欅坂46のてちが引退!?それとも留学?映画出演にラジオ情報も!

今年で結成から2年を迎え、勢いに乗っているグループ欅坂46のセンターが平手友梨奈さん(ニックネーム:てち)です。不動のセンターとして活躍する彼女ですが、引退説がささやかれています。そこで引退説の発端とてちの現在の状況についてまとめてみました。

てちが引退するという噂がある

てちのプロフィール

本名は平手友梨奈で2001年6月25日生まれのかに座だそうですね。身長は165cmですが最近のラジオではもっと伸びていて166cmはあるとのマネージャーの証言もありました。成長期なのでもっと伸びそうですよね!ラジオでは腰が痛いとも発言していましたしもっと伸びていくのではないでしょうか。
愛称のてちはどうやらひらてちゃん→ひらてち→てちという変遷をたどった結果だそうです。本人がちゃんづけを嫌がったという話ですがSEKAI NO OWARIの皆さんとの対談でも男のこと話していることが多いと発言していましたし嫌がったという話もありそうですね。

欅坂不動のセンター

現在平手さんは欅坂46の中で6作連続でセンターとして活動していますね。サイレントマジョリティーや不協和音といった曲は多くの人が知っているのではないでしょうか。平手さんが参加しないライブでの代役センターを務めたメンバーが口々にプレッシャーがあったと話していることからも相当なプレッシャーの中で活動されているようですね。

てちの引退説とは?

元々冠番組「欅って、書けない?」での発言のなさや欠席の多さ、ライブや握手会への欠席することがあったてちですが、最近引退説がネット上で浮上してきました。噂のもととなった出来事や内部リーク情報をまとめてみました。

引退の理由

昨年2017年のラジオにて、SEKAI NO OWARIの皆さんとの対談をしたてち。そのラジオ収録の場で大人への不信を告白していたとされています。どのような内容だったのでしょうか。

「わかってくれる大人はいるけど大多数はわかってくれない」

大人に対する不信感がにじみ出ていますね。発言の裏を返すとわかってくれる大人が身近にいるということでもありますが、やはりそれでも6作連続のセンターとして引っ張っていく中で運営の大人と衝突し短小化。

「大人っていう言葉は全部嫌い」

闇を感じる発言ですね。SEKAI NO OWARIの皆さんから「大人っていう言葉に対してどう感じるか」という質問に対する返答として言葉を選びながらも「全部嫌いです」という回答をしていました。
深瀬さんらもだいぶきてるねというような反応でしたが、てちに対して「時々ノイズがある」というような表現をし、あまり否定的な感じではなく自分たちもそうだったというような反応を時折見せていました。

てち引退疑惑の発端①NHK「シブヤノオト」欠席

NHK「シブヤノオト」での新曲披露

2018年3月4日放送のNHK「シブヤノオト」にて新曲「ガラスを割れ!」を地上波初披露しましたが、異変がありました。席に座りMCの徳井さんや渡辺直美さんとトークする6人の中に平手さんの姿はありませんでした。普通なら楽曲のセンターが代表して新曲の説明をするところなのですがキャプテンである菅井さんが説明していましたね。

センター不在の異例な披露

その後楽曲披露でも平手さんの姿はなく、なんと楽曲センター不在のままでの疲労となりました。「ガラスを割れ!」ではMVでも印象的な赤いコートを一人だけ羽織っていたセンターの平手さんがいないのは違和感がありました。

代役のダブルセンター

センター不在の中で赤コートを羽織り、センターを務めたのはゆいちゃんずとしてユニット活動もしている今泉佑唯さんと小林由依さんでした。両名共に堂々としており立派ではありましたが、初地上波披露という重要な場面でも平手さんが出演しないとなると何かあるのではと思うのも無理はありませんよね。

てち引退疑惑の発端②「Mステ」てち不在の意味深演出

Mステ次回予告でのてち不在告知

2018年の3月9日のテレビ朝日系「ミュージックステーション」では次回予告から平手さん不在と大々的にテロップが出されていました。これに関してファンは「センター不在はきつい」といった声や「不在の理由にも触れてくれるかな」といった声がありました。

セットに掛けられた赤いMA-1

実際の放送ではMステスペシャル演出バージョンで行うということでしたが、そのセットの後方にセンターの象徴=赤いコートが無造作にかけられていました。そして楽曲披露の後半では「シブヤノオト」でもWセンターを務めたゆいちゃんずが赤いコートを羽織るという演出が追加されました。

舞台衣装を置く=引退を暗示か?

舞台衣装である赤いコートを舞台に置いておくという演出は山口百恵さんのラストライブのマイクをステージに置く演出と被りますね。これは楽曲のセンターである平手さんはもう戻ってこないという暗示ともとれる演出で波紋を呼びました。ファンからはMA-1の下に花びらが散っていることからも卒業の暗示なのではという声もありました。

楽曲途中でセンターが赤い衣装に着替える=センター交代を暗示?

また、楽曲途中でゆいちゃんずのお二人が赤いコートを羽織るという演出はセンターの継承を暗示しているということも推測できますね。絶対的センターであった平手さんの象徴である赤いコートが継承されるということは平手さん自身がもう戻ってこない、そしてこれからはゆいちゃんずを中心として活動していくという推測も成り立ちますね。

てち引退疑惑の発端③ラジオ「こちら有楽町星空放送局」の降板

メインパーソナリティがてちから交代=仕事を減らしていく?

当初から平手さんがメインパーソナリティーを務めてきた「こちら有楽町星空放送局」(通称こち星)ですが、3月9日の回をもって正式にパーソナリティーが同グループの長濱ねるさんにバトンタッチすることが発表されました。
平手さん本人は事前収録したコメントで出演をしました。本来ならバトンタッチ回として面と向かってやりたかったという発言やいつか長濱さんがパーソナリティーの時にゲストとして出演したいというような発言をしていましたね。しかし事前収録のラジオに出演できないとなると日本にいなかった可能性もありますね。

てち引退疑惑の発端④アニラ(アニバーサリーライブ)欠席

アニバーサリーライブという大事な行事を欠席=卒業準備?

欅坂46の「2nd YEAR ANNNIVERSARY LIVE」(通称アニラ)に平手さんが出演していないことが発表になり、それについてラジオで「いろいろ悩んだ結果、そうなってしまった。」という旨の発言をしていました。
ただ、グループとして最も重要な位置づけであろう記念ライブに出演しないという事実はやはりファンからすれば欅坂46というグループから気持ちが離れてしまっていると思われるのも無理はないですね。

てち引退疑惑の発端⑤「欅って、書けない?」の出演

出演シーンの差し替え

「欅って、書けない?」の放送の中で過去映像を振り返るシーンがありましたが、実際に放送されたものでは平手さんが見切れていたにも関わらず、振り返りシーンでは平手さんが出演していないシーンに差し替えられていたそうです。欅坂46の冠番組でこうしたことが行われるということは平手さんの存在をなくそうとする運営の意図を感じますね。
過去の放送でも、出演しているにも関わらずMCのお二人が平手さんに全く話を振らなかったり、席順も目立たない上段の端になっていたりと平手さんの姿を番組から消そうとするようにも見えてしまいます。

てちは引退ではなく留学?

平手さんが留学をする予定であるという情報が流れています。ファンの中では仕事のセーブは卒業、引退ではなく留学によるものではないかとの推測もあるようですね。いったいどこから流れてきたのでしょうか。

Twitterでのリーク情報?

一時期話題になった内部関係者と思われるTwitterアカウントではフロントメンバーを発表前に的中させていたり、6thシングルでの新ユニット発表を的中させていたりすることなどからどうやら信憑性は高いといえそうですね。ほかにも

てち留学説の信憑性は?

前述の欅坂46のアニラに出演できないことやラジオこち星が事前収録であるにも関わらずメインパーソナリティー交代がコメントのみだったことも含めると、日本にいない可能性も考えられますね。

てちの映画初主演リークは本当?

前述のTwitterアカウントから留学の情報とともに平手さんが単独で映画に出演するという情報も暴露されていたようです。それが仕事のセーブの理由であり引退することはないのでは?という推測をしている声もあります。

平手さん主演映画進行中という情報

また、平手さんが主演という形で「響~小説家になる方法~ 」が実写映画化されるという宣伝告知が情報公開される前に本屋で見たという情報もありました。どうやらTwitterのリーク情報の信憑性は高そうですね。

柳本光晴の漫画『響~小説家になる方法~』が実写映画化され、『響 -HIBIKI-』のタイトルで9月14日から全国東宝系で公開される。
https://www.cinra.net/news/20180416-hibiki

『ビッグコミックスペリオール』での公式発表

2018年4月27日発売の『ビッグコミックスペリオール』2018年5月11日号での公式発表があり、実際に映画初出演で主演という形で『響-HIBIKI-』に出演するようですね。欅坂46としてではなく個人の仕事となるためグループの仕事をセーブしているとしても不思議ではないですね。
映画出演で仕事をセーブしているといえるとしても引退しないとはいえないですし、逆にこれが要因となってほかにやりたいことができてグループ卒業ということもあり得ます。欅坂46でのパフォーマンスが好きな方からするとさみしいかもしれないですね。

てちの今後は?引退は?

ラジオでの様子

平手さんはTokyo FMにて放送中の「SCHOOL OF LOCK!」で3週目の「GIRLS LOCKS!」に出演しています。月に一回平手さんの様子が定期的にわかるということもありファンの注目度も高いです。

新曲の制服衣装披露!

直近の4月の放送では「ガラスを割れ!」の制服衣装を身に着けた姿を見せていました!「番組には最近出演してないんですけど。」とさらっと流されてしまいましたが、やっぱり制服衣装は用意してあるんですね。当たり前といえば当たり前ですが、やはり「欅って、書けない?」でその姿を見たいものですね。

↑にあるのはその「SCHOOL OF LOCK!」で着用した「ガラスを割れ!」の制服衣装になります。欅坂46では毎回シングルごとに曲衣装と冠番組「欅って、書けない?」などで着用する制服衣装の二つが制作されています。平手さんは「欅って、書けない?」に出演してないため、初着用だったそうです。

映画をやることについては?

前述のラジオでは映画について1人の人間として何かを届けたいという思いしかないという発言をしていました。やはりそれだけ表現に力を入れている気持ちが紅白やFNS歌謡祭での鬼気迫るパフォーマンスにつながっているのでしょうか。
また、映画化に際してのコメントでは「不安や周りの人に迷惑をかけてしまう」といったことや監督も「リスクの大きい選択」とコメントしていることもあり、映画に全力を注いでいく形になるのではないでしょうか。

表現者として

昨年末のFNS歌謡祭でも平井堅さんとの共演が話題を呼びましたね。振付をしたCRE8BOYも「気持ちを込めて踊るということに関してはずば抜けてすごい」と絶賛していました。その表現力を他の場所で発揮してみたいと考えるのは自然なことなのではないでしょうか。

今後の握手会は?復活する?

先述の「SCHOOL OF LOCK!」のコーナー内で握手会に関するコメントがありました。コーナー内で作った缶バッジに関して欅坂の握手会で商品化するならちゃんとやりますよという内容でした!
握手会復活の話題とはいきませんでしたが、本人から握手会についての話題を口にするということは復活も近いのかもしれないですね。昨年途中から欠席しているままなので参加を期待してしまいますね。

てちの将来は?どうなる?

昨年夏のSEKAI NO OWARIの皆さんとの対談や年末のFNS歌謡祭、そして今年の「SCHOOL OF LOCK!」など様々なところで彼女の持つ表現力や表現をしたいという彼女の思いが伝わってきますね。
グループとして表現することがある限り、彼女は欅坂46をやめることはないのではないでしょうか。彼女が卒業するときはグループでやりきったと彼女が思える時だと思います!しばらくはまだまだ先のことなのではないかと個人的には思っています!これからも欅坂46の平手友梨奈として元気に活躍している姿を見られるといいですね!

最近のラジオにて

秋元康さんのラジオ「今日は一日”秋元康ソング”三昧2018」にサプライズ出演しましたね。どうやら現在は日本にいるようです。また秋元さんが平手さんに曲を聴かせて意見をもらっていることもあるようですね。秋元さんに意見を求められるということからも彼女自身の表現者としての意見を秋元さんも参考にしているということなのでしょうね。