『pixiv』の社長・永田寛哲が「虹コン」メンバーにセクハラ?気になる詳細を紹介 エンタメ

『pixiv』の社長・永田寛哲が「虹コン」メンバーにセクハラ?気になる詳細を紹介

イラストSNSの『pixiv』社長・永田寛哲さんがアイドルグループの「虹のコンキスタドール」のメンバーにセクハラをしていた!?気になる事件の詳細とその後の動向、『pixiv』の社長・永田寛哲さんのプロフィールや経歴など様々な情報を紹介していきたいと思います!!

「pixiv」社長の永田寛哲に虹コンがセクハラ被害!?

イラストSNS「pixiv」の代表取締役である永田寛哲さんに、アイドルグループの『虹のコンキスタドール』の元メンバーに方がセクハラ被害を受けたとして東京地方裁判所に提訴していたことが2018年5月26日に報道されました!!

今回は事件の経緯などをいくつかに分けてご紹介します!!その前に加害者として提訴されたイラストSNS「pixiv」の代表取締役である永田寛哲さんのプロフィールや気になる経歴を見てみましょう!!

虹コンにセクハラ?「pixiv」永田寛哲のプロフィールと経歴

名前:永田寛哲 生年月日:1979年1月25日(38歳)最終学歴:東京医科歯科大学歯学部(中退)職業:株式会社ユービック・代表取締役 ※元pixiv株式会社・代表取締役 です!!!

永田寛哲さんの経歴①

1997年に東京医科歯科大学歯学部に入学した永田寛哲さんは、在学中に人気アイドルユニット『モーニング娘。』にハマり、熱心なオタクになります。その後「小板橋英一」名義でフリーの編集者・ライター活動を始めます!!

その後、大学を6回次で休学した永田寛哲さんは『メディアプロダクション・ユービック』としての活動を開始します。2006年に会社が法人化し、永田寛哲さんは代表取締役に就任。2007年1月に「pixiv株式会社」の取締役副社長に永田寛哲さんが就任します。

永田寛哲さんの経歴②

2011年に永田寛哲さんは『ピクシブプロダクション』を設立。2014年にサウンドプロデューサーに『福嶋麻衣子』さんを迎え、ピクシブで「つくドル!」プロジェクトを開始します。同プロジェクトより生まれた女性アイドルグループ『虹のコンキスタドール』の総合プロデューサーに永田寛哲さんが就任。

「pixiv」社長の永田寛哲に虹コンが提訴!その起訴内容は?

2018年5月26日、イラストSNS「pixiv」の代表取締役である永田寛哲さんにアイドルグループの『虹のコンキスタドール』の元メンバーのある方がセクハラ被害で起訴しました。起訴した内容は3点です!!

その気になる起訴内容が『京都旅行に強引に同行し、同じ宿の同じ部屋に泊まることを強要した。』『アルバイトとして、全身マッサージさせた』『脱衣所で盗撮行為をした』この3点だそうです。気になる詳細を、次の記事からいくつかに分けてご紹介しましょう!!

pixiv永田寛哲がセクハラ!虹コン被害者の供述①旅行に同行

本人に某週刊誌記者が提訴した内容を話してくれたそうです!!アイドルグループの『虹のコンキスタドール』の元メンバーのある方の供述によると、2015年4月ごろから彼女はグループ脱退を考えていたそうです。同年年12月頃、彼女はプロデューサーである永田寛哲さんに「息抜きのため1人で京都に旅行に行きたい」と申し出たそうです。

彼女の申し出に対して永田寛哲さんは「一人旅行はダメだけど、僕が付き添いで行くならいいよ」と彼女に話したそうです。この当時、彼女はまだ未成年だったので「なんで?」とは思いましたが、永田寛哲さんの顔が怖くて反抗したら逆上されると思い、行きたいところに同行するだけだということで彼女は何も言えませんでした。

京都旅行当日

旅行当日、旅館と新幹線はプロデューサーの永田寛哲さんが手配し、到着後に永田寛哲さんがレンタカーを走らせます。その後、某高級旅館に着いた後に彼女は唖然。。。彼女と永田寛哲さんの部屋が相部屋で、布団も2つくっついた状態だったそうです。

彼女は永田寛哲さんに生活や仕事で依存している状態であったため「今更別の部屋にして欲しい」とはとても言えなかったそうです。襲われることはなかったそうですが、彼女は永田寛哲さんのことが気持ちが悪くなり息抜きどころではなかったそうです。

pixiv永田寛哲がセクハラ!虹コン被害者の供述②強要

当時、アイドルグループの『虹のコンキスタドール』の活動費用補助は月3万円ほどで、給料は無いに等しい額だったそうです。アイドルを目指すことを親に説得して許してもらったと話す彼女は、親に相談も出来ず会社のルールで「他のアルバイトの掛け持ちを禁止」していたそうで金銭面に困っていたそうなのです。

流石に生活が苦しくなった彼女は、プロデューサーの永田寛哲さんに「生活がきついからアルバイトをしたい」と申し出ましたが、叱責されて許可が下りなかったそうです。その後すぐに永田寛哲さんが『マッサージをしたらバイト代をあげる』と言われ、怒られた後だったので怖くて断れなかった彼女は永田寛哲さんにマッサージをしたそうです。

衝撃の発言

マッサージが終わると、永田寛哲さんが『今度からこれをバイトにしよう』と彼女に言って」きたそうです。彼女は嫌でしたがお金が無くて親に負担はかけられないと思い仕方がないと思いながらも永田寛哲さんのマッサージを2015年9月頃から翌春までの半年間もの間、アルバイトとしてマッサージを続けたそうです。

全身のマッサージは週に1~2回程度で、場所は当時『虹のコンキスタドール』の住んでいた寮か、永田寛哲さんの自宅か作業部屋だったそうです。マッサージを強要されるときはいつも二人きりで、約1時間マッサージをして約5000円程度渡されていたのです。。

pixiv永田寛哲がセクハラ!虹コン被害者の供述③盗撮

2018年1月7日、『虹のコンキスタドール』がワンマンライブを開き、そこで彼女と同期メンバーの卒業セレモニーがあり、脱退するメンバーから「来てほしい」と誘われました。ライブ前日に上京することになり、プロデューサーである永田寛哲さんに寮ならどこが泊れるかとLINEで聞いたそうなのです。

永田寛哲さんから何故か「僕の家の客間が空いてるから泊まっていいよ」と返事が来たそうですが、ホテルや寮を提示してくれると思っていた彼女は「妻」と「子供」が居る永田寛哲さんのこの発言の意味が分からなかったそうです。

脱衣所に・・・

脱退したメンバーに宿泊代は出せないと言われると思い、何かされることもないと思った彼女は永田寛哲さんの自宅の客室に宿泊することにしました。2018年1月6日の夜に永田寛哲さんの自宅に着いた彼女。永田寛哲さんからゲスト用のバスルームではなく、なぜかマスターバスルームを使うよう永田寛哲さんに指示をもらいます。

脱衣所に入ってみると、壁に付けた粘着テープが剥がれたのか、カメラが落下したことに気付いた彼女は脱衣所のフック型の『隠しカメラ』が仕掛けられていることを知りました。気付かないふりをして、カメラに映らないよう着替えたそうです。

pixiv永田寛哲がセクハラ!虹コン被害者の供述④盗撮2日目

盗撮カメラがあった次の日の7日目も盗撮カメラがあったそうなのですが、前日とは場所が違っていたそうです。永田寛哲さんの自宅の浴室はガラス張りの浴槽になっていて、今回は脱衣所から浴室を映す位置にあったらしくどうしても全身が映ってしまう角度に代わっていたそうです。。。

彼女はその時どうしたらいいか分からなくなり、奥さんもいるのに話せば夫婦間が悪くなる・・と考え逆上されたら自分が悪者になってしまうと感じ、そのまま身を捨てて浴槽に入ったとのだそう。。。親に申し訳なくて言えず、その夜も一睡もできなかったそうです。

「pixiv」永田寛哲を提訴!虹コン・セクハラ被害者の後遺症

更に被害者は、その後の後遺症についても話していました。プロデューサーである永田寛哲さんの家に2泊した彼女は2018年1月8日に地元の九州に帰る飛行機を予約していたそうなのですが、永田寛哲さんも家族と九州旅行だったそうです。そのためタクシーで永田寛哲さんと妻・お子さんと共に羽田空港まで一緒に向かうことに。

移動中も必死で平然を装っていた彼女は、空港で永田寛哲さん一家と別れます。その後すぐ、彼女は母親に電話で「いやなことがあったから帰ったら話す」とだけ告げ、乗る予定だった飛行機には乗らず都内に戻ります。その後虹コンの女性スタッフ元を訪ね、泣きながら盗撮されたことを話したそうです。

フラッシュバック

彼女は翌週に、大学で入試センター試験を控えていました。アイドルグループ『虹のコンキスタドール』脱退後に、猛勉強をして自己採点で9割以上の点数を取れるようにまでなっていたそうなのですが。。。盗撮被害にあったショックで、一時期体重は33㎏まで落ちてペンもろくに握れない時もあったんだとか。

試験当日、会場に向かっていた彼女でしたがプロデューサーであった永田寛哲さんから『がんばってねー!』とLINEが来たことに気付いた瞬間にフラッシュバックして気持ちが悪くなり嘔吐。しばらく動くことが出来なくなり会場に行けず、受験を受けることが出来なかったそうです。

「pixiv」永田寛哲も被害者を名誉毀損で訴訟していた!!

なんと!!散々セクハラを続けてきた「pixiv」の代表取締役である永田寛哲さんも元『虹のコンキスタドール』の被害者の彼女に名誉毀損で訴訟していたことが分かりました。まず、脱衣所での盗撮に関して永田寛哲さんは一部事実と違うと主張していますが詳しくは明らかになっていないのだそうです。

この盗撮カメラの件を、分かればなき寝入りするのは時間の問題だろうとして被害者の彼女が地元弁護士と「pixiv」に損害賠償請求の内容証明を送ったそうです。そこから永田寛哲さんが事実関係は置いておいて、被害者の彼女に謝罪と損害賠償を行うことで余談がまとまりかけていたそうなのですが。。。

加害者が名誉毀損で訴訟

そんな矢先に損害賠償請求の内容証明を送った被害者の彼女と地元弁護士に対し、「pixiv」の代表取締役である永田寛哲さんが二人を名誉毀損で訴えたそうなのです。理由は今回の問題解決のために損害賠償請求の内容証明を送った宛が、永田寛哲さんではなく「pixiv」の監査宛になっていたことからなのだそうです。。。

その内容を見た関係者から叱責を受けた永田寛哲さんがただ『叱責』を受けたという理由で名誉毀損だと訴えているそうです。自分でまいた種なのにとても無責任で子供っぽいとは思いませんか?永田寛哲さんの奥さんとお子さんは潔くない夫のせいで、今後も世間からしばらくは白い目で見られることでしょう。

最後に

最後までご覧頂きありがとうございました!!いかがだったでしょうか?楽しく読まれて頂けたでしょうか!?あくまでも全てが真実ではなく、噂もありますので全てが事実ではりません!その辺りはご了承ください!!

永田寛哲さんの今後について、今後に関して、新しい情報が入りましたら是非ともまた記事を追加していこうと思います!!またその時は読まれていただければ幸いです!!本当に最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!