みやぞんは発達障害?障害者施設出身?疑惑のエピソードがやばい!!

目次

いつも笑顔で明るく誰から愛されている、みやぞんさん。お笑いコンビのANZEN漫才としてデビューして、一躍人気者となっています。そんなみやぞんさんに発達障害ではないか?との噂がでているのです。疑惑のエピソードについても調べていきたいと思います。

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】みやぞんのプロフィール

  • 本名:宮園 大耕(みやぞの だいこう)、旧姓・金本
  • 生年月日:1985年4月25日(33歳)
  • 出身:東京都足立区
  • 学歴:東京都立荒川商業高等学校卒業
  • 身長:172㎝
  • 活動期間:2009年~
  • 事務所:浅井企画

みやぞん、告白!韓国人だった⁈しかも隠し子⁈現在は帰化してる⁈本名は?

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】みやぞんは発達障害者なの?!

テレビでは見ない日はないくらいの人気芸人として売れている、みやぞんさん。テレビでの発言や行動から、発達障害者なのではないかと噂されています。そもそも何が原因でみやぞんさんの発達障害者だと言われるようになったのでしょうか?調べてみたところいくつかの原因となりうることがわかりました。

その原因となっていることが、「人並み外れた天然キャラ」、「多才な能力を持っている」、「質問をオウム返しする」、「注意散漫」等があるそうなんです。本当にこのようなことが発達障害者と結びつくのでしょうか?みやぞんさんのエピソードとともに検証していきましょう。

みやぞんの野球の成績が凄い!?学歴は?運動神経が抜群なエピソードも紹介します!

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】発達障害とは?

みやぞんさんが言われている発達障害とはどのようなものなのでしょうか?発達障害とは、生まれつき脳機能の発達のかたよりによる障害のことです。その症状は外見から分かりにくく、周囲とのミスマッチから社会生活に困難が発生することがあります。発達障害の特性を「自分勝手」「わがまま」「困った子」などと捉えられてしまうこともあります。

発達障害の中でも、たくさんの種類があるみたいです。その中で、子供の頃から不注意や多動性や衝動性などに悩まされる症状にあたるのが、『ADHD』といいます。これは大人になってから気づく人も最近は多いそうです。他にも、特定の分野に限り並外れた能力を発揮することとして『サヴァン症候群』というのもあります。

あと対人関係の障害やコミュニケーションの障害、こだわりの強さなどがある場合『自閉症』や『アスペルガー症候群』といった障害もあります。一概に発達障害といってもこれだけのたくさんの障害があることがわかりました。その中で、みやぞんさんはどういった特徴があるのでしょうか?

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】障害者施設の出身?!

みやぞんさんが障害者施設の出身だという噂がでていました。一体どういうことなのでしょうか?調べてみると、みやぞんさんは「社会福祉法人リード・エー」が運営する「葦の会作業所」にみやぞんさんは2008年から2016年までの8年間、職員として働いていたことがわかったそうです。

そこの作業所は主に知的障害のある人たちの為の福祉サービス事業所で、その中でみやぞんさんは入所者さん達と栽培した花の販売をしたりしていたそうです。みやぞんさんの優しい人柄は、このような施設で働いていたことで養われていたのかもしれませんね。みやぞんさんは確かに障害者施設にいましたが、入所者ではなく職員としてでした。

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】発達障害の噂①受け答え

発達障害の一つとして上記にもあげていますが「質問をオウム返しする」ということがあります。みやぞんさんにも「質問をオウム返しする」エピソードがあったんです。それがとんねるずの番組の中で、とんねるずからの質問の答えがオウム返しになっていたのです。

「みやぞんはどこに住んでいるの?」と聞かれみやぞんさんは、「どこに住んでいるってどういうことですか?あっ、足立区です」と答えました。次に「どこの野球部だったの?」の質問には「どこの野球部ってどういうことですか?高校でいいですか?あ、荒川商業高校です。」という風に答える際に質問をオウム返ししていたのです。

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】発達障害の噂②支離滅裂な回答

そして、さらにみやぞんさんはとんねるずの石橋貴明さんとのやり取りの中で、支離滅裂な回答をしていたのです。石橋貴明さんがみやぞんさんに「(高校野球の)東京大会は何回戦までいったの?」と質問したところ、みやぞんさんは「それもわからないんです。いいところまで行ったんですけどね。国土舘には負けたんですけど。。。」と答えました。

緊張もあってか動揺するみやぞんさんに石橋さんは「なんでわかんねんだよ!」と怒鳴って笑いを誘ったところ、みやぞんさんは「本当、詳しくないんです、野球のこと!」と元野球部とは思えない言い訳をしたそうです。そんな支離滅裂な回答に発達障害があるのでは?と視聴者から疑惑がでたそうです。

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】発達障害の噂③大阪のイベントで

ANZEN漫才として大阪でイベントがあったときに、質問に当てられた女の子が泣き出してしまったそうです。その時、普通なら優しい言葉をかけたりとフォローをするものですが、みやぞんさんは困った顔をして立ち尽くしてしまったそうなんです。突発的なことがあったときにすぐに対応できない様子から発達障害を疑われているそうです。

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】発達障害の噂④突然笑い出す

みやぞんさんは突然笑い出したりと行動が全く読めないそうなんです。そのため、相方のあらぽんさんはテレビ番組に出演するさいには、あえて台本はみやぞんさんには見せないそうなんです。その方がみやぞんさんの魅力を引き出せると語っていました。この「突然笑い出す」というのは発達障害の方によく見られる行動だそうです。

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】発達障害の噂⑤友達のお母さんに

発達障害の一つとして会話のキャッチボールができないことや意思疎通や相手の言葉をくみ取ることが出来ないことがあげられます。そんなみやぞんさんのエピソードをご紹介します。みやぞんさんが子供の頃に、友達のお母さんに「いつでも泊まりに来ていいよ」と言われたそうなんです。

それを言葉通り毎日泊まり続けると、友達のお母さんに怒られたというエピソードがありました。社交辞令なのに相手の言葉をくみ取ることができないみやぞんさんは、そのまま受け取ってしまったんですね。

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】発達障害の噂⑥楽屋挨拶で

さらに、みやぞんさんが師匠と崇めているウド鈴木さんとのエピソードもありました。そのウド鈴木さんのところに楽屋挨拶をしに行った際に、みやぞんさんは相方のあらぽんさんを連れていかず一人で楽屋挨拶に行ったそうなんです。しかし、楽屋挨拶というものはコンビで行うのが常識なのだそうです。

ウド鈴木さんからは「何であらぽんはいないの?」と言われてしまったそうです。みやぞんさんも悪気があったわけではなく、ただたんに空気が読めないというのか発達障害のせいなのかわかりませんが、そういった行動も苦手なようです。

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】アメトークで発達障害を告白?!

みやぞんさんは「アメトーーク」の番組に出演した際に、小学生時代の頃のエピソードを語っていたのですが、それが発達障害を思わせる内容だったのです。みやぞんさんが小学校の頃に運動会の練習をしていた時に、先生からみんなで一緒に「エイエイオー」と声だしをしようとことになり、周りが一斉に「エイエイオー」と言ったところ、

あまりの声の大きさに驚いてみやぞんさんは一人耳を指でふさいでしまったそうなんです。この大きな音が苦手という行動は「聴覚過敏症」と呼ばれています。誰でも自分の苦手な音が聞こえてくると、嫌ですよね。この「聴覚過敏症」の方は、その苦手な音が頭の中で大きく耳をふさぎたくなるほど響いてしまうそうなんです。

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】精神障害の可能性も?!

サヴァン症候群?

みやぞんさんの発達障害の中でも「サヴァン症候群」に当てはまると言われています。サヴァン症候群とは上記でも書いていますが、特定の分野に限り並外れた能力を発揮する症状のことをさします。みやぞんさんの場合、音楽的才能がとても優れています。中でもピアノを習ったことがないのに、聞いたことがあればなんでも弾けてしまうのです。

さらにはみやぞんさんはピアノを習ったこともないので、楽譜も読めないのです。完全に耳だけで聞いて、すべての音階を理解していることになります。みやぞんさんは絶対音感を持っているのです。この耳でコピーできるという能力もサヴァン症候群の人に見られる症状なんです。耳での記憶力がずば抜けていいんですね。

ADHD?

「ADHD」というのは注意欠陥多動性障害といいます。発達障害の特徴でもある注意散漫な人のことをさします。他には細かいことに注意を払えなかったり忘れっぽかったりというものがあげられます。みやぞんさんもよく天然だと言われることが多いですが、天然キャラとADHDとは紙一重で見分けをつけるのが難しいです。

みやぞんさんもADHDの症状に当てはまることもあり、障害をもっているのかもしれませんが、みやぞんさんが診断を受けたわけではないので、確証は得られません。芸人として仕事をこれだけこなしているのを見ると日常生活に支障もなさそうですし、発達障害までいかないのかもしれません。

アスペルガー症候群?

アスペルガー症候群というのは、広い意味でいうと自閉症の中のひとつのタイプです。アスペルガー症候群の人はコミュニケ―ションを取るのが苦手だったり予想外の事態への臨機応変な対応が苦手なところがあります。また、人を疑うという概念をもっていないことから騙されやすいという特徴もあります。

みやぞんさんも「いい人」と言われていることから、アスペルガー症候群ではないかとの噂がでています。みやぞんさんはたびたびドッキリ番組に出演していますが、疑わずにすぐに信じてしまう姿が見られます。しかし、みやぞんさんはたんに「いい人」なだけで、そこまで障害を持っているとは思えないように思います。

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】複雑すぎる家庭環境が影響?!

みやぞんさんは複雑な家庭環境で育っていたことがわかりました。5人兄弟の末っ子で、長女・次女の父親と三女・四女の父親、そしてみやぞんさんの父親はそれぞれ違うそうです。父親が3人いるそうなんです。そして、母親はシングルマザーとして5人兄弟を養ってくれていたそうで、家はあまり裕福ではなかったそうです。

【みやぞんは発達障害?障害者施設?エピソード?】発達障害ではない?まとめ

みやぞんさんは果たして本当に発達障害者なのでしょうか。これほどまでにお笑い芸人として売れっ子になっているということは、スケジュール管理や仕事の調整ができているからでしょう。発達障害の方は、業界問わず仕事で成果を残すことが難しい方が多いです。しかし、みやぞんさんは芸人として成功しています。

このように自己管理ができ、仕事をこなしている人は発達障害ではない気がします。みやぞんさんも確かに発達障害っぽいところはありますが、それはみやぞんさんの可愛いらしいキャラクターであり障害ではないように思えます。天然でいい人というのがみやぞんさんの持ち味なのではないでしょうか。これからの活躍にも期待しています。