我夢想の角田信明がブログ騒動で炎上で総スカン?松本人志との共演NG後の現在は? スポーツ

我夢想の角田信明がブログ騒動で炎上で総スカン?松本人志との共演NG後の現在は?

角田信朗さんと言えば空手家で正道会館の最高師範を務めながらK-1競技統括プロデューサーとして格闘技界を盛り上げており、現役引退後はレフェリーとしても現場で活躍しています。本記事でそんな角田信朗さんについて詳しく紹介していきます。

角田信明のブログが炎上!松本人志との騒動とは?

角田信朗さんは格闘技業界で活躍しながら様々なバラエティ番組などにも出演し、タレントとしても芸能活動を行っていましたが、実は2017年に角田信朗さんがブログが炎上していたことがあり、それは松本人志さんとのことではないかと言われています。

この炎上騒動については角田信朗さんにかなり分が悪く松本人志さんや吉本興業からNGを突き付けられているようですが、この件に関してはお茶の間からもかなりの批判があり角田信朗さんを擁護する声がほとんど聞かれませんでした。

ブログ騒動で炎上した角田信明のプロフィール

角田信朗さんは1961年4月に生まれ、出身地は大阪府堺市です。初めて格闘技に触れたのは中学時代で、この頃に少林寺拳法に入門し二段を取得するまでとなりこの時に学んだ蹴り等の技術が後に役に立ったと言われています。

高校生になると、極真空手の芦原道場奈良支部に入門し、兄弟子である石井和義氏の独立を支えました。これが正道会館です。大学では空手同好会の主将を務め、社会人になってからは働きながら正道会館神戸支部長として空手を続けていました。

角田信明がSNSで松本人志を攻撃?

角田信朗さんは格闘ブームの時には格闘技の番組やバラエティ番組などに出演し様々なところで見かけていましたが、格闘ブームが下火になるとともにバラエティ番組への出演も少なくなりました。そんな時に自身のブログにて突然松本人志さんを攻撃し始めました。

その内容とは、ダウンタウン松本人志さんから共演NGをされているという内容のものでした。これに関して嫌味や愚痴を書きなぐっていましたが、松本人志さんはそれに対して共演NGにした覚えはないと語っていました。

角田信明を松本人志が共演NGにしたわけは?

ドタキャンによって企画までなくなってしまった事態を受けて共演NGとなったわけですが、松本人志さん曰く共演NGが続いたのには自身だけでなくこのようにルールを守らないことは吉本興業としても仕事をできないと、自分だけの判断ではないと語っていました。

松本人志が共演NGにしたわけではない?

松本人志さんはこの件に関して、事務所レベルで話す問題で、当人同士で話しても仕方がないと語っており、自身は基本的に共演NGはいないし、自分から求めたこともないと言っていました。最終的には個人ではなく事務所で解決するのが筋ということです。

ブログで言い訳?オファーを断った理由とは?

松本人志さんこの角田信朗さんのブログでの件について、芸人対抗のジャンケン企画のレフェリーを依頼していたが、そのオファーを断られたのは収録の2日前のとだったために角田さんの代役は見つからず企画が飛んでしまう事態になったと語っていました。

2009年の武田幸三vsアルバート・クラウス戦のレフェリーを角田さんがしていましたが、その際の審判が議論を呼び角田さんは自らレフェリー活動を3か月自粛しました。オファーはこの時期の頃でK-1事務局が出演を控えるように言ったようです。

本人は快諾

角田信明さんは、松本人志さんからのオファーに関しては実はすぐにOKを出していました。しかしながら、前述通りの状況であったために事務局から控えるように言われたことで、本人としては出たい気持ちがあったものの立場を考えました。

そんな自身の気持ちと立場上でのせめぎあいにより、悩んだあげくに出した答えが出演をしないということで最終的な連絡が2日前になったというわけです。これに関しては角田信明さんもこのように語っています。

松本人志がブログ騒動について非難

共演NGについて言及したうえでさらにこう続けています。ドタキャンであることとそのことを8年経ってからブログという形で公表することがルール違反ではないかと語っています。都合の悪いことを隠して過去のことをブログで公表したことを非難しました。

角田信明は空手界や格闘界からも総スカン!

この角田信朗さんと松本人志さんの騒動は一度は沈静化したように思われましたが、数日後に格闘界から角田信朗さんに対して非難が噴出してきました。格闘家の世界では、角田信朗さんはあまり関わりたくない人のようです。

ある空手家は角田さんに対して、一言で言えば面倒くさい人だと言い、男っぽいキャラでうっていましたが、嫉妬心が強く言動は女々しいと語っていました。少しでも揉めると10年経っても恨まれると言っていたほどです。

角田信明は真の格闘家ではない?

格闘家の中では角田信明さんは新の格闘家ではないと言われています。なぜかというと、角田さんは知名度を上げるために空手家でありながら、1991年にプロレス団体のリングスに参戦したからだと言われています。

また、引退と復帰を繰り返す角田さんに対しても格闘技界は疑心の目で見ており、注目される試合があれば、引退していても飛びつくものの、基本的には元大相撲の曙選手となど、色物とばかりとしか試合は行っていません。

佐竹雅昭や武蔵に対して批判?

角田信朗さんは基本的にウエイトが同級の日本人格闘家が有名になると必ず批判をするそうで、K-1で活躍していた佐竹雅昭さんや武蔵さんなどに対して解説の際やインタビューで批判をしていました。しかし角田さんは実はK-1ではあまり戦ったことがありません。

角田さんは解説などでは精神論に寄った発言を繰り返しており、このような発言を続けていたために角田さんとこの2人の確執は10年以上経ったいまでも続いており、格闘技界では佐竹さんと武蔵さんに同情する声がほとんどのようです。

お茶の間からも総スカン?

そんな角田信明さんは最近では、ボディビルにハマってしまい元格闘家のプライドは感じられず、ダウンタウン松本人志さんとの話もこれを聞いた方は格闘技界ではやっぱりという声が多く、お茶の間からも呆れる声が多くあがっています。

角田信明は吉本新喜劇で復活!?

騒動後角田信朗さんは表立った活動をしていませんでした。しかし、7月に吉本新喜劇の座長である中田はじめさんのオファーにより、難波グランド花月の舞台に出演し、9月にも舞台に出演しました。これにより本格的に活動再開しました。

角田信明の我夢想が美声!

角田信明さんはタレントとして活躍されていますが、最近ではボディービルダーとしても才能を発揮されています。そんな角田さんですが、実は超がつくほどの美声の持ち主として知られていることをしっているでしょうか。

パチンコでおなじみ

今回紹介するのは、ニューギンのパチンコ「CR真・花の慶次2」の挿入歌である「我夢想(われむそう)」です。大人気機種である花の慶次の挿入歌として採用されたわけですが、角田さんは同シリーズで数々の曲を歌ってきておりファンにはおなじみの組み合わせとなっています。

角田信明のブログが炎上!松本人志との騒動とは?まとめ

角田信明さんがブログにて松本人志さんについて攻撃を始めたことによって波紋を呼んだ共演NG問題ですが、結局のところは違う世界とタイミングの問題でしっかりとスケジュール調整ができていればこんなことにはならなかったのではないでしょうか。

角田信明さんはタレントとしても活躍しておられたので、これからも芸能界で活動していくのであれば少し芸能界のルールというものを学んで気持ちを入れ直すことで再度テレビというリングに返り咲いてほしいものです。