山田まりやの現在・難病のクローン病で闘病中!原因は?結婚後の夫や子供は?

山田まりやの現在・難病で食生活改善!

山田まりやさんがクローン病を発表しましたが、そんな難病といわれているクローン病の現在とはどんな経過をたどっているのでしょうか?現在の山田まりやさんは、完治がとても難しいというクローン病です。

しかし仕事に精力的に参加している場合は、症状が落ち着いているということのようです。そしてこの難病に侵されてからというもの、現在に至るまで山田まりやさんは食にかなり気を使うようになってきたといいます。

野菜や玄米などを積極的に取るようにしているようで、そうすると現在は病気の体が少しずつ変わってきたということです。現在でも病気との戦いは終わってはいませんがこのように食に対して気を使うようになってからはだんだん落ち着いたそうです。

山田まりや・草野徹と入籍!弟思いの姉

山田まりやさんは、2008年に舞台俳優の夫草野徹さんと結婚しています。現在も、とてもしあわせそうな山田まりやさんですが、山田まりやさんには10歳離れた弟がおり、その弟が成人するまでは結婚しないと決めていたようです。

しかしその弟が高校を卒業したために結婚を決めたということです。山田まりやさんは子供にも恵まれ、現在は病気と闘いながらも幸せな毎日を送っているようです。病気である山田まりやさんを支えながら現在も夫とは仲良く過ごしています。

山田まりや・子供はいる?

山田まりやさんは息子が一人います。山田まりやさん自身もとても心配していたようですが、子供への影響がこの病気にはあるかどうかということです。山田まりやさん自身、子育てしていく上でやはり遺伝というのがとても気になっていたといいます。

しかし山田まりやさんの息子さんは現在までとてもすくすくと育っているようで、かなり食も太くて山田まりやさん自身もとても安心しているということです。男の子ということで現在かなりやんちゃで育児に奮闘しているということでした。

山田まりや・子供の名前は崇徳!

山田まりやさんの息子の名前はなんと崇徳(むねのり)くんというそうです。一般的に「崇徳」という文字列を見たら「崇徳(すとく)天皇」を思い出す人が多いとおもいます。“日本三大怨霊”の一人として知られる崇徳天皇のことですね。

保元の乱によって讃岐国で罪人として、軟禁生活を送っていた崇徳天皇は、後白河院への怨みで生きたまま天狗になったと言われています。死の際にも棺から血が溢れてきたという伝説も残されているほどの怨みであったのです。

これにネット上では、「パッとしない時期に改名を考えるくらいなら、自分の息子の名前を真面目に考えたほうが良い」「学校で普通に授業を受けてたら“崇徳”なんて名前を付かなかっただろう」と厳しい声が寄せられていました。

山田まりやのグラビアやエッセイ

山田まりやさんは、グラビアモデルとしてデビューしていますが実は文才もあったのです。雑誌のグラビアやバラエティ番組に引っ張りだこになった「山田まりや」さん。元気はつらつとして体育会系のイメージをもってしまいますが、

実はたくさんのエッセイを世に出しています。最初は『まりやの基準』というエッセイを書き始めたことがきっかけとなります。『サンデー毎日』にエッセイ『まりやルール』を執筆、「毎日新聞社」から単行本化もされました。

「時事ネタ」や「政治ネタ」も扱い、様々なところに彼女がアンテナを張り、情報を得ていることがよくわかります。この内容が政治関係者に受け、政治家の「菅直人」氏との対談や「雛形あきこ」と共に選挙公報のポスターモデルに起用されます。

NEXT 山田まりや・複雑な家庭環境