トンボ鉛筆事件の佐藤佳弘のその後と現在は?長尾弘司の神対応まとめ

トンボ鉛筆は現在、日本が誇る大手文房具メーカーです。しかし過去、人事担当の佐藤さんがトンボ鉛筆事件を起こしてしまいました。その後長尾さんによる神対応で事態は収束し佐藤さんは解雇となったトンボ鉛筆事件、その詳細に迫ります。

トンボ鉛筆事件とは?

2011年3月11日、東日本大震災が起きました。3.11と略されることもあり、日付を聞くだけでも当時を思い出せるほどの大地震です。トンボ鉛筆事件はその最中に起こりました。

トンボ鉛筆はちょうどその頃採用業務をスタートしていました。就職説明会の予約の受付、エントリーシートの配布などを行っていたのですが当然被災者はそれどころではありません。

それなのにも関わらず、就職したいという熱意があれば被災していようと関係ないと言わんばかりの厳しい条件を就活生に突きつけます。それが拡散しトンボ鉛筆事件と呼ばれるようになったのです。

トンボ鉛筆の人事担当、佐藤が送ったメールが炎上

トンボ鉛筆は3月1日に就職説明会の予約を開始、採用業務を開始していました。しかしその後に東日本大震災が起こります。この時、人事担当の佐藤さんが就活生に送ったメールが問題になりました。

コンプライアンス違反とも言える内容のメールを送っており、それがネットで瞬く間に拡散されて酷すぎると世間で話題になったのです。

昨今ではパワハラ、セクハラなどのコンプライアンス違反に厳しくなっています。しかしそれでも問題は続々と出てきているのが現状です。伊調馨さんのパワハラ問題も一時期注目を浴びました。

事件が起きたのは東日本大震災の直後

トンボ鉛筆事件の始まりは東日本大震災の直後です。東北地方太平洋沖地震、そしてこの地震によって福島第一原子力発電所事故も起こり日本は未曽有の危機に陥りました。

東北地方と関東地方の太平洋沿岸部の被害が甚大で、特に岩手県、宮城県、福島県の被害が大きく、場所によっては10メートルを超える巨大な津波が発生しました。

警察庁の発表によると死者は1万5896人、重軽傷者は6157人、行方不明者は2536人になるそうです。関東大震災、明治三陸地震に次ぐ被害規模でした。

3月は企業エントリーが始まる時期なので就活生は混乱していました。けれど一般的な多くの企業はエントリーシートの提出期限の延期、筆記試験の延期など、延期といった対応をとっていたのです。

トンボ鉛筆佐藤が送った問題のメールの文章とは

トンボ鉛筆事件の核とも言えるのがトンボ鉛筆人事担当の佐藤さんが震災後に送ったメールです。佐藤さんは被災した就活生に対して高圧的なメールを送りました。

メール①「地震大丈夫ですか?怪我とかないですか?」

2011年3月11日、東日本大震災が発生した当日、トンボ鉛筆人事担当の佐藤さんが就活生に送ったメールが

「地震大丈夫ですか?ケガはないですか?」

というメールでした。

当日は未曽有の震災に大混乱で通信制限がかかっていました。それなのに何故このような特に緊急性もないメールを送ったのかとのちに指摘されています。

NEXT メール②「その先は言う必要がないですよね」