から「女を犯す!」「俺は鬼畜だ」「女を監禁したい」といった言動があった事を告発するウェブサイトが事件前に存在していた様です。(現在は削除)

「ペッパーランチ心斎橋店の陰湿根暗で鬱屈した卑屈なうじ虫店長北山大輔と、北山と仲の良い店員は、いつも『女を犯す!』とか『俺は鬼畜だ!』とか『女を監禁したい!』等といけしゃーしゃーと言っている!!

(引用:Jcastニュース)

このサイトで告発されている内容を裏付ける様に、事件後の取り調べで、客に若い女性が多くムラムラしたという2人は、事件前の4月頃に「女をレイプしよう」と相談した事を供述しています。

その後、街で歩いている女性を車で拉致する事を計画し実際に浪速区内などを女性を物色するために車を走らせたりしていた様です。しかしそれはやってみると難しく、店舗で来店客を襲う計画に切り替えたとの事でした。

 2人は4月初旬ごろから女性を襲うことを計画。当初は路上で襲おうとしたが難しかったため、客にスタンガンや睡眠薬を使うことを思いついた。

(引用:YOMIURI ONLINE)

事前にスタンガンや睡眠薬を用意

計画を店舗内で来店客を襲う方法に切り替えた犯人の2人は事前に携帯サイトでスタンガンと睡眠薬、さらには革製の拘束具なども用意したとの事でした。この点からもかなり計画性の高さが伺われます。

さらに、その後取り調べた捜査員が「頭の中で妄想がごっちゃになっているところがある」とコメントしている事もあって、かなり以前から危ない妄想をしていた事がわかります。

そこで考えついたのが、客の少ない深夜に自分の店で女性を襲うことだった。「それなら逃げられないようにしやすい」と一方が言えば、片方は「できるかもしれん」と納得したというから「頭の中で現実と妄想がごっちゃになっているところがある」(捜査員)

(引用:大阪日日新聞)

被害女性の証言との食い違い

また被害女性は当初犯人が4人と証言していたそうですが、これは睡眠薬で頭が朦朧としアイマスクもしていた為に、実際には2人であったとされ、血液検査やポリグラフなどの調査でも2人で結論づけられています。

当初、睡眠薬でもうろうとした状態だったうえに、アイマスクもされていた女性の証言が頼りないものだっただけに、ほかにも犯人や被害者がいたとの疑いもあったが、血液検査やポリグラフなどの証拠で、その線はいずれも否定された。

(引用:大阪日日新聞)

しかし、ネットでは、これこそが情報操作であるという意見も多くあり、真相はもっと闇が深く「人肉提供」や「臓器売買」「政治家との闇のつながり」「死亡者が他にいる」など様々な都市伝説的噂が飛び交っています。

果てには現在大ブレイク中の「いきなりステーキ」の猛プッシュすらもその「闇のつながり」と関係がある考える向きもあり、ペッパーランチ事件の真相は10年以上たった今でもさらに混迷を極めています。

事件の被害者について

ペッパーランチ事件の被害者である女性については20代であるという事以外はほとんど公表されていません。ペッパーランチ事件の情報がほとんど公開されないのもこの被害女性を守る為という理由になっています。

ペッパーランチ事件の女性被害者に関しても色々な噂があり、例えばこの女性被害者が当初警察にした説明では犯人は逮捕された2人だけでなく、全部で4人ほどいたと証言しています。

南署の調べでは5月19日の時点で被害者女性が「現場には男が4人ほどいた」と証言、他にも共犯がいるとみて捜査が継続されていた。

(引用:別冊ナックルズ)

また、詳しくは後述しますが、別の同系列の店舗で働いていたというある吉本芸人が、お笑いのライブでネタに交えて、被害者は全部で3人で、逃げ出した女性以外の2人は未だに行方不明中であるとの発言をしています。

被害者画像はあるか?

また、被害者の顔画像などは一切出てきていませんが、これは被害者を守る為として理解はできます。しかし、ネット上に被害者についての噂を含め一切情報が出てきていない事が逆に不気味だとする見方もあります。

事件の犯人

ペッパーランチ事件の犯人についても、凶悪な事件としては不思議なほどに情報が少ない事に違和感を覚えます。身元がはっきりしているにも関わらず、犯人の顔写真も当初公開されたのは何故か中学時代のものでした。

その後、北山大輔に関しては大人になってからの顔写真も出てきていますが、三宅正信の顔写真は結局、現在まで中学時代のものしか公開されていません。これだけ重大な事件を犯したにも関わらず違和感があります。

主犯格とされるパッパーランチ心斎橋店店長だった北山大輔は、委託店長でありペッパーランチ本社との雇用関係はありませんでしたが元々はペッパーランチに社員として入社、その後独立して委託店長となったようです。

「ペッパーフードサービス」一瀬邦夫社長が会見を行い、「社員だった北山容疑者本人から心斎橋店の委託経営者になりたいと強く要請があって、任せた。このような犯罪を犯すようには見えなかった」と述べ、謝罪した。

(引用:2007年5月16日22時13分日テレ)

店長 北山大輔

犯人の1人、主犯格とされる北山大輔は事件が発生したペッパーランチ心斎橋店の委託店長でした。当初はペッパーランチ社員として2006年7月に入社しています。その後、店長研修を受けて尼崎店の店長となります。

2007年3月頃本人の希望でペッパーランチを退社し、翌4月に独立してペッパーランチ心斎橋店の委託店長(オーナー店長)になっています。そしてそのわずか一月ほど後の5月9日にすぐに犯行に及んでいるのです。

このタイミングにもネット上では事件の裏にペッパーランチにも闇が存在するのでは?との疑いが向けられています。現在はいきなりステーキで成功を収めている社長は魅力的な方なのでそのような事はない事を願います。

店員 三宅正信

ペッパーランチ事件で逮捕されたもう1人の犯人である三宅正信は、ペッパーランチ心斎橋店の店員で北山が店長になると同時に雇用されています。実は三宅正信は北山大輔とは泉佐野市内の中学校で同級生だったとの事。

中学を卒業した後の細かな経緯は一切不明ですが、噂ではその後、泉佐野市内のゲームセンターで親しい関係になり、心斎橋店の委託店長として独立する事になった北山大輔に誘われて同店舗の店員となったそうです。

この様に元々友人関係の様な二人であり、若い女性客が来ると二人で「あいつ犯ろうか?」「さらおうか?」「監禁する?」などと常軌を逸する相談をしあっていたという情報も出ています。

裁判の判決について

ペッパーランチ事件の犯人北山大輔と三宅正信に下された裁判についてですが、北山大輔に対しても三宅正信に対しても検察からの求刑は懲役10年という、事件の凶悪性に比べて軽いという印象を受けるものでした。

これに対して実際いでた判決は、主犯格とされる犯人北山大輔には検察の求刑を上回る懲役12年、三宅正信には検察の求刑通りの懲役10年の判決か下されています。

検察の求刑を上回る判決というのは異例ですが、裁判長の杉田宗久裁判長は、「前代未聞の衝撃的な凶悪犯行、犯情の悪質さは同じような事件の中でもひと際抜きんでている」として、この判決を下しました。

ペッパーランチ事件の謎

ペッパーランチ事件には現在でも多くの謎が残り、犯人や被害者の情報含め、その公開された情報の不自然なまでの少なさや、どう考えても埋まらない情報のピースから、都市伝説めいた数多くの噂が生まれています。

ペッパーランチ事件は用意が周到であった点やその手口から、常習犯であった可能性が高く見えますが、初犯であると結論づけ、警察は事件公表から2週間程度という不自然と思われるほどの速さで捜査を終了しています。

その他にも、マスコミが不自然なほどに静かであった点や、ネットでの情報規制が異例の素早さだった事など、不自然な点が数多く存在しており現在でも不可解な事件としてネットを中心に多くの人の疑問を残しています。

ペッパーランチ事件の公表された情報の不自然さや、数々の証言との公開情報に多くの矛盾が生じている事から、都市伝説めいた噂も数多くの噂が実しやかに囁かれています。

例を挙げると、ペッパーランチ事件は裏に巨大な闇組織が存在しており、拉致して強姦した女性達を死亡させ「人肉」としてや「臓器」を密売していたとの噂や、死亡させずに性奴隷として人身売買していたとの噂。

共犯者はまだ他におり、権力を持つ人間の関係者であった為に公開されていないという話や、心斎橋店の冷蔵庫には死亡した被害者の肉が入っている、ガレージ周辺で見つかったミイラ女性も関連被害者である等です。

事件の謎

ペッパーランチ事件の犯行の手口があまりにも用意周到であった為に、早い段階から常習犯で余罪があるという疑念が多く持ち上がっていました。現在も他に共犯者や報道されていない犠牲者が多くいるとの噂があります。

警察による捜査が事件んが公になってからわずか2週間で打ち切られた事や、その後に辻褄の合わない情報が多く出てきたこともその疑いに拍車をかけました。真相は一体なんだったのでしょうか?

犯行手口があまりにも計画的

犯人の二人、北山大輔と三宅正信の二人だけの犯行にしては、あまりにも用意周到すぎるのではないか?という疑問は早い段階で持ち上がっていました。まずはガレージや睡眠薬、スタンガンの用意していた事。

さらに、北山大輔が心斎橋店の委託店長となってわずか1ヶ月と少しの間に犯行が行われた事で、まるでこのために何らかの組織ぐるみで店舗が用意されたのではないか?との噂も持ち上がります。

この噂と関係あるのかは不明ですが、ペッパーランチ事件が発覚した直後にその他の委託契約のペッパーランチ店舗が6店舗緊急閉店しているとの情報もあります。さらにこの店舗は繁華街にあった店舗ばかりだそうです。

「事件発覚後、なぜか東京、福岡など繁華街ばかりの6店舗を緊急閉店しています。他の店でも似たような事があったかと思われても仕方ありません」

(引用:別冊ナックルズ)

事件発覚直後に店舗に隠滅の動きが!?

さらに、驚くべきことに事件発生の翌日には店舗の看板が撤去されていたとの証言があります。本来、重大事件が発生した現場は保存のために起訴後半年ほどはそのままで保存されるはずです。

それどころか、最初に事件をスクープしたある朝刊紙の記者の証言によると、指紋が残っている可能性が高い店内も綺麗さっぱりと撤去していたとの話でした。まるで、事件の事を知っていたかのような手際の良さです。

真相はわかりませんが、まるで証拠を隠滅するかのような動きはどう考えても不可解です。先述の他店舗緊急閉鎖の動きと合わせても、どう考えても怪しい動きが多すぎるのではないかと思われます。

現場の店舗は通常、起訴後半年ほど現状保存されるはずが、今回の事件では事件当日には既に店舗看板は撤去された。ペッパーランチは事件公表が遅れた理由を「警察の操作中のため」としたがその捜査を待たず、指紋などが残っていると見られる部所まで全て首尾よく撤去していた。

(引用:別冊ナックルズ)

共犯者や被害者は他にもいる

もし真相について何らかの隠蔽が行われているのだとすれば、共犯者が他にもいる、被害者が他にもいるという噂も信ぴょう性が増してきます。逃げ出した女性被害者の当初の証言は男は4人くらいいたというものでした。

さらに、近隣のペッパーランチの他店舗で働いていた吉本芸人が、クラブイベント中にあの事件の被害者の女性は全部で3人いたという事を暴露してちょっとした騒ぎにもなっています。

もし本当だとするならば、消えた二人の女性はどこへ行ったのでしょうか?都市伝説的な噂として強姦して死亡した女性は人肉として店で出していた。人肉や臓器を裏ルートで売っていたという説もあります。

囁かれる不気味な噂

こういった噂が拡大してか、ネットでは不気味な噂が囁かれるようになりました。曰くペッパーランチ心斎橋店の冷蔵庫の中に他の女性の人肉が入っていた。ガレージから他の女性のバラバラの人肉が発見されたなどです。

さらには、犯人が女性を監禁暴行していたガレージと拉致現場である心斎橋店を結ぶルート上にある木材置き場で若い女性のミイラ遺体が発見され、これもペッパーランチ事件の被害者なのでは?との噂が出ます。

大阪市住之江区柴谷2の木材置き場で、人の頭蓋骨(ずがいこつ)や胴体が見つかった事件で、遺体は若い女性とみられ死後半年~1年が経過していたことが19日司法解剖の結果から分かった。木材置き場は夜間は人の出入りがなく、府警捜査1課と住之江署は、遺体は夜間に運んで捨てられた疑いがあるとみて身元の確認を急ぐ。

(引用:毎日新聞)

真相は不明ですが、確かに怪しい要素が多すぎます。死亡したミイラ女性や人肉の噂の他にも、臓器売買の噂や、バックには大きな組織がついているという噂などネットを中心に不気味な噂が溢れかえりました。

NEXT:報道の謎
1/2