安室奈美恵の実母殺害事件の真相!驚きの犯人とその動機とは? エンタメ

安室奈美恵の実母殺害事件の真相!驚きの犯人とその動機とは?

日本を代表する歌姫「安室奈美恵」さん。実はあのパワフルな歌声と天真爛漫な素顔からは想像も出来ない程の壮絶な過去『母親の死』があったのです。殺害されたとされる安室奈美恵さんの母の事件の真相や驚きの犯人、そして当時の状況などをまとめました。

安室奈美恵のプロフィール

今や安室奈美恵さんを知らない人はいないと言っても過言ではない程日本を代表する歌姫ですが、そんな彼女の家庭は意外にも複雑な家庭環境で育っていたのです。まずはここで安室奈美恵さんの簡単なプロフィールをご紹介しておきたいと思います。
安室 奈美恵(あむろ なみえ)/生年月日:1977年9月20日生まれ/出身地:沖縄県那覇市/職業:歌手・アーティスト/所属事務所:エイベックス・マネジメントstella88/家族構成:3人兄弟(安室奈美恵は末っ子)・両親は安室が3歳の頃に離婚。その後は母が女手一つで子どもたちを育てた

デビューのきっかけ

安室奈美恵さんが小学5年生の時に友達と一緒に沖縄アクターズスクールへ見学に行った際に、当時の校長にスカウトされたことがきっかけです。しかし、家庭の事情で学費が払えないなどの理由で一度は諦めたものの、校長にその可能性を見出され特待生としてレッスン料無料でスクールへ招かれたそうです。

順風満帆な安室奈美恵を襲った母の殺害事件

1992年にスーパーモンキーズとして芸能界にデビューした安室奈美恵さん。その後ソロとなりさらにアーティストとしての才能を光輝かせ、人気絶頂の中TRFのSAMさんとの間に新しい命を授かり、二人は電撃結婚しました。公私共に順風満帆だった彼女を、衝撃的な事件が襲ったのです。それが『安室奈美恵の実母殺害事件』。

安室奈美恵の母ってどんな人?

この事件により安室奈美恵さんのお母さんの素性は一気に世間に広まることとなりました。安室奈美恵さん同様、お母さんも複雑な家庭で育ってきたようです。ここで一度、安室奈美恵さんの母について分かっていることをご紹介いたします。

安室奈美恵の母はハーフ?辛い幼少期とは

安室奈美恵さんの母は、母(安室奈美恵さんの祖母)が米軍基地で働いていた際に白人の兵隊との間に生まれました。なので、父親の国籍や顔を見ることなく育ったようです。母子家庭でハーフとして育った安室奈美恵さんの母は、子どもの頃から差別を受けていました。

安室奈美恵さんの父親は由緒正しい家柄だった

安室奈美恵さんの母は20歳の時に安室奈美恵さんの父親である安室氏と結婚しています。しかし、安室家は代々首里城の王様に仕えた士族の家柄ということもあり、母子家庭育ちの嫁はあまり良く受け入れられなかったようです。結果的に安室奈美恵さんの両親は離婚することとなり、女手一つで3人の子どもたちを育て上げたのでした。
今はハーフといえば憧れられる存在ですが、当時はハーフという事だけで偏見の目で見られていたそうです。それに加え父親が誰かもわからないような母子家庭ということで、辛い子ども時代を過ごしたのでした。

安室奈美恵の母殺害事件の真相は?

安室奈美恵さんの母が殺害されたのは1999年3月17日。その日は残酷にも安室奈美恵さんのニューシングル「RESPECT the POWER OF LOVE」の発売日でした。また当日はCMイベントに出席予定の中で突然起きた事件でした。
現場となったのは沖縄県大宜味村喜如嘉で、安室奈美恵さんの母はご主人と横断歩道を渡っている際に、突然車が突っ込んできたのです。安室奈美恵さんの母はその車にはねられ、助けようとしたご主人もUターンしてきた車にはねられました。
再度Uターンをしてきた車から逃げようと、ご主人は近くの電柱まで安室奈美恵さんの母を引っ張っていったのですが、車を停車した犯人が今度はナタのようなものを持って襲い掛かってきたのです。

犯人はその後驚きの行動に…

安室奈美恵さんの母を守ろうとご主人は近くにあった鉄パイプのようなもので応戦し、その騒ぎに気が付いた周辺住民の人達が集まりだして、犯人はパニックになり再び車で逃走しました。その後犯人は4時間程逃亡し、山中で農薬を飲み自殺したのでした。
救急搬送された安室奈美恵さんの母とそのご主人は病院先で治療を受け、ご主人の方は助かりましたが、重症だった安室奈美恵さんの母は亡くなりました。死因はくも膜下出血でした。まさに残虐な殺人事件だったのです。

安室奈美恵の母殺害事件の驚きの犯人は義弟だった…

相当な恨みを持たれた末の犯行ということでその犯人は誰かと大きな注目が集まりましたが、驚くことに安室奈美恵さんの母の義弟による犯行だったのです。安室奈美恵さんからすれば叔父にあたりますね。
しかし、安室奈美恵さんの母と当時のご主人は再婚であり、その弟にあたる人物なので安室奈美恵さんとは血縁関係はありません。身内による犯行だと聞かされた時の安室奈美恵さんの心中は、想像も出来ない程辛かったことでしょう。

安室奈美恵の母を殺害した犯人の動機とは?

人気絶頂の歌姫である安室奈美恵の母が身内により殺されたということで、マスコミは大騒ぎ。事実関係が分からず、当時は様々な憶測が飛び交っていました。しかし、助かった安室奈美恵さんの母のご主人の証言により、動機が少しずつ見えてきたのでした。

動機はお金?恨み?

ご主人の話によると、当時犯人である弟には結婚したい相手がいたということです。しかし、兄であるご主人と安室奈美恵さんの母の2人にその結婚を反対され、意中の相手にも離れられてしまい、その出来事をずっと恨んでいた様子があったようです。
又、弟は消費者金融から借金をしていたとう話もあり、お金に困った義弟が活躍する安室奈美恵さんのお金を狙って安室奈美恵さんの母に相談していたという噂もあります。しかし、それを断られてしまった腹いせに今回の事件へと繋がってしまったのではないかと安室奈美恵さんの母のご主人は語っています。しかし犯人がいない今、真相は闇の中です。

殺害事件の真相を聞かされた安室奈美恵の様子は?

当日の午後にイベントに出席予定だった安室奈美恵さんは、当初マネージャーから「お母さんが事故に遭ったらしい」と含みを持たせて伝えられ、心配した安室奈美恵さんは状況を把握しようと姉に電話をするのですが繋がらず、不安が募った様子だったそうです。

容赦ないマスコミの取材に心を痛めた

安室奈美恵さんに真実が伝えられたのはお母さんが亡くなった後で、信じがたい事実を受け止められないまま急遽沖縄へと向かったのでした。事件を聞きつけたマスコミや報道関係者が安室奈美恵さんが搭乗する飛行機にまでも押し寄せ、心無い取材で彼女を追い込んだのです。
人気者としての運命とは言え、彼女も1人の人間であり母を想う娘には変わりないハズです。当初の彼女の心情は、想像も出来ない程辛く苦しかったことでしょう。後のインタビューでも彼女は当時の過激なマスコミの人達に対して恐ろしさと怒りを話しています。

安室奈美恵は母を失い引退まで考えた

安室奈美恵さんがお母さんと会えたのは、事件発生から約10時間後の事でした。実の母と誰も想像していなかった残酷な別れ方となってしまった安室奈美恵さんが立ち直るには、相当な時間と精神力が必要だと思われました。当初は、歌うことも「安室奈美恵」でいることもやめたいとも思ったそうです。
しかし、そんな彼女を支えられ、奮い立たせたのは他の誰でもない、息子さんだったのです。現に、後のインタビューでは当初の心の支えは息子さんであり、一人の母親として頑張らなければいけないとも語っています。子どもの存在って、母親にとっては非常に大きな存在になるのですね。彼女の芯の強さはこの頃からさらに強まったのかもしれません。

安室奈美恵を事件当初から支え続けた元夫SAMの存在

安室奈美恵さんを支えた人物の一人でもあるのが、当時の夫でもあるTRFのSAMさんです。事件当初から連日にわたり心無いマスコミの取材から懸命に彼女を守っている姿が、TVで見ていて非常に印象的でした。その後、結果的には離婚という形になってしまいましたが、事件当時の彼女の支えになったことは紛れもない事実といえるでしょう。

SAMの実家は長年続く大病院!?

離婚したことにより親権はSAMさんに、養育権は安室奈美恵さんとなったそうです。SAMさんの実家は長年続く大きな病院で、若くして母になった安室奈美恵さんへは冷たくし、離婚の際には2人の間に生まれた息子さんを自分たちのそばで育てたいとうSAMさんのご両親の強い意志があり、親権はSAMさんになったという話もあります。
しかし、お互いに子どもの世話ができるような環境を整えていたこともあり、息子さんとの関りがなくなったというわけではないようです。後にSAMさんの仕事が多忙になってきた事と、再婚することが理由で安室奈美恵さんが親権を返してほしいと訴え、SAMさんもそれを認め、今現在は安室奈美恵さんに親権があります。

安室奈美恵の腕に刻まれた母への想いとは

安室奈美恵さんといえば、両腕に刻まれたタトゥーが印象的ですよね。特に左腕に描かれたタトゥーは結構な大きさで非常に目立ちます。オシャレ感覚で描かれているのだと思いきや、実は今回ご紹介している実母の死により刻まれたものだったのです。
タトゥーには、「JUN.30 in 1950 My mothers love live with me Eternally in my heart  R.I.P MAR.17 in 1999」と刻まれています。

刻まれたタトゥーの意味が深かった!

その意味は、「1950年6月30日(母の誕生日) 母の愛は私と一緒に生きている 私の心の中で永遠に 安らかに眠れ 1999年3月17日(母が亡くなった日)」です。彼女にとって母親の死は、それほどまでに人生に大きな影響をあたえたのでしょう。目を背けたくなるような事実をしっかり受け止めようとする彼女の意志が感じられます。
その下には並行して息子さんの名前も刻まれています。残虐なあの事件により地獄へと突き落とされた安室奈美恵さんを救ったのは、亡くなってしまった母との思い出と、最愛の息子さんの存在だったのでしょう。

安室奈美恵の復帰にはあの大物芸人のサポートがあった

心に深い傷を負った安室奈美恵さんの復帰は、そう簡単にはいかないだろうと周囲は思っていたのですが、なんと事件の12日後にある音楽番組で復帰を果たしたのです。それはダウンタウンが司会を務める『HEY×3』。
舞台に現れた安室奈美恵さんに会場からは、止まない拍手や「頑張れ!」という心優しい励ましの声が溢れていました。ダウンタウンの2人からは信じがたいほどの緊張感が見られましたが、いつものダウンタウン節で「絡みづらいわ~」「でもおじさん達に出来ることがあったら…」などと精一杯の優しさを伝えていました。

松本人志の優しさや深い絆が感じられた出来事が…

これにはもう一つエピソードがあるんです。楽屋で松本人志が安室奈美恵さんに「俺が守ってやるから絶対に辞めたらあかんで!」と声を掛けていたとか…当時21歳の安室奈美恵さんにとって芸能界の先輩からの一言はどれだけ心強かったことでしょう。ダウンタウンの2人の優しさが伝わってきた出来事でした。

悲しい殺害事件を乗り越え新しい人生を歩みだす今後とは?

最愛の母を亡くし一時は引退まで考えた日本の歌姫、安室奈美恵さん。辛い事件を乗り越えミュージック界のトップを走り続けてきた彼女は、2017年の9月20日に大きな決断『引退』を発表したのでした。
公式サイトを通じて「2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。引退までのこの1年アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思っています。」という文面で発表される形となりました。

日本を代表する歌姫の引退!その理由は?

突然の引退発表となり、ファンはもちろん彼女を知る世界中の人達が驚いたことでしょう。引退の理由や真相は明らかにはされてはいませんが、少なくとも実母の死が影響しているのではないかと思います。悲しみを抱えながら、ステージに立ち続け、歌い続け、一人の母として子育てをし続けてきたのだと思います。
走り続けた彼女ももう40歳。21歳の時に産んだ息子さんももうすぐ成人を迎えますね。これでゆっくりとお母さんの出来事とゆっくり向き合えるのだと思います。あの事件で傷ついた心を、家族である大人になった息子さんと過ごしながら、少しずつ癒して言ってほしいと思います。そして第二の幸せな人生を歩んでほしいと願うばかりです。