小室圭はわずか2年で前職の銀行を退職?職場での評判、現在の仕事がヤバい エンタメ

小室圭はわずか2年で前職の銀行を退職?職場での評判、現在の仕事がヤバい

秋篠宮家長女眞子さまとのご婚約を発表したことで時の人となった小室圭さん。爽やかイケメンで英語もペラペラ、家族想いの好青年と良い面が語られる一方で良くない噂も飛び交っていますね。今話題となっている小室圭さんについてまとめてみました。

目次

[表示]

小室圭の現在の仕事は?パラリーガル?企業弁護士?

2017年9月に秋篠宮眞子内親王との婚約をした小室圭さん。婚約発表時は25歳とまだ若く、眞子様の結婚相手として経済力を心配する声もあがっていました。

その後、多額の借金が発覚して社会からあまり良くない意味でも注目を集めることになってしまった小室圭さんですが、現在の仕事は何をしているのでしょうか?

小室圭の現在の仕事はパラリーガル?

2017年に眞子様との婚約が報じられた際、小室圭さんの仕事は「法律事務所勤務のパラリーガル」と紹介されていました。

パラリーガルとは簡単に言えば弁護士の補佐のことで、小室さんはパラリーガルとして得意の英語を活かし書類の英訳やお茶くみ等なんでも嫌がらず積極的にこなしているそうです。

気になる年収は?

小室圭さんの気になる今の年収は正確な数字はわかりません。しかしパラリーガルの平均的な年収は300万円台であることから、眞子様との今後の生活を心配する声もあがっています。

小室圭さんの年齢を考えれば、決して低すぎる年収とは言えません。しかし、皇族の女性を引き受ける男性の年収としては心もとないでしょう。

当初は一橋大学の院生をしながらパラリーガルとして勤務していたため、勉強と業務の2足の草鞋でこなしていることも、ご成婚の不安要素だと指摘されていました。

ニューヨーク州弁護士会の専門誌に小室圭の論文が掲載される

アルバイトのような状態で眞子様との結婚は認められないのでは?と言われていた小室圭さんですが、実はニューヨーク州の弁護士専門誌に論文が掲載されるなど順調にキャリアを積んでいる様子です。

2019年に『NY Business Law Journal』という専門誌に掲載された小室圭さんのクラウドファンディングと企業法務に関する論文は、アメリカでの評判も上々だったといいます。

このまま企業法務弁護士の道を進めば、年収1千万〜2千万は確実との意見もあり、意外と小室圭さんのキャリア計画は上手く運んでいるのではないかとも言われています。

年収だけではダメ?秋篠宮殿下が懸念する小室圭の仕事

収入が大幅に増える可能性があるのは朗報ではないかと思われがちですが、皇室としては小室圭さんが企業弁護士になるのもよしとできない理由があるそうです。

ただ、秋篠宮さまは決して高収入を求めていたわけではなく、2人が工夫して生活してくれればいいとのお考えです。むしろ、皇族の親類となる人物があまりにビジネス色の強い職業につくことに難色を示される可能性が高いのではないでしょうか

(引用:女性自身)

皇室関係者は小室圭さんのキャリアプランについて上のように語っており、企業弁護士として頭角を現すことも皇室には好ましくないことを示唆していました。

小室圭の前職は東京UFJ銀行の銀行員だった!

小室圭さんの前職は、東京UFJ銀行の銀行員でした。新卒早々に丸の内支店に配属されたようで、銀行が小室さんを高く評価して、かなり期待をしていたことが窺えます。

しかし小室さんはせっかく入社した勤務先を辞職退職してしまっています。新卒で入った会社を数年で辞めることが珍しくない現在ですが、せっかく大企業へ就職できたのなぜ退職したのでしょうか。

早期辞職の理由は?考えられる理由①

小室さんの早期辞職の理由には様々なものが飛び交っています。まず一つ目の理由は英語が活かせる職場ではなかったというものです。

小室さんの配属された丸の内支店は一般客を相手にするのではなく企業を相手とした業務を行う部署であったため英語力が活かせずにモチベーションを保っていられなかったのではという説があります。

早期辞職の理由は?考えられる理由②

他に理由として挙げられるものに、不正をしたのがばれたのでは?という声も聞きます。

小室圭さんの勤めていたような大企業だと身内に犯罪者がいないかなど調査が入るそうなのですが、この調査に父親について虚偽の申請をしたという声があがっています。

小室圭の父親とは?

小室圭さんの父親、小室敏勝さんは大学卒業後横浜市の技術吏員として就職しましたが、小室さんが10歳の時に河原で自殺を遂げてしまいました。

さらに父方の祖父も息子の死を嘆き程なくして同じように自ら命を絶ったとのことです。このことを小室さんが就職先に隠し、調査の際に虚偽の申請をしたことが辞職の理由では?と言われています。

しかし虚偽申請はいけないとは言え自分の父と祖父は自殺しましたなんて、できれば他人には話したくないと思うのは当たり前のことだとも感じます。

同僚が感じた違和感

東京UFJ銀行勤務時代の同僚からは、廊下ですれ違っても挨拶がない、大人数で食事をしていても会話に入らず黙々と食事をするなど小室圭さんに対して違和感を感じた、という証言もあがっています。

人当たりの良さそうな小室圭さんらしからぬエピソードですが、すでに眞子さまと交際していた時期であると考えると軽はずみなことは言えなかったのでしょう。

お相手がお相手なだけに同僚と気楽な会話もできなかった小室さんのプレッシャーはただならぬものであったのかもしれません。

小室圭の家族・渦中の母親はどんな人?

先に触れたように小室圭さんはお父さんと10歳の頃に死別しており、お母さんは女手一つで小室さんを育て上げました。

しかしこのお母さんが原因で、小室圭さんと眞子様の結婚の話が進まなかったのではないか?との話も浮上しているのです。小室圭さんのお母さんとはどんな方なのでしょうか。

小室圭は母親のために多額の借金をしていた!?

小室圭さんの母・小室佳代さんは夫が亡くなった後、東京のケーキ屋さんで働きながら小室さんを育て上げます。

ここまで聞けば立派なお母さんなのですが交際していた男性にお金を援助して欲しいと言ったお願いをしていたとの事。

総額はなんと400万にも上ると言われており、20代の息子から援助してもらう金額としては多額過ぎると言わざるを得ません。

小室佳代の交際相手と借金の原因

小室圭さんの母・小室佳代さんには婚約者がいたとの事。その男性と交際を始めたのは2007年頃、小室圭さんのお父さんが亡くなってから約5年後のことだそうです。

以前から同じマンションで暮らしていたとされていて、約24年間も交流があったとの事です。小室圭さんが現在26歳で24年も一緒だったというならば実父よりも長く一緒だったことになりますね。

合計400万以上もの大金を小室佳代さんに貸した位だから元婚約者の男性はどんな資産家なのかと思いましたが、特別裕福なわけでもない一般人だそうです。

婚約解消から援助したお金をめぐってトラブルに

小室佳代さんと交際していた男性も無条件でお金を貸していたわけではなく、結婚を前提に生活費を補助していたのだそうです。

しかし結婚を前提にお金を貸していたにも関わらず、佳代さんは結婚についても返済についても具体的な答えを出さずに、入籍せずに400万円も借りたままの状態でした。

痺れを切らした男性が別れを切り出すと、あっさりと承諾したそうです。ところがお金を返してくれるようにお願いするとあのお金は貰った物だと言い出し、2人の間で金銭トラブルが発生。

この時の借金を息子の小室圭さんが肩代わりをすることになり、20代にして400万円もの負債を抱えることになったのだといいます。

小室佳代のずれた金銭感覚

借りたお金を小室佳代さんは何に使っていたのでしょうか?調べてみたところ、自分が豪遊するためではなく小室圭さんの学費に充てていたようです。

小室圭さんの卒業したインターナショナルスクールもICUも両方お金がかかる事で有名な学校です。その学費を婚約していたとはいえ、知人に出して貰おうとするのはちょっと理解の範疇を超えていますね。

なんでも小室佳代さんは「子どもには最高の教育を」をモットーに掲げていたようで、その為ならばお金に糸目をつけなかったようです。

小室佳代は高級主義者?

元婚約者の男性が小室圭さんの誕生日に新橋にある高級レストランを予約して、誕生日祝をした時のことがありました。

翌年、今度は別のレストランを予約したところ小室佳代さんは「あのレストランじゃないと意味がない」と勝手に新橋の高級レストランに予約をしなおしてしまったとの事。

これが本当でなおかつ理由が「去年のホテルよりもランクが低い」等ならば佳代さんのしたことは例え息子の為であってもレストランを予約してくれた男性の気持ちを踏みにじる失礼な行為になってしまいますね。

母の元婚約者への借金を小室圭はどう捉えてるの?

自分の母親のした事とはいえ、教育費に使われていた借金のことを息子である小室圭さんはどうとらえているのでしょうか?

驚いたことに母親と一緒に「あれは貸与ではなく贈与のはず。返済の義務はこちらにありません」と、返済の意思を見せていないとの事。

男性側の問題点としても借用書を取っていない等が挙げられていますが、贈与なら贈与税の申告はしたのか?といった別の疑問も生じます。

小室家は入信している新興宗教がある?

小室佳代さんは母親の代から新興宗教の信者であるとの噂があります。信仰は個人の自由ですが、新興宗教と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多くいることでしょう。

一体どんな宗教に傾倒しているのでしょうか?

どんな宗教なの?

小室佳代さんとその母親が信仰している新興宗教とは「大山ねずの命神示教会」と言われています。

過去に別の信者が事件を起こしているとも言われており、問題なのは事件を起こすような宗教を信仰していることにあるそうです。

2020年に秋篠宮殿下が小室圭と眞子様の結婚を認めた!

婚約発表のお祝いムードから一変、これでもかと言う位悪い噂が立ってしまった為なのか皇室側は異例の2年もの結婚延期に踏み切りました。

2020年11月30日、秋篠宮殿下は誕生日の会見で眞子様と小室圭さんの結婚を認める会見をしましたが、未だに国民や宮内庁からは結婚すべきではないのでは?という声が相次いでいます。

現在の眞子さまのお気持ちは?

婚約後になってこれだけの問題が露見してしまいましたが眞子さまはどう思っていらっしゃるのでしょうか?

眞子さまは婚約延期に以降は自室にこもりがちになり、食欲も落ちてしまったとの事。婚約者の家族のトラブルが元の婚約延期、さらにこの事が日本全国に報道されているわけなのでショックなのは当たり前ですね。

また、「一度は結婚を許してくれたのにどうして?」というお気持ちからか、食事の時ですら同じテーブルにつこうとしないといいます。

特に結婚反対の意思を示す母親の紀子さまとの関係が険悪なものになってしまったそうです。眞子さまはほとんど自室にこもって、小室さんとのLINEやテレビ電話に明け暮れていたとの話もあります。

婚約破棄は無理だった!?税金が関係してくる?

眞子様が婚約破棄を小室さんに言い渡すとなると、解決金という慰謝料が発生することになります。

一般人の婚約破棄でも解決金は50万~200万程度とされていますが、お相手はプリンセスである眞子様。金額は1億円とも言われています。

もし皇室側から婚約破棄をすると、そのお金は私達の納めた税金から賄われることになるのです。このことから、眞子様は思うところがあっても婚約破棄はできないのでは?と心配する声もあがっています。

秋篠宮殿下の結婚を認める発言は勘当を意味している?

2018年に結婚を延期する旨を決定した時、秋篠宮殿下は小室圭さんと眞子様に対して「国民の理解を得られるようにならなければ、結婚は認めない」と仰っていました。

では現在、国民は2人を祝福しているのかと言えば残念ながら答えはノーです。小室圭さんの借金問題が解決していない、嘘をついているように見えることから、祝福できないとの声が多数を占めています。

2年前に出した条件がクリアできていないにも関わらず結婚を認めたというのは、事実上、眞子様に対する「勘当宣言」だとも指摘されているのです。

伊吹元衆院議長が異例のコメント

秋篠宮殿下の発言を受けて、2020年12月3日に二階派の総会に出席した伊吹文明元衆議院議員が「小室圭さんは、国民に対してきちんと説明義務を果たすべきだ」と異例のコメントを出しました。

ノブレス・オブリージュ(高い地位にある者の責務)というか、そういうお立場であるがゆえに課されている制限というつらいお立場のもとにおられる。それだけに小室さんは週刊誌にいろいろ書かれる前にご説明を国民にしっかりとされて、そして国民の祝福のうえにご結婚にならないといけないんじゃないか。

(引用:朝日新聞デジタル)

婚約を解約した場合の解決金も税金から捻出されますが、お2人が結婚した場合の持参金も税金から出されます。そのために国民が納得できる形で眞子様が結婚をする必要があるのでしょう。

もちろんお金のことだけではなく、小室圭さんが信用できない、ご結婚しても眞子様が不幸になってしまわれるのでは?といったことを心配する国民の声も多くあがっています。

まだ国民の信用は得られない?小室圭のプロフィール

小室圭さんは1991年10月5日生まれ。出身は神奈川県横浜市で、趣味はバイオリン・スキー・料理と多趣味なようです。

また高校までインターナショナルスクールに通っていたこともあり、TOEIC950点とかなりの英語力を有していることが伺えます。

大学は国際基督大学卒業で、在学中に同級生として眞子様と知り合ったようです。

「海の王子様」に選ばれる

高学歴、特に英語力が優れている小室圭さんですが、成績優秀なだけではありません。なんと神奈川県藤沢市「湘南江の島海の王子様」に選ばれるイケメンでもあるのです。

容姿端麗、学業優秀とこの時点でもかなり好印象な小室圭さんですが、性格も親しみやすい様子。

小室圭さんのアルバイト先の店主からは今時珍しい好青年との評価もあり、容姿端麗、学業優秀に加えて性格良好と三拍子揃った人物のようですね。

小室圭と眞子様のこれからは?

仕事も軌道に乗り始めたようで、非のうちどころのない人物のように扱われたかと思えばとんでもない隠し事が露見するなど、眞子様の婚約者として本当に相応しいのか疑問を持たれている小室圭さん。

眞子様には幸せになって頂きたいですが、2年間の猶予があっても借金について返済はおろか明確な答弁すらしないことから、小室圭さんに不信感を持つ国民は少なくありません。

秋篠宮殿下が結婚を認めたと言っても、到底円満結婚というわけにはいかない様子です。小室圭さんには、眞子様のためにどうするのが一番良いのかを考えて行動してもらえればと願うばかりです。