山城新伍・晩年悲しすぎる死去老人ホーム女性関係スゴイ嫁娘親子仲現在 俳優

山城新伍・晩年悲しすぎる死去老人ホーム女性関係スゴイ嫁娘親子仲現在

山城新伍さんはかつて映画やテレビで活躍した俳優ですがすでに死去してしまっています。今回は山城新伍さんの若い頃から晩年に至るまでのエピソードと元妻である花園ひろみさんや娘の南夕花さんとの現在までのエピソードもご紹介します。

山城新伍の晩年や女性関係は?

晩年の山城新伍さんは糖尿病を患ってしまいそれが原因で痩せてメディアへの露出も控えていましたが、2005年12月25日に『いつみても波瀾万丈』に出演した際に糖尿病を患っていたことを初めて告白しました。2007年1月の週刊女性にて

『「食べこぼしまみれ」徘徊の日々』と題された山城新伍さんの記事が掲載されており、デパートでカレーライスを食べこぼしたり、自動販売機に吠えるなど奇行をする癖があると報じられていましたがこれに対して山城新伍さんはテレビ出演の際に「記事はでたらめだ」と反論しています。

山城新伍のプロフィール

  • 名前 山城新伍(やましろしんご)
  • 本名 渡辺 安治(わたなべ やすじ)
  • 生年月日 1983年11月10日(満70歳)
  • 没年月日 2009年8月12日
  • 出身地 京都府京都市
  • 死没地 東京都町田市
  • 身長 174cm
  • 血液型 O型

山城新伍さんは京都府京都市の出身で開業医の子供として生まれました。山城新伍さんは京都府立山城高等学校を卒業しており高校時代はラグビー部に入っていました。先輩には浜村淳さん、元阪神タイガース監督の吉田義男さん、

後輩には元サッカー選手の釜本邦茂さん、毎日放送アナウンサーの野村啓司さんがいます。山城新伍さんは大学受験の際に大阪医科大学と関西医科大学を受験しましたがいずれも不合格に終わっています。

山城新伍の晩年は老人ホーム

山城新伍さんは2008年8月の『週刊文春』にて同年6月に老人ホームに入居し老後を送っていることを報じられました。記事では山城新伍さんは糖尿病の悪化により車椅子での生活を余儀なくされ、老人性鬱病、認知症なども患っていました。

山城新伍の女性関係は?

山城新伍さんは1980年代に当時フジテレビの編成局長だった日枝久さん(現・会長)に抜擢されて女子大生番組の司会者を務めて女子大生ブームを引き起こしました。同ブームの中共演した青山学院大学の女優の川島なお美さんは山城新伍さんの愛人であると噂が出回っていました。

さらに山城新伍さんの女性絡みの話題としては、女優の早乙女愛さんを自分がファンであるという口実を元に自身が手掛けた日活ロマンポルノ『女猫』に出演させています。同作品は日活ロマンポルノの歴代売上第3位になるという大ヒットを記録しています。

山城新伍の女性関係・嫁と離婚

当時は早乙女愛さんも山城新伍さんの愛人の一人だと噂され、この頃が山城さんの人生において「公私にわたる最盛期」だと言えます。その他にも山口美江さんから「強要された」と暴露されるなどのプレイボーイぶりを見せて、この女癖の悪さが妻との複数回に渡る離婚へ繋がります。

山城新伍の妻・花園ひろみと娘の南夕花

山城新伍さんは元女優の花園ひろみさんと結婚し2人の間には娘で元女優の南夕花さんがいます。山城新伍さんが花園ひろみさんと婚約した際のエピソードとして花園ひろみさんを車に同乗させて湖に突っ込みながら、

「結婚してくれないとこのまま死ぬ!」と結婚を迫った事があったそうです。しかし山城新伍さんと花園ひろみさんは結婚と離婚を2回ずつしています。ただし2度目の離婚後も山城新伍さんはバラエティ番組で『再婚の可能性は?』と聞かれて、

「50%だね」と返答するなどの自信を見せていました。また山城新伍さんは娘で元女優の南夕花さんを溺愛していて、自らの司会する『新伍のワガママ大百科』に起用したり舞台で共演するなどの一面がありました。

山城新伍・晩年は親子仲は最悪…絶縁状態に

しかし娘の南夕花さんは山城新伍さんの事を毛嫌いしており2度目の離婚後に雑誌のインタビューで山城新伍さんに対して「父と呼びたくない」と宣言し分籍しています。このように生前の山城新伍さんの度重なる女性関係の乱れにより、

元妻の花園ひろみさんと娘の南夕花さんの山城新伍さんに対する怒りは並大抵のものではなく、山城新伍さんの老人ホーム入居の記事が雑誌に掲載されても彼女らが訪れることは無く、連絡があった際も「一切関わりたくない!」と一蹴したそうです。

山城新伍・嫁と娘は?面会もなし?

山城新伍さんは2人のそういった態度に怒りを見せ自身の葬儀の際も呼ばないと発言していましたが入居後の雑誌のインタビューの際は「娘には会いたい…」と本音を吐露していました。しかし残念ながら元妻の花園ひろみさんも、

娘の南夕花さんも山城新伍さんの通夜・葬儀はおろかお別れの会や四十九日にも参列もなくそれ以後の連絡も一切ないそうです。山城新伍さんは若い頃から晩年に至るまで妻との離婚・再婚を繰り返すなど女性関係の激しい方でした。

山城新伍・若い頃がスゴイ!出演映画は

80年代、山城新伍さんは絶頂にいました。俳優からバラエティタレントへと転身した山城新伍さんは『アイ・アイゲーム』をはじめとするバラエティ番組の司会者として人気を博し、当時発表されていた“長者番付”にも名前が載るほど稼いでいたのです。

女関係も派手。自ら『プレイボーイ』と名乗るほど、女好きだった山城さんは、タレントから水商売女、さらに一般人まで次々と手を出しては愛人にしていました。結婚記念日や娘の誕生日も家族と過ごさず愛人と過ごし、

愛人に貢ぐために、娘の学費保険の積立金に手を出したり、娘の同級生と知りながら関係を結んだりもしたといいます。山城さんが老人ホームに入居していることは、元妻の花園さんも娘も知っていましたが、一切連絡はなかったといいます。

山城新伍・糖尿病や認知症

2001年以降一人暮らしをしていた山城さんは、05年に糖尿病で入院、メディアに出ることもなくなり、事実上の引退となりました。08年には『老人ホーム』に入居。糖尿病の悪化で車椅子での生活となり、老人性のボケ症状まで発症していたといいます。

かつて白馬童子で一世を風靡し数々のバラエティ番組で活躍、「プレイボーイ」の名を欲しいままにした山城新伍さんの姿は、もうそこにはなかったといいます。山城さんは家族に完全に見捨てられ、元妻と娘が山城さんを許すことは決してなく、晩年の山城さんは孤独でした。

山城新伍が肺炎で死去…梅宮辰夫との関係

山城さんは、芸能界復帰は困難という厳しい状況が報じられていました。また家族とも疎遠になり、衰えた姿を見られたくないとのことで旧友の梅宮辰夫さんや松方弘樹さんの見舞いの訪問までも拒んでいたそうです。

そして山城新伍さんは、2009年8月12日に東京都町田市の特別養護老人ホームにて嚥下障害による肺炎で逝去しました。これにより同年10月9日に梅宮辰夫さん、松方弘樹さんらが発起人となった「お別れの会」が都内のホテルで催され芸能人が出席して故人を偲びました。

山城新伍の晩年や女性関係まとめ

いかがでしたか?晩年の山城新伍さんは家族からも見放され孤独になってしまいましたので糖尿病以外にもこういった精神的な苦痛も死因の一つだったのではないでしょうか。今回は俳優の山城新伍さんについてご紹介しました。

山城新伍さんは若い頃から晩年に至るまで妻との離婚・再婚を繰り返すなど女性関係の激しい方でした。しかし結果として山城新伍さんは妻や娘に愛想を尽かされて老人ホームで亡くなるという寂しい晩年を迎え現在に至っています。山城新伍さんのご冥福をお祈り申し上げます。